エレキギターの総合情報サイト

イコライザー・エフェクターについて

イコライザー・エフェクター

イコライザーは周波数レベルを「ブースト」、あるいは「カット」して音作りをするエフェクターです。設定によって様々な使い方ができますが、基本的には「音質調整・補正」のために使われます。

身近なのがギターアンプに搭載されているイコライザーです。 BASS、MIDDLE、TRABLE といったツマミでギターの音作りをした経験があるかと思います。イコライザーはギタリストにとって「最も基本的なエフェクター」と言えるでしょう。

イコライザーの使い方

イコライザーは調整したい周波数のツマミを動かして使います。周波数は製品によって異なりますが、 100Hz から 6.4kHz までのツマミが搭載されている物が多いです。

また、各周波数には「役割」のようなものがあり、それぞれカット、ブーストすることで音質を調整していきます。周波数を大きく分けて3つに分類した場合、

  • 低音周波数:100Hz、200Hz(音の鳴りを調整する役割)
  • 中音周波数:400Hz 、800kZ(音の太さ、粘りを調整する役割)
  • 高音周波数:1.6kHz 、3.2kHz、6.4kHz(音全体のアタック感、音抜けを調整する役割)

となります。目的に合わせて必要な分だけ調整するのが望ましいです。過度なブーストあるいはカットは音質劣化の原因になるので注意しましょう。

ブースターとしても使える!

ちなみに、高音域である 3.2kHz 付近をブーストすると、音抜けの良いサウンドになるので、イコライザーを「ブースター」として使うこともできます。特定の周波数をカットすると「ハウリング対策」にもなり、多種多様な使い方ができるのもイコライザーの魅力です。

イコライザーの種類

グラフィックイコライザー

ARION MEQ-1 EQUALIZER ARION MEQ-1 EQUALIZER

グラフィックイコライザー(通称グライコ)は、各周波数を視覚的に捉えて操作できる初心者向けのイコライザーです。周波数毎に上下にスライドするツマミがあり、上に持ち上げるとブースト、下げるとカット、という具合です。とても使いやすい反面、細かい音作りは苦手です。

パラメトリックイコライザー

Empress Effects ParaEQ Empress Effects ParaEQ

パラメトリックイコライザー(通称パライコ)は、グライコで固定されていた周波数の幅を調整できるようにした上級者向けのイコライザーです。一つのポイントで広範囲の周波数を調整できる他、通るフィルターが少ないので、音質劣化が少ないのが特徴です。グライコと比べて操作が難しいため、扱いには慣れが必要です。

定番イコライザー・ペダル

BOSS GE-7

BOSS GE-7
GE-7 は BOSS 製品の中でもトップクラスの売上を誇るベストセラーペダルで、コンパクトイコライザーの定番モデルです。 100Hz から 6.4kHz までの周波数をゲインコントロールすることができる他、独立したマスターレベルも搭載されています。

グラフィックイコライザーなので、操作に慣れていないギター初心者の方でも簡単に使いこなすことができます。音質調整だけなく、ブースターとして使っているギタリストも多い万能ペダルです。

BOSS GE-7 – Supernice!エフェクター

MXR 6 Band EQ / MXR 10 Band EQ

MXR 10 Band EQ
BOSS の GE-7 に肩を並べる定番モデルが MXR の「 Band EQシリーズ 」です。6バンドと10バンドのモデルが用意されており、それぞれ±18dBまでのゲインコントロールが可能です。

本機の特徴としては、「ツマミのノブにLEDを使用」していることです。スイッチをオンにすると各ノブが光るので、薄暗いステージ上でも難なく操作することができます。基本的な音作りがしたい方は 6Band を、より細かい音作りがしたい方は 10Band を選ぶと良いでしょう。

MXR 10 Band EQ – Supernice!エフェクター

格安イコライザー・ペダル

MOOER Graphic G

MOOER Graphic G
「世界最小のグラフィックイコライザー」といえば MOOER の Graphic G です。 100Hz/250Hz/630Hz/1.6kHz/4kHz といった5バンド仕様です。小さなノブのマスターボリュームも搭載しているので、ミニサイズながらも幅広い音作りが可能です。メタルケースなのでノイズにも強く、トゥルーバイパスによる音質劣化が無いのも嬉しいところです。

A MOOER Graphic G を Amazon で探す

MOOER Graphic B

MOOER Graphic B
Graphic B は上記にある Graphic G をベースの周波帯に変更したモデルです。 62.5HZ/125Hz/500Hz/1kHZ/4kHz といった5バンド仕様で、ベースのおいしいポイントをしっかり押さえているグラフィックイコライザーです。 Graphic G 同様、全体の音量をコントロールできるマスターボリュームを搭載しています。

A MOOER Graphic B を Amazon で探す

おすすめイコライザー・ペダル

Mesa Boogie FIVE BAND GRAPHIC

Mesa Boogie FIVE BAND GRAPHIC
ハードロックやメタルのギタリストに好まれているメサブギーから、コンパクトサイズのグラフィックイコライザーが発表されました。 FIVE BAND GRAPHIC の特徴は、80Hz/240Hz/750Hz/2.2kHz/6.6kHz といった周波数を調整できることです。

これは同社のオーバードライブペダル、 Flux Five のイコライザー部分を単体で抜き出したモデルになります。調整できる周波帯が少し変わっていますが、これがメサブギー特有のアメリカンサウンドを作る美味しいポイントなのかもしれません。

Mesa Boogie FIVE BAND GRAPHIC – Supernice!エフェクター

ハイエンド・イコライザー・ペダル

EMPRESS ParaEQ

EMPRESS ParaEQ

冒頭でも紹介した EMPRESS のパラメトリック・イコライザー ParaEQ。7つのツマミ・4つのミニトグルスイッチを装備した上級者向けイコライザー・ペダルです。ペダルとしては最高品質ですが、操作が複雑なので初心者が手を出すと迷子になってしまいそうなモデルです。周波数帯域の知識をしっかり持ってからチャレンジするといいかもしれませんね。

イコライザーとは別にクリーンブースターが個別に搭載していて、これが非常にハイクオリティな仕上がりとなっています。

EMPRESS ParaEQ – Supernice!エフェクター

イコライザーの接続順

イコライザーは基本的にどの位置に繋いでも良いですが、「歪み系ペダルの前後」によって出音が変わります。オーバードライブなどの前段に繋ぐと、「ギターサウンドそのもの」の周波数を調整することになり、後段に繋ぐと「歪んだサウンド」を調整することになります。イコライザーの接続順に正解は無いので、色々と試してみることをオススメします。

イコライザー・エフェクター一覧 – Supernice!エフェクター