エレキギターの総合情報サイト

《一台で複数のアンプ&エフェクト・サウンドを》モデリング・アンプの魅力

小型モデリング・アンプについて

かつてはギターアンプといえばボリュームを上げて大音量にしないと歪まないのものでした。しかし技術の進歩によって、アンプ1台で複数のチャンネルを持つアンプが登場し、エフェクターが登場したことでエレキギターは多彩なサウンドを鳴らすことができるようになります。さらにデジタル技術の進歩によって、1台のアンプで異なるタイプのアンプサウンドやエフェクトを搭載した「モデリングアンプ」が登場しています。

このモデリングアンプとは一体どういったもので、普通のギターアンプとどう違うのでしょうか。モデリングアンプの機能や便利な点を紹介すると共に、各社がリリースする自宅での練習や演奏に最適な小型のモデリングアンプを紹介していきます。

モデリングアンプって何?

モデリングアンプとは、ディジタル回路技術によって複数のアンプの音質・音色を擬似的に再現したギターアンプのことです。機能として「アンプシミュレーター」と呼ばれることもありますね。通常のギターアンプはアナログ回路で構成され音色は1種類のみ、歪みの量が異なるいくつかのチャンネルを持つアンプもありますが、基本的なサウンドキャラクターは1種類のみというのが普通です。一方でモデリングアンプではマーシャルのアンプ/フェンダーのアンプ/VOXのアンプと、(公表はしませんが)有名どころのギターアンプのサウンドが1台のアンプにいくつも収録されます。
ギターアンプだけでなくエフェクトをモデリングする機種もあるなど、モデリングアンプ1台あれば様々なアンプ&エフェクト・サウンドが得られるなど非常に便利です。

音質は本物にはかなわないが…

いくつものギターアンプやエフェクターのサウンドが1台に集約されているのは非常に便利ですが、音質はモデリング元となる本物のギターアンプにはかなわないというのが定説で、真空管を搭載したアナログ回路のギターアンプの挙動は大変複雑で、モデリングしたとはいえ「それっぽい音」止まりのものが多いのがほとんどでした。
しかしモデリング技術も年々進歩し、特に2015年以降に登場するモデリングアンプでは、アンプのピッキングレスポンスまでリアルに再現できるようになっているモデルも登場するなど、満足度の高いサウンドが得られるようになってきています。

オススメのモデリングアンプ

ここからは各社がリリースするモデリングアンプの中から、オススメのモデルを紹介していきます。

ROLAND CUBE シリーズ

ROLAND CUBE シリーズ 左上から:CUBE-10GX、CUBE Street、CUBE Street EX、MICRO CUBE GX、CUBE Lite、Mobile CUBE、CUBE-20XL BASS

ローランド「CUBEシリーズ」のモデリングアンプ。
CUBE 15X / 20X / 40X / 80X の登場に始まり、

  • 10GX / 20GX / 40GX / 80GX:第二世代モデル(現在は10GXのみの販売)。3種類のアンプと4種類のエフェクト搭載
  • Street:乾電池駆動、ギター/マイク2系統を装備した、ステレオ仕様のパフォーマンス用アンプ
  • Street EX:CUBE Streetのハイパワーモデル
  • MICRO CUBE GX:CUBE GXシリーズの魅力を超小型のボディに凝縮
  • CUBE Lite:オーディオインターフェース機能搭載、リビングにも溶け込むスタイリッシュなCUBE
  • Mobile CUBE:手軽に持ち運びできるモバイル・アンプ。7種類のアンプと、8種類のエフェクト搭載
  • CUBE Bassシリーズ:CUBEのベースアンプ

...と用途別に豊富なラインップを揃えています。自宅練習用としては「MICRO CUBE GX」がオススメです。次のページではギター博士が実際に演奏しているの動画が確認できます。
MICRO CUBE GXをギター博士が弾いてみた!

