エレキギターの総合情報サイト

フランジャー・エフェクターについて

フランジャー・エフェクター

フランジャーは強烈な「ジェットサウンド」を生み出すモジュレーション系エフェクターです。音の仕組みはコーラスと殆ど同じで、入力された音声信号を遅延させることで、フランジャー特有のウネるようなサウンドを作り出しています。

音作りのキホン

フランジャーのコントロールツマミに関しては、

  • RATE、SPEED:揺れの速さを調整するツマミ
  • DEPTH:揺れの深さを調整するツマミ
  • LEVEL:エフェクト音を混ぜる量を決めるツマミ
  • DELAY TIME、MANUAL:エフェクト音の高さを調整するツマミ
  • FEEDBACK、PEAK:揺れ方を調整するツマミ

などがあります。

ツマミを調整することで、激しいジェットサウンドはそのままに、「飽和感のある柔らかい音」を作ったり、「金属的な堅い音」を作ることもできます。似たようなエフェクターに「フェイザー」がありますが、音を作り出す仕組みが違うので、まったくの別物になります。

フランジャーはどんな時使うペダル?

フランジャーはそのジェットサウンドを生かして、「飛び道具的」に使うことが多いです。コーラスのように常にかけっぱなしにする訳ではなく、ここぞという時に踏んでギターサウンドを思い切り目立たせるのが良いでしょう。

また、楽曲のBPMに合わせて RATE を調整することで、演奏にノリやグルーブ感が生まれます。注意しておきたいのは、RATE を上げ過ぎると雑音のようなサウンドになってしまうので、できるだけ遅めに設定するということです。

フランジャーを使った有名なギタリスト

エドワード・ヴァン・ヘイレン

エドワード・ヴァン・ヘイレン

フランジャーを使った有名ギタリストといえばロックバンド、「ヴァン・ヘイレン」の「エドワード・ヴァン・ヘイレン」でしょう。赤、白、黒の過激なストライプ模様が特徴で、全世界のロックファンを魅了しているギタリストです。

そんなエドワードが使っていたのが MXR M-117R FLANGER で、数あるフランジャーペダルの中で最も有名な製品でしょう。非常にエグいサウンドが特徴で、ヴァン・ヘイレンの楽曲には無くてはならないペダルです。
エドワード・ヴァン・ヘイレン

フランジャーの種類

フランジャーには「アナログフランジャー」と「デジタルフランジャー」があります。回路の構造が違うのはもちろん、アナログは「温かく深いサウンド」なのに対して、デジタルは「冷たい金属的なサウンド」となっています。また、製品によっては「ステレオ出力」に対応している物もあります。

定番フランジャー

BOSS BF-3 Flanger

BOSS BF-3 Flanger

定番のBOSSからは様々な幅広いサウンドメイクが可能なBF-3という「多機能フランジャー」が販売されています。紫のボディが特徴なBF-3にはMANUAL、RES、DEPTH、RATE、MODEといった5つのツマミと、4つのモードを選択できるツマミを搭載しています。
中でも「MOMENTARY」は「踏んでいる間だけオンになる」という便利なモードで、フランジャーをより飛び道具的に使いやすくなっています。「このフレーズだけオンにしたい」といった場合に踏むと良いでしょう。

BOSS BF-3 Flanger – Supernice!エフェクター


M-117R FLANGER

M-117R FLANGER

MXR M-117R は当時エドワード・ヴァン・ヘイレンが使っていたフランジャーの復刻モデルです。ヴァン・ヘイレンのストライプをデザインとしたシグネチャーモデルもありますが、音のキャラクターはどちらも同じです。
特徴的なのはMXR特有のエグいジェットサウンドです。Manual、Width、Speed、Regenといった4つのツマミを搭載し、フランジャー入門に最適の1台です。

M-117R FLANGER – Supernice!エフェクター

ハイエンドフランジャー

Electoro-Harmonix Delux Electric Mistress

Electoro-Harmonix Delux Electric Mistress

「原音を濁らせないフランジャー」というコンセプトで開発されたElectric Mistressは、ギターのみならずドラムやキーボードにも使えるハイエンドフランジャーです。特徴的なのがCOLORというコントロールツマミで、調整すると「チャイム」のような金属音を作ることができます。
他には「Filter」というモードを搭載し、「揺れないジェットサウンド」という変わったサウンドを作り出すこともできます。普通のフランジャーでは物足りないという方にオススメです。

Electoro-Harmonix Delux Electric Mistress – Supernice!エフェクター


strymon MOBIUS

strymon MOBIUS

MOBIUSはモジュレーションマルチエフェクターのハイエンドモデルで、strymon らしい高音質なフランジャーサウンドが搭載されています。大きく分けて8つのコントロールがあり、非常に細かい音作りが可能です。
また、ヴィンテージフランジャー系が4種類、ゼロフランジャー系が2種類の他にも、コーラス・フェイザーなど計12種類のサウンドが収録されています。

strymon MOBIUS – Supernice!エフェクター


Keeley Super Mod Workstation

Keeley Super Mod Workstation

Super Mod Workstationは、フランジャーだけでなくコーラス/トレモロ/フェイザーなどの「揺らし系」エフェクトの他、ディレイ/リバーブの「空間系」エフェクト含む総数16種類のエフェクトを、同時に2つまでミックスして使用することができるという多機能なモジュレーション系マルチエフェクターとなっています。

Keeley Super Mod Workstation – Supernice!エフェクター


格安フランジャー

MOOER Eleclady

MOOER Eleclady

MOOERのElecladyはBBD素子を使ったフルアナログフランジャーです。COLOR、RANGE、RATEといったツマミと、NORMALとFILTERという2つのモードを切り替えるスイッチが搭載されています。価格もリーズナブルなので、ギター初心者も気軽に試せる1台です。

A MOOER Eleclady を Amazon で探す


おすすめフランジャー

TC Electronic Vortex Mini Flanger

TC Electronic Vortex Mini Flanger

最新技術を使った次世代ペダルを作り続けているTC ElectronicのVortex Miniは、60年代のようなサイケデリックなギターサウンドを作ることができます。特徴的なのがTone Printというフランジャー自体の音色を「スマートフォンやパソコンで変更できる機能」で、プロギタリスト達の音をそのまま使うことができます。
また、デジタルフランジャーではありますが、ドライ音(原音)がデジタル変換されないため、デジタルながらアナログのような温かいサウンドに仕上がっています。次世代フランジャーペダルの代表的モデルと言えるでしょう。

TC Electronic Vortex Mini Flanger – Supernice!エフェクター

MXR MICRO FLANGER M-152

MXR MICRO FLANGER M-152

80年代にヒットした MXR のフランジャーを忠実に再現した2ツマミのシンプルなフランジャー。シンプルながらジェットサウンド〜スペイシーサウンドまで多彩な音作りが可能、トゥルーバイパス仕様/1万円を切る価格帯もあってか、今日も人気の高いモデルとなっています。

MXR MICRO FLANGER M-152 – Supernice!エフェクター


フランジャーの接続順

基本的には「歪み系ペダルと空間系ペダルの間」に繋ぐようにします。ディレイやリバーブの前に繋ぐ、と覚えておけば間違いないでしょう。これはフランジャーだけでなく、コーラスやフェイザー、トレモロなどノ【モジュレーション】系ペダルも同様です。

フランジャー・エフェクター一覧 – Supernice!エフェクター