エレキギターの総合情報サイト

真空管アンプとトランジスタアンプの違い

ギターアンプは主に2種類あり、電気信号を真空管で増幅する「真空管アンプ」と、トランジスタで増幅する「トランジスタアンプ」があります。
最大の違いは上述にもある「増幅方式」で、真空管アンプは真空管を使用することで「暖かくて柔らかいサウンド」になり、トランジスタアンプはトランジスタによる「冷たくて硬いサウンド」になります。

真空管アンプの特徴

Marshall JCM2000ポピュラーな真空管アンプ:Marshall JCM2000

真空管アンプ(チューブアンプとも呼ばれます)は強力な電圧をかけ、真空管を「飽和状態(オーバードライブ)」にすることで、「キメの細かい自然な歪み」を得ることができます。なので、歪み系ペダルを使わずにアンプの歪みを使っているギタリストも多いです。音質的には上述にもあるように「暖かくて柔らかいサウンド」なので、多くのギタリストが真空管アンプを好んで使っています。トランジスタアンプに少ない「音のコシ」や「粘り」を持ち合わせているのも人気の理由です。

その反面、真空管アンプはデリケートな扱いが必要で、「スタンバイスイッチ」で真空管をしっかり温めてからスイッチをオンにします。電源を切る時も逆の手順で行い、真空管にダメージを与えないようにしましょう。
また、真空管アンプには「ノイズ」がつきもので、待機中も「ジーッ」というノイズを耳にしますが、決して壊れている訳ではありません。どうしても気になる方はトランジスタアンプを選択肢に入れると良いでしょう。
Marshall JCM2000 の使い方・音作りの方法

真空管アンプのメンテナンス

真空管アンプには「プリ管」と「パワー管」といった2種類の真空管が使われています。これらはアンプのプリアンプ、パワーアンプにそれぞれ使われています。真空管には「寿命」があり、寿命が近づいてくると「音が小さくなる」、「歪まなくなる」といった問題が生じます。そのため、定期的な交換が必要になります。交換時期は使用頻度によって異なりますが、「音に異変」を感じたら早めに変えることをオススメします。
プリ管の交換は抜き差しだけなので簡単ですが、パワー管には「バイアス調整」という工程が必要になり、楽器屋や専門業者に任せることになります。個人でも可能ですが、「感電」の危険性と「回路の知識」が必要になるので、基本的にはプロに任せるようにしましょう。

トランジスタアンプの特徴

Roland JC-120ポピュラーなトランジスタアンプ:Roland JC-120

トランジスタアンプは別名「ソリッド・ステート」とも呼ばれ、信号の増幅にトランジスタという電子部品を使っているアンプです。真空管アンプのようなメンテナンスは必要無く、故障しない限り半永久的に使い続けることができます。調整できる周波数も幅広く、音作りの幅も真空管アンプより広いです。
真空管アンプは増幅に真空管を使用するため自然な歪みを得ることができますが、トランジスタアンプは一定のポイントを超えると「急激に歪む」のが特徴です。極端に歪ませると耳に痛いサウンドになってしまうので注意しましょう。

トランジスタアンプの使い方

トランジスタアンプは真空管アンプと異なり、電源スイッチを入れるだけですぐに使うことができます。電源を入れる際は、予め全てのツマミを「0の状態」にしておきましょう。使用後も同様に、ツマミを0に戻してから電源を切ります。
Roland JC-120 の使い方・音作りの方法