ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギター ピックアップについて

ギター・ピックアップ

弦の振動を電気信号に変換する、いわばマイクである「ピックアップ」。その信号はシールドを経由してアンプに伝わり、信号を増幅させてスピーカーから音を出すという仕組みで成り立っています。
ある程度エレキギターが弾きこなせるようになると、ピックアップの重要性を感じると思います。配線・パーツ・木材によっても音は変わりますが、基本となる音の変化を作り出しているのはやはりピックアップです。
ピックアップで音は変わる?

ピックアップの種類

シングルコイル・ピックアップ

シングルコイル・ピックアップ

最も基本的なピックアップです。一列のポールピースにコイルを巻いてあり、弦振動を一個所で拾います。フェンダー・ストラトキャスターフェンダー・テレキャスターなどフェンダー社のエレキギターに標準装備されています。

シングルコイルのピックアップは、歯切れ良くきらびやか/クリアなサウンドが特徴で、特に高音域の繊細なニュアンスの表現に優れたピックアップですが、ハムバッカーに比べてノイズを拾いやすいという特徴があります(シングルでもノイズレスなモデルは存在します)。

シングルコイルのサウンドを聞いてみよう


ギター博士のテーマ・アレンジ:ジャキっとした歯切れの良いサウンドが特徴だが、歪ませると少しノイズが発生してしまう。

ハムバッキング・ピックアップ

ハムバッキング・ピックアップ

2個のコイルを逆相接続しノイズをキャンセルする方式のハムバッキングタイプのピックアップ。"ハム"や"ハムバッカー"と呼ばれ、ギブソン社のエレキギターのほとんどに使用されています。

シングルコイルと比較してノイズに強くパワフル、甘く太いサウンドが特徴で、ディストーション・サウンドとの相性も良好。ハードロック、パンクロック、メタル系の低音の効いた太い歪みをうみ出すことができます。ハムにはカバーがついているものとついていないものが存在します。

ハムバッカーのサウンドを聞いてみよう


ギター博士のテーマ・アレンジ:上のシングルコイルよりも太くパワフルなのがわかる。ジャキっとシャープな感じはシングルコイルの方がある。

ハムバッカー・サイズのシングルコイル

ジャズマスターのピックアップ フェンダー・ジャズマスターのピックアップ

フェンダー・ジャズマスターに搭載されるピックアップ。サイズ的にはハムバッカーのようですが、中身はシングル・コイル・タイプのピックアップ。音色は通常のシングルコイル・ピックアップより太く、シングル・コイルとハムの中間のような音が特徴です。

また、ギブソンによって開発された歴史あるピックアップ「P-90」は大型でハイパワーなシングルコイルピックアップで、その独特なサウンドにファンは多く色々なギターに搭載されています。
いま振り返る、P-90ピックアップのサウンドについて

シングルコイル・サイズのハムバッカー

シングルサイズのハムバッキング・ピックアップ Seymour Duncan SHR-1n Hot Rails

シングルコイル・サイズのハムバッキング・ピックアップです。シングルコイルのピックアップでもパワーが出るように設計されており、シングルの繊細さを残しながらハムバッカーのパワフルなサウンドを手に入れることができます。

ストラトキャスターやテレキャスターを使っていて「もうちょっとパワーが欲しいな」と感じた時に、シングルコイル・サイズのハムバッカーだとピックアップの載せ替えだけで、すぐに音を鳴らすことができます。
シングルコイル・サイズのハムバッカーについて

ピックアップセレクター

エレキギターは通常ピックアップが2~3個ついていますが、ピックアップセレクターはそれら2,3個のピックアップから【どのピックアップから音をひろうか】を選択するスイッチのことです。ピックアップのポジションによってもサウンドは変化します。違いを知るためにも注意深く耳を立てて聞き比べてみましょう。

