エレキギターの総合情報サイト

「ギター初心者」に関する記事

  • 702140 件目
  • 特集記事

    伝統の継承者たち~進化したストラト10選~

    ストラトキャスターの伝統は、いろいろな開発者の想いを受け、さまざまなギターを生み出しました。代表的な「進化したストラト」を1ブランド1モデルに絞ってみていきましょう。独自の進化を遂げたギターたちを10モデル厳選していきます。

  • ギター博士が弾いてみた 特集記事

    ジャガー/ジャズマスタータイプのギター特集

    フェンダー製品でありながら「テレキャスターやストラトキャスターのような超メジャー機種とはちょっと違う」という立ち位置、「立っても座っても良好な演奏性」を発揮するボディシェイプを持つジャガー/ジャズマスタータイプのギターに注目します。

  • ギター博士が弾いてみた

    《初心者必見!》ギターの種類と選び方

    これからギターを始めたいけど、「どんなギターをどこで買えば良いのか」迷っている方も多いと思います。まずはどんなギターがあるのか、ギターの種類や呼び方、ギターの選び方、ギターを買うときのポイントをまとめてみました。

  • 特集記事

    ストラトキャスター・タイプのギター特集

    音楽シーンや技術の進歩によりフェンダー以外からも様々なストラトキャスター・タイプのギターが生まれ、ストラトタイプは自分好みの楽器に変身させる楽しみもあるギターです。このページではストラト・タイプのギターにスポットを当てていきます。

  • 特集記事

    《アームのレトロ・スタンダード》ビグスビー特集

    ビグスビーは、1940年代に発明されて以来「アームの定番」として君臨し続けているユニットです。取り付けに際し「ギター本体への加工が少なくて済む」というメリットから、アームのついていないギターにアームを付けるカスタマイズの定番アイテムにもなっています。

  • 特集記事

    《ヘッドがない!》ヘッドレスギター特集

    「ヘッドレスギター」とは、その名の通り「ヘッドの無いギター」のことです。標準的な弦長ながらコンパクトなサイズ感/伝統的なスタイルから一歩抜きんでた未来感、が支持され、現在ではさまざまなブランドからヘッドレスギターがリリースされています。

  • 特集記事

    《特集》ファンフレットのギターって、どんな感じ?

    フレットの並び方を見ていると時空がねじ曲がっているかのように見える「ファンフレット」のギター、今回は「SAITO GUITARS」の齋藤正昭氏にご協力いただきながら、このファンフレットの魅力に迫っていきます!

  • 徹底紹介と解説!おすすめのギターストラップ

    ストラップを使用する時には、首と肩の境目辺りにストラップが当たるようにするのがお勧めです。ここにストラップが当たっていると、首と肩の両方でギターの重さを支えることになります。それゆえ長時間でも疲れにくくなるわけです。

  • ギターケースの種類と選び方

    ケースはいくつかの種類に分けられ、高価なギターに付いてくることが多いハードケースと中級機程度までのギターに付いてくるソフトケースの二種があります。ソフトケースはその構造から「ソフトケース」「ギグケース」「セミハードケース」等に分けられます。

  • ギター博士が弾いてみた 比べてみよう

    ストラトキャスターとテレキャスターって、どう違うの?

    ストラトキャスターとテレキャスターはフェンダーの定番機種、ひいてはエレキギターの定番機種として大変有名です。さてこの二つは同じメーカーのギターですが、どんなところに違いがあるのでしょうか。ギター博士と一緒にストラトキャスターとテレキャスターの違いをチェックしてみましょう。

  • ギター弦の巻き方/交換方法

    ギターを弾いていると弦が切れてしまった、何日も弾いているうちに弦が錆びてしまった、そういった時は新しい弦が必要です。「今まで弦の交換をやったことがない」という人も大丈夫、色々なタイプのエレキギターの弦交換について紹介しています。

  • ギター博士が弾いてみた

    コードストロークの練習をしよう!

    コードストロークはどんなタイプの楽曲でも登場する、ギターの最も基本的な演奏方法の一つです。このページではギター博士と共に、はじめてコードストロークをやってみるというギター初心者さんのための練習方法を紹介しています。

  • 特集記事

    エクスプローラー・タイプのギター特集

    「The Rock Icon(ロックの象徴)」とはギブソンSGのキャッチコピーですが、エクスプローラーもロック・ミュージックを象徴するギターだと言えるでしょう。今回はこのエクスプローラー・タイプのギターに着目し、特徴やラインナップをチェックしてみましょう。

  • ギター博士が弾いてみた 比べてみよう

    ギターとベースってどう違うの?

    似ているようで似ていないようでもある、この二つの楽器はどう違うのでしょうか。目の前にある楽器がギターかベースかは、慣れてくるとすぐ見分けられるようになります。しかし、具体的にどんなポイントで見分けるのでしょうか。また、バンド内でどんな演奏を行うのでしょうか。

  • アンプ内蔵ギターって、どういうもの?

    アンプ内蔵ギターは、気軽にエレキギターを楽しむために作られています。小型で弾きやすく、場所もとらず、機材を一式揃えるよりもリーズナブルです。家中どこにでも持っていって練習できますし、行楽のお供にすることもできます。

  • ギター博士が弾いてみた 博士のQ&Aコーナー

    Q&A.68 コードチェンジのコツ・練習方法

    コードチェンジを上手くできるようにするためには、基本的にはネチネチと練習するしかないんですよね。けど同じ練習ばかりやっていると退屈になって楽しくなくなってしまうので、いくつかバリエーションを紹介します。飽きたら次の練習方法を取り入れていく、というやり方をしてみて下さい。

  • 博士のQ&Aコーナー

    指が太く、短いのでコードがひきにくい《指の広げ方》

    「指が短くてもギターが弾けますか?」とはよく聞かれる質問ですが、実際には指の短いのはあまり関係ありません。指が長くても、指と指の間がしっかり開かなければ弾けませんし、逆に短くても指同士がちゃんと開けば大丈夫です。ここでは各コードやフレーズについて、どういう風に指を広げれば良いか考えてみましょう。

  • ギター博士が弾いてみた 博士のQ&Aコーナー

    Q&A.36 右手の弦をはじくピッキングの位置はどこにあるのが理想ですか?

    ブリッジ側(外)で弾くと音が硬くなり、ネック側で弾くと音が柔らかくなるので、上手な人の中には出したい音によって使い分けている人もいます。それが答えになりますが、この音の違いを聴き取るためには少し経験がいりますので、いくつか目安を挙げてみましょう。

  • 特集記事

    《むしろ定番》ほとばしる個性を放つ「変形ギター」の世界

    さまざまな変形ギターが生まれてきましたが、変わった形をしていても不思議と弾きやすいもの、弾きやすさをかなぐり捨ててまで個性的な姿をしているものなど、ギターとしての性能もさまざまです。今回はこの変形ギターに注目し、そのトンガったボディ形状の魅力を追っていきましょう。

  • 音符や休符、反復記号の読み方

    音符や休符の長さやタイミングを読み取ることができればコピーがとってもはかどり、反復記号は譜面を迷わず読む上でとても重要になってきます。そこで今回は、苦手としている人が多いであろうと思われる音符、休符、反復記号に注目して、どうやって読み取っていくのかを紹介していきます。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