ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギター・エフェクターの種類と選び方

エフェクター

エフェクターは、ギターとアンプの間に繋いで、電気的に音を変化させる装置です。装置上面に取り付けられているスイッチを足で踏むことによってON/OFFを行い、自分の好きなタイミングで音色を切り替えることができます。

  • ギターソロだけ音を大きくしたい
  • AメロとBメロで音を変えたい
  • 音をもっとカッコよくしたい

といった要求に応えてくれるのがエフェクターで(アンプで実現できる場合もありますが)、今日エレキギターのプレイには欠かせないアイテムとなっています。

このページでは、エフェクターを使うのに必要なものは何か、どんな音がするのか、どんな種類があるのか、はじめてのエフェクターは何が良いのか...といった疑問に答えていきます。

エフェクターの使い方

エフェクターを使ってみよう〜はじめてのエフェクター〜【ギター博士】

エフェクターの接続方法

エフェクターの接続方法 エフェクターの接続方法

エフェクターを1台使う時は、以下のアイテムが必要です。

  • 好みのエフェクター
  • ケーブルa:エフェクターのINPUTとエレキギターを繋ぐ
  • ケーブルb:エフェクターのOUTPUTとアンプのINPUTを繋ぐ
  • 9V電池、もしくはACアダプター:電池が使えないエフェクターもあります

ケーブルは2本必要です。
エフェクターの接続端子は、多くの場合INPUTが右側、OUTPUTが左側に設置されています。ボディ上部に設置されている場合もありますので、その時はIN/OUTの表記を確認してつなぎましょう。逆のつなぎ方(エフェクターのOUTPUTからエレキギターに繋ぐ、エフェクターのINPUTからアンプに繋ぐ)をすると音が出ないので、注意が必要です。
エフェクターを動作させるには電源が必要です。たいていは9V電池で動作しますが、モデルによっては電池駆動に対応していない場合もあるので、その場合は9Vアダプターを1つ用意しておくといいでしょう。

複数のエフェクターを繋げる場合

パッチケーブル 複数のエフェクターの接続方法

複数のエフェクターを繋げたい場合は、エフェクター同士を短いケーブルの「パッチケーブル」でつなぎます。

色々なエフェクターのサウンドをチェックしてみよう!

これからエフェクターを使ってみたい!けど、エフェクターも色々な種類があるみたいで、それぞれどんな音が出るのかわからない...
というエフェクター初心者のために、当サイトに登場するギター博士がこれまで弾いてきたエフェクター動画を一挙紹介!それぞれのエフェクターの特徴がわかって、気に入ったサウンドを見つけたら、それぞれページへ移動してみて下さい。お気に入りのエフェクターが見つかるかも?!

  • オーバードライブ
  • ディストーション
  • ファズ
  • コーラス
  • フランジャー
  • フェイザー
  • リヴァーブ
  • ディレイ
  • コンプレッサー
  • ワウ
  • オクターバー

