エレキギターの総合情報サイト

エフェクターボードの選び方

Omar Rodríguez-López's Pedal Board

エフェクターボード(エフェクターケース)の選ぶ際のポイントは4つあります。

  • 種類
  • 耐久性
  • サイズ
  • 重量

種類は大きく分けて2種類、「ソフトケース」と「ハードケース」があります。「エフェクターボード=ハードケース」というイメージが強いですが、最近のソフトケースは軽量で耐久性も高いので人気があります。

耐久性はエフェクターボードの「壊れにくさ」のことです。プロユースの高品位なエフェクターボードは堅牢な作りになっており、滅多なことでは破損しません。ボード内には高価なペダルを収納することもあるので、耐久性は特に重要視されます。

また、たくさんのペダルを収納したい方は大きめのサイズを、コンパクトなシステムにまとめたい方は小さめのものを選ぶと良いでしょう。将来的にシステムが大きくなる可能性がある場合は、大きめのボードを購入することをオススメします。

そして耐久性が高く、サイズが大きいものほど重量が増します。中でもプロユースの頑強なモデルは空の状態でも7kg~8kg近くの重量を誇り、運搬するのも一苦労です。スタジオ練習やライブ前に腕を痛める恐れがあるので、無理なく運搬できる重量のボードを選び、必要であれば運搬用のキャリーを用意すると良いです。

エフェクターボードの種類

ハードケースのエフェクターボード

KC EC-80/BK KC EC-80/BK 中身
KC EC-80/BK

ハードケースの魅力は優れた耐久性です。それなりの重量になるものの、ソフトケースよりも頑丈で中のペダルをしっかり守ってくれます。そんなハードケースのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 本格的なシステムを構築できる
  • 頑丈な作りになっている製品が多い
  • 選べるサイズが広い

デメリット

  • 物によっては運搬が困難なほどに重い
  • 一見頑丈そうに見えてそうでもない製品がある

ハードケースはサイズの選択肢が多く、ギターボーカル向けのコンパクトなシステムから、たくさんのペダルを使ったリードギター向けの大型システムまで、幅広くシステムを構築することができます。エフェクターボードはサイズが大きくなればなるほど耐久性が求めるため、本格的なシステムを組みたいのであればハードケースを選ぶことになるでしょう。

また、ハードケースは耐久性が命です。一見頑丈そうな作りをしている製品でも、「金具部分が粗悪な作り」になっていたり、「少し力を入れると曲がってしまう」製品が少なからずあります。そのため、ハードケースは店頭で耐久性を確認してから購入することをオススメします。

ハードケースを扱うブランド

  • KC:ハードケース・エフェクターボードの中でも認知度が高いブランド
  • CNB:KCと同様の価格帯。ラインナップはKCのほうが多い
  • ARMOR:ハイエンド/プロ向けのハードケースを扱っています

KC ECシリーズ – Supernice!エフェクター

ソフトケースを選ぶメリットとデメリット

MUSIC WORKS EBB2 MUSIC WORKS EBB1
MUSIC WORKS EBB1,2

続いてソフトケースのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 軽量なので持ち運びが楽
  • 収納ポケットが多く付いている

デメリット

  • ハードケースに比べて耐久性が低い

最大のメリットはやはり「軽い」ということ。同じサイズでもソフトケースは1.5倍から2倍ほど軽量です。製品によってはショルダーバッグ感覚で持ち運ぶできるため、無骨なハードケースと比べるとファッション性も高いと言えます。また表面に収納ポケットが付いており、ライブやリハーサルなどに必要な機材を全て収納しておけるのも安心です。できるだけ機材を軽くしたい方や、オシャレに気を遣う女性ギタリストにもオススメです。

ソフトケースの多くがナイロン製ですが、中には保護用のスポンジが備えられており、外部の衝撃から大切なペダルを守ります。見た目以上に耐久性はあるものの、やはりハードケースには及びません。また、選べるサイズの幅も狭いので、大きめのシステムを組むには向いていません。

ソフトケースを扱うブランド

  • MUSIC WORKS:ソフトケースのボードを専門に扱うブランド
  • KC
  • Donner

MUSIC WORKS EBBシリーズ – Supernice!エフェクター
KC EFS-35 – Supernice!エフェクター

すのこタイプのエフェクターボードもある

le board

February's Board 最近の主流といってもいいのが、すのこタイプ

「PEDALTRAIN(ペダルトレイン)」を筆頭とする「すのこタイプ」のエフェクターボードもあります。これはペダルをマジックテープや結束バンドで取り付けるタイプで、本体の隙間を使って配線することで、見た目がスッキリとしたボードになります。同時に傾斜が付いているため、ペダルのフットスイッチが踏みやすいというメリットもあります。

