エレキギターの総合情報サイト

豊かで、力強いトーン「セミアコースティックギター特集」

セミアコースティックギター特集Gibson ES-335

「セミアコ(セミアコースティックギター)」とは、「芯となる部分をソリッドにした中空のボディ(セミホロウ構造)」を持つエレキギターのことです。「フルアコ(フルアコースティックギター)」と並び「ハコ(箱)モノ」と総称されますが、フルアコとソリッド(空洞の無いボディ)の中間に位置していると解釈されています。
ギブソン「ES-335」を代表とするセミアコは、同「ES-175」などフルアコの特徴である甘く豊かなトーン、そしてギブソン・レスポールなどソリッドギターの特徴である引き締まった力強いトーンがブレンドされた独特のトーンを持ち、クリーンでも歪ませても良好なサウンドが得られます。それゆえ「万能なギター」として、ジャズ/ブルーズ/ロック/ポップスなど幅広いジャンルで様々なプレイヤーに愛用されています。今回はこのセミアコに注目し、特徴やバリエーションを追っていきましょう。

セミアコの歴史

華々しい誕生と、安定した支持

セミアコの歴史は、1958年ES-335のデビューより始まります。フェンダー・テレキャスターやフェンダー・ストラトキャスターで支持を集めてきたフェンダーに脅威を感じていたテッド・マッカーティー氏(1910ー2001、当時のギブソンCEO)は、これに対抗すべく1958年のNAMMショウにあわせていくつものニューモデルを開発していました。

1958年発表のギブソンの製品群

  • レスポール・スタンダード(「スタンダード」の名が付加され、サンバーストカラーに仕様変更)
  • 変形ギター群:フライングV、エクスプローラー、モダーン
  • レスポール・ジュニア(ダブルカッタウェイに仕様変更)
  • ES-335(全く新しい楽器としてデビュー)

この年にデビューを飾った主なニューモデルは、現在では「王道」とも言うべきモデルばかりです。しかし当時の売り上げは振るわず、どのモデルも生産終了を経験しています。モダーンに至っては限定的に生産されるのみですが、この中で唯一ES-335のみ順調に支持を集め、これまで一度も生産をストップしたことがありません。ボディシェイプや仕様ではなく、楽器として全く新しい構造とトーンを持ったギターが生き残ったということになります。ES-335はチャック・ベリー氏(1926-)、エリック・クラプトン氏(1945-)、ラリー・カールトン氏(1948-)らが愛用し、ロック/ブルーズ/ジャズのプレイヤーを中心としたヒット作となりました。


Chuck Berry – Johnny B. Goode (Live 1958)

ちなみにこの年フェンダー・ジャズマスターがデビューしました。ジャズ志向という開発の意図に反してサーフミュージックのアーティストに支持されましたが、これも一度生産が終了しています。

他ブランドがセミアコ市場に参入

rickenbacker 330rickenbacker 330

1960年代にはリッケンバッカーがセミアコ市場に参入し、定番機「330」を中心としたラインナップを展開していきます。コード弾きのしやすさと軽快なトーン、またビートルズの使用で支持を集めます。しかしセミアコというボディ構造以外は全くと云っていいほどES-335と異なるギターであり、ES-335のライバルとはならずブリティッシュ系ロックバンドに受け入れられていき、意図せずとも楽器としての住み分けができていました。

また、1966年からフェンダー・コロナドによりホロウボディ市場への参入を狙っていたフェンダーは、1970年に初のセミアコとなるフェンダー・スターキャスターを発表しますが、ギブソンの牙城を揺るがすことなく不発に終わっています。このようにセミアコ市場は永らく先駆者ES-335の独壇場でした。

シンラインの登場で変わっていくホロウ市場

Fender USA CLASSIC SERIES '69 TELECASTER THINLINE ホロウボディのテレキャスター「シンライン」

スターキャスターに先立つ1969年、フェンダーはテレキャスターのボディに空洞を作り、Fホールを空けたテレキャスター・シンラインを発表します。これ自体はソリッドギターの軽量化を目的としていましたが、ソリッドボディをくり抜いて空洞を作る工法はこれまでのホロウボディとはまた異なっており、「ソリッドボディをホロウ化する」という新しいスタイルのギターが誕生するヒントになりました。またこのテレキャスター・シンラインが一般化していったことで、本来は「薄いホロウボディ」を意味していた「シンライン」という言葉が、現在ではソリッドボディをくり抜いたホロウ構造のギターを意味する言葉に置き換わっています。
テレキャスター・シンライン

