ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

グレッチ・エレキギターについて

グレッチ・エレキギター

グレッチはギターやドラムで知られるアメリカの代表的な楽器メーカーです。エレキギターにおいてはレトロかつゴージャスなルックスや操作性など、すべてにおいて職人気質なこだわりが特徴。軽やかできらびやかなサウンドから、カントリーミュージックの定番機、またハーレーダビッドソン、リーゼント、革ジャンに並ぶロックンロールの象徴としてのイメージが強く浸透しており、そのブランドイメージやオリジナリティを評価するロック・ギタリストたちに多く愛用されています。

Gretschの歴史

グレッチは1883年、ドイツの移民であるフレデリック・グレッチによって、バンジョー・タンブリン・ドラムなどのメーカーとしてニューヨークで創業されました。
その後、エレキギターの製造を始め、現在でも名ギターとして知られる「6120」や「ホワイトファルコン」などのヒット作品を開発。1950年代にカントリーの偉人チェット・アスキンス氏が愛用、チェットにならって多くのカントリー・ロカビリー・プレイヤーがグレッチのギターを手にし、グレッチはギター業界においてギブソン、フェンダー、リッケンバッカー等と並ぶ地位を獲得します。1960年代にはビートルズのジョージ・ハリスンもカントリージェントルマンを携えてエド・サリヴァン・ショウのステージに立つなど、その価値を確固たるものにしました。

その後フェンダーやギブソンに押されて衰退。1980年代にブライアン・セッツアー氏がストレイ・キャッツで活躍したことから再評価され復活、安定的な人気を得るようになりました。現在のグレッチに対するロックンロールのイメージはジョージ・ハリスン氏とブライアン・セッツアー氏の功績です。

1989年からは新たにNashville(チェット・アトキンスホロウボディ・ナッシュビル)、Tennessean(テネシアン)、Anniversary (アニバーサリー)、Duo Jet (デュオジェット)、Country Club (カントリークラブ)などのリイシュー・モデルを中心としたラインナップでの製造を再開。
1995年頃からは Electromatic という廉価版ブランドを発足し、安価なモデルのリリースを開始しています。

グレッチ・ギターの音や特徴

ルックスの魅力とちょうどいい不器用さ

ホワイトファルコン

「世界一美しいギター」として知られるフラッグシップモデル「ホワイトファルコン」で金字塔を打ち立てたグレッチのギターデザインは、芸術的な曲線を描くfホールや独特のカラーリングといったデザインの美しさが特徴。レトロでありゴージャスであり、そしてエレガントです。グレッチをメインに選ぶプレイヤーは、第一にそのルックスに惹かれます。

またサウンドバリエーションがあるとはいえ、おいしいサウンドはクリーン/クランチまでと現代の感覚では狭く、またノイズやハウリングに弱いことからシンプルな機材で演奏することが求められます。結果カントリー、ロカビリー、ロックンロールなどでは最高のマッチングを見せるサウンドでありながら、他のジャンルでは使いにくい不器用な楽器でもあります。しかしそこがまた、「ビシっとキめたタフガイでありながら、不器用」、「美人で歌は巧いけど料理は下手」のような不完全さのある、何とも言えない人間的な魅力でもあります。

特徴的なピックアップとホロウボディの織りなす、軽やかなエアー感

TV JonesTV Jones ピックアップ

グレッチの代表的ピックアップ「フィルタートロン」、上位モデルに使用される「TVジョーンズ」ともにハムバッカーでありながら、程よく低出力で低音も押し付けがましくない、軽やかさときらびやかさのあるサウンドが特徴です。これにホロウボディによって作られるエアー感(=空気感)が加わる事で、太さと温かみが付加されるグレッチのサウンドが出来上がります。グレッチが最も「良い仕事」をするのは真空管アンプに直接つないだ時だと言われますが、このとき「甘美」という言葉が相応しい艶っぽいクリーン/クランチでプレイヤーを包んでくれます。

グレッチのギターが使われてきた音楽シーン

ブライアンセッツァー
ブライアンセッツァー

上述の通り、グレッチの魅力は「骨太で荒削りなサウンド」と「個性やアイデンティティを表現するビジュアル」といった要素です。その姿はまるで、不器用ながらも自分の夢や信念に一途でブレないクラフトマンシップそのもの。そんなブランドイメージはまさにロックが持つ世界観とぴったりマッチします。

キング・オブ・ロックンロールと称されるエルヴィス・プレスリーを筆頭に、ロカビリーからジャズまでグレッチのポテンシャルを最大限に引き出したブライアン・セッツァー、日本でも浅井健一やチバユウスケなど、邦楽ロックを代表するミュージシャンたちに愛されてきました。

また、彼らに共通する独特の「エモーショナル」で「セクシー」な歌声とマッチするのも特徴。楽器(ツール)としてのクオリティの高さと、音楽(バンド)として必要不可欠なバランス感覚を備えていると言えるでしょう。

グレッチは音の粗さや扱いの難しさから、弾き手の力量に大きく左右されるとも言われています。しかし、それがかえって個性や味わいとなり、十人十色のサウンドとしてロックミュージックやロックスターの魅力を何倍にも増幅させてくれるギターなのです。

カントリー:チェット・アスキンス(Chet Askins、1924-2001)

「ミスター・ギター」の異名を取るカントリー・ミュージックの偉人で、サムピックを用いた3フィンガースタルのプレイを得意としています。本来はフォークギターの演奏スタイルですが、現代で言うエレアコのような使い方です。
チェット・アトキンスのYoutube動画を見る

ロック/ポップス:ジョージ・ハリスン(George Harrison、1943-2001)

The Beatles on the Ed Sullivan show

ビートルズのメンバーとしてエド・サリバン・ショーに出演する時に、ダブルカッタウェイのカントリージェントルマンをよく使用していました。バンドの中で映える軽快なコード弾きは、グレッチの得意とするところです。

ロカビリー:ブライアン・セッツァー(Brian Setzer、1959-)

Boogie Woogie Santa Claus

ブライアン・セッツァー氏は、現在最も代表的なグレッチのプレイヤーです。ストレイ・キャッツの成功からブライアン・セッツァー・オーケストラで結実した氏の幅広い音楽性は、ロカビリーに留まらずジャズやブルースにおいてもグレッチをフルに活用しています。

グレッチ・エレキギター 一覧

現在グレッチのラインナップは、フェンダー管理の下、日本の寺田楽器で製造されている上位モデル「プロフェッショナル・コレクション」と中国や韓国で製造されるリーズナブルな「エレクトロマチック・コレクション」で構成されています。