また、すのこタイプのエフェクターボードは自作することも可能で、DIYでオリジナルボードを作っているギタリストも多いです。本体のサイズに合ったソフトケースあるいはハードケースに収納して持ち運びます。

APEDALTRAINのエフェクターケースをアマゾンで探す

トートバッグ・タイプのもの

by One Control エフェクターインナーバッグ by One Control エフェクターインナーバッグの中身
by One Control エフェクターインナーバッグ

by One Control エフェクターポーチ by One Control エフェクターポーチの中身
by One Control エフェクターポーチ

by One Controlからは、エフェクターの収納に特化した肩から下げるタイプのバッグやウェストポーチ・タイプのバッグなどがラインナップされています。ボーカルギターの人など、使用するペダルは2,3個という人にとってはボードは必要ないのかもしれませんね。

by One Control エフェクターインナーバッグ – Supernice!エフェクター

エフェクターボードを自作してみよう!

ここでは実際にエフェクターボードを作る手順を紹介します。手順通りに機材を接続し、自分だけのオリジナルボードを作ってみましょう。

必要なもの

  • エフェクター
  • エフェクターボード本体(ハードorソフト)
  • 固定具(マジックテープorウレタンシートorネジ)
  • パワーサプライ
  • パッチケーブル
  • サプライケーブル

上記一覧が用意できたらさっそく取りかかりましょう。

手順1.エフェクターの配置場所を決める

まずはエフェクターの配置場所を決めていきます。ケーブル類は接続せず、エフェクター本体とパワーサプライを並べ、配置を確認します。特に電源を供給するパワーサプライの位置は重要なので、配置場所はよく考えましょう。

手順2.ケーブル類を接続する

続いて各ケーブルをエフェクターおよびパワーサプライに接続し、「ケーブルの長さが足りているか」どうかを確認しましょう。万が一、ケーブルの長さが足りない場合はエフェクターの位置をずらすか、別のケーブルを用意してください。長さがギリギリの状態だとキレイな配線にはならず、場合によっては断線する恐れもあるので注意しましょう。

また、「ケーブルのプラグ(端子)」は最適なものを選びましょう。プラグは「ストレート」あるいは「L字」どちらかを選ぶことになり、上手く使い分けることでボード内のスペースを有効活用し、なおかつキレイな配線に仕上げることができます。

手順3.エフェクターを固定する

ボードにエフェクターを固定していきます。固定するとケース内でペダルが動くのを防ぐことができ、運搬時の破損対策になります。ここでは「マジックテープ」と「ウレタンマット」、「ネジ」といった固定具を使用し、それぞれの固定方法とメリット、デメリットについて解説していきます。

マジックテープ

マジックテープ

大半のエフェクターボードにはマジックテープの「メス」が貼り付けてられています。そのため、マジックテープの「オス」をペダルの底面に貼り付け、簡単に固定することができます。着脱可能なのでペダルの配置を変えることができ、最もポピュラーなペダルの固定方法と言えるでしょう。ペダルやパワーサプライの底面にマジックテープを直接貼り付けるため、機材に跡が付くことが多々あります。

ウレタンマット

ウレタンマット

ウレタンマットで型を作り、そこにペダルを埋め込んで固定する方法です。まずはウレタンマットをボード内より少し大きめに切り出します。次に、ボードの底面にマットを押し込み、その上にエフェクターを並べていきます。

続いてエフェクターを形取るようにマスキングテープなどで目印を付け、それに反ってウレタンマットをカットしていきます。後は型に合わせてペダルを敷き詰めていくだけです。伸縮性があるためしっかり固定され、なおかつ摩擦があるため少し触れただけではビクともしません。マットとカッターだけで固定できる手軽な方法です。

ネジ

ネジは作業に手間がかかりますが、確実に固定できるのがメリットです。まずはボード内と同じサイズの板と「豆カン」と呼ばれる固定金具を用意します。次にエフェクターの蓋に付いているネジを一旦取り外し、豆カンを通してから再度ネジを戻します。

後は固定したい位置にエフェクターを配置し、付属のネジで板と固定してケース内に収めれば完成です。丈夫に固定できる反面、通常よりも重量が増す上、簡単に着脱ができないというデメリットもあるので注意しましょう。

エフェクターボードをオーダーする

専門業者や楽器店などでは、エフェクターボード製作のオーダーを受け付けています。その道のプロが優れたシステムを構築してくれる上、自作する手間が省けて効率的です。オーダー費用は業者あるいは楽器店によって異なり、見積もりを依頼することもできるので、気になる方は問い合わせてみましょう。