シンラインにヒントを得て、ソリッドボディをくり抜いたホロウボディで積極的にアコースティックなトーンを作る試みが各ブランドで多くなされました。ソリッドギターのラインナップにホロウ/セミホロウ構造のモデルが加わるブランドが多くなり、ES-335の唯一の泣き所であった「ボディの大きさ」をカバーする、ソリッドギターのボディシェイプを持つスリムなタイプのセミアコが多く生産されています。

現在のセミアコは、

  • ES-335を意識したオリジナルモデルやコピーモデル(箱の中央に芯を入れたボディ)
  • シンライン(ソリッドボディをくり抜き、中央は残す)

という二つのタイプが各ブランドよりリリースされています。

代表機種ES-335に見る、セミアコの特徴

ES-335 のセンターブロック 引用元:http://www.es-335.net/history.html

ES-335を代表とするセミアコは、中空になっているボディ内部に「センターブロック」と呼ばれる木材を配置するという「セミホロウ構造」が最大の特徴です。ボディの外殻部分/センターブロックそれぞれが弦振動に影響を及ぼします。

  • 弦の振動を受け止める部分がソリッドになっている
  • ボディのトップ/バックがセンターブロックを介して繋がっている

という構造により、「ホロウボディにソリッドの特徴が加わる」または「フルアコとソリッドのあいのこ」と言われます。では、フルアコにソリッド要素を加えることで何が起こったのか、ES-175というギブソンの超定番モデルとの比較からES-335というギターの構造的特徴を浮かび上がらせていきましょう。
ES-335
ES-175

セミアコ「ES-335」とフルアコ「ES-175」の共通点

gibson-335-vs-175上:ES-335、下:ES-175

まず類似点ですが、

  • ギブソンスケール(24.75インチ)のマホガニーネック、ローズ指板
  • エスカッション(外枠)マウントのハムバッカーピックアップ2基、それぞれにボリューム/トーンポット、切替用のトグルスイッチ

など、多くの部分が共通しており、レスポール・スタンダードなど他の多くのモデルとも共通しています。それゆえボディ構造やピックアップの品番に由来する違いこそあれ、これらのモデルは共通して甘くて太いトーンを持っています。

ES-335とES-175の違い

続いて相違点です。ES-175とES-335の相違点には、ほとんど全てにセンターブロックが関わっています。

カッタウェイの違い

ES-335のネックジョイント ES-335のネックジョイント部。ダブルカッタウェイ

まずネックジョイント部です。ここにカッタウェイを設けるとハイポジションでのプレイアビリティが上がる反面、ネックを支える部分の剛性が落ちてしまいます。シングルカッタウェイならまだ大丈夫ですが、完全に空洞のボディ構造を持っているフルアコにダブルカッタウェイを施すのは、当時の技術では強度不足の恐れから好ましくありませんでした。その点、センターブロックを持つセミアコはこの部分での強度を稼ぐことができます。ダブルカッタウェイ化させることで、ハイポジションの弾きやすさが飛躍的に向上しました。現在ES-335をイメージしたセミアコでは、ほとんどがダブルカッタウェイです。

ブリッジ構造の違い

続いてブリッジ構造ですが、ES-175その他のモデルに共通して、フルアコではブリッジをボディに固定せず、弦自体の張力を利用して位置を安定させています(エピフォン・カジノなど例外は多数)。これは伝統的なヴァイオリンのブリッジ構造に準拠しているものですが、位置を変更することでオクターブ調整ができるという利点があり、また板状のボディトップにブリッジを固定するネジの穴を空けてしまうと強度が不足するという危惧があるためです。テールピースについても同様に、フルアコではヴァイオリンの構造に準拠した、強度に優れるボディエンドで弦の張力を受け止める構造を取っています。

es-335-bridge ES-335のブリッジ構造。レスポールと同様チューン・O・マチックブリッジ

こうしたフルアコのブリッジ構造に対し、ES-335はセンターブロックによりボディの剛性が飛躍的に向上したので、ボディに直接ブリッジをマウントさせることができます。1954年に開発されたTOM(チューン・O・マチックブリッジ&ストップ・テールピース)は、振動を直接ボディに伝える伝導性があり、また弦高調整/オクターブ調整/張力調整を可能にしたシンプルながら高機能なブリッジです。TOMブリッジが採用されたことにより、ブルーズやロックでのチョーキングを多用したプレイによってブリッジの位置が動いてしまうということがなく、このジャンルでハコモノのギターがストレスなく活用できるようになりました。

