ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギター エフェクターについて

エフェクターとは

エフェクターとはエレキギターの音色を変化させたり効果を足したりして豊かな表現をもたらせてくれる道具です。「ペダル」と呼ばれることもあり、サイズは手のひらにすっぽり入るくらいの小型のものからお弁当箱くらいのサイズまで様々。
ギターとアンプの間にシールドで接続し、ギタリストの場合は足元に置いて足でスイッチをオン/オフ、最近ではDTMの人向けにテーブル上で使うのに適した機種も登場しています。

エフェクターの種類

エフェクターは大きくわけて5種類ほどに分類することができます。

歪み系

「ゆがみ」ではなく「ひずみ」と読みます。オーバードライブ・ディストーション・ファズと、歪みの程度によって分類されます。

  • オーバードライブ

    オーバードライブ

    やさしく暖かみのある歪んだ音がするエフェクター。
    どんな音楽のジャンルでも使用できるのが特徴で、単に歪んだ音が欲しい時や、ブースターとしてギターソロ時に音を大きくする目的で使われます。

  • ディストーション

    ディストーション

    ハードロック・へヴィメタルでよく使われる、荒々しく硬い歪みを生み出すエフェクター。
    トランジスタ型のアンプなど、アンプ自体にGAINのツマミがない場合にギターを歪ませたいときによく使用されます。

  • ファズ

    ファズ

    濁りが混じった/潰れたような音など過激なサウンドが特徴の歪みで、ギターソロやトリッキーなプレイに使用されることがあるエフェクター。
    音程が分かりにくくなるほど歪むものもあります。

  • ブースター

    ブースター

    「音量」「歪み」「音域」をブーストさせ、バンドの中でもギター音が埋もれずに前に出すことができるエフェクターです。


モジュレーション系

  • コーラス

    コーラス

    原音とほぼ同等にあたる音を人工的に作り、混ぜることで音の厚みを増し、心地よい揺らぎとさわやかなサウンドを生み出す

  • フランジャー

    フランジャー

    "うねり"を生み出すエフェクター。強くかけると激しく回転するようなサウンドとなります。

  • フェイザー

    フェイザー

    フランジャーを金属的な音の波のようにした音

  • トレモロ

    トレモロ

    周期的な音量の上下による揺れる効果。独特の残響感を演出してくれるエフェクターです。

  • ビブラート

    ビブラート

    周期的な音程の上下による揺れる効果。トレモロとは一味違った「揺らぎ」を発生させます。


空間系

  • リヴァーブ

    リヴァーブ

    カラオケのエコーのような効果。広いホールで音を出しているかのような残響感を得られます。

  • ディレイ

    ディレイ

    実際の音に少し遅れた音を混ぜることで、「やまびこ」のような効果を生み出すエフェクター。


フィルター系

  • ワウ

    ワウ

    周波数の大小をプレイヤーが実際にペダルを上げ下げすることで「ワウワウ」という音を出すエフェクター。
    ブルース・ギタリストの間で使用されていたことが、ワウが広まったきっかけになりました。バッキング/ギターソロ両方で使うことがあります。

  • ピッチシフター

    ピッチシフター

    音程を変化させるエフェクター。入力した音に対して、3度上、5度下、8度(オクターブ)上といった音を重ねて出すことが可能です。トリッキーな効果を狙って使用される場合があります。オクターバーと似た効果が得られますが、こちらはスイッチonの状態で音ヤセするのが難点です。

  • ワーミー

    ワーミー

    ペダルの踏み具合によって音程を変化させるピッチシフター。PANTERA のギタリストの故ダイムバッグ・ダレルや rage against the machine のトム・モレロなどが使用、ギターだけでなくベース・シンセサイザーに使用するケースもあります。


その他

  • イコライザー

    イコライザー

    特定の周波数帯をブーストしたり、カットしたりするエフェクター。サウンドの高域・中域・低域をそれぞれコントロールすることができます。

  • コンプレッサー

    コンプレッサー

    小さな音を持ち上げ、大きな音を抑えることで音のツブをそろえます。サスティンを得ることもできるペダル。レコーディングでは必需品のエフェクトです。

  • ノイズゲート

    ノイズゲート

    無駄なノイズをカットしてくれるエフェクター。リンプ・ビズキットのギタリストのウェス・ボーランドが、BOSS Noise Suppressor NS-2を使って本来の目的以外で使用したことで話題になりました。

  • ボリュームペダル

    ボリュームペダル

    ペダルによって、音量を調整することができるエフェクター。
    バイオリン奏法などギター・プレイのバリエーションにも使用できます。

  • ラインセレクター

    ラインセレクター (A/B BOX)

    ラインの出力を分けることができるエフェクター。1台のエレキギターでアンプを2台使いたいときや、エフェクターの組み合わせのバリエーションを増やしたい時などに使用されます。

  • ルーパー

    ルーパー

    サウンドを録音して再生させることができるエフェクター。ギターをオーバーダビングして一人でジャムセッションしたり、ギターオーケストレーションを楽しんだり、色々な使い方ができるエフェクターです。
    ギター博士がTC Electronic Ditto Looper を弾いてみた!


マルチエフェクター

BOSS ME-70
BOSS ME-70

エフェクターには様々な種類があり、全ての種類のエフェクターの音の特徴を知りたいと思っても、買い揃えるにはかなりの予算が必要です。

そこでギター初心者にオススメなのがマルチエフェクターです。マルチエフェクターは様々な種類のエフェクターが一つになったものです。

値段も手頃ですのでギター初心者の方はこれで様々な音の効果を知ることができますね。

【レビュー】LINE6 AMPLIFi 75(ギターアンプ)/AMPLIFi FX100(マルチエフェクター)徹底紹介!

エフェクターのつなぎ方

エフェクター つなぎ方

エフェクターボードについて

エフェクターボードを選ぶ


お勧めチューナー・エフェクター

自宅練習/ライブでも使えるエフェクター・タイプ