ピックアップによる音の違いを感じてみよう【ギター博士】

レスポール・タイプ

レスポールのピックアップ・セレクター

レスポール・タイプのギターにはピックアップが「フロント」「リア」の2箇所についています。

トグルスイッチによってどのピックアップで音を拾うかを選択します。

フロントを選ぶと「甘い音」に、リアを選ぶと「パワフルな音」に、ニュートラルに選択すると2つのピックアップを混ぜた音になります。

ストラトキャスター・タイプ

ストラトのピックアップ・セレクター

ストラトキャスタータイプのギターにはピックアップが3箇所についています。

ネック側を「フロント」、真ん中が「センター」、ブリッジ側を「リア」と呼びます。

フロントを選ぶと「ソフトな音」に、 リアを選ぶと「かたくシャープな音」 に、センターを選ぶとその中間的な音になります。
またストラト・タイプのような3ピックアップ搭載のギターには、フロントとセンター/センターとリアのピックアップの音を混ぜた「ハーフトーン」が存在、繊細なサウンドが特徴です。

シングル/ハム両方のサウンドが使える「コイルタップ」

コイルタップ

「コイルタップ」とは、ハムバッカー・ピックアップを半分だけ鳴らして、シングルコイル・ピックアップのサウンドを出せるようにする機能の事です。一本のギターから出す事のできるサウンドの幅が広がり、色々な音楽性に対応できるギターになります。どのようなギターに搭載されているのかは次のページで確認してみてください。
コイルタップって何?コイルタップできるエレキギターについて

ピックアップ選び、どこを見ればいいの?

ピックアップは、ボビン(銅線を巻くところ)とコイル(ぐるぐる巻いた銅線)でできており、ボビンにはボールピースとマグネット(磁石)が付いています。ボビンの設計、コイルの巻き数や巻き方、銅線の太さ、マグネットの種類など、あらゆることがトーンに影響します。ですから同じブランドの似たようなピックアップでも、型番が違うとキャラクターが全く違うということは珍しくありません。
各ピックアップが具体的にどんなサウンドになるのかは、実際にギターにマウントしてみなければわかりません。しかしだいたいこんな感じになりそうだとか、他のピックアップとバランスがとれそうだとか、ある程度の見通しが立った方が選びやすくなります。どんな所に注目するべきなのでしょうか。

シングルコイル→ハムは作業が大変

シングルコイルからグレードの高いシングルコイルに交換するなど、新旧ピックアップの寸法が同じだと、交換の作業はハンダ付けだけですぐに終了できます。これがシングル→ハムバッカーのような交換だとピックアップキャビティを拡大しなければならず、かなり大変な改造になります。

どんなマグネットが使われているか、を確認する

マグネットを確認することで、そのピックアップが目指しているサウンドがヴィンテージ系(昔っぽい)なのか、モダン(最近っぽい)なのか、これだけでかなりの精度で理解できます。また、フェンダー的な設計ならポールピースがマグネットでできており、幅の狭い縦長の磁界を形成していますから、ブライトなトーンになります。ギブソン系ならボビンの底部にマグネットが仕込まれるので幅広い横長の磁界を形成しますから、ウォームなトーンが出やすくなります。
ピックアップの磁石の種類、交換方法について

直流抵抗値を確認する

ピックアップそれぞれに、設計上の音量(パワー)が決まっています。音量に差がありすぎると、バランスがなかなかとれずに使いにくくなってしまいます。音量の目安となるのが「直流抵抗値(D.C.Resistance)」で、これがあまりにもかけ離れていなければ、多少音量差があってもピックアップの高さ調節で充分バランスがとれることが分かります。

直流抵抗値は単純に考えるとコイルの大きさですが、コイル自体もなかなか奥が深いパーツです。

  • ボビンに銅線を何回巻くのか
  • どんな太さで絶縁体(銅線の皮膜)は何か
  • コイルの寸法(縦長だとブライトな音、横長だとウォームな音)

などなど、些細なことがすべてトーンに影響します。メーカーもこうした情報を全て網羅する訳には行きませんが、こうしたちょっとしたことの積み重ねでピックアップの音は作られているのです。

ピックアップ・メーカー一覧