ボディの厚さ

es-335-bodyES-335のボディの厚さ。わりと薄い

センターブロックを使用するという関係上、セミアコはフルアコに比べてボディが薄くなります。鳴りを良くするためにボディ厚を稼いでいるのに、そこをわざわざセンターブロックで埋めてしまう合理性が無いこと、また仮にそれだけの厚みのあるセンターブロックを挿入してしまうと、本体の重量が増してしまうといったことが根拠となります。


ES-335でバッキングを弾いた「六弦かなでとギター博士のクリスマスっ! 」


以上のことから、世の中にはハコモノのギターがいろいろありますが、

  • ダブルカッタウェイ
  • TOMブリッジ搭載。特にストップテールピース。
  • ボディが薄い

以上の条件を満たしているものはだいたいセミアコ(エピフォンのカジノなど例外もあり)だと思っていいでしょう。

フルアコよりも歪みに強い

ボディトップを削り出しで成形するフルアコは、それゆえの豊かなボディ鳴りが持ち味です。しかしそれが仇となり、大音量ではハウリングが起きやすいという弱点がありました。セミアコは構造上フルアコよりもハウリングしにくい特性がありますが、さらに大音量で演奏することを想定し、ボディの外殻にメイプルのラミネート(貼り合わせ)材を採用、余分な鳴りを抑えることで、オーバードライブなどで歪ませても良好なトーンで演奏することが出来ます(現在ではES-175も同様にラミネート材が使われています)。

セミアコギターのラインナップ

ここまでセミアコについて見ていきました。ここからは、ES-335タイプ、テレキャスター・シンラインタイプ、その他のものに分類してどんなセミアコがあるのかを見ていきましょう。

ES-335タイプ:Gibson Memphis / Gibson Custom

セミアコの先駆者ギブソンからは、アーチトップ専門の部署であるメンフィスから、ES-335と派生モデルによる充実したラインナップのほか、ナッシュビルに拠点を置くカスタムショップから、各時代の特徴を可能な限り再現したリイシュー(再生産)モデルがリリースされています。

ES-335(ES-335 Studio)

ES-335 Studio ES-335 Studio

基本モデルとなるES-335は、多くのアーティストモデルがあるほか、カスタムショップより1959年モデルと1963年モデルが復刻されています。また塗装の艶を抑えて価格を落とした「ES-335 Satin」や、インレイやバインディングなどの装飾を簡略化し、木材のグレードを下げることでほぼ半額という低価格化を実現した「ES-335 Studio」がリリースされました。

ES-335を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

ES-339(ES-339 Studio)/ES-336

memphis-es-339 ES-339

335のボディサイズを大幅に縮小し、ほぼレスポール同様にまで小型化したモデルです。335のボディサイズに抵抗があるという人にフィットするサイズであるばかりでなく、レスポールやストラトなどソリッドギターからの持ち替えに違和感が無いという利点があります。こちらにも廉価版の「ES-339 Studio」があるほか、同じボディサズでありながらマホガニーのバック材をくり抜いて作った「ES-336」もリリースされました。336はセミアコでもシンライン寄りのニュアンスがあり、ハコ鳴り感を持つ339との比較が面白いギターになっています。

ES-339を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

ES-345

Gibson ES-345

二つの平行四辺形が並ぶ(ダブル・パラレログラム)インレイと多層バインディング、ゴールドパーツで高級感を演出し、また「バリトーン・スイッチ」を追加させることでサウンドバリエーションを増強したパワーアップ版です。このバリトーン・スイッチは6段階のローカット・トーン回路になっており、「1」のバイパスから「6」へツマミをひねっていくに従い、低域を徐々に削っていきます。

ES-345を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

ES-355

Gibson ES-355

レスポールスタンダードに対するレスポール・カスタムに相当する、335の高級機です。基本的な構造は全て335を踏襲していますが、エボニー指板(現行モデルはリッチライト)、ヘッドまで覆う多層バインディング、ヘッドに輝くダイアモンドインレイ、ゴールドパーツ、1フレットからのブロックインレイといった仕様で、ゴージャスな外観が魅力のモデルになっています。

ES-355を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す


B.B. King – The Thrill Is Gone ft. Tracy Chapman
故B.B.キング氏(1925-2015)の愛機として有名なルシールはこの355をベースとし、Fホールを排して345のバリトーン・スイッチを追加、またテールピースにファインチューナーがついているものを採用しており、現在では「B.B.King」としてラインナップされています。

その他の著名ブランドのコピーモデル

いろいろなブランドからES-335やES-339のコピーモデルがリリースされています。どれもが基本的にES-335と同様の仕様となっていますが、そのぶん価格が抑えられて求めやすくなっていることが多いほか、独自の工夫も多く見られますので、むしろ本家よりもこちらの方が気に入った、というプレイヤーも多くいます。

