エレキギターの総合情報サイト

Q&A.80 ES-355(ビグスビー搭載)のメンテナンスや弦交換、ピックガードのつけ方を教えて下さい

元oasisのノエル・ギャラガーに憧れてエピフォンのes-355(ビグスビー搭載)を購入しました。初めてのセミアコースティック・ギターなのでメンテナンスや弦交換などがよくわかりません。特に弦交換はビグスビーがついているんでわかんないです。あと、ピックガードなし仕様(付属はしていた)だったのでピックガードのつけ方なども教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。 – (2012/4/16) 10~19歳 男性(高校生・中学生・小学生)

回答

エピフォンのビグスビー搭載 ES-335
エピフォンのビグスビー搭載 ES-335


ビグスビーアーム付きかっこいいですね。渋さもありイカしていると思います。
ビグスビーの場合、フェンダー・ストラトキャスターのサドル、ギブソンのテールピースと違い、弦がポールにはまっているだけですので、バランスをとりながら弦を取り付けるのが難しいかも知れませんが慣れてしまえばすぐに出来ると思います。
基本的には、現在備え付けられている弦を一本づつ外して、同じように一本づつ取り付ければ間違える事も少ないと思います。

メンテナンスに関してもそこまで他のギターと比べて変わった手入れが必要という事もありません。
ピックガードに関しても、おそらくネジが付属していたと思いますが、写真等で取り付け後のイメージを確認しながらネジで留めるだけになっています。
もしネジがなければ、楽器店で代えのネジは購入出来ますので一度訪れてみると良いと思いますよ。