オーバードライブ

Youtube動画
clear

ギター博士「ロック・ギターのキホンとなる、歪みを作り出すエフェクターじゃの。1つ持っておいてもソンはないと思うゾ。」
オーバードライブについて

ディストーション

Youtube動画
clear

六弦かなで「オーバードライブよりも、さらに激しい歪みだね!!」
ディストーションについて

ファズ

Youtube動画
clear

ギター博士「強烈な個性を持つ歪みエフェクターぢゃ!!」
ファズについて

コーラス

Youtube動画
clear

ギター博士「コーラスはさわやかなサウンドが特徴じゃ。じゃが、ディストーション・ギターに使っても効果的なんじゃよ♪」
コーラスについて

フランジャー

Youtube動画
clear

六弦かなで「なんか最後のほう(2:23〜)、博士が変なんなってるよ...もぅ、なんなの博士ぇ〜(笑」
フランジャーについて

フェイザー

Youtube動画
clear

六弦かなで「フランジャーとは一味違ったウネりのあるサウンドだね♪」
フェイザーについて

リヴァーブ

Youtube動画
clear

六弦かなで「なんかリバーブって、ロマンチックな感じ...」
リヴァーブについて

ディレイ

Youtube動画
clear

ギター博士「空間系ギター・サウンドが好きな人には手放せないのが、ディレイじゃな。色々な使い方があるゾ。」
ディレイについて

コンプレッサー

Youtube動画
clear

ギター博士「音の粒を揃え、サスティーンを補ってくれるエフェクターぢゃ!クリーントーンの時なんかに威力を発揮してくれるゾィ♪」
コンプレッサーについて

ワウ

Youtube動画
clear

六弦かなで「これぞロック!って感じの音だね。やぁば!!かなで、ぜんか〜〜〜〜〜いっ!!!」
ワウについて

オクターバー

Youtube動画
clear

ギター博士「1オクターブ上、1オクターブ下の音を重ねて演奏することができるエフェクターぢゃ!」
オクターバーについて

エフェクターの種類

エフェクターは効果毎に分けて

  • 歪み系(音を歪ませるもの):オーバードライブ、ディストーション、ファズ、他
  • モジュレーション系(音を揺らすもの):コーラス、フランジャー、フェイザー、他
  • 空間系(残響音を加える):ディレイ、リバーブ、他
  • フィルター系(周波数帯域を調節するもの):イコライザー、ワウ、オートワウ、他
  • ピッチシフト系(音程を変化させるもの):オクターバー、ピッチシフター、ワーミー他

などと分離されますが、この他にも多くのエフェクターがあります。

定番のエフェクターブランドを知ろう

どんなブランドが定番で、どのブランドが安いのか、初心者にとっては重要です。次に紹介する「エフェクターの選び方:状況別のオススメ」ページでは様々な角度からエフェクターの選び方を紹介していますが、格安でエフェクターをリリースするブランド、多くのギタリストが使っている定番のエフェクターブランド、2点についてピックアップしました。

エフェクターをとにかく安く揃えたい!
《安心》定番ブランドのエフェクターが欲しい
おすすめのエフェクター人気ランキング

歪み系

「ゆがみ」ではなく「ひずみ」と読みます。オーバードライブ・ディストーション・ファズと、歪みの程度によって分類されます。

  • オーバードライブ

    オーバードライブ

    やさしく暖かみのある歪んだ音がするエフェクター。
    どんな音楽のジャンルでも使用できるのが特徴で、単に歪んだ音が欲しい時や、ブースターとしてギターソロ時に音を大きくする目的で使われます。

  • ディストーション

    ディストーション

    ハードロック・へヴィメタルでよく使われる、荒々しく硬い歪みを生み出すエフェクター。
    トランジスタ型のアンプなど、アンプ自体にGAINのツマミがない場合にギターを歪ませたいときによく使用されます。

  • ファズ

    ファズ

    濁りが混じった/潰れたような音など過激なサウンドが特徴の歪みで、ギターソロやトリッキーなプレイに使用されることがあるエフェクター。
    音程が分かりにくくなるほど歪むものもあります。

  • ブースター

    ブースター

    「音量」「歪み」「音域」をブーストさせ、バンドの中でもギター音が埋もれずに前に出すことができるエフェクターです。


モジュレーション系

  • コーラス

    コーラス

    原音とほぼ同等にあたる音を人工的に作り、混ぜることで音の厚みを増し、心地よい揺らぎとさわやかなサウンドを生み出す

  • フランジャー

    フランジャー

    "うねり"を生み出すエフェクター。強くかけると激しく回転するようなサウンドとなります。

  • フェイザー

    フェイザー

    フランジャーを金属的な音の波のようにした音

  • トレモロ

    トレモロ

    周期的な音量の上下による揺れる効果。独特の残響感を演出してくれるエフェクターです。

  • ビブラート

    ビブラート

    周期的な音程の上下による揺れる効果。トレモロとは一味違った「揺らぎ」を発生させます。


空間系

  • リヴァーブ

    リヴァーブ

    カラオケのエコーのような効果。広いホールで音を出しているかのような残響感を得られます。

  • ディレイ

    ディレイ

    実際の音に少し遅れた音を混ぜることで、「やまびこ」のような効果を生み出すエフェクター。

  • ルーパー

    ルーパー

    サウンドを録音して再生させることができるエフェクター。ギターをオーバーダビングして一人でジャムセッションしたり、ギターオーケストレーションを楽しんだり、色々な使い方ができるエフェクターです。