忠実なルックスのもの

など

アレンジされているか、オリジナル的なもの

Ibanez JSM/EKMその他

Ibanez JSM100 JSM-100:Ibanezロングセラーのセミアコ「JSM」シリーズ

アイバニーズのセミアコは永らくジョン・スコフィールド氏が愛用し、シグネイチャーモデルをリリースしています。ボディシェイプがアレンジされており、ES-335とはちょっと違ったギターに見えるところがポイントです。


John Scofield and Eric Krasno Talk Ibanez Guitars, Miles Davis, and More…

Ibanez JSMシリーズ を…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Aria TAシリーズ

Aria TA-DOMINO Aria TA-DOMINO

小振りなES-339をベースに、センターブロックにスロット加工を施し、軽量化と生鳴りの良さを実現しています。
日本人に合わせたセミアコ「TA」シリーズ

FUJIGEN MSAシリーズ

Fujigen MSA-HP MSA-HP

ES-339を思わせる小さめのボディは、無垢のマホガニー材をくり抜き、サイドとセンターブロックを一体化させた内部構造(スクープド・リム&インナーブロック)による豊かな鳴りを実現しています。
FUJIGEN MSAシリーズ

YAMAHA SAシリーズ

SAS1500、SA2200 上:SAS1500、下:SA2200

ヤマハのセミアコは歴史が長く、多くの愛用者がいます。現在ではES-335同様のボディサイズを持つものと、ボディを小型化したものがリリースされています。

YAMAHA SAシリーズを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Sadowsky Semi Hollow Model

敢えてシングルカッタウェイ仕様を採用した、落ち着いたルックスのモデル。スプルース製のセンターブロックは削り込まれて軽量化されており、生鳴りを活かしています。

テレキャスター・シンラインタイプ

Freedom PepperシリーズFreedom Pepperシリーズ

フェンダー・テレキャスター・シンラインはどちらかというとセミアコの甘いトーンのイメージからは距離を置いたシャープなトーンが持ち味です。しかし多くのブランドでこれを新しいセミアコと解釈し、よりセミアコのイメージに近づけるアレンジが模索されてきました。こうして完成した新しいシンラインは、リード向きのメロウなトーンのためフロントにハムバッカーやP-90をマウントされた形で、特にジャズ/フュージョンにうってつけの楽器として浸透しつつあります。フロントのハムやP-90で甘く太い音が、リアのシングルで鋭い音が出せるので守備範囲が大変広い楽器です。この分野では、ボディ構造にいくつものバリエーションのあるフリーダムのペッパーシリーズに最も顕著にその傾向が現れています。

シンラインタイプのギターを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

その他のタイプのセミアコ

ソリッドギターのボディをくり抜いてホロウ化したモデルは、多くのブランドで高級志向のバリエーションとして採用されています。この分野ではポールリードスミスで各グレードのホロウモデルがリリースされているほか、本家ギブソンからはレスポ−ルをセミアコ化した「ES-レスポール」がリリースされています。またボディに空洞が空いていることが分からないようなギターも多くリリースされており、外観からではそれがセミアコ構造のギターだとは分かりにくいものが増えてきました。

Gibson ES-Les Paul

es-lespaul

ギブソンのメンフィス工場で作られるESレスポールでは、ソリッドギターをくり抜くのではなく、板を貼り合わせるハコモノの工法で、レスポールタイプのボディが作られています。シルエットこそレスポールと見分けがつきませんが、しっかりFホールが空いているのが大きな特徴です。

ギブソンの2015年におけるモデルチェンジで、ソリッドギターのほとんどの機種に自動チューニングシステムとゼロフレット・ナット、ザマック(亜鉛合金)製ブリッジ/テールピースなどが採用されました。しかしセミアコやフルアコはエレクトリックといえどアコースティックなイメージを大事にしたい楽器なので、こうした先進的なスペックは採用されす、伝統的なパーツ編成で作られています。クリーソンタイプのペグにボーン(骨)ナット、ダイキャスト製ブリッジ、アルミテールピースといった渋いパーツにより、新しいモデルながら歴史を感じさせる風格があります。
ギブソンの提唱する新しいセミアコ「ES-Les Paul」

James Tayler

スタジオミュージシャン御用達ブランドとして名高いジェームズ・テイラーのギターには、オプションとして「ホロウボディ化」があります。これはピックアップキャビティやブリッジを受け止める部分は残して、カッタウェイの先までくり抜いた構造になっています。Fホールが空けられることはないため外観では判別できませんが、持ってみた軽さ、またボディをコンコンと叩いてみたときの感触などでそれを判別することができます。
James Tylerのギターについて