FENDER Mustang シリーズ

FENDER Mustang GTシリーズ

フェンダーのデジタル・モデリングアンプ「Mustang」シリーズでは、Twin Reverb や Super Sonic、Bassman といったフェンダー社の歴代ギターアンプをモデリングし、サウンドはもちろんドライブ感からピッキングニュアンスまでをリアルに再現。自宅で手軽にフェンダーアンプのサウンドが得られるとして高い人気を誇るシリーズです。フェンダーアンプだけでなく他社のモダンハイゲイン・アンプもモデリング、また現代的なギターアンプサウンドも網羅しているところも嬉しいポイントです。

20W/8インチ・スピーカーの「Mustang I V2」、電池駆動にも対応したコンパクトな「Fender Mustang Mini」とロングセラーモデルをいくつかリリースしていますが、これから導入を予定している人は2017年5月に登場した最新「FENDER Mustang GT」シリーズがオススメです。用途別に3種類のモデルを用意、いずれも21種類のギターアンプ/46種類のエフェクト/60秒のルーパー/クロマチックチューナー搭載、Wi-Fi & Bluetooth 対応するなど、次世代と呼ぶに相応しく非常に多機能な内容に。自宅でのギター練習だけでなくオーディオ・リスニング用スピーカーとしても活躍します。

FENDER Mustang GTシリーズ – SuperNice!ギターアンプ

LINE6のモデリングアンプ

AMPLIFiシリーズ「AMPLIFi 30/75/150」

AMPLIFiシリーズ

AMPLIFiシリーズのギターアンプは、LINE6が誇るモデリング技術を独自5スピーカーを搭載したギターアンプに落とし込んだハイクオリティなコンボ・アンプ。驚きのフルレンジ・サウンドが楽しめるだけでなく、専用アプリ「AMPLIFi Remote」でワイヤレスに音作り、Bluetoothステレオ・スピーカー・システムによってスマホやタブレットなどiOSデバイスの音楽プレイヤーの楽曲をワイヤレスでリスニングできるという、次世代ギターアンプの先駆けとなったモデルです。
30W/75W/100Wの3モデルが用意されている他、マルチエフェクター「AMPLIFi FX100」、テーブルトップ型マルチ「AMPLIFi TT」がラインナップ。詳しくはギター博士のレビューでご覧ください。
【レビュー】LINE6 AMPLIFi 75(ギターアンプ)/AMPLIFi FX100(マルチエフェクター)徹底紹介!

Spiderシリーズ「LNE6 Spider IV 15」

LINE6 Spider IV 15

LINE6のモデリングアンプとしてAMPLIFiシリーズよりも先に登場したのが「Spiderシリーズ」です。米国での人気が非常に高い製品で、モデリングアンプとして歴代最高の売り上げを達成したと言われています。中でも定格出力15Wのモデル「Spider IV 15」では8インチの自社製スピーカーを積載、艶のあるクリーンサウンドから強烈なハイゲインディストーションまで、全4種類のアンプモデルから音色を選択することができます。リバーブやテープエコーなど、高品位な空間系エフェクトを搭載しているのも特徴です。

LINE6 Spider IV 15 – SuperNice!ギターアンプ


VOXのモデリングアンプ

ロック黎明期のギターサウンドを支えた名機コンボアンプ「AC30」で知られるアンプブランドVOX。同社からは複数シリーズでモデリングアンプを展開しています。

MINIシリーズ「VOX MINI3 G2」「VOX MINI5 Rhythm」

VOX MINI3 G2 VOX MINI5 Rhythm 左:VOX MINI3 G2、右:VOX MINI5 Rhythm

「MINI3 G2」はVOXオリジナル回路Bassilatorを搭載し、VOX MINI シリーズの中でも最小サイズで電池駆動(単3電池x6)にも対応したモデリングアンプです。マイク・インプット/ヘッドフォン/AUX IN端子、クリーントーンからハイゲイン、エレアコやキーボードにも対応する11種類のアンプ・モデルを搭載。コンプレッサー/コーラス/フランジャー/トレモロ/ディレイ/リバーブなどのエフェクトを搭載しています。コストパフォーマンスの高さは今回紹介しているアンプの中でも随一で、屋外への持ち運びにも便利なモデルです。

「VOX MINI5 Rhythm」は11種類のアンプサウンド/8種類のエフェクトを搭載、電池駆動に対応する自宅練習用の小型モデリングアンプ。MINI3 G2とほぼ同様のスペックにリズム機能が追加され、多彩なリズム・パターンをバッキングトラックにしてギターの練習やジャムセッションができます。さらにマイク端子も搭載し、屋外での弾き語りにも対応できるという多機能モデルです。