フィルター系

  • イコライザー

    イコライザー

    特定の周波数帯をブーストしたり、カットしたりするエフェクター。サウンドの高域・中域・低域をそれぞれコントロールすることができます。

  • ワウ

    ワウ

    周波数の大小をプレイヤーが実際にペダルを上げ下げすることで「ワウワウ」という音を出すエフェクター。
    ブルース・ギタリストの間で使用されていたことが、ワウが広まったきっかけになりました。バッキング/ギターソロ両方で使うことがあります。

  • ノイズゲート

    ノイズゲート

    無駄なノイズをカットしてくれるエフェクター。BOSS Noise Suppressor NS-2は多くの世界的ギタリストが使用するなど話題になったエフェクターです。


ハーモニー/ピッチシフト系

  • オクターバー

    オクターバー

    原音に対し「1オクターブまたは2オクターブ下のサウンドを重ねて出力」するエフェクター。原音と重ねると倍音豊かで厚みのあるギターサウンドになります。

  • ピッチシフター

    ピッチシフター

    音程を変化させるエフェクター。入力した音に対して、3度上、5度下、8度(オクターブ)上といった音を重ねて出すことが可能です。トリッキーな効果を狙って使用される場合があります。オクターバーと似た効果が得られますが、こちらはスイッチonの状態で音ヤセするのが難点です。

  • ワーミー

    ワーミー

    ペダルの踏み具合によって音程を変化させるピッチシフター。PANTERA のギタリストの故ダイムバッグ・ダレルや rage against the machine のトム・モレロなどが使用、ギターだけでなくベース・シンセサイザーに使用するケースもあります。

その他

  • コンプレッサー

    コンプレッサー

    小さな音を持ち上げ、大きな音を抑えることで音のツブをそろえます。サスティンを得ることもできるペダル。レコーディングでは必需品のエフェクト。

  • ボリュームペダル

    ボリュームペダル

    ペダルによって、音量を調整することができるエフェクター。
    バイオリン奏法などギター・プレイのバリエーションにも使用できます。

  • ラインセレクター

    ラインセレクター

    ラインの出力を分け、1台のギターでアンプを2台使いたい時や、エフェクターをまとめてON/OFFしたい時などに活躍するアイテム

  • ペダルチューナー

    ペダルチューナー

    作動に手を使わず大きく見やすい表示でチューニング。他のエフェクターと並べて足元に置いて置くとステージで頼りになります。

  • バッファー

    バッファーペダル

    複数エフェクターを繋いだ時の音質劣化やノイズ混入の問題を解消、アンプまでの電気信号を安定させることができるアイテム

  • プログラマブル・スイッチャー

    プログラマブル・スイッチャー

    アンプチャンネルの切り替えや、各ループのON/OFFを任意に設定し、コンパクトエフェクターをマルチエフェクターのように使用することができるアイテム。

  • パワーサプライ

    パワーサプライ

    電池を使わずに、複数のエフェクターに電源を供給することができるアイテム


はじめてのエフェクター、何を揃えるといい?

マルチエフェクター「BOSS GT-1」をギター博士が弾いてみた!

色々なエフェクターを紹介していきましたが、これから色んなエフェクターを使ってみたいと思っている人にとって、全ての種類を揃えるのは難しいことだと思います。まずは音を歪ませるオーバードライブやディストーションを手にするのもいいかもしれませんが、当サイトがまずエフェクター初心者にオススメするのが「マルチエフェクターです。マルチエフェクターには

  • オーバードライブ、ディストーション、ファズなどの歪み系
  • コーラスなどのモジュレーション系
  • ディレイやリバーブなどの空間系
  • コンプレッサー
  • ...

と、様々な種類のエフェクトが全て1台に搭載しています。マルチエフェクターを用意することで、欲しいと思っていたエフェクトの種類以外にも色々な種類のエフェクトを一通り試すことができ、実際に使ってサウンドを理解することができるのは初心者にとって大きなメリットです。モデルによっては単体のエフェクターと同価格程度のリーズナブルなものも存在するので、はじめてのエフェクターにマルチエフェクターをチョイスしてみてはいかがでしょうか。
詳しくは次のページを読んでみて下さい。

徹底紹介!マルチエフェクターのおすすめモデル

エフェクター関連のコンテンツ

レビュー

インタビュー

楽器業界のイノベーター:代表の林幸宏氏が語るFREE THE TONEエフェクターの世界

その他、関連する読み物