エレキギターの総合情報サイト

フェンダー・テレキャスターの種類と選び方

フェンダー・テレキャスター

「フェンダー・テレキャスター」は、「現代エレキギターの元祖」と言うべきギターです。「エスクワイア(1949年)」、「ブロードキャスター(1950年)」、そして「テレキャスター(1951年以降)」へと名称は変遷し、今なお生産が続けられていますから、世界で最も長い歴史を持つエレキギターでもあります。移り変わる音楽シーンに伴ってテレキャスターも変身を続けてきましたが、現在では時代の先端を行く新しいスタイルのものばかりでなく、ヴィンテージ風のスタイルを再現したもの、またその要素をミックスしたものなど、さまざまなテレキャスターがリリースされています。今回はこのフェンダー・テレキャスターに注目し、種類や特徴をチェックしていきましょう。テレキャスターの購入を検討しているという人は、ぜひ参考にして下さいね。

MENU

1: 「世界初のエレキギター」と言われるけれど... 2: テレキャスターの基本構造 2.1: 1) ボディ構造 2.2: 2) ネック構造 2.3: 3) 金属パーツと電気回路 3: テレキャスターのサウンド 3.1: コード弾き用ギターとしてのテレキャスター 3.2: テレキャスターによるリードプレイの魅力 4: テレキャスターを愛用する、著名なギタリスト 4.1: ジェームズ・バートン 4.2: ジョー・ストラマー 4.3: キース・リチャーズ -Micawber 4.4: ジミー・ペイジ 4.5: その他の主なテレキャス・ギタリスト 5: テレキャスターの種類 5.1: 1) テレキャスター 5.2: 2) テレキャスター・シンライン 5.3: 3) テレキャスター・カスタム/テレキャスター・デラックス 6: フェンダー・テレキャスターのラインナップ 7: テレキャスター各部の特徴 7.1: ボディ 7.1.1: 1) ボディ材 7.1.2: 2) ボディ構造 7.1.3: 3) バックコンター、ヒールカットの有無 7.1.4: 4) バインディングやピックガード 7.2: ネック 7.2.1: 1) ナット幅 7.2.2: 2) フレット数とフレットサイズ 7.2.3: 3) 指板材と指板R 7.2.4: 4) ネックシェイプ 7.2.5: 5) トラスロッドの仕込み方 7.3: ピックアップ 7.3.1: 1) シングルコイル 7.3.2: 2)ハムバッカー 7.3.3: 3) ワイドレンジ・ハムバッカー 7.4: 各部金属パーツ 7.4.1: 1) ペグ 7.4.2: 2) ブリッジ 7.5: 操作系と配線

「世界初のエレキギター」と言われるけれど…

音を電気的に増幅するかわりに共鳴用の空洞を持たない(=ソリッドボディ)ギターとしては、1931年にロー・パット・イン・コーポレーション(後のリッケンバッカー)が開発したラップスチール(=膝や台に仰向けに寝かせて演奏するギター)「フライングパン」が世界初です。スパニッシュスタイル(=横に構えて弾く)でソリッドボディのエレキギターとしては、同じくリッケンバッカーが1935年に発表した「エレクトロ・スパニッシュ」が大きく先行しています。
以上のことから、「テレキャスターが世界初のエレキギターだ」と言うことはできません。しかしながら、

  • ネックと平行のヘッド
  • 指板を貼らないワンピースネック
  • デタッチャブルネック(=ネジ止め)構造
  • 電気回路を鉄のプレートにまとめてユニット化

など、これまでの楽器製造の常識から逸脱した斬新な設計で合理的な量産体勢を確立し、また弾きやすくサウンドも良かったため、市場に受け入れられて商業的に大成功を納めました。このテレキャスターが後に続く他のフェンダーギター、また後発ギターメーカーのひとつの手本になっていることは間違いありません。テレキャスターは、ストラトやレスポールに先駆けた「定番となったエレキギターとして世界初」だったと言えるでしょう。

