エレキギターの総合情報サイト

《名機紹介》テープエコーの世界的な定番機種「Roland RE-201 Space Echo」

Roland RE-201

ローランド「RE-201」は、磁気テープを用いるアナログディレイ「テープエコー」の世界的な定番機種です。スプリングリバーブも内蔵しており、この一台でディレイ&リバーブの効果が得られます。1974年から1990年まで四半世紀にわたって生産され、ギターのみならずさまざまな音響効果に使用されました。古いものでは半世紀近く昔の電気製品ですが、本物のアナログ製品だけが帯びる独特の雰囲気、そして幽玄なエコー効果に愛好家は多く、今なお現役で使用されます。特にテープやモーターの劣化によって生まれる不規則な「ゆらぎ」は、デジタル機器ではなかなか味わえません。音楽制作に対する多大な貢献が評価され、NAMM2016にて「テクノロジー殿堂」入りを果たしました。今回はこの「RE-201」に注目していきましょう。


Brian Setzer Orchestra – Full Concert – 07/25/99 – Woodstock 99 East Stage (OFFICIAL)
ライブの定番曲「スリープ・ウォーク」にたっぷりとかかったエコー。ブライアン・セッツアー氏はRE-201を愛用していることで知られていますが、このライブでは上位機種のRE-301を使用しているようです。

まずは外観。どんなメカなのか?

Roland RE-201:外観

今回チェックした「RE-201」の実機。使い込まれてイイ感じに育っている。サイズは185mm(高)、415mm(幅)、275mm(奥行)で、家庭用プリンタくらいのでかさ。コレとギターを持って電車に乗るのは、なかなかに根性が必要。

パカっと開けると取説が読める親切設計

Roland RE-201:上面パネル 上面のパネルは取り外し可能。パネルの内側に説明書がカラー印刷されている。

テープチャンバー 上面パネルを取り去った。黒っぽいパネルで塞がれているのが、磁気テープの入っている「テープチャンバー」。

テープエコーの心臓部「5連ヘッド」と「テープチャンバー」

エンドレステープ 真上から見たところ。テープチャンバーの右側に接するように配置されている金属部品は、テープエコーの心臓部である「5連ヘッド」。長い一本のテープは大きな輪を形成しており「エンドレステープ」と名付けられている。

本体の上面パネルは取り外せるようになっており、5連ヘッドのクリーニングやエンドレステープの交換と言った、基本的なケアがしやすくなっています。テープとヘッドはテープエコーの命で、特にテープは消耗品です。RE-201のテープチャンバーは長いテープを収納でき、内部を自由にうにょうにょとランダムに走らせる(フリーランニングシステム)ことで、テープ本体にかかる負担を軽減してテープ寿命を延ばします。

再生ヘッド 5連ヘッドのアップ。テープは写真左側から右側へと送られる。いちばん左から、消去ヘッド、録音ヘッド、3つの再生ヘッド。


テープを再生している様子

再生ヘッドが3つしかないんだったら、3回しか繰り返すことのできないさびしいエコーマシンなのか?というと、そうではありません。再生ヘッドで読みこんだ音を録音ヘッドに送る機能があるので、ヘッドの数に縛られない沢山のリピート数が得られます。「インテンシティ(フィードバック。後述)」を操作すれば、発振のようなエンドレスディレイも作ることが可能です。

的を得た操作系

そもそもRE-201は、ギター専用デバイスではなくボーカル用に設計されたようです。今度はその機能をチェックしてみましょう。

RE-201:正面 RE-201の正面。知らない人が見たら、映画なんかで見かけるスパイの通信機に見えなくもない。各種のツマミ、インプット、アウトプットがすべて正面に配される。背面は電源コードが伸びているだけ。

プリアンプ部は3系統

RE-201:プリアンプ部 左側は、プリアンプ部。入力レベルを針の動きで表示する「VUメーター」は、エコーON時に点灯する。その直下には、ボーカルマイク入力2系統、ギターなど楽器用入力1系統が並ぶ。3つの入力は、ツマミで音量だけ調節できる。

入力はマイク2本と楽器1本の3系統です。操作できるのは音量のみで、原音を加工することはできません。楽器用インプットに添えられているスイッチは「エコー/ノーマル切替スイッチ」で、エコーの有無を選択できます。ボーカルにだけエコーをかけたくて、ギターには必要ない、といった場面を想定しています。

中央部の大きなツマミは「モードセレクター」で、エコーのみの4タイプ、エコー&リバーブの7タイプ、そしてリバーブのみの合計12タイプを選択できます。モードセレクター直下にある「フロムPA」入力端子は、ミキサーのAUXから送られる信号を受けるためのものです。

