ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギターケーブル/シールドの種類と選び方

ギターケーブル

ギターとアンプを繋ぐケーブルをシールドケーブルと言い、エレキギターの演奏にはなくてはならないものです。

初心者や始めたての方は音が出れば何でもいいという発想に陥りがちですが、ギターからの信号がこのコード一本でアンプに送られているわけです。下手に粗悪品を使って、ギターやアンプの性能をフルに発揮できないばかりか、ライブ演奏途中での断線など起きると悲惨なことになります。耐久性と信頼性に優れたものを選ぶのが鉄則です。

また、ケーブルによる音質の違いもたびたび議題に登りやすいテーマです。ケーブルによって音がどれだけ変わるのかは、人により様々な意見がありますが、シールドケーブルはギターとアンプの間に唯一挟まっている別要素でもあるので(エフェクターを使わない場合)、それによる音質の変化は理論的にも少なからずあると考えるのが妥当でしょう。違いが感じられる耳が備わったならば、自分のスタイルにあったケーブルも模索してみる価値があります。

シールドの種類

ケーブルのタイプ

アンプとギターをつなぐタイプ

シールドケーブル シールドケーブル

アンプとギターを繋ぐケーブルのことを一般的に「シールドケーブル」と呼びます。シールドケーブルは信号を通す「芯線(内部導体)」を「絶縁体」と「シールド(外部導体)」で包みこんだ構造をしています。
エレキギターから流れる信号はとても微弱なものであり、外部から受ける「ノイズ」にとても弱いので、シールドで包み込むことで「ノイズ対策」を行っています。シールドケーブルはエレキギターやエレキベースなど、様々な楽器に用いられます。


エフェクター同士をつなげるタイプ

パッチケーブル パッチケーブル

エフェクター同士を接続するシールドケーブルのことを「パッチケーブル」と呼びます。パッチケーブルは上記のシールドケーブルを15cmから30cm程度にカットし、「L型プラグ」を両方に取り付けた物になります。エフェクターボード内で使用するため、パッチケーブルには音質よりも「柔軟性」が求められることが多いです。
パッチケーブルについて


プラグタイプの違い

S/S

S/S

シールドケーブルには「ストレートプラグ(S)」と、L字の形状を持つ「L型プラグ(L)」の2種類があります。「S/S」は両方ともストレートのシールドケーブルであり、オールラウンドに使える万能タイプです。


S/L

S/L

「S/L」は片方が「L型プラグ」になっているシールドケーブルです。L型プラグを「アンプに接続」し、ストレートプラグを「ギターに接続」すると良いでしょう。アンプ側にL型プラグを差すことで、プラグを含む「コネクタ部」に負担が掛かりません。「アンプ直」で使うギタリストにオススメです。


L/L

L/L

「L/L」は両方とも「L型プラグ」になっているシールドケーブルです。L型プラグ自体がストレートプラグよりも割高なので、「S/S」や「S/L」よりも値段が高くなります。「L/L」の製品は比較的少ないので、プラグとケーブルを別に購入して自作するのも良いでしょう。


シールドケーブルの長さ

各社が取り扱っているシールドケーブルは、「1.5m」、「3m」、「5m」、「7m」、「10m」といった長さが一般的です。用途によって選択する長さが異なりますが、

  • ステージ上で使うなら「5m〜7m」
  • 自宅練習用なら「3m〜5m」
  • レコーディング用なら「1.5m〜3m」

を選ぶと良いでしょう。

バーなど小規模のクラブなら「5m」で十分です。ライブハウスになってくるとアンプまでの距離が遠くなり、5mでは少し心許なくなりますので、余裕を持って「7m」を選ぶとよいでしょう。中規模以上のライブハウスになると「10m以上」も選択肢に入ってきます。
10m以上のシールドケーブルになると、高音が劣化する「ハイ落ち」と「遅延」が気になってくるので、できるだけ音質劣化の少ない「良質な製品」を選ぶようにするといいでしょう。

clear

シールドは8の字巻きにして保管しておこう

シールドは「8の字巻き」と呼ばれる方法で保管して置くのが定番です。ぐにゃぐにゃのままよりも、きちんと保管しておくことでケーブルの断線といったトラブルも防ぎやすくなるので、結果的に長持ちになりやすいんですよ。
8の字巻きの詳しいやり方は次のページを見てみましょう。
シールドの巻き方

