エレキギターの総合情報サイト

ピックアップの磁石の種類、交換方法について

ピックアップの磁石について

エレキギターのピックアップについて調べていくと、「アルニコ」や「セラミック」という言葉に出会います。これはピックアップに取り付けられている磁石のことで、この磁石の種類によって音量や音圧が変わるという性質を持っています。ではその磁石にはどういった種類があって、それぞれどのように音が変わるのでしょうか?

磁石による違い

磁石の種類は大きくわけて「アルニコ」や「セラミック」の2種類が使われています。アルニコは「ヴィンテージ傾向」、セラミックは「モダン傾向」のサウンドになります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

アルニコについて

アルニコは「アルミニウム」と「ニッケル」、「コバルト」からなる「合金」のことです。ピックアップに使われる主なアルニコは「Ⅱ」、「Ⅲ」、「Ⅳ」、「Ⅴ」、「Ⅷ」であり、中でも多いのが Ⅱ と Ⅴ です。Ⅲ と Ⅳ、Ⅷ を使用しているモデルは比較的少ないものの、個性的なサウンドになるとして、一部のファンに根強い人気があります。

これらの記号は「配合比率」を表しており、基本的には数字が大きくなるにつれて高出力となります。例外として、「Ⅲ は Ⅱ よりも出力が低い」ので、出力の高さを順に表すと、

Ⅲ < Ⅱ < Ⅳ < Ⅴ < Ⅷ

となります。「Ⅲ以外は順番通り」と覚えると良いでしょう。
ちなみに、アルニコには経過年数が多いほど「磁力が弱まる」という特徴があります。

アルニコⅡ

SEYMOUR DUNCAN APS-1 SEYMOUR DUNCAN APS-1

アルニコⅡは60年代から70年代のヴィンテージサウンドを再現したモデルに採用されることが多い磁石です。有名なモデルだと、セイモアダンカンのストラトキャスター用ピックアップ、「APS-1」に使用されています。

音の傾向としては、豊かなサステインと中音域のあるウォームなサウンドになります。比較的大人しいサウンドなので、エフェクター乗りも良く、音作りもしやすいです。ヴィンテージサウンドを追求しているギタリストは、アルニコⅡのピックアップを一度試してみることをオススメします。
SSEYMOUR DUNCAN APS-1 をサウンドハウスで探す

アルニコⅢ

Voodoo HB-57s Voodoo HB-57s

アルニコⅢは最も出力が低く、「個性の強いサウンド」を持っている磁石です。ピックアップの名機である「PAF」を忠実に再現した Voodoo の「HB-57s」に採用されています。

アルニコⅢを使用したモデルはかなり少ないですが、アルニコⅡよりも「中音域が豊か」なので、その特性を生かしてヴィンテージピックアップのクローンを作っているメーカーが多いです。
YVoodoo HB-57s をYahoo!ショッピングで探す

アルニコⅣ

Dimarzio DP261 Dimarzio DP261

アルニコⅣは「フラットな音質特性」を持っていることで知られています。出力は中程度、アタック感はやや弱めという印象で、サウンドはヴィンテージ傾向にあります。

ディマジオのPAFクローンモデル、「DP261」がアルニコⅣを使用しています。
SDimarzio DP261 をサウンドハウスで探す

アルニコⅤ

SEYMOUR DUNCAN SSL-1 SEYMOUR DUNCAN SSL-1

最も多くの現行モデルに採用されているのがアルニコⅤです。その音色は「ドンシャリ傾向」にあり、高音が良く出るブライドなサウンドです。出力と音質特性のバランスが取れていることから、様々なピックアップに使われています。

セイモアダンカンの看板モデル、「SSL-1」にもアルニコⅤが使用されています。
SSEYMOUR DUNCAN SSL-1 をサウンドハウスで探す

アルニコⅧ

SEYMOUR DUNCAN Alternative 8 Alternative8

最も出力の高い磁石となります。アルニコⅧを採用したピックアップとして有名なのが、セイモアダンカンの「Alternative 8」です。強力な磁力を持ち、ハイゲインアンプの性能を最大限に引き出すパワーを持っています。

高出力ピックアップの磁石といえばセラミックが有名ですが、アルニコⅧを採用することで、アルニコ特有のダイナミックレンジと音質特性を兼ね備えたハイゲインサウンドを鳴らすことができます。
SSEYMOUR DUNCAN Alternative 8 をサウンドハウスで探す

セラミック

DIMARZIO DP100 DIMARZIO DP100

「セラミック」は高出力のピックアップに採用されることが多く、ざらっとしたサウンドを持ち、音抜けも良いのが特徴です。低音から高音までバランス良く鳴り、硬質なサウンドとなります。ディマジオの看板モデル、「DP100」にもセラミックが使われています。

アルニコのように番号がある訳ではなく、年数が経っても「磁力が弱まらない」という特徴があります。アルニコが金属のような風貌をしているのに対して、セラミックは薄黒く、陶器のような質感を持っています。
SDIMARZIO DP100 をサウンドハウスで探す

磁石の交換方法

ピックアップの磁石は交換することが可能です。アルニコやセラミックなど、リプレイスメント用の磁石は様々なものが販売されています。磁石の交換に関しては、ピックアップを壊してしまうリスクがあるため、自己責任の上で行いましょう。作業に不慣れな方は、工房や楽器店に作業を依頼すると良いでしょう。

Supernice!ギター修理

手順.1

まずはピックアップをギターから取り外し、本体裏にあるネジを外します。次に、本体側面に巻いてある保護用テープを取り外します。そして、精密ドライバーを慎重に差し込み、バックプレートからマグネットを軽く剥がし、反対側から押し出します。

手順.2

マグネットがピックアップから露出したら、指で軽くつまんで引き抜きます。マグネットには「極性」があるので、極性を合わせて新しいマグネットを挿入します。事前にペンなどでマーキングしておくと良いでしょう。万が一、極性を間違えると位相反転してしまうので注意してください。最後に「新品の保護テープ」を側面に巻き直し、ネジ止めをして作業終了です。