テレキャスターの基本構造

テレキャスターの誕生、そして商業的な成功によって、多くのエレキギターが誕生していきました。今でこそ定番視されていますが、テレキャスターにはそれ以前の常識では考えられない設計がたくさん採用されています。テレキャスターの構造をチェックすると、楽器本体の理解が進むだけでなく、開発者のレオ・フェンダー氏がいかに聡明であったか、またアタマが柔らかかったかをうかがい知ることもできます。

テレキャスターは、それ以前にリリースされ好評を博していた「ラップスチール」の設計から多くのヒントを得ています。実際のラップスチールとテレキャスターを見比べながら、テレキャスターがどのようにして生まれたのか、そしてどういう構造なのかを考えていきましょう。

1954年製フェンダー・ラップスチール 1954年製、フェンダー・ラップスチール。ヘッド部には「578」のシリアルナンバーが。ケースも当時のものです。

1) ボディ構造

テレキャスターの開発に際しては、それ以前に開発していた「ラップスチール」の構造が大いに参考にされました。そのため発売当初のテレキャスターのボディには、ラップスチールで定番とされている「パイン材(北アメリカ産のマツ科針葉樹から作った木材で、建材に多く使用される。パイナップルではない)」が、無垢(ソリッド)で使用されました。
ボディ材はほどなくして、アッシュ材(針葉樹)に、また1959年にはアルダー材(広葉樹)に変更されました。針葉樹は成長が早いため入手しやすい半面、比重や節(フシ)の有無など個体差に悩まされることが多く、そのため比較的安定した品質の木材を仕入れやすい広葉樹へと変更されたのだと考えられます。

それでも数多のアーティストが愛用するヴィンテージ・テレキャスターがアッシュボディであること、またアッシュ材がシングルコイル・ピックアップとの相性が良いと感じる人が多いことなどから、現在ではモデルごとにアッシュやアルダー、またその他の木材を使用するなど、ボディ材は多様化しています。

ボディの表面が平面のままなのがテレキャスターの大きな特徴ですが、これもラップスチールを受け継いだものです。後発のストラトキャスターでは「コンター加工」と言って右肘とわき腹にあたる部分が滑らかにカットされましたが、この手法が発明されてからも、テレキャスターのボディは平面(フラットトップ、フラットバック)のままです。現在ではコンター加工が施されたテレキャスターもリリースされていますが、ボディが平面の仕様は、相変わらず圧倒的な多数派です。

2) ネック構造

1954 Fender Lap Steel ラップスチールとしては当然と言えば当然の、まっ平らの楽器本体。ツイードケースのダメージ加減が、半世紀の時の流れを感じさせますね。

ラップスチールは一枚の板からボディ、ネック、ヘッドまで削り出され、全ての面がほぼ平行です。これをヒントに開発されたというテレキャスターのネックがヘッドの先まで一本の木材から削り出され、またヘッドとネックが平行であるのも、充分に納得ができます。

フェンダーの「ワンピース・ネック」は、メイプル材を削り出したネックに指板を貼らず、フレットを直接打ちこんだものです。このネックがボディにネジ留め(ボルトオン・ジョイント)されました。ワンピース・ネック、ボルトオン・ジョイント共に、弦楽器の常識に真っ向から挑戦する斬新な設計、というより当時の感覚ではムチャクチャな設計でした。しかしながら新しさばかりでなく丈夫で、また生産効率に優れることから価格が抑えられたこともあって、市場に多いに受け入れられました。

好評を博したワンピース・ネックでしたが、長年使用すると指板の塗装が剥がれて汚くなってしまうのが難点でした。そこで1959年から一旦はローズウッド指板に切り替わりますが、現在では選択できるようになっています。

