エレキギターの総合情報サイト

「ギター博士が弾いてみた」一覧

  • 91120 件目
  • ギター初心者, ギター弦

    ギター弦の巻き方/交換方法

    ギターを弾いていると弦が切れてしまった、何日も弾いているうちに弦が錆びてしまった、そういった時は新しい弦が必要です。「今まで弦の交換をやったことがない」という人も大丈夫、色々なタイプのエレキギターの弦交換について紹介しています。

  • レスポール

    ギブソン・レスポール・トラディショナル徹底分析!

    2008年に生産が始まった「ギブソン・レスポール・トラディショナル」は、年々モダン/最先端路線へと傾倒していくレスポール・スタンダードと違い、「伝統的(トラディショナル)なスタイルの固持」をコンセプトに据えています。

  • テレキャスター

    メイドインジャパンのフェンダー・テレキャスター徹底分析!

    国産フェンダーに「メイドイン・ジャパン・トラディショナル」「メイドイン・ジャパン・ハイブリッド」という新シリーズが加わりました。世界中のギタリストが日本製のフェンダーを弾く、そんな未来がもうすぐそこにあるかもしれません。

  • ギターの練習方法

    ピッキングハーモニクスのやり方

    ピッキングハーモニクスは、弦をピッキングした直後に(ピッキングした手の)親指の側面を弦にあてて、押えているフレットポジションの音程よりも高い「ピキーン」という金属的な倍音を得るギターの演奏方法です。

  • ギター スケール

    メロディックマイナースケール

    メロディックマイナースケールは、ハーモニックマイナースケールの6番目の音を半音高くしたスケールで、ジャズのアドリブ演奏で頻繁に使用されます。このページではギター博士によるメロディックマイナースケールを用いたギターソロを聞くことができます。

  • エレキギターブランド一覧

    ゼマイティス・カスタムショップ「パール・フロント」と「メタル・フロント」を弾いてみた!

    ZEMAITIS(ゼマイティス)カスタムショップ製「パール・フロント(CS24PF LITTLE RING)」「メタル・フロント(CS24MF FR4C)」の二本のギターを、ギター博士が全力で弾き倒しました!

  • エフェクター

    エフェクターを使ってみよう!〜はじめてのエフェクター〜

    これからエフェクターを使ってみたい!けど、エフェクターも色々な種類があるみたいで、それぞれどんな音が出るのかわからない…というエフェクター初心者のために、当サイトに登場するギター博士がこれまで弾いてきたエフェクター動画を一挙紹介!

  • エフェクター

    フェイザー・エフェクターについて

    フェイザーは「位相のずれた音」を原音にミックスすることで、シュワシュワとしたサウンドを作り出すモジュレーション系エフェクターです。フェイザーが位相のずれを利用するのに対して、フランジャーは原音の遅延を利用しているので、サウンドは似ていますが別物です。

  • ギターの練習方法

    ミュートの練習

    「フレーズに必要ない無駄な弦の音を出さない」「音色に強弱をつけるためのアクセントにもなる」という奥深く高度な技量を必要とするギターのミュート。様々なシチュエーションでのミュートのコツを解説!

  • ギター弦

    《美しい音を長くキープ》エリクサーOPTIWEBコーティング弦とは?

    2017年3月1日、エリクサーから革新的なコーティング弦「OPTIWEB(オプティウェブ)」がリリースされました。今回は、このエリクサー「OPTIWEB」を使ってギター博士が色々な実験を試してみました。どんな結果になったか、見てみましょう。

  • ギターの練習方法, ギター初心者

    コードストロークの練習をしよう!

    コードストロークはどんなタイプの楽曲でも登場する、ギターの最も基本的な演奏方法の一つです。このページではギター博士と共に、はじめてコードストロークをやってみるというギター初心者さんのための練習方法を紹介しています。

  • ギター スケール

    ハーモニックマイナースケール

    ハーモニックマイナースケールは、ナチュラルマイナー・スケールの7番目の音を半音高くしたスケールです。そのためハーモニックマイナースケールのポジションが覚えきれなくてもナチュラルマイナースケールを理解していれば導き出すことができます。

  • ギター初心者

    ギターとベースってどう違うの?

    似ているようで似ていないようでもある、この二つの楽器はどう違うのでしょうか。目の前にある楽器がギターかベースかは、慣れてくるとすぐ見分けられるようになります。しかし、具体的にどんなポイントで見分けるのでしょうか。また、バンド内でどんな演奏を行うのでしょうか。

  • ギターの練習方法

    アルペジオの弾き方/練習

    アルペジオは日本語で「分散和音」といわれ、コード(和音)を分解して演奏する奏法のことです。アルペジオでは3,4弦を連続して鳴らしていきますが、鳴らした弦の音はとめてはいけません。となりの弦に指がふれてもいけませんし、押さえる力が弱くなると音の伸びも失われてしまいます。

  • ギターの練習方法

    オルタネイトピッキングの練習

    オルタネイトピッキングとはダウンピッキングとアップピッキングを交互に繰り返すピッキングのことです。弦を移動した場合や休符を挟んだ場合にもその動きが持続されます。地味な練習で根気を必要としますが、これができないとリズムをしっかりつかむことができません。

  • ギターコード, ギター初心者

    Q&A.68 コードチェンジのコツ・練習方法

    コードチェンジを上手くできるようにするためには、基本的にはネチネチと練習するしかないんですよね。けど同じ練習ばかりやっていると退屈になって楽しくなくなってしまうので、いくつかバリエーションを紹介します。飽きたら次の練習方法を取り入れていく、というやり方をしてみて下さい。

  • イベント

    《2016楽器フェア》レポート:エレキギター&エレキベース編

    2016年11月4日から3日間に渡って開催された楽器フェア2016。世界中から選りすぐりの楽器が集められ、たくさんの来場者が試奏をしたり、プロミュージシャンによるデモンストレーションなどが行われました。ここでは、今回のイ […]

  • マルチエフェクター

    小型軽量かつ音色に妥協のないマルチエフェクター:BOSS GT-1

    GTとMEシリーズの中間のような、今までに無かったコンセプトで生み出されたBOSS GT-1。小型軽量でかつ音色に妥協のないこの製品は、あらゆるギタリストに対応できる、まさにマルチな逸品となっています。

  • ギター スケール

    ミクソリディアンスケール(Mixolydian Scale)

    ミクソリディアン・スケールはヒンズースケールとも呼ばれているように、エキゾチックなコードの響きが特徴。サイトでは様々なキーでの指板上の音程表を掲載しているほか、ギター博士によるCミクソリディアン・スケールを用いた演奏を聞くことができます。

  • ギター スケール

    リディアンスケール(Lydian Scale)

    メジャー・スケールの4番目の音から並び替えると、リディアン・スケールとなります。 サイトでは様々なキーでの指板上の音程表を掲載しているほか、ギター博士によるCリディアン・スケールを用いたギターソロを聞くことができます。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