エレキギターの総合情報サイト

エレキギター > 新着記事 > 2ページ目

新着記事を順番に見る

  • 2019年7月20日

    Electro-Harmonixのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介

    現在のElectro-Harmonixエフェクターには、既存の価値観で推し量れないような個性的な製品、そしてエレキギターの王道を行く製品の二つの方向性があります。他の機種では真似のできない、斜め上をいく機能を持ったものもあり、演奏を楽しくさせてくれるようなものが多い印象です。

  • 2019年7月18日

    Ibanezのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介

    チューブスクリーマーが有名すぎて、Ibanezのエフェクターというと話題が真っ先にそちらに傾く傾向がありますが、ディレイの銘機として知られる「AD9」など、80年代の初期からチューブスクリーマー以外にも有名なモデルがちらほらと存在しています。

  • 2019年6月27日

    初めてのエレキギターにおすすめ!RYOGA LEシリーズ

    RYOGAの「LE」および「LEC」シリーズは、学生さんら若い人たちにとって求めやすい価格帯のエントリークラス。演奏性や重量バランスなど、既存モデルの基本設計はそのままに、生産地を変更して価格を大幅に圧縮したシリーズとなっています。

  • 2019年6月26日

    エレキギター/ベースの新たなブランド~RYOGA~

    RYOGAは全モデルがオリジナルという自由を武器に、エレキギターの伝統に敬意を払いながら、新しい木材構成、新しいサウンド、新しい演奏性を世に訴えます。島村楽器でRYOGAを見かけたら、ぜひその音と演奏性に刺されてみてください。

  • 2019年6月24日

    手の届くメイドインUSA、PRS「S2シリーズ」について

    PRS S2は、「これまで手が届かなかったユーザーにUSA製のPRSを届ける」ことをコンセプトに開発された、PRSの価格を抑えたグレードです。人気のCustom 24など上位機種を踏襲したモデルが人気ですが、S2にしかないモデルもあり、このグレードの存在意義を発揮しています。

  • 2019年6月23日

    PRS「SEシリーズ」ってどうなの?特徴やライナップを調べてみた

    サンタナ氏が、創業者ポール・リード・スミス氏に「学生でも手に入れられる低価格で、PRSの高品質が味わえるギターが作れないか」と提案したことから、開発が始まった「SE」。このページではSEの特徴やラインナップ、主な使用ギタリストについて紹介していきます。

  • 2019年6月22日

    PRSを代表するモデル「Custom 24」について

    PRS Custom 24は、1985年の鮮烈なデビュー以来PRSの数あるラインナップの中で最も人気が高く、多くのギタリストにとって憧れの楽器になっています。美しいたたずまいとプレイアビリティ、そして幅広いサウンドキャラクターによって、このCustom 24で仕事をバリバリこなすプロミュージシャンも大変多くいます。

  • 2019年6月21日

    TC Electronicのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介

    レコーディングスタジオで現在でも使われるTC2290やマスタリング用のFinalizerなどに代表されるように、ローノイズ、ハイクオリティを地で行く製品が特徴。極めてハイファイでクセがなく美しい音色は、ギター用エフェクターにおいても反映されており、特に空間系エフェクトにおいてはその特性を強く感じることができるでしょう。

  • 2019年6月17日

    LINE6のエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介

    LINE6 HELIX 1985年、オーバーハイムという楽器メーカーのエンジニアを務めていた、ミシェル・ドゥワディーク氏、そしてピアニストのマーカス・ライル氏の二人によって、Fast Foward Designsという会 […]

  • 2019年6月13日

    MXRのエフェクターって?特徴やおすすめモデル紹介

    MXRはニューヨーク州西部ロチェスターに、Keith BarrとTerry Sherwoodの2名により設立されたエフェクターのメーカー。創業は1972年と非常に古く、エフェクターのブランドでは最古参のひとつに数えられます。

  • 2019年6月6日

    フランジャー・エフェクターについて

    フランジャー・エフェクターのキホン、使い方、接続順、フランジャーの種類、定番・ハイエンド・格安・おすすめのフランジャーなど、フランジャーについて徹底紹介!

  • 2019年5月28日

    《ヴィンテージへのオマージュ》PRS Custom 22

    PRS Cutom22は「美しいフィギュアドメイプルでドレスアップした、22フレット仕様のギター」で、カンタンに言うと、PRSの代表機種「Custom 24」よりもフレット数が少ないギターです。でもたったそれだけというはずはなく、さまざまな側面でキャラクターが立っており、カスタム24とはニュアンスの異なったギターに仕上がっています。

  • 2019年5月25日

    おすすめのオーディオインターフェイス機能付マルチエフェクター

    録音の経験があまりない初心者が、「オーディオインターフェイスは持っていないがマルチエフェクターならある」という状態であることは多く、こういう場合にPCへの録音を気軽に試すことができます。

  • 2019年5月12日

    《4コマ漫画》ギター博士と六弦かなで

    ギター博士と六弦かなでの4コマ漫画:「#1六弦かなでっ!!」「#2 ギター博士っっ!」

  • 2019年5月7日

    PRS McCarty(マッカーティ)シリーズ

    PRSラインナップ内でとりわけヴィンテージ志向と言われるMcCarty(マッカーティ)各モデルですが、ギブソン黄金時代を築いたテッド・マッカーティ氏の名を関するモデルだけに、随所にギブソン的な雰囲気を感じることができます。

  • 2019年4月15日

    《一台で複数のアンプ&エフェクト・サウンドを》モデリング・アンプの魅力

    デジタル技術の進歩によって、今では1台のアンプで異なるタイプのアンプサウンドやエフェクトを搭載した「モデリングアンプ」が登場しています。このページでは自宅での練習や演奏に最適な小型のモデリングアンプをいくつか紹介していきます。

  • 2019年4月14日

    ブライアン・メイ(Brian May)

    ブライアン・メイ(Brian May)はイギリスで70年代に「ロックの頂点を極めたバンド」として広く知られているQueenのギタリストです。ハードロック色の強い曲を書く一方でカントリー、バラード曲など幅広い曲作りでQueenの快進撃に貢献しました。

  • 2019年4月12日

    Kino FACTORY「mort」Custom《レビュー》

    「Kino FACTORY(キノ・ファクトリー)」は丁寧な作りと特許取得のネック構造で、じわじわと支持を伸ばしている新興ブランドです。しかしSNSでの露出こそあれ、今なお公式サイトはなく、まだまだ謎に包まれたブランドでもあります。

  • 2019年4月11日

    ジェリー・ガルシア(Jerry Garcia)

    ジェリー・ガルシアは70年代に活躍したアメリカのロックバンド、グレイトフル・デッド(The Grateful Dead)のギタリスト。ロック/フォーク/ジャズ/ブルーグラス/カントリー/ブルース/サイケデリックなど幅広い音楽性を持ったバンドは、30年間に渡る活動の中で20枚を越えるアルバムのレコーディングを行い、驚異的な回数のコンサート・ツアーを行いました。

  • 2019年4月10日

    FENDERから、希少材を厳選した2019年の限定コレクション「RARITIES」登場

    フェンダーから、希少価値の高い木材を厳選しフィニッシュやエレクトロニックスを徹底的にこだわったハイエンド・プレイヤー/コレクター向けの限定コレクション「RARITIES」が発表されました。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