3) 金属パーツと電気回路

パーツ類についても、道具としての信頼性と音質だけでなく、生産効率まで深く考え抜かれています。

フェンダー・ラップスティール:ブリッジ部分 鉄板にブリッジとピックアップを配置し、カバーで覆っています。操作系もプレート上に配置し、ユニット化しています。

フェンダー・ラップスティール:コントロール部分 非常に見覚えのあるアウトプットジャックとコントロールノブ。これらはそのままテレキャスターに使用されました。

ラップスチールでは一枚の金属プレートにブリッジとピックアップが、またもう一枚のプレートに操作系がまとめられ、それぞれユニットを成していました。このコンセプトが、そのままテレキャスターに採用されました。操作系をプレートにまとめるという設計は多くのギターが取り入れていますが、ブリッジプレートにピックアップをマウントするという設計については、他のどのギターも後に続くことがなかった、テレキャスターだけの特徴になっています。

フェンダー・ラップスティール:テイルピース この個体の場合、斜め下から弦を通しています。ブリッジプレートがテールピースまで兼ねるという、合理性の結晶のような設計です。

弦をボディ裏から通す(裏通し)のも、ラップスチールから受け継いだ仕様です。弦振動を効率よくボディに伝達するアイディアですが、弦を固定するパーツ(テールピース)を必要としない、合理的な設計でもあります。

テレキャスターのサウンド

コード弾き用ギターとしてのテレキャスター

テレキャスターが「サイドギターやギターボーカルが使用する楽器」として多くのプレイヤーに愛用されているのには、理由が二つあります。

1)サウンド

クリーン/クランチで「ジャキッ」と気持ち良く鳴ってくれるサウンドは「トゥワンギー」とも言われ、コード弾きに大変良好です。シングルカッタウェイ、ハードテイル(固定式ブリッジ、裏通し)という構造は芯のある弦振動を生みます。また、ボリュームポットにハイパス・フィルターが仕込まれており、音量を絞ると低域からカットされていくことで、スッキリした響きが得られます。

2)ボディバランス

ストラトやレスポールがヘッド位置を上げても弾きやすいのとは違ったバランスになっており、低い位置に構えて立って弾こうとすると、テレキャスターは水平になろうとします。このバランスが好きな人も多くいますが、リード奏者の多くが苦手とするバランスでもあります。しかしこれがコードストロークを行なう上では非常に良好で、とくにアコギに慣れているプレイヤーにとっては大変弾きやすく感じます。

テレキャスターによるリードプレイの魅力

テレキャスターが「コードを演奏する楽器」として大変に優れているのは、疑いようがありません。しかしながら、テレキャスターによるリードプレイは、またことのほか魅力的です。かのエリック・クラプトン氏やジェフ・ベック氏が、驚愕のあまりレコードを買ってプレイをコピーしたと言われるロイ・ブキャナン氏のように、テレキャスターでのリードプレイを得意とするプレイヤーは実にたくさんいます。ジェフ・ベック氏の名演「悲しみの恋人たち」は、そのブキャナン氏に捧げるべくテレキャスターで演奏されたと伝えられています。


Roy Buchanan – In the Beginning (Live)
若くして不遇の死を遂げたテレキャスターの名手、ロイ・ブキャナン氏の名演。突き抜ける高音域が、テレキャスターサウンドの魅力です。ロイ氏のプレイに衝撃を受けたエリック・クラプトン氏やジェフ・ベック氏らがこぞってテレキャスターを買い、血相を変えてそのプレイをコピーしたという逸話があります。

テレキャスターには無骨なイメージがあり、演奏性を最優先に設計されたいわゆる「テクニカル志向」のギターとは真逆の存在です。そのためか、テレキャスターメインでウマいプレイヤーは、他のギターでウマいプレイヤーよりも尊敬される傾向にあります。そういった名手の中でも、現代のプレイヤーでもなかなか超えられないと言われる、ダニー・ガットン氏を紹介しましょう。

