エレキギターの総合情報サイト

「ギター博士が弾いてみた」一覧

  • 107120 件目
  • ギター スケール

    ブルーノートスケール

    ブルーノートスケールは、メジャースケールに第3音・第5音・第7音を半音下げた音、いわゆる「ブルーノート」を加えた8音で構成されるスケールです。このページではギター博士によるブルーノートスケールを用いたギターソロを聞くことができます。

  • ギター スケール

    ホールトーンスケール

    ホールトーンスケールは、ルートから見て全ての音程が全音で構成されているスケールで、ルートが移動しても指板上のポジションは2種類しか存在しません。このページではギター博士によるホールトーンスケールを用いたギターソロを聞くことができます。

  • ギター スケール

    コンビネーションオブディミニッシュスケール

    コンビネーションオブディミニッシュスケールは、ルート音から【半 → 全】という上昇の繰り返しによって構成された8音のスケールです。このページではギター博士によるコンディミを用いたギターソロを聞くことができます。

  • ギターの種類

    《徹底検証》ストラトとRGって、どう違うの?

    両者の比較は「シングルコイルとハムバッカー」というシンプルな比較ではありません。ストラトを持ったらどんな曲を弾きたいか、RGならどんなプレイがしたいか、ある程度ギターをたしなんでいる人ならきっとインスピレーションが湧いてくることでしょう。

  • ギターの種類

    《徹底検証》ストラトとレスポールって、どう違うの?

    ストラトキャスターとレスポール。これからギターを始めたい人はどちらを、またはどちらっぽいものを最初に買おうか迷っている人もいることでしょう。そんなわけで今回は、この二つの違いを探してみましょう。

  • ギター チューニング

    ドロップDチューニング

    ドロップDチューニングはノーマル・チューニングから6弦の音を1音下げたDの音にすることで、音をへヴィにする目的で用いられるチューニングの方法です。90年代に入るころからヘヴィメタル・グランジとなどのジャンルのギタリストがこぞって採用しました。

  • エフェクター

    Diezelのペダル「VH4-2 PEDAL」「Herbert PEDAL」を弾き比べてみた!

    Diezelのペダル「VH4-2 PEDAL」「Herbert PEDAL」。ドイツが誇る人気アンプブランドのペダルだけあり、完全ハンドメイドの名に恥じることのないクオリティを備えています。今回この2機種をレビュー。両モデルのサウンド比較や、接続方法についても細かく解説しています。

  • ギターの種類

    ジャガー/ジャズマスタータイプのギター特集

    フェンダー製品でありながら「テレキャスターやストラトキャスターのような超メジャー機種とはちょっと違う」という立ち位置、「立っても座っても良好な演奏性」を発揮するボディシェイプを持つジャガー/ジャズマスタータイプのギターに注目します。

  • ギターアンプ

    Roland JC-120 の使い方・音作りの方法

    スタジオやライブハウスに必ずといっていいほど設置している Roland 製トランジスタ・アンプ「JC-120(通称ジャズコ)」の音の出し方、音作りの方法、イコライザーやエフェクトの使い方について解説!ギター初心者の人は是非チェックしてみて下さい!

  • アドリブ/アレンジ

    《ギター博士流》速弾きの表現方法について

    自分で考えた速弾きのフレーズが、どうにもしっくり来ない、あるいは憧れのギタリストみたいにかっこよくならない、ということに悩んでいる人もいるかもしれません。そこで今回は「テクニック」「音の選び方」「リズム」という3つの視点から見ていきます。

  • アドリブ/アレンジ

    《ギター博士流》アドリブ入門 with マイナーペンタトニックスケール

    今回は「Aマイナーペンタトニックスケール」を使って、ギター博士流「アドリブのやり方」を少々紹介します。「アドリブ」は非常に奥の深いテーマですが、ここではその入り口となる、基礎的な内容を取り扱います。

  • アドリブ/アレンジ

    《ギター博士流》アルぺジオを工夫して弾いてみよう

    自分で作曲/編曲してギターパートを作るとき、いつもワンパターンなアルペジオになってしまう、このように考える人向けに、ギター博士流「アルペジオを自分なりに工夫する方法」を紹介します。動画を見ながら読み進めていってください。

  • ギター初心者

    《初心者必見!》ギターの種類と選び方

    これからギターを始めたいけど、「どんなギターをどこで買えば良いのか」迷っている方も多いと思います。まずはどんなギターがあるのか、ギターの種類や呼び方、ギターの選び方、ギターを買うときのポイントをまとめてみました。

  • ギターの練習方法

    《ギター博士流》カッティング練習のコツ

    リズムに対して複合的な意識を持ち、しっかり脱力し、目的に合ったフォームを選び、ブラッシング時の浮かせ方を見極める。以上の4つが、ギター博士流の「カッティング練習のコツ」です。これを参考に練習して、ぜひサックサクのカッティングを手に入れてください。

  • ギターの練習方法

    ギター博士の練習曲

    このページではギター初心者が1曲通して弾くのに最適な、ギター博士による練習曲を用意しました!それぞれ動画にTab譜も掲載してありますが、別でPDFファイルも用意しています。ダウンロードしたり、プリントアウトしたりして、練習してみて下さいねっ!!

  • エフェクター

    イコライザー・エフェクターについて

    イコライザーは周波数レベルを「ブースト」、あるいは「カット」して音作りをするエフェクターです。設定によって様々な使い方ができますが、基本的には「音質調整・補正」のために使われます。身近なのがギターアンプに搭載されているイコライザー。ギタリストにとって「最も基本的なエフェクター」と言えるでしょう。

  • ギター スケール

    リディアンフラットセブンス(♭7th)スケール

    リディアンフラットセブンス(b7th)スケールは、メロディックマイナースケールの4番目の音から【全→全→全→半→全→半→全】という音程になっているスケールです。このページではギター博士によるリディアンb7thを用いたギターソロを聞くことができます。

  • ギター スケール

    ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ(P5↓)スケール

    CハーモニックマイナーP5↓のスケールの音である「Db、E、G、Bb」の4音は「dim7(ディミニッシュ・セブン)」コードになっています。この4音をギターの指板上で押さえると、同じフォームで短3度ずつあげていっても、全てdim7のコードトーンとなります。

  • マルチエフェクター

    BOSSのギタープロセッサー「GT-1000」徹底レビュー!

    このページではBOSSのギター・プロセッサー「GT-1000」の膨大な機能を網羅的に解説しており、中には具体的な使い方を掘り下げて記述している箇所もあります。既に手に入れているというギタリストも参考にしてください。

  • グレッチ

    Gretsch Electromatic(エレクトロマチック)シリーズ

    グレッチ・エレクトロマチック・コレクションは、ロックンロールの定番機「グレッチ」をリーズナブルな価格で提供するシリーズ。韓国や中国で生産することで生産コストを大幅にカットしていますが、グレッチのレトロかつゴージャスなルックスは完全に継承されています。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