エレキギターの総合情報サイト

「特集記事」一覧

  • 57120 件目
  • ギターの種類

    フロイドローズ搭載のエレキギターについて

    大きな音程変化を出すことができ、またチューニングが安定することから「ギター界の最も革新的な技術」の一つと見なされているフロイドローズ。その特徴、フロイドローズ搭載ギターのラインナップについて紹介しています。

  • ギターの種類

    メタル・ミュージック志向のギター特集

    ここでは「どこからどう見てもコレはメタルだ」と分類される演奏におけるだいたいおおまかな傾向を見て、メタルに求められるサウンドがおおむねどんなものなのか、どんなギターが求められるのかを考えていきましょう。

  • ギターの種類

    豊かで、力強いトーン「セミアコースティックギター特集」

    「万能なギター」としてジャズ/ブルーズ/ロック/ポップスなど幅広いジャンルで様々なプレイヤーに愛用されている「セミアコースティックギター」。今回はこのセミアコに注目し、代表機種ES-335の特徴、セミアコのバリエーション、について紹介していきます。

  • ギターの種類

    更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集

    一般化した7弦ギターですが、これにさらにもう一本弦を追加した「8弦ギター」、またさらにもう一本弦を追加した「9弦ギター」の存在が、近年のヘヴィ系/テクニカル系プレイヤーの中で存在感を発揮しています。これに伴いさまざまなブランドから新たな「多弦ギター」がリリースされており、今や多弦ギターは群雄割拠の情勢です。

  • ギター初心者

    初めてのエレキギターにおすすめ!RYOGA LEシリーズ

    RYOGAの「LE」および「LEC」シリーズは、学生さんら若い人たちにとって求めやすい価格帯のエントリークラス。演奏性や重量バランスなど、既存モデルの基本設計はそのままに、生産地を変更して価格を大幅に圧縮したシリーズとなっています。

  • ギターケーブル/シールド

    《ケーブル不要!》ギター用ワイヤレスシステム特集

    「ギター用のワイヤレス」というと、ちょっと前までは「プロミュージシャンしか使わない高額なもの」というイメージが一般的でした。しかし近年ではリーズナブルなワイヤレスシステムがそのイメージを払拭、一般化したと言っていいほどの広がりを見せています。

  • ギターの種類

    甘く、くつろぎのあるトーン「フルアコースティックギター特集」

    ボディ内部が完全に空洞になっている「フルアコ」、高級感とどっしりとした風格を持つエレキギターです。このページではフルアコの特徴・魅力、歴史、ギブソンやグレッチをはじめとする主なラインナップから求めやすい価格帯のフルアコまで、特集しています。

  • ギターの種類

    轟音のマストアイテム「7弦ギター」特集

    スティーヴ・ヴァイ氏にはじまり、テクニカル系からその後のニューメタル系ギタリストに愛用された7弦ギター。その歴史や代表的プレイヤー、Ibanezを中心とした有名ブランドの7弦ギターモデルなどを紹介していきます。

  • ギターの種類

    伝統の継承者たち~進化したストラト10選~

    ストラトキャスターの伝統は、いろいろな開発者の想いを受け、さまざまなギターを生み出しました。代表的な「進化したストラト」を1ブランド1モデルに絞ってみていきましょう。独自の進化を遂げたギターたちを10モデル厳選していきます。

  • ギターの種類

    ジャガー/ジャズマスタータイプのギター特集

    フェンダー製品でありながら「テレキャスターやストラトキャスターのような超メジャー機種とはちょっと違う」という立ち位置、「立っても座っても良好な演奏性」を発揮するボディシェイプを持つジャガー/ジャズマスタータイプのギターに注目します。

  • イベント

    楽器フェア2018で国産エレキギターを堪能!GEN GUITAR AWARD 2018

    10月19日〜21日の3日間に渡って開催された国内最大の楽器の祭典「楽器フェア」。今回は数あるイベントの中から「GEN“GAKKI ENGINE OF NIPPON(楽器エンジンオブニッポン)」の活動をクローズアップしてお届けします。

  • ギターブランド一覧

    グレッチ・ギターの種類と選び方

    Gretsch(グレッチ)はギターやドラムで知られるアメリカの代表的な楽器メーカーです。軽やかできらびやかなサウンドから、カントリーミュージックの定番機として長らく愛用されているほか、またレトロでゴージャスなルックスも相まって「ハーレーダビッドソン」、「リーゼント」、「革ジャン」に並ぶ「ロックンロールの象徴」にもなっています。

  • ギターの種類

    レスポール・タイプのギター特集

    最初の一本は、ルックスと値段で決めてしまって大丈夫です。本家ギブソンのレスポールは何十万円もする高級ギターですが、ここでは初心者が現実的に検討する価格帯で分類して、おすすめのレスポールを紹介していきます。

  • ギターの種類

    ストラトキャスター・タイプのギター特集

    音楽シーンや技術の進歩によりフェンダー以外からも様々なストラトキャスター・タイプのギターが生まれ、ストラトタイプは自分好みの楽器に変身させる楽しみもあるギターです。このページではストラト・タイプのギターにスポットを当てていきます。

  • ギターの種類

    《アームのレトロ・スタンダード》ビグスビー特集

    ビグスビーは、1940年代に発明されて以来「アームの定番」として君臨し続けているユニットです。取り付けに際し「ギター本体への加工が少なくて済む」というメリットから、アームのついていないギターにアームを付けるカスタマイズの定番アイテムにもなっています。

  • アイバニーズ

    《ジャンルを超越したギター》Ibanez 「AZ」シリーズ特集

    「モダン・プレイヤーがギターに求める理想を実現した」というアイバニーズの「AZ」シリーズの特徴やラインナップを紹介。Ibanez DINISION 企画開発室 金原聖貴さんより、メールインタビュー形式でAZシリーズについての質問に答えていただきました!

  • ギターの種類

    《ヘッドがない!》ヘッドレスギター特集

    「ヘッドレスギター」とは、その名の通り「ヘッドの無いギター」のことです。標準的な弦長ながらコンパクトなサイズ感/伝統的なスタイルから一歩抜きんでた未来感、が支持され、現在ではさまざまなブランドからヘッドレスギターがリリースされています。

  • ギター メンテナンス

    ストリングワインダーなど、なくてもいいけどあると便利なギターグッズ

    ギターとピックとシールドとアンプ、これだけあればギターは弾けてしまいます。ですがギターを続けていくと「こんなものがあったら便利だな」と思うものが出てきますよね。そんな「あったら便利」を実現してくれたメーカーさんのアイデアグッズを集めてみました。

  • ギターの種類

    《特集》ファンフレットのギターって、どんな感じ?

    フレットの並び方を見ていると時空がねじ曲がっているかのように見える「ファンフレット」のギター、今回は「SAITO GUITARS」の齋藤正昭氏にご協力いただきながら、このファンフレットの魅力に迫っていきます!

  • Freedom CGR

    《特集》フリーダムCGR「Pepper シリーズ」の全貌に迫る!

    フリーダムCGRのPepperシリーズは、一見するとテレキャスター・シンラインをほうふつさせるルックスを持ちながら、4タイプのサウンドキャラクターを持つ異色のラインナップです。これらはどんな違いがあり、ボディの違いがどのようにサウンドへ反映されているのでしょうか。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