ダニー・ガットン氏は、「世界最高の無名ギタリスト」の名をロイ・ブキャナン氏と二分する達人プレイヤーです。それを象徴するかのように、氏については日本語版のウィキペディア記事が存在しない(2017年6月現在)ばかりか、このサイトで紹介できる公式の動画すらない状況です(非公式の動画は、たくさん見ることができます)。1978年の大晦日に行われたライブを収めたアルバムがあるので、「アメリカンミュージックを全ジャンルマスターした」と言われるガットン氏のプレイに興味がわいた人は、是非チェックしてみてください。ちなみに「レッドネック」は、農作業で赤く日焼けした「南部の農民」を表す、北部の「ヤンキー」と対を成す言葉です。

氏については教則DVD、ハンドメイドのシグネイチャーピックアップなど関連グッズがいくつかリリースされているほか、手塩にかけて育てたというジョー・ボナマッサ氏の活躍もあって、ドキュメンタリー映画が公開される(日本では非公開)など、再評価が進んでいます。

テレキャスターを愛用する、著名なギタリスト

ジェームズ・バートン


Stars and Their Guitar James Burton

1953年製のテレキャスターを愛用したアメリカのギタリスト。69年から77年までの間、エルヴィス・プレスリー氏のライブステージでリードギターを務めました。現在リリースされている氏のシグネイチャーモデルは、スペシャルなボディペイントとゴールドパーツが大変ゴージャスな雰囲気を醸し出している個性的なギターです。音のために敢えて選択したと思われるバスウッドボディに、このモデルのために開発された3基のピックアップを備えています。またボリュームポットに仕込まれている「S-1スイッチ」により、フロント+センター及びセンター+リアの並列(通常のハーフトーン)、直列(疑似ハムバッカー)を切り替えることができます。

ジェームズ・バートン氏は本来ワウンド弦であった3弦をプレーン弦に張り替え、チョーキングを簡単にしました。これが現在のライト・ゲージです。つまり、ジェームズ・バートン氏がライト・ゲージを開発したと言っても過言ではありません。ニュー・ギャロッピング奏法を開発し、バンジョー用のフィンガー・ピックで演奏するチキンピッキングを得意としました。

1970年からのエルヴィス氏のステージではピンク・ペイズリー模様の69年テレキャスターを使用しています。また「エルヴィス・イン・コンサート」では3ピックアップのテレキャスターを使っています。色々なエレキギターに持ち替えているものの、ジェームズ氏は「自分の愛用ギターは常に53年テレキャスターなんだ。持ち替えたのは面白そうだからだ。すべてのレコーディングに53年テレキャスターを使った。」と発言しています。ドブロと呼ばれるアコースティックギターの演奏も得意で「ミスター・ドブロ」とも呼ばれていました。
ジェームズ・バートンの使用機材

ジョー・ストラマー


The Clash – Live in Tokyo, Japan 1982 – full concert

イギリスの伝説的パンクバンド「The Clash」のボーカル/ギター。シンガーが持つギターとしてのテレキャスターを広めた人物とされます。ストラマー氏のキャリアを通じてのメイン・ギターは自身が「ストラマキャスター」と呼んだ1966年製のフェンダー・テレキャスターで、元々はサンバースト・ボディに白ピックアップだった物です。元はサンバーストだった1966年製テレキャスターを黒に塗りなおして使用。このギターはクラッシュ解散後も最晩年まで使われ続けました。こうしてボロボロになったテレキャスターを元に、クラッシュのデビュー30周年となる2007年、フェンダーから「ジョーストラマー・テレキャスター」が限定発売されました。
2002年12月22日、サマセット州ブルームフィールドにある自宅で死去。死因は心臓発作。

キース・リチャーズ -Micawber


The Rolling Stones – Start Me Up – Official Promo

ローリング・ストーンズのギタリスト。テレキャスターのイメージが強い彼ですが、初期のころはレスポールやセミアコといったギターを使用していました。1971年の「メインストリートのならず者」セッション時にギターが大量に盗まれる事件がおきます。この事件後に集められたギターでテレキャスターを手にします。これが後に世界一有名なテレキャスターとなる「ミカウバー」でした。この後も、「テレキャスター・カスタム」、「ミカウバー」と並ぶ有名なテレキャスター「マルコム」等のテレキャスターを手にし、現在に至るまで使用しています。
なお、キース氏のギターの特徴として、6弦をはずす「5弦オープンGチューニング」がありますが、もちろん、これらのテレキャスターで使用されています。
キース・リチャーズの使用機材

