エレキギターの総合情報サイト

エフェクター用語について、ちょっとマニアックな豆知識

エフェクター豆知識

エフェクターについて調べていくと、「ディスクリート回路」や「ポイントトゥポイント」、「クリッピング」に「トゥルーバイパス」といった言葉を目にすることがあります。
これらはエフェクターを語る上で欠かせない専門用語ですが、全てを理解している人は「意外にも少ない」ものです。それは初心者のみならず、中上級者にも同じことが言えます。

ここでは、エフェクターにまつわる用語について解説していくと共に、ギター初心者の方でも理解できる、「エフェクターの豆知識」を紹介していきます。

ブティック系ペダルって何?

Landgraff Distortion Boxブティックペダルの代表格
LANDGRAFF の Distortion Box

エフェクターメーカー(ブランド)の中には、「ブティック系」と呼ばれるものが存在します。「ブティック(boutique)」にはフランス語で「小さな専門店」あるいは「業者」と意味があり、エフェクター業界では、職人によって1つ1つ手作りされた高級モデルのことを指します。また、製造方法に関わらず、「高額」なモデルをブティック系ペダルと呼ぶこともあります。

有名なブティック系メーカーとして、「LANDGRAFF」や「SUHR」、「SHIGEMORI」などが挙げられます。ちなみに、BOSSやMXRといった定番メーカーは、大規模な生産ラインによって製造されているため、基本的にブティック系とは呼ばれません。

ブティックペダルって何?ブティック系エフェクター特集 – Supernice!エフェクター

トゥルーバイパスについて

「トゥルーバイパス」はスイッチオフ時の「音質劣化を防ぐ」ことができる配線方式で、エフェクターによる「音痩せ」が無くなるのが特徴です。どれだけ個数を繋いでも音が細くならないため、たくさんのエフェクターを使うギタリストに重宝されています。この配線方式を採用しているエフェクターは、「トゥルーバイパス仕様」と表記されています。

一昔前までは高級エフェクターのみに採用されていましたが、最近では様々なメーカーからトゥルーバイパス仕様のエフェクターが登場しています。ちなみに、BOSS や Ibanesが採用する電子式スイッチによる切り替えを「バッファードバイパス」と呼びます。

ポップノイズが発生してしまうが…

トゥルーバイパス仕様のエフェクターは、スイッチ切り替え時にポンという「ポップノイズ」が発生します。これは、機械式9PINスイッチが音声信号の入力と遮断を繰り返しているために起こる現象です。構造上、ポップノイズは避けられないものとなりますが、回路内に抵抗を搭載することでかなりノイズを低減させることができます(事実、市販されているトゥルーバイパスのエフェクターでも、ポップノイズが皆無なペダルは多く存在します)。

オペアンプ回路、ディスクリート回路とは?

エフェクターに用いられる回路は大きく分けて2つ、「アナログ回路」と「デジタル回路」です。
アナログ回路はオーバードライブやディストーションなどの「歪み系ペダル」に多く見られ、デジタル回路はディレイやリバーブといった「空間系ペダル」に採用されています。

中でもアナログ回路は「オペアンプ回路」と「ディスクリート回路」に分けられます。
2つの回路に優劣はないとされています。

オペアンプ回路

「オペアンプ」という1cm程度の電子部品によって信号を増幅する回路です。「オペアンプ単体」でエフェクターの音色を決定します。
BOSS の初期オーバードライブ OD-1 に搭載されていたことでも有名です。

Ibanes TS-9

Ibanes TS-9

オペアンプ回路を採用しているエフェクターの代表例がIbanesの「TS-9」です。オリジナルが高値で取引されているTS-9ですが、その理由は「JRC4558D艶有り」という貴重なオペアンプを搭載しているからです。

オペアンプはハンダごてを使って交換することができるため、現行モデルのTS-9にJRC4558D艶有りを搭載することで、オリジナルのサウンドに限りなく近づけることができます。エフェクターの「音色」を決める重要な部品と言えます。

