エレキギターの総合情報サイト

パッチケーブルについて

パッチケーブル

パッチケーブルはエフェクター同士を接続するために用いられる「短いシールドケーブル」です。ギターとアンプを接続するシールドケーブルの長さが「3m〜5m」なのに足して、パッチケーブルの多くが「10cm程度」となっています。接続時にプラグが邪魔にならないようにするため、「L型プラグ」を採用しているモデルが多いのも特徴です。

パッチケーブルは「長さが短い」という理由で軽視されがちですが、シールドケーブル同様に「サウンドを左右する」重要なアイテムです。各社から様々なモデルが販売されており、エフェクターを多く使用するミュージシャンにとっては欠かすことができません。

ちなみに、有名なパッチケーブルに国産ブランドである「Providence」が開発した「P203」というモデルがあります。P203は「パッチ専用」として作られた珍しいモデルであり、その品質の高さが、多くのミュージシャンにパッチケーブルの重要性を再認識させました。音作りが上手なミュージシャンほど、シールドやパッチなどの「ケーブル類」にこだわっています。

パッチケーブルの選び方

パッチケーブルを選ぶポイントは大きく分けて2つ、「ケーブルの長さ」と「プラグの形状」です。これらのポイントを意識しながら、自身のシステムに取り入れるパッチケーブルを選んでいきます。

上述にあるように、一般的なパッチケーブルの長さは「10cm程度」となっています。モデルによっては「15cm」あるいは「20cm」とありますが、基本的にはどの長さを選んでも問題ありません。

ただ、「音質面」を考慮するとできるだけ短い方が良く、「取り回しや機材トラブル」のことを考えると長い方が有利です。ここでは使用するエフェクターの数が少ない場合は「長め」に、エフェクターボード一面に敷き詰める場合は「短め」にすることをオススメします。

プラグの形状に関しては、「何と何を接続するのか?」ということを考える必要があります。パッチケーブルに採用されるプラグは、主に「S/S(ストレートプラグ)」、「S/L」、「L/L」、「L/L(クランク)」といった4種類のタイプがあります。

左:S/L、真ん中:L/L、右:L/L(クランク)

S/Sは両方ともストレートプラグのパッチケーブルですが、この組み合わせは「ジャックが上方向にあるエフェクター同士」を接続するのに役立ちします。代表的なのがProcoの「RAT」です。上方向にジャックがあるタイプは、L型プラグだと引っかかるため、ストレートプラグを使うのが望ましいです。

S/Lは「上方向ジャック+横方向ジャック」の組み合わせで使うと良いでしょう。「スイッチャーとエフェクターを接続」する場合に使う便利です。L/Lは「横方向ジャック+横方向ジャック」に使用すると良いです。このタイプがパッチケーブルのプラグとして、最も多く見らます。

L/L(クランク)はL型プラグの「方向が上下逆」になっているタイプです。S/L同様に、「上方向ジャック+横方向ジャック」の組み合わせで使われます。


ブランドを統一すると良い

ちなみに、パッチケーブルは「シールドケーブルと同じモデル」を使用することをオススメします。例えば、シールドケーブルの定番である「Belden 9395」を使用しているならば、9395のパッチケーブルを導入するようにしてください。線材(ケーブル)が異なる物を組み合わせて使うと、その特性の違いから「音質劣化」が起きやすくなると言われています。

また、パッチケーブルには「柔軟性」が必要なので、ケーブル本体が柔らかいモデルを選ぶと良いでしょう。硬いケーブルは取り回しが悪いため、ボードによって収まりきらないことが多々あります。

パッチケーブルをリリースしているブランド

パッチケーブルを扱っているブランドは、「Belden」や「Providence」、「NEO(オヤイデ電気)」といった有名メーカーを筆頭に、「CAJ」、「Live Line」、「Montreux」、「HEXA」、「FREE THE TONE」、「GEORGE L’S」、などがあります。

おすすめのパッチケーブル

Live Line Stage Series Patch

Live Line Stage Series Patch
「コストパフォーマンスに優れた1本が欲しい」という初心者の方にオススメなのが、国産メーカーであるLive Lineの 「Stage Series Patch」です。非常にリーズナブルな価格設定ながらも、バランスの良い音質特性とノイズ対策が素晴らしいモデルです。熟練のクラフトマンが1本1本製作していることで知られており、1980年頃から世界中で愛用されている「元祖パッチケーブル」です。
ALive Line Stage Series をAmazonで探す

Belden BDC 9395 Patch

Belden BDC 9395 Patch
シールドケーブルの定番、Beldenの「9395」を使ったパッチケーブルが「Belden BDC 9395 Patch」です。正規ライセンス品であり、9395特有の音質特性が、エレキギターやエレキベースが持つ美味しいポイントをしっかり引き出してくれます。Beldenといえば「8412」や「9778」も定番モデルとして挙げられますが、ここでは音質面と柔軟性のバランスが取れている9395をオススメします。
YBelden BDC 9395 をYahoo!ショッピングで探す