シールド選びのポイント

音質を云々する前に真っ先に重要視すべきなのは耐久性です。1週間ごとに買い換えられるほど安価なものでもありませんし、それなりの強度がなければ、安心してライブに持ち出すこともできません。とはいえ、耐久性が数字で表してあるわけでもないので、代わりに信頼できるメーカーかどうかをバロメーターとして利用するといいでしょう。

熟練者の中にはプラグとケーブルを分けて購入し、自作する方もいますが、これも全てが自己責任になります。ハンダを使っての作業に慣れていない方や、不安な方はやめておいた方が無難です。

ギター初心者におすすめのケーブル

初心者はケーブルに1万円も使えません。とはいえ、信頼性は間違いないものが欲しいので、選択肢としては真っ先に「CANARE(カナレ)」が挙げられます。

CANARE「PROFESSIONAL CABLE Gシリーズ」

CANARE PROFESSIONAL CABLE G

カナレは音楽・映像用ケーブルの老舗で、日本のギター用シールドケーブルの中ではスタンダードの位置を占めています。

中でもPROFESSIONAL CABLE Gシリーズは、カナレの標準的な立ち位置を占める、楽器用ケーブルの定番。3、5、7mの3種以外にも、1mや10mなどもあります。

特筆すべきはその無敵の耐久性と取り回しのしやすい柔軟性。特に耐久性は折り紙付きで、何回曲げても上から踏みつけてもびくともしません。その独自に開発されたジャックの耐久度も非常に高く、日本の工業技術の高さを享受できるケーブルです。

音質の劣化も目立って感じることがなく、確かなクオリティを持ち、リーズナブルなこの値段。初心者に間違いなくお奨めできる定番ケーブルと言えます。

PROFESSIONAL CABLE Gシリーズを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

粗悪品はやめておこう

様々なシールドを探してみると、中には3mで数百円程度の極端に安いものを見かけることがあります。この手の粗悪品は安物買いの銭失いになりかねないので、選ばない方が無難です。音が悪いと一口に言ってしまうのは簡単ですが、粗悪品には選ぶべきでない理由がそれ以外にあります。

シールドケーブルの名前の由来は、外来のノイズを 遮断(シールド)する構造から来ているのですが、粗悪品はこのシールディング部分がいい加減で、肝心のシールドが出来ていないものが少なくありません。その上、内部構造がチャチなので、すぐに断線します。頻繁に切れて買い換えるより、結局最初に良いものを買って長く使う方がコスト的にも安上がりですし、わずかな出費を惜しんで音をノイズまみれにしてしまうとなると目も当てられません。

こちらの記事には初心者も含めて、中級者以上にもおすすめのケーブルを列挙しています。
ギター初心者にオススメのケーブル

シールドケーブルによって音質は劣化するのか

「良いシールドは音が良い」とは、よく聞く話です。これは逆に、良くないケーブルを使うと音が悪いとも受け取れます。果たしてこれは真実なのでしょうか。
ギターケーブルによる音ヤセ・音の劣化について

シールド・メーカーの種類


断線したケーブルの修復

はんだごてを使って、シールドは自分で修理、製作することができます。少し慣れている人であれば10分も掛からない程度の作業ですが、通常のシールドやパッチケーブルの製作などにも応用できるので、もし興味がある方は試してみると良いでしょう。ただし、再度切れても今度は自分の責任です。不安な方は手を出さず、新品に買い換えるか、信頼できる店に修理を依頼しましょう。