ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

フェンダー ジャガー(Fender Jaguar)

フェンダージャガー(fender jaguar)
ジャガー

ジャガー(Jaguar)はフェンダー社のエレキギター。1962年にフェンダー社の最高級機種として発売されました。

ボディシェイプ、トレモロユニットは兄弟機種のジャズマスターと共通ですが、ショートスケールのネック、専用ピックアップ、ピックアップON/OFFスイッチ等の仕様が異なります。

弦振動がボディに伝わりにくいブリッジやトレモロの構造が災いして、同社の先発商品テレキャスターストラトキャスターに比べてサステインに乏しく、ロック音楽が次第に伸びのあるギターサウンドを求めていくにつれて人気が衰え、1975年に製造中止となりました。

しかし1990年代に入り「ニルバーナ」のボーカル/ギタリストのカート・コバーンが使用したことで人気が再上昇。1987年、フェンダージャパンより復刻され、後にフェンダーUSAでもリイシューが開始されました。

ブリッジの手前に、登場時流行したパッド式のミュートが標準装備されているのも特徴ですが、演奏途中で切り替えるとブリッジが移動するのと同じ効果が現れ、音程が上がるという欠点があったため、取り去ってしまうギタリストも多く、他のモデルには波及しませんでした。

カート・コバーンのモデルに倣って、ピックアップのハムバッカー化、ブリッジのチューン・O・マティック化などの大幅な改造を施すことが流行し、カスタムされたジャガーもフェンダー・ジャパンよりリリースされるに至りました。

音の特徴

ジャガーのピックアップ
ジャガーのPU

ジャガーサウンドの最大の特徴はジャガー専用に作られた、淵に金属の"ギザギザ"が付いたシングルコイル・ピックアップです。

ジャズマスターより音のエッジが立った、歯切れ良く鋭いトーンが特徴。

少し歪みを加えただけでもハウリングが起こるなどデリケートな一面を持ちますが、まったく歪ませないクリーントーンでは"鈴なりのようなサウンド"と評されるストラトキャスターよりもさらに奥行きがある艶やかなサウンドを奏でます。

ジャガーの主な使用ギタリスト

ザ・ビーチボーイズのカール・ウィルソンを筆頭に、主に1960年代前半のサーフィン&ホット・ロッド・ミュージックでもてはやされた人気機種であり、ブルージーンズ結成当時の寺内タケシや加瀬邦彦もフェンダージャガーを使用していました。海外ではマイ・ブラッディ・バレンタインのギター・ボーカルのケヴィン・シールズが使用。

ジョン・フルシアンテ
ジョン・フルシアンテ

また「レッド・ホット・チリ・ペッパー」のジョン・フルシアンテも使用していることで有名です。サスティンの乏しさを逆手にとり彼にしかできないアタック音で独特の音色を聞くことができます。

日本では「LUNA SEA」のギタリストSUGIZOが使用。自身のレスポールシェイプのオリジナル・ギターのピックアップをジャガーのものと入れ替えて演奏しています。

Aその他フェンダー・ジャガーをamazonで探す