ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギター チューニングについて


オンラインチューナー:ノーマルチューニング

はじめてのチューニング

チューニングはギターの弦を一音づつ鳴らしながら、「音叉」や「チューナー」といった音程を測定できる道具を使って音程を聞き、正しい音程に調節する作業のことです。
きちんとチューニングしないで狂った音程のまま弾くと、気持ちの悪い不快な演奏となってしまうので、ギターを練習する時は毎回まず最初にチューニングを合わせるようにしましょう。

用意するもの

チューナー、シールド

チューナーとシールドを用意します。
今回ギター博士が用意したのは KORG GA-1 というチューナー。チューナーをオンにしてギターと接続すれば準備OKです。

ギターのヘッド部分に直接取り付けられる「クリップ式チューナー」があれば、シールド要らずでチューニングすることもできますよ。


ペグを回して音程を上下させる

ペグを回して音程を上下させる

開放弦を鳴らしたまま、ギター・ヘッド部分にある「ペグ」を回して音程を上げたり下げたりさせて、正しい音程に調節します。

まずは一番低い音が出る6弦から、その次に5弦、4弦と順番にチューニングしていこう。


チューナーの見方

チューナーの見方

チューナーを見る時のポイントは2つ。
まず音程を表す記号をチェックします。最初は6弦、6弦の音程は「E」と表します。6弦の開放弦を鳴らした時に「E」という表示になっているか確認しましょう。

「E」という表示になっているのを確認したら、次は画面に表示される針を真ん中にあわせるようにペグを回していきます。


針を真ん中にあわせる

針が真ん中に近づくと真ん中のライトがグリーンに点灯します。
左右のライトが赤く点灯しなくなりグリーンだけになったら、音程がピッタリ合ったという証拠!

中央で安定するようになったら、6弦のチューニングは完了です。
同様の手順で5弦、4弦とチューニングしていこう。


音程が高いところからのチューニングは...

音程が高い場合は、いったんわざと低くしてから調節する

動画では3弦の開放弦が「G」の音程より高くなっています。
このように狙った音程より高い場合は、音程を上からピッタリ合わせようとするのではなくいったんわざと低くして合わせることで狂いにくくなります。

こんな感じで1弦までチューニングしていけば一週目のチューニングはOK!


同じ作業を 2,3回 繰り返す

1〜6弦のチューニングを一回やっただけでは音程が合わないことがあります。動画でも2周目(2:38〜)やってみると、合わせたはずの音程が外れてしまっているのがわかりますよネ。

ズレが少なくなるように2,3回は繰り返しチューニングしておきましょう。


開放弦を用いたチューニング

チューナーや音叉が手元にない場合、とりあえず音程が気持ち悪くない程度に音を合わせたい時、チューニングを確かめる時などに用いられます。

ある弦の開放弦の音程とその弦に隣り合っている弦の同じ音程のフレットを指で押さえ、音程が同じになるようにチューニングします。例えば5弦5フレットの音と4弦開放弦の音は同じ”D”の音になるはずなので、耳で聞いて確かめながら音程を合わせていきましょう。

音程が同じ開放弦の組み合わせ

  • 6弦5フレット→5弦開放
  • 5弦5フレット→4弦開放
  • 4弦5フレット→3弦開放
  • 3弦4フレット→2弦開放
  • 2弦5フレット→1弦開放

チューニングの種類

カントリー音楽や近年の音楽によって、ギタリスト達はオーソドックスなチューニングでは得られないギターの響きを求めました。
以下、様々なチューニングの種類について紹介します。実際に試してみて、響きを確かめてください。新しい奏法・発見があるかもしれませんよ!


clear

何度やっても音程が合わない...

開放弦でチューニングをあわせたのにフレットを押さえると音が狂ってる、、、そんな経験はありませんか??
そんなときはオクターブチューニングが必要になっているのかもしれません。
オクターブチューニングをあわせる


おすすめのチューナー

安価で人気が高いKORGのチューナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加