ジミー・ペイジ


Led Zeppelin – How Many More Times (Danish TV 1969)

ヤードバーズ在籍時代やレッド・ツェッペリンの初期においては、ジェフ・ベック氏から譲り受けた1958年製のテレキャスターがトレードマークでした。またペイジ氏が使用するレスポールは、ネックを薄く削り落し電気回路の変更等を行い、テレキャスターを意識したサウンドに調整されていると言われています。レコーディングでもテレキャスターは多用されましたが、ステージにおいてもレッド・ツェッペリン後期のツアーにおいて使用されました。ザ・ファームではテレキャスターがメインの使用ギターとして返り咲いたこともありました。現在、「アメリカン・ヴィンテージ」シリーズより、ペイジ氏も愛用した1958年式のテレキャスターがリリースされています。
有名な「天国への階段」のスタジオ音源のギターソロはテレキャスターによるものです。
ジミー・ペイジの使用機材

その他の主なテレキャス・ギタリスト

  • マディ・ウォーターズ
  • トム・モレロ(Rage Against The Machine)
  • ブルース・スプリングスティーン
  • スティーヴ・クロッパー(Booker T. & the M.G.’s)
  • アルバート・コリンズ
  • トム・ヨーク
  • ジョニー・グリーンウッド
  • リッチー・コッツェン
  • アベフトシ (THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)
  • 向井秀徳(ZAZEN BOYS)
  • YUI
  • 矢井田瞳
  • 北嶋徹(凛として時雨)
  • 橋本絵莉子(チャットモンチー)

テレキャスターの種類

テレキャスターには、長い歴史の過程で誕生した様々なバリエーションがあります。ですからちょっとしたアレンジから抜本的な仕様変更まで、網羅しようにもキリがありません。細かく見ていく前に、ここではそのバリエーションをざっくり3種類に分類し、その特徴を見ていきましょう。

1) テレキャスター

American Professional Telecaster American Professional Telecaster(Sonic Gray)

単に「テレキャスター」と言われたら、まず真っ先にイメージするであろう標準機です。ソリッドボディに大(リア)小(フロント)2基のシングルコイル・ピックアップ、3WAYセレクタ、1基ずつのボリューム、トーンを備えるのが基本的なスタイルですが、ピックアップはハムバッカーに換装されるなどカスタマイズによって「プラス」や「スペシャル」の名が付けられることもあります。

  • American Professional Telecaster
  • American Vintage ’64 Telecaster
  • Taxman Telecaster
  • Classic 50s Tele Special
  • Modern Player Telecaster Plus

など。

ボディ材はアッシュかアルダーを基本とし、指板にはメイプルとローズウッドの2種類があります。ボディにバインディングが施されることもあり、年式やコンセプトによってバリエーションは多岐に及びます。その中でもセンターピックアップを追加して3シングル仕様にしたものを「ナッシュビル・テレキャスター」と呼びます。

  • Deluxe Nashville Tele


ギター博士がフェンダー・ジャパン・テレキャスターを弾いてみた!
ギター博士が弾いているのはFender Japan Exclusive「Classic 60s Tele Custom」

また1959年に誕生した、「アルダーボディ、ローズウッド指板、ボディバインディングあり」のテレキャスターは「テレキャスター・カスタム」と呼ばれます。

  • Classic 60s Tele Custom
  • Squier Classic Vibe Telecaster Custom

2) テレキャスター・シンライン

American Elite Telecaster Thinline American Elite Telecaster Thinline

「シンライン」は、ボディ内部をくり抜いてホロウ化させたテレキャスターです。くり抜かれるのは低音弦側だけで、ボディの中心部分はソリッドのまま残されますから、セミアコ(セミホロウ)に分類されます。このシンラインには、標準的なテレキャスターをホロウ化させた「1969年式(’69シンライン)」と、両ピックアップを「ワイドレンジ・ハムバッカー」に変更した「1972年式(’72シンライン)」の2タイプがあります。
ボディ構造から生音が大きく、サウンドに柔和なニュアンスが若干加わりますが、そのためなのかどちらかと言えばギターボーカルに使用される機会が多いようです。