Providence P203

Providence P203

冒頭で紹介した国産ブランド、Providenceの「P203」は「パッチ専用」として開発された線材を使ったパッチケーブルです。本モデルの特徴は、最高クラスの「音質」と「柔軟性」を兼ね備えていることです。紫色のケーブルが目を引くこのモデルは、プロユースのハイエンドパッチケーブルの代名詞であり、一種の「業界標準」となっています。

AProvidence P203 をAmazonで探す

パッチケーブル自作キット

最近注目されているのが「パッチケーブル自作キット」です。多くが「ソルダーレスプラグ」を採用しており、「ハンダ付け作業が必要ない」のが最大の特徴です。また、市販のパッチケーブルは「10cm」、「15cm」という具合に長さが決まっていますが、自作キットなら「自分が欲しい長さ」のパッチケーブルを手に入れることができます。本格的なエフェクターボードを組む予定の方、自分でパッチケーブルを作ってみたい方は挑戦してみましょう。

diago Patchfactory

diago Patchfactory

イギリスのメーカー、「diago」によるパッチケーブル自作キットが「Patchfactory」です。L型プラグが「10個」と、「3.05m」のケーブルが1本、それに小型のケーブルカッターが付いてきます。作り方は至ってシンプル、作りたい長さにケーブルをカットし、プラグに差し込み、コインで締めるだけです。最大5本のパッチケーブルを作ることができる上、比較的リーズナブルなので、手に取りやすいのも嬉しいところです。
Adiago Patchfactory をAmazonで探す

Providence V206

Providence V206

キットではないものの、パッチケーブル自作の定番となっているのがProvidenceの「V206」です。別売りのV206専用プラグ、「NP-20」あるいは「NP-20L」を使って製作します。V206は3mか5mの2種類が販売されており、必要な分だけカットし、専用プラグに「ネジ留め」するだけです。ちなみに、プラグのサイズが小さめですが、使用には問題ありません。
AProvidence V206 をAmazonで探す

George L’s 155 Effect Kit

ソルダーレスプラグのパイオニア、George L’sからは「155 Effect Kit」というパッチケーブル自作キットが販売されています。ケーブルはおよそ「3m」、専用プラグが「10個」付いてくるので、1セットで60cm以下のパッチケーブルを5本作ることができます。George L’sらしく、「フラットな音質特性」を持つケーブルです。
AGeorge L’s 155 Effect Kit をAmazonで探す

Free the tone solderless cable kit

Free The Tone SOLDERLESS CABLE

新気鋭の国産エフェクターブランド、「Free the tone」から「solderless cable kitシリーズ」が販売されています。ラインナップはニッケルプラグの「SL-8L」、「SL-8S」、金メッキプラグの「SL-8LPro」、「SL-8SPro」といった4種類です。

また、プラグのチップとケーブルの芯線が短距離で結合されることにより、音質劣化の限りなく減らすことに成功しています。Proシリーズは若干コストが高いですが、音質面と耐久性、共に自作とは思えないクオリティを誇ります。

Free the tone solderless cable kitの作り方

ギター博士は Free the tone solderless cable kit の通常版、L型プラグ10本の「SLK-L-10」で自作してみました。
作成手順はとてもシンプル。作業に必要なものは【プラスドライバー】と【ニッパー】だけです。

① プラグをドライバーでバラした後、プラグにケーブルを挿し、再びドライバーでネジを締める(片側完成)
② 必要な長さに切る
③ ①と同様の手順でもう片側のプラグを繋ぐ
④ 完成!
※ニッケルプラグのSL-8シリーズ(通常版)と、金メッキプラグのSL-8Pro(Pro版)シリーズでは作り方が異なります。

自作パッチケーブル

好きな長さに、プラグの向きを逆にすればL/L(クランク)・タイプのケーブルだって作れます。

自作パッチケーブル2

縦にエフェクターを並べるような場合でも、自分の思うようにカットして最適な長さのケーブルを作ることができます。

clear

ギター博士「自分の好きな長さで作れるから、エフェクトボードの見た目もとてもすっきりするゾ。余ったケーブルも使えるので、『パッチケーブルから音が出ない!』など急なトラブルの時でも、すぐに作りなおすことができるんぢゃ!!とても便利ぢゃのぅ♪」

Pro版の場合は、皮膜を「8mm」カットします。皮膜をカットしたら、中からシールド線が出てきます。シールドをほぐし、芯線とは「逆方向」に倒してまとめます。後はプラグに差し込み、「溝に沿って」ケーブル本体を倒し、フタをしてネジ留めをします。以上で完成となります。
上記の行程を見るとわかるように、Pro版には皮膜を剥くという作業が加わっています。これによりシールド効果が高まり、ノイズレスなサウンドになります。プラグの構造上、耐久性も高いため、機材トラブルのリスクを限りなく抑えているのも魅力です。