エレキギターの総合情報サイト

エレキギター > 新着記事 > 6ページ目

新着記事を順番に見る

  • 2018年1月1日

    ギブソン・レスポール・スタンダード徹底分析!

    エレキギターの代表機と言えるギブソン・レスポール・スタンダード。このページではレスポール・スタンダードの歴史/基本スペックから、各年モデルの解説、Plus / Traditional / Supreme / Premium Quilt など豊富なバリエーション毎の違いについて紹介していきます。

  • 2017年12月30日

    ギブソン・レスポール・トラディショナル徹底分析!

    2008年に生産が始まった「ギブソン・レスポール・トラディショナル」は、年々モダン/最先端路線へと傾倒していくレスポール・スタンダードと違い、「伝統的(トラディショナル)なスタイルの固持」をコンセプトに据えています。

  • 2017年12月29日

    ギブソン・レスポール・カスタム徹底分析!

    「レスポール・カスタム」はルックス的には「タキシードに似合うギター」をコンセプトに、キリっとしたフォーマルな印象にまとめられています。落ち着いた高級感と裏腹に派手な、また硬派なイメージもあり、ロック系のギタリストに特に愛用されてきました。

  • 2017年12月28日

    ギブソン・レスポール・スタジオ/トリビュート/フェイデッド徹底分析!

    レスポール・スタジオ/トリビュート/フェイデッドは、レスポール・スタンダードをベースとしたエントリークラスのギターです。レスポール・スタンダードのサウンドはなるべくそのままに、低価格化を実現しています。

  • 2017年12月8日

    メイドインジャパンのフェンダー・ストラトキャスター徹底分析!

    フェンダー・ジャパンは終了しましたが、日本製のフェンダー・ギターは「ジャパン・エクスクルーシブ」「メイド・イン・ジャパン」という新しいシリーズとして存続しています。「価格を抑えた高品質」が評判の日本製ストラトキャスターに迫っていきましょう。

  • 2017年12月4日

    フェンダー・ストラトキャスターの種類と選び方

    「Fender」で検索すると、次々と出てくるあれもストラト、これもストラト。いったいどれを選べばいいのでしょうか。そこで今回は、フェンダーブランドからリリースされているストラトキャスターをずらりと並べて、違いや特徴、選ぶポイントを考えていきましょう。

  • 2017年12月1日

    メイドインジャパンのフェンダー・テレキャスター徹底分析!

    国産フェンダーに「メイドイン・ジャパン・トラディショナル」「メイドイン・ジャパン・ハイブリッド」という新シリーズが加わりました。世界中のギタリストが日本製のフェンダーを弾く、そんな未来がもうすぐそこにあるかもしれません。

  • 2017年11月26日

    ピッキングハーモニクスのやり方・音作り

    ピッキングハーモニクスは、弦をピッキングした直後に(ピッキングした手の)親指の側面を弦にあてて、押えているフレットポジションの音程よりも高い「ピキーン」という金属的な倍音を得るギターの演奏方法です。

  • 2017年11月20日

    Dean Guitars(ディーン・ギターズ)

    ディーンの変形ギターは、一目で「ディーンだ」と分かるほど特徴的で存在感のあるデザインでありながら高度に洗練された美しさがあり、またヘッド落ちに悩まされるなどの心配の無い重量バランスを実現しています。

  • 2017年10月26日

    《アジア最大の楽器ショー》MUSIC CHINA 2017取材レポート!

    「Music China(ミュージック・チャイナ)」は、上海で毎年行われる総合的な楽器ショーです。その規模は「アジアで最大」と言われていますが、会場の雰囲気、またここで何が行われているかなど、日本にはあまり伝わっていないのが現状ではないでしょうか。今回はMusic China 2017の様子をできる限りレポートいたします!

  • メロディックマイナースケール

    メロディックマイナースケールは、ハーモニックマイナースケールの6番目の音を半音高くしたスケールで、ジャズのアドリブ演奏で頻繁に使用されます。このページではギター博士によるメロディックマイナースケールを用いたギターソロを聞くことができます。

  • 2017年10月20日

    ゼマイティス・カスタムショップ「パール・フロント」と「メタル・フロント」を弾いてみた!

    ZEMAITIS(ゼマイティス)カスタムショップ製「パール・フロント(CS24PF LITTLE RING)」「メタル・フロント(CS24MF FR4C)」の二本のギターを、ギター博士が全力で弾き倒しました!

  • 2017年9月22日

    Suhr(サー)のエレキギターの特徴は?

    Suhrの製品はハイエンドギターを主軸としながらそれにとどまらず、アンプやエフェクター、ピックアップなどエレクトロニクスにまで及ぶ幅広さを持っていますが、どれも価格にふさわしい高品質で、「現代の憧れのブランド」のひとつとなっています。

  • 2017年9月16日

    Godin(ゴダン)のエレキギターについて

    「ゴダン(Godin)」は、カナダのゴダン・ギター社がプロデュースするブランドです。エレアコはハウリングに強く、エレキギターはサウンドバリエーションが豊富で、特に「ライブに強い楽器」として定評があります。

  • 2017年8月24日

    個性溢れる木材を採用するフェンダー限定モデル「EXOTIC WOOD COLLECTION」

    EXOTIC WOOD COLLECTIONはNAMM 2017で発表されたフェンダーの新しいシリーズで、アメリカの家具メーカー社屋の廃材やハリケーンで倒壊した大木など、様々なストーリーを持つ個性溢れる木材を採用する限定モデル。2017年4月から12月までの間、毎月1製品ずつ発売されます。

  • 2017年8月20日

    LINE 6 のエレキギター「Variax」について

    Variaxは数多くのヴィンテージギターを再現するサウンドバリエーションと、いくつものチューニングへと一瞬で変更できる機能を備え、また専用ソフトウェアによりかなり自由な設計のギターをモデリングでき、さらに普通のエレキギターとしても使えるという、「全てを手に入れた」と言っても過言ではないギターになっています。

  • 2017年8月18日

    「Fender Music Backstage」潜入レポート!

    Fender Backstageにて、アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルにて開催される楽器の展示会「2017 SUMMER NAMM」で発表されたフェンダー社の新製品の国内向け展示会が開催、フェンダー社に中を案内いただき、Supernice!スタッフが潜入レポートしてきました!

  • 2017年8月15日

    American Professional Stratocaster徹底分析

    「アメプロ」は新たなシリーズではありますが、ギター本体をチェックすると「アメスタ」を継承したものであることが分かります。そこでここでは、「アメスタ」から「アメプロ」へ、ストラトキャスターはどのような変身を遂げたのか、さまざまなポイントをチェックしてみましょう。

  • 2017年8月13日

    Caparisonのギターについて

    「キャパリソン(Caparison)」は、攻撃的な外観と太く美しいサウンドで、ヘヴィ系のアーティストを中心に広く支持されている高級ギターブランドです。海外アーティストに愛用者が多いことから海外のブランドだと思われがちですが、日本で作られる日本発祥のブランドです。今回は、このキャパリソンに注目してみましょう。

  • 2017年7月18日

    《良い楽器は、偶然にはできない》エピフォン ・ギター徹底分析!

    「Epiphone(エピフォン)」は気軽に手に入れられる「超」が付くような低価格モデルから、プロミュージシャンの要求に応えられる高級機まで、たいへん幅広い価格帯でギターをリリースしています。ここでは「ギブソン傘下ブランド」と「オリジナルブランド」という二面性を持ったエピフォンの魅力を追ってみましょう。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