エレキギターの総合情報サイト

Gretsch 6122 Country Gentleman

Gretsch 6122 Country Gentleman

「グレッチ・6122カントリージェントルマン」は、6119テネシアン(=テネシーローズ)、6120ナッシュビル、6121ソリッドボディに並ぶ故チェット・アトキンス氏との共同開発によるグレッチの代表機種です。アトキンス氏自身の使用はもちろんの事、初期のザ・ビートルズで故ジョージ・ハリソン氏がメインで使用したことでも有名になりました。アトキンス氏との契約の関係で、グレッチがこのモデル名を使えない時期がありました。その時には「カントリークラシック」というモデル名で生産されています。

6122カントリージェントルマンの特徴

シミュレーテッドFホール

6122のボディ裏 6122のボディ裏

カントリージェントルマンは17インチもの幅のあるボディが特徴で、このサイズのボディゆえに深みのあるサウンドが得られます。しかし大きすぎるボディは共鳴しやすく、エレキギターではフィードバックが起こりやすくなり制御しにくくなります。そこで通常のフルアコに採用されるボディトップのFホールを空けず、代わりにFホールをあしらったペイントが施されました。このペイントは単なるデザイン的な意味だけではありません。「F」の横線がブリッジのおおよその位置を現しているのです(G6122II など現代版モデルにはfホールが空けられています)。

Fホールは電装系を設置するときの入り口にもなるため、カントリージェントルマンではその代わりボディバックに円形の穴を開け、白い蓋で塞ぐようになっています。これを合皮のカバーで覆うことで、見た目に安っぽくなくバックの保護にもなっています。

ダブルミュート

ダブルミュートスポンジでミュートすることができる

故ジョージ・ハリソン氏の使用で有名となったダブルカッタウェイモデルに採用された、右手の代わりにスポンジでブリッジミュートをやってくれる機能です。ブリッジの両側付近にレバーがついており、これを操作する事でブリッジ手前に配置されているスポンジが持ち上がったり引っ込んだりし、ミュートのON/OFFが切り替わります。
両側のスイッチでそれぞれ1〜3弦/4〜6弦のミュートを操作できる事からダブルミュートと名付けられました。スイッチからスポンジまでは板バネで連結されますが、この大規模なシステムはバックが開口しているカントリージェントルマンだからこそ搭載できたものだと言えるでしょう。

6120ナッシュビルとの違い

6120と6122の違い 左:G6120DC ナッシュビル、右:G6122-1962 カントリージェントルマン

6120ナッシュビルにもチェット・アトキンス氏名義でダブルカッタウェイモデルが存在します。6122カントリージェントルマンにも初期モデルのリイシューとしてシングルカッタウェイモデルがあります。使っている材木やピックアップは同じです。よく似ている両者の違いは第一にボディサイズで、ナッシュビルは16インチで厚みがあり、カントリージェントルマンは17インチで薄くなっています。
ナッシュビルはロカビリー好きにはたまらない、甘い箱鳴りの響きが得られます。カントリージェントルマンはVOXのギターアンプにつなぐ事で、初期ビートルズを彷彿させるキラキラしたサウンドが得られます。いずれもアトキンス氏が使用したモデルですが、ビートルズが好きならカントリージェントルマン、ブライアン・セッツアーが好きならナッシュビル、というようにユーザーは誰を追うかで選ぶ傾向にあるようです。

6122カントリージェントルマンの愛用者

ジョージ・ハリソン(George Harrison、1943-2001)


The Beatles on the Ed Sullivan Show, 9th February 1964, performing “I Want To Hold Your Hand”
ビートルズのリードギターとして活躍しながら、エリック・クラプトン氏など他アーティストとも親交を深め幅広い活躍をしていました。カントリージェントルマンは初期の作品のレコーディングやエド・サリバン・ショー出演時などで使われておりトレードマークとなっていましたが、1966年の来日公演ではエピフォン・カジノに持ち替えており、カントリージェントルマンを演奏するジョージが見たかったと言うファンをちょっとがっかりさせたとか。