  • American Elite Telecaster Thinline
  • Classic 70s Tele Thinline
  • Deluxe Tele Thinline
  • Modern Player Telecaster Thinline Deluxe
  • Classic Vibe Telecaster Thinline

など。
フェンダー・テレキャスター・シンライン

3) テレキャスター・カスタム/テレキャスター・デラックス

Classic 70s Tele Custom フロント・ピックアップのみハムバッカーのテレキャスター・カスタム「Classic 70s Tele Custom」

フロント・リアどちらもハムバッカーのテレキャスター・デラックス「Classic Series ’72 Telecaster Deluxe」

低音弦側にトグルスイッチを配し、ピックアップそれぞれにボリュームとトーンを備えるという電気系は、ギブソンを意識し、また対抗したのだと言われています。フロント・ピックアップをワイドレンジ・ハムバッカーに換装したものを「テレキャスター・カスタム」、リア・ピックアップもワイドレンジ・ハムバッカーに換装したものを「テレキャスター・デラックス」と言います。ピックアップの出力が増強されたことから、こちらは特にロック系のアーティストに多く使用されているようです。

など。

「テレキャスターの種類」の注意点

「シンライン」はボディ構造、「カスタム」と「デラックス」は電装系が大きな特徴となっていますが、それぞれにピックガードのデザインが異なっていることもあってキャラクターが立っており、一目で区別ができるほどの違いが出ています。

ワイドレンジ・ハムバッカー2基を備える「’72シンライン」と「テレキャスター・デラックス」はピックアップとブリッジが共通であることから、かなりキャラクターが近いギターです。かなり紛らわしいですが、

  • ボディ構造:ソリッドかセミアコか
  • 操作系:ボリューム&トーンが1基か2基か

で区別がつけられます。

異なる仕様に「テレキャスター・カスタム」という同じ名前が使われていて、大変紛らわしくなっています。これについては誕生した年代から、

  • 60sカスタム:ローズ指板、バインディングあり
  • 70sカスタム:ワイドレンジ・ハムバッカー搭載、2V2T

などと呼んで区別されます。

フェンダー・テレキャスターのラインナップ

テレキャスターはフェンダーの主軸と言えるギターで、いわゆる「フェンダー5分類」全てからそれぞれのテレキャスターがリリースされています。

いわゆる「フェンダー5分類」については「フェンダー・ストラトキャスターの選び方」で述べていますので、こちらを参照してください。フェンダーからは40モデル近いテレキャスターがリリースされていますが、これだけあると予算で絞り込んでもなかなか選びきれないかもしれません。各部の特徴をチェックできれば、判断材料が得られるかもしれませんね。

テレキャスター各部の特徴

ここからは、重箱の隅をつつくような細かなところをチェックしていきましょう。フェンダーのギターは長い歴史の中で様々な仕様を採用してきましたが、それらは多くの場合、「ヴィンテージ・スタイル(伝統的)」と「モダン・スタイル(現代的)」とに大別できます。

  • ヴィンテージ・スタイル:50年代から70年代までに採用された仕様
  • モダン・スタイル:80年代以降に開発された仕様

この考えは、パーツそれぞれについても、また楽器のトータル的なコンセプトについても使われます。テレキャスター自体がエレキギター全体の中では「古風」なスタイルなので、モダンなスタイルのギターであっても随所に伝統的な設計のパーツが採用されることがあります。これから各部位について見ていきますが、それぞれの箇所にどういった特徴があって、その結果一台のギターを形成しているのか、と考えていくと、気になるテレキャスターがどんなギターなのかをある程度推察することができます。