Ibanes TS-9 – Supernice!エフェクター

ディスクリート回路

オペアンプを使わず、個々の部品で信号を増幅させる回路です。「回路全体」で音色を作り挙げる仕組みになっていて、より「音質を追求しやすい」と言われています。
ディスクリート回路を採用していることで知られているのが、BOSS OD-3、技-Craft シリーズの「BD-2W」「SD-1W」です。

ポイントトゥポイント配線について

ポイントトゥポイント配線は、各部品を「直接接続」することにより、「音声信号の劣化を限りなく防ぐ」ことができる手法で、エフェクターだけでなく「ギターアンプ」にも採用されている配線です。

ハンドワイヤードと呼ばれることも

VOX V846-HW VOX V846-HW

ポイントトゥポイント配線によって作られた機材は「ハンドワイヤリング」あるいは「ハンドワイヤードモデル」と呼ばれます。エフェクターではIbanesの「TS808HW」、VOXのワウ「V846-HW」が有名です。

通常モデルのエフェクターが「プリント基板」を用いているのに対し、ハンドワイヤードモデルは部品同士を直接繋げているのが特徴です。プリント基板内の回路を音声信号が経由しないため、音質の劣化を防ぐことに成功しています。

また、ハンドワイヤードモデルは、各メーカーの「職人が手作業」でハンダ付けしています。そのため、通常モデルよりも「高価」であり、流通も多くないのが特徴です。

VOX V846-HW – Supernice!エフェクター

クリッピング回路の仕組みと種類

オーバードライブやディストーションといった歪み系エフェクターは、「クリッピング回路」を通ることで音を歪ませています。クリッピング回路に用いられる電子部品は「ダイオード」であり、ダイオードの種類や組み合わせによって生み出されるドライブサウンドは異なります。

そんなクリッピング回路には種類があり、「同じ種類」のダイオードを逆向きにして組んだものを「対象クリッピング」、「種類」または「個数」の異なるダイオードで組んだものを「非対象クリッピング」と呼びます。
前者は Ibanes TS-9 のような「滑らかなドライブサウンド」、後者は BOSS OD-1 のような「倍音豊かなドライブサウンド」になります。

シリコン、ゲルマニウム、LED

また、ダイオードの種類もサウンドに大きな影響を与えます。その種類は大きく分けて3つ、「シリコン」と「ゲルマニウム」、そして「LED」です。

シリコンは主にオーバードライブのクリッピング回路に用いられます。ゲルマニウムは「ファズ」に用いられることが多く、攻撃的な荒々しい歪みを作り出します。LEDはマーシャルのエフェクターである「GUVNOR」に用いられており、マーシャルアンプの歪みに近いリッチなドライブサウンドを得ることができます。

パコパコ系コンプとROSS系コンプの違い

コンプレッサーを語る上で欠かせないのが「パコパコ系」、「ROSS系」という言葉です。
パコパコ系はMXRの「DYNA COMP」を筆頭に、音にフィルターがかかったような、コンプ感の出やすいエフェクターのことを指します。強めに音を圧縮することで、80年代のフュージョンに登場するパコパコとしたサウンドを作ることができます。
MXR は上位ラインナップを揃えるカスタムショップからも、CSP202 というパコパコ系と言われるコンプレッサーがリリースされています。

Keeley Compressor ROSSクローンの傑作と呼ばれる
Keeley Compressor

それに対してROSS系とは、アメリカのブランドである ROSS から1978年に登場したギター用コンプレッサーの名機「Ross Compressor」をベースに開発され、ナチュラルに音を圧縮するエフェクターを指します。コンプ感が出にくいため、常時踏みっぱなしにして音の粒を揃えるという使い方が多く見られます。
ROSS系コンプレッサーは Keeley、Analog.Man といったブランドからリリースされています。

Keeley Compressor – Supernice!エフェクター

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別: 男性女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