6122カントリージェントルマンのラインナップ

カントリージェントルマンは、故チェット・アトキンスとのコラボレーションの過程でボディ厚やコントロール系、ピックアップなど、少しずつ仕様を変えていきました。現在その特徴的な3つのモデルと、現代版にアレンジされた2つのモデル、合わせて5タイプのカントリー・ジェントルマンがリリースされています。

年代別リイシューモデル

歴代のカントリージェントルマンは、

  • メイプルボディ&ネック、エボニー指板
  • ボディ幅17インチ
  • シミュレーテッドFホール
  • ロッキングバーブリッジ
  • ウォルナットステインフィニッシュ

を共通スペックとし、コントロール系や電装系が変化していきます。ボディ厚は徐々に薄くなっており、1958年モデルと1962年モデルでは2センチもの違いがあります。

G6122-1958 Chet Atkins Country Gentleman

G6122-1958

記念すべき初期モデル。厚さ2.75インチ(70ミリ)のシングルカッタウェイ・ボディで、2基のフィルタートロンを搭載。操作系は各ピックアップのボリューム+マスターボリューム、ピックアップセレクタ、マスタートーンスイッチという構成です。

G6122-1958 を…
R楽天で探す

G6122-1959 Chet Atkins Country Gentleman

G6122-1959

厚さ2.25インチ(57ミリ)のシングルカッタウェイ・ボディでTVジョーンズピックアップを2基搭載。やや広いロングスケールネックにはゼロフレットも追加されています。マスタートーンスイッチの代わりにトーンポットが付けられています。

G6122-1959 を…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

G6122-1962 Chet Atkins Country Gentleman

G6122-1962

厚さ2インチ(50.8ミリ)のダブルカッタウェイ・ボディに2基のフィルタートロンを搭載。ネックはミディアムスケールに戻りましたが、ゼロフレットは継続。1〜3弦/4〜6弦別々にミュートがかけられる特徴的な「ダブルミュート」、音が出なくなる「スタンバイ・スイッチ」が新たに設けられます。

G6122-1962 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

現代版カントリージェントルマン

現代版のカントリージェントルマンは、高い人気の1962年モデルがベースです。通常の6弦モデルと12弦モデルがありますが、

  • メイプルボディ&ネック、エボニー指板
  • ボディ幅17インチ
  • アジャストマチックブリッジ(オクターブ調整可能)
  • フィルタートロンピックアップ

を主な共通スペックにしている他、弦の本数以外にも違いが付けられています。

G6122II Chet Atkins Country Gentleman

Gretsch 6122 Country Gentleman

ボディ厚は2.25インチ(57ミリ)に変更、ロングスケールになりゼロフレットは廃止、特徴であったダブルミュートも現代の音楽では用途がなく廃止。スタンバイスイッチも外されてシンプルな操作系になりました。

そして最大の変更点として、ボディトップに実物のFホールが設けられました。本来のグレッチはボディトップのカーブを一枚板から削り出して成形していました。これが「鳴り過ぎ」てハウリングが起こるのを制御するため、「Fホールを空けない」という独特の設計になったのですが、現代のグレッチは合板を曲げてボディトップを成形します。合板は適度に鳴りにくいため、Fホールを空けるくらいでちょうどバランスがとれます。またわざわざバックに蓋を設けなくても良くなりました。

G6122II を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

G6122-12 Chet Atkins Country Gentleman 12-String

G6122-12

ダブルミュートは廃止したものの、スタンバイスイッチ、ゼロフレット、ミディアムスケールネック、シミュレーテッドFホールを継承した12弦です。カントリージェントルマンの中で唯一ナチュラルカラー(アンバー・ステイン)であることも特徴です。

G6122-12 を…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す