エレキギターの総合情報サイト

GRETSCH electromatic collection

GRETSCH electromatic collection

国内では「エレマチ」と略される「グレッチ・エレクトロマチック・コレクション」は、ロックンロールの定番機「グレッチ」をリーズナブルな価格で提供するシリーズです。グレッチを取り扱う神田商会ではグレッチの「プロフェッショナル・コレクション」と分けて扱っているので、あたかも別のブランドであるかのように見られる事があります。

本記事でも便宜上プロフェッショナル・コレクションを「本家」という言い方で表現していますが、エレクトロマチックは同一ブランドの廉価版ラインナップという位置にいます。

グレッチ・エレクトロマチックの歴史

本家のグレッチは1883年にニューヨークのブルックリンで、バンジョー、タンブリン、ドラムなどのメーカーとして創業されました。ギターは1950年代にヒットしましたが、フェンダーやギブソンに押されて衰退。その後ブライアン・セッツアー氏の活躍で復活し安定的な人気を得るようになり、シェア拡大のため1995年頃に廉価版ラインナップとしてエレクトロマチック・コレクションが立ち上げられました。

グレッチ・エレクトロマチックの特徴

とにかくカッコいい

Gretsch Electromatic G5422TDCG ホワイトファルコンの美しいルックスを継承した G5422TDCG

グレッチの最大の特徴は「とにかくルックスがカッコいい」ことです。フラッグシップモデルである「ホワイトファルコン」は「世界で最も美しいギター」として知られています。エレクトロマチックは韓国や中国で生産することで生産コストを大幅にカットしていますが、グレッチのレトロかつゴージャスなルックスは完全に継承されています。

本家と共通のパーツ

グレッチ・エレクトロマチックのピックアップ

「フィルタートロン」や「ハイロートロン」といったグレッチの代表的ピックアップ、またビグズビーのトレモロシステムは本家と同じものがマウントされています。これによって廉価版でありながら本家に近いサウンド、またフィーリングが得られます。

グレッチ・エレクトロマチックのサウンド

ピックアップとトレモロが共通なので、本家のグレッチに近いニュアンスの、ハイミッドを効かせたサウンドが得られます。ローは抑えられており軽やかな印象なのでロック、ポップスを中心にカントリー、ブルースなどにぴったりなクリーン/クランチ/ドライブサウンドが得られます。一方でロック的なイメージが強いためかジャズでの使用例はほとんどなく、またヘヴィに歪ませるとハウリングが起こるため、メタル系での使用例もほぼありません。

グレッチ・エレクトロマチックのラインナップ

エレクトロマチックには本家を継承した多くのラインナップがあり、また頻繁にニューモデルがリリースされます。ここでは代表的なものをかいつまんで紹介します。

フルアコースティック・モデル

グレッチ・エレクトロマチック・フルアコースティック・モデル 左から:G5420T x4、G5422TDC、G5422TDCG

ナッシュビル、カントリージェントルマン、ホワイトファルコンなどグレッチの代表機を模したシリーズで、ボディ厚約70mmでシングルカッタウェイのG5420、ボディ厚約50mmでダブルカッタウェイのG5422の二つをメインとし、トレモロや装飾の有る無しなどバリエーションがいくつかあります。

G5420 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

G5422 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

ジェットシリーズ

グレッチ・エレクトロマチック・ジェットシリーズ 左から:G5439 Pro Jet、G5439T Pro Jet with Bigsby、G5441T Double Jet、G5421 Jet Club、G5432G FSR Pro Jet

ソリッドギター同様サイズのボディ内部をくり抜いた「チェンバードボディ」構造を採用したシリーズで、レスポールライクなシルエットにフィルタートロンをマウントしたG543(=Pro Jet)、ダブルカッタウェイのG544(=Double Jet)、シングルカッタウェイでボルトオンネックのG542(=Jet Club)、バリトンギターのG526(=Jet Baritone)がラインナップされています。人気機種のG543にはFSR(ファクトリー・スペシャル・ラン)としてゴールドパーツの限定仕様もリリースされています。

ジェットシリーズを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す 石橋楽器で探す YYahoo!ショッピングで探す

AKB48の「GIVE ME FIVE」のPVで前田敦子氏が使用していたのもエレクトロマチックのPro Jetシリーズでしたが、現在では廃盤となっています。

セミアコシリーズ

グレッチ・エレクトロマチック・セミアコシリーズ 左から:G5620T-CB、G5622T-CB、G5655T-CB

ボディ内部にセンターブロックを配置し、ソリッドギター的なニュアンスを追加するとともにハウリングしにくくしているセミアコースティックモデルです。キャッツアイ・サウンドホールが特徴でフロントにハイロートロン、リアにフィルタートロンをマウントしたシングルカッタウェイのG5620、ハイロートロンを3基マウントしたダブルカッタウェイのG5622、ダブルジェットのスタイルで仕上げたG5655がラインナップされています。
豊かで、力強いトーン「セミアコースティックギター特集」

G5620 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

グレッチ・エレクトロマチック・シリーズの愛用者

ティム・アームストロング(Tim Armstrong、1966-、Rancid)


Fall Back Down – Rancid [Official Music Video]
パンクロックバンド「ランシド」の左利きギターボーカル。ニューアルバムでももうすぐ50歳とは思えないパワフルなプレイが魅力です。氏のシグネイチャーモデルはマン・サーモンと名付けられた薄いピンクにゴールドハードウェアをマッチさせたナッシュビルタイプのフルアコで、ビグズビートレモロの有無と右利き左利きで4種の仕様がラインナップされています。

OK GO


「OK GO」は、砂漠で自動車を走らせて演奏するというスケールの大きなPVが日本でも話題になった米国の人気バンドです。ギターソロのパートでは300本近くのギターが並べられましたが、ここで使われたのがCVTシリーズという3ピックアップのソリッドボディモデルで、実際に撮影で使用されたギターも、写真と証明書付きで限定販売されました。

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別: 男性女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