ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギターアンプについて

ギターアンプはエレキギターからの信号を増幅させて大きな音を出すための道具です。エレキギターは基本的にアンプを通して使うことを前提にしていますので、アンプがなければギターから大きな音がでません。そのためエレキギターを弾くのに欠かせないアイテムです。

「音を鳴らす」という点では「スピーカー」とよく似ていますが、スピーカーは「電気信号を音に変換」する機材なのに対して、アンプは「電気信号を増幅」する機材なので、この2つはまったくの別物ということになります。

ギターアンプの仕組み

ギターアンプは「プリアンプ部」と「パワーアンプ部」の2段回路によって大きな音を得ています。エレキギターから入力された電気信号はプリアンプ部にある「EQ(イコライザー)」や「GAIN」などの回路を通ってパワーアンプ部に送られます。パワーアンプ部では、スピーカーで鳴らせる音量レベルまで強力に増幅し、スピーカーに送っています。
つまり、プリアンプ部は「音作り」を、パワーアンプ部は「増幅」をしている回路ということになります。2つの回路を通った電気信号が本体のスピーカーから出力され、私達の耳に届いているのです。

ギターアンプのえらび方

ギターアンプには、出力ワット数というものがあります。上に挙げたアンプは50ワット以上あるサイズも音も大きく通常よくライブハウスなどで見かけるアンプです。ワット数が大きいと、いくらボリュームを絞っても音が大きく感じられるため、家で演奏するにはスペースの確保が難しいでしょう。

これからギターを始める初心者・入門者の方は、自宅で練習するのに都合のよいワット数10~30ワットくらいの小型アンプを選ぶのがよいと思われます。ギターアンプによっては、夜間の練習に便利なヘッドフォン端子つきのモノがあります。

小型アンプにも様々な種類のものがあるのでどれを選ぶのか悩むところですが

「綺麗な音を出したい」

「歪んだ音が出したい」

などの要望によってアンプにも得手・不得手があるので、小型アンプを選ぶ際にも各ギターアンプの音の特徴を研究しておくのがよいでしょう。

ギターアンプの種類

昔からあるようなシンプルな機能のアンプから、エフェクト・シミュレート機能を併せ持つデジタルアンプまで、一昔前よりもかなり実用的な機種が豊富に登場しています。
ヘッド&キャビネットの組み合わせのことを「スタックアンプ」といいます。

  • アンプヘッド

    アンプヘッド

    アンプヘッドはプリアンプとパワーアンプを搭載した機材で、単体では音を鳴らすことができないため、キャビネットと組み合わせて使います。大音量で歪んだロック・ギターを弾きたいなら迷わずアンプヘッドです!

  • キャビネット

    キャビネット

    キャビネットはヘッドアンプから送られてきた信号をサウンドとして鳴らす機材で、箱型の「スピーカーボックス」と「スピーカー本体」を組み合わせて作られています。ヘッドアンプ同様、単体では音を鳴らすことはできません。

  • コンボアンプ

    コンボアンプ

    コンボアンプはヘッドアンプとキャビネットが「一体化」したギターアンプで、比較的コンパクトなモデルが多く、持ち運びも簡単です。小〜中規模のライブハウスに対応できる反面、出力が大きいので自宅練習用にはあまり使えません。

  • 小型モデリングアンプ

    小型モデリングアンプ

    小さいながら様々なアンプ・タイプとエフェクトまで搭載していて、多彩なギターサウンドを鳴らすことができるのがモデリングアンプです。様々な歪みやエフェクトに触れてみたいという人にオススメです。

  • 小型ギターアンプ

    小型ギターアンプ

    ギター初心者の人が自宅で練習するのに最適なサイズの小型コンボアンプ・超小型アンプから、音に妥協したくないギタリストのための小型の真空管コンボアンプ・ハイエンド小型コンボアンプなどを紹介しています・

  • 小型真空管アンプヘッド

    小型真空管アンプヘッド

    世界中のギタリストの間で「小型真空管ヘッドアンプ」が流行っています。本体に取っ手が付いているので、ライブ会場などに持ち運ぶことが可能です。練習スタジオや会場にあるキャビネットと接続すれば、「マイアンプ」でライブをすることができます。

clear

六弦かなで「初心者の人は家で練習するためにも小型のコンボアンプを持っておくといいよ♪」

MICRO CUBE GX LINE6 AMPLIFi 75/AMPLIFi FX100 徹底紹介!

アンプについてより詳しく

ギターアンプのセンド/リターンについて

Roland JC-120Roland JC-120 背面に設置されているセンド/リターン

ギターアンプには「センド/リターン」という「エフェクトループ」が搭載されているモデルがあります。上記の「JC120」や「JCM2000」にもセンド/リターン端子が搭載されています。センド/リターンにディレイやリバーブなどの空間系エフェクターを接続することで、プリアンプで音作りされたサウンドに「直接エフェクトを掛ける」ことができます。つまり、「アンプの歪み」に「高音質のエフェクト」を掛けることができる訳です。
信号が流れる順番は、プリアンプ→センド→ エフェクター(ディレイなど)→リターン→パワーアンプとなっており、これにより「歪み系ペダル→空間系ペダル」という「エフェクターの接続ルール」を守ることができます。センド/リターンは、アンプの歪みを使うギタリストには欠かせない機能です。

ギターアンプを検索 - SuperNice!ギターアンプ