VOX MINI3 G2 – SuperNice!ギターアンプ
VOX MINI5 Rhythm – SuperNice!ギターアンプ

Valvetronixシリーズ「VOX VT20+」

VOX VT20+

VOX Valve Reactor回路により、デジタルアンプでありながら本物の真空管を搭載することに成功した製品がVOX Valvetronixの「VT20+」です。本機はプリ部に 12AX7(真空管)を採用しているため、真空管アンプのような温かみのあるサウンドを鳴らすことができます。VT20+は定格出力が 20W で、オリジナルの8インチスピーカーを積載したモデルになります。VOX伝統のブリティッシュサウンドを含む33種類のアンプモデルに25種類のエフェクト、高性能オートチューナーを内蔵しています。
別売りのフットスイッチを接続することで、パッチやエフェクトのオンオフを切り替えることもできます。自宅練習からちょっとしたパフォーマンスまで、あらゆる場面で活躍する万能モデルです。

VOX VT20+ – SuperNice!ギターアンプ

YAMAHA THRシリーズ

YAMAHA THR5 YAMAHA THR10 YAMAHA THR5A YAMAHA THR100H YAMAHA THRC 左から:THR5、THR10、THR5A、THR100H、THRC

YAMAHAの小型モデリングアンプ「THRシリーズ」は、オフステージでの使用に特化したデスクトップ・アンプという新しい概念のモデリングアンプです。CDラジカセのような一風変わったデザインが特徴的で、どこへでも持ち運びできる小型サイズながら、搭載される2つのスピーカーによって小型アンプとは思えない立体的で迫力あるステレオサウンドを鳴らします。標準モデル「THR5」で5種類のアンプタイプを搭載し、エフェクト搭載/USBインターフェイス機能/クロマチックチューナー/タップテンポ機能/電池駆動対応など、クラス最高峰の多機能を誇りながらもリーズナブルな価格を実現。2011年に初登場した「THR5」を皮切りに

  • THR5:標準モデル
  • THR5A:アコースティックギターに特化
  • THR10:THR5に3バンドEQ、アコースティックギター・ベース用サウンドを追加
  • THR10C:ヴィンテージアンプ/高級ブティックアンプのモデリング
  • THR10X:ハイゲインアンプのモデリング
  • YAMAHA THR100H / THR100HD Dual:アンプヘッド
  • YAMAHA THRC:THR100H対応キャビネット

とバリエーションが次々に登場する人気シリーズとなっています。

YAMAHA THR5 – SuperNice!ギターアンプ
YAMAHA THR10 – SuperNice!ギターアンプ
YAMAHA THR5A – SuperNice!ギターアンプ
YAMAHA THR100H / THR100HD Dual – SuperNice!ギターアンプ
YAMAHA THRC – SuperNice!ギターアンプ

究極のモデリングアンプ

Positive Grid BIAS Headシリーズ

元々はiOSデバイスやPC向けソフトウェア「BIAS」として登場しましたが、高い評価を受けハードウェアとして2016年にリリースされたのが今作「BIAS Head」です。BIAS Headは単に用意されたアンプモデルを選択してEQで音作りするだけでなく、真空管などギターアンプを構成するパーツや各パーツの動作までカスタマイズができるという、他社モデリングアンプよりも細かなレベルでのアンプサウンドの音作りを可能にした、非常にマニアックなモデリングアンプです。

エフェクターは搭載せず、カスタマイズできるのはアンプサウンドのみ。

  • クリーントーン:JC系、Marshallクリーンチャンネル、Matchless、Hiwattなど
  • クランチ:Orange、Marshallドライブチャンネル、Fenderなど
  • ハイゲイン:5150、Mesa/Boogie(レクチ、マーク)、Soldanoなど

と豊富な25種類のアンプサウンドが用意。単体で動作する他、iPad専用アプリ「BIAS」とBluetooth接続によってハードウェアと連携することで、アンプのパラメータをワイヤレス・コントロールすることが可能です。

Positive Grid BIAS Head – SuperNice!ギターアンプ

KEMPER PROFILING AMPLIFIER

KEMPER

KEMPER PROFILING AMPLIFIERは正式には”モデリングアンプ”ではなく、”独自のプロファイリング・テクノロジーによってどんなアンプの音響特性も取り込むことができる「プロファイリング・アンプ」”というコンセプトの究極のギターアンプです。


ブリッジミュートを用いたリフの練習フレーズ【ギター博士】
ギターサウンドはもちろん、ベースもKEMPERのサウンドを使用して録音されている

2017年よりギター博士の動画でも導入しています。非常に高価な機材ですが、気になる人は以下のページでチェックしてみてください。

未来のギターアンプを手に入れよう!プロファイリングアンプKEMPERについて – SuperNice!ギターアンプ