6つのツマミでエフェクトを操作

RE-201:コントロール 右側は、エフェクトの操作系。上段のツマミはエコーのみにかかるトレブルとベース、そしてリバーブの音量。下段のツマミは、左から「リピート・レート(ディレイタイム)」、「インテンシティ(フィードバック)」、「エコーボリューム」。

リピート・レート(ディレイタイム)は、磁気テープの走るスピードを上下させて設定します。インテンシティ(フィードバック)については、説明書に「6や7以上では発振する。発振しない範囲で使うこと」のような記述があります。インプットに何も指していなくても、インテンシティを上げるとRE-201自体の発するノイズがリピートされ、発振が始まります。このときリピート・レートを上下させると発振のピッチを上下させることができます。

エコーボリュームは文字通りの機能で、原音に被せるエコーの音量を操作します。

エコーボリューム直下の「アウトプット」は、隣のスイッチで3種類の出力を選ぶことができます。出力はモノラルです。

その隣にはフットスイッチの入力端子が備えられます。RE-201は、電源を入れるとテープは回りっぱなしでエコーもかかりっぱなしになります。ここにフットスイッチを増設することで、エコーのON / OFFを操作することができます。エコーを切るとテープの回転が止まり、スタンバイ状態になります。これによってさらにテープ寿命を延ばすことができます。スタンバイを解除すると、それまで止まっていたテープが回転を始め、エコーがかかります。


ゆらゆら帝国 『2005年世界旅行』(2005nen Sekai Ryokou)
これはRE-201ではありませんが、テープエコーによる発振からスタートする楽曲です。「発振」とは何かがとってもよく分かります。曲の最初から最後まで、ずっと発振しています。

RE-201:リアパネル 背面。電源コードを内部に収納できる。コードを伸ばした状態でもフタを閉めることができる。漂う昭和感。

RE-201:プレート 視力を試すかのようなプレート。白いところにシリアルナンバーが刻印されているが、読めるか読めないかのギリギリ。

ローランド「スペースエコー」の歩み

ローランド「スペースエコー」の名は、RE-201に始まりました。エコー黎明期から現在までの、スペースエコーの歩みを見ていきましょう。

  • エース電子工業「EC-1 エコーチェンバー」(1960年代後半) : 「エース電子工業」はローランドの前身。すでに普及していた「エコーソニック」と「エコープレックス」に対抗し、エコーのモードを選べる「モードセレクター」を開発。以後、全機種に共通して搭載される定番機能となる。
  • ローランド「RE-100」「RE-200」(1973年) : エフェクト音にBASSおよびTREBLE両コントロールを追加。RE-200にはスプリングリバーブも追加された。当時としては画期的な発明。
  • ローランド「RE-201スペースエコー」(1974年) : 回路のアップグレードとフリーランニングシステム、スタンバイモードの発明。ツアーに耐えられる安定性と競合機種を圧倒するテープ寿命が評価され、ローランドのベストセラーとなる。世の中がデジタル全盛になるまで生産された。
  • ローランド「RE-101 スペースエコー」(1974年) : 「RE-201」から2バンドEQとスプリングリバーブを排した廉価版。
  • ローランド「RE-301 コーラスエコー」(1977年) : コーラスエフェクトを追加。ループ機能「サウンドオンサウンド」モードを追加。
  • ローランド「RE-150 スペースエコー」(1979年) : RE-201の廉価版。リバーブを排したほか、再生ヘッドが2つなのでエコーのモード数が少ない。新機能として、原音とエフェクト音を別々にアウトプットできる。
  • ローランド「RE-501 コーラスエコー」「SRE-555 コーラスエコー」(1982年) : 「SRE-555」はラックマウント式。RE-301の音質を向上させ、また4つ目の再生ヘッドを追加してバリエーションを増強。
  • ローランド「RE-3 デジタルスペースエコー」「RE-5 デジタルスペースエコー」(1988年) : デジタル化したスペースエコー。「3」は1U、「5」は2Uのラックマウント式。ディレイ音にモジュレーションがかけられるほか、テープの劣化を再現できたが、ビジネス的には不発だった。
  • BOSS「RE-20 スペースエコー」(2007年) : 現行品。RE-201のすべてのトーンとニュアンスをデジタル技術で完全再現。タップテンポ、ステレオ入出力、エクスプレッションペダルによる柔軟性など、現代的な新機能も追加。

現在でもRE-201は入手可能です。世界中に普及した名機だけあって、修理や調整のできる業者もまだまだあります。しかし肝心のテープの生産が終了しているため、いつかは使えなくなってしまいます。桜のようなその儚さに胸を撃たれた人は、ぜひ実物を手に入れてみてください。えもいわれぬ暖かなエコーサウンドだけ欲しい人は、ぜひRE-20を使ってみてくださいね。

アナログ・モデリング(テープエコー)ディレイ特集 – Supernice!エフェクター