エレキギターの総合情報サイト

轟音のマストアイテム「7弦ギター」特集

【定番系】10万円~20万円近辺

DEAN Guitars

日本国内では「ヘヴィ系御用達」のイメージが濃厚な「ディーン」ですが、その実アコギやウクレレ、バンジョーなど幅広く手掛ける総合的なギターメーカーです。膨大なラインナップとは裏腹に7弦モデルは限定的ですが、知る人ぞ知る達人ラスティ・クーリー氏が支持を集めており、シグネイチャーモデルが人気です。
Dean Guitars(ディーン・ギターズ)

Rusty Cooley 7 STRING FLAME TOP

Dean Rusty Cooley 7

Rusty Cooley 7はデザイン性の高い指板インレイとボディトップが印象的なギターですが、ガバっと大きく切り取ったカッタウェイ、高音弦は26フレットあり、ボディすれすれまでにローセッティングしたFRTブリッジ、という設計はバリバリのテクニカル志向です。EMGハムバッカー2基、コイルタップなし、ボリュームポットと3Wayセレクターのみ、という潔い電気系は、このギターが何のために作られているかを雄弁に物語っています。


Rusty Cooley – Peavey NAMM 2013
意味不明な速さと正確さで弾きまくるラスティ・クーリー氏。アーティストをこんなに間近に見られるのもNAMMのだいご味です。

Rusty Cooley 7 STRINGを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

E-II、LTD、EDWARDS

ESPが運営する各ブランドからは、さまざまな7弦ギターがリリースされています。ESPの看板モデル「ホライゾン」や「ミラージュ」をベースとしたモデルに人気が集まっていますが、各ブランドのコンセプトが活きた独自のアレンジが効いています。
《日米共同プロデュース》E-II(ESP USA)のギター
《眉間に皺を寄せろ!》LTDのギターについて
《本物に迫る》EDWARDSのギターについて

E-II HORIZON FR-7

E-II HORIZON FR-7

日米共同開発の「E-II」は、ESPの下位ブランドでありながら「世界のトッププロが仕事に使う」ことを念頭に置いて設計され、日本の工場でキッチリ仕上げられます。本機は全身真っ黒の本体と、これを覆う真っ白いバインディングによる「キリっとした顔つき」を持つ精悍なモデルです。エクストラジャンボフレット、エボニー指板、スルーネック、EMGピックアップ、FRTという仕様は、その道をただ突き進むためにあります。

E-II HORIZON FR-7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

FUJIGEN

数多のブランド製品をOEM生産しているフジゲンは日本のギター工場随一の知名度を誇り、自社ブランド「FGN」も大変好調で、ネットでカスタムオーダーができる「ウェブオーダーシステム」をいち早く取り入れて好評を博しました。ここでピックアップする「エクスパート・エラン」はカスタム対象外ですが、ショップオーダーなどで特別仕様機に出会うことができます。
《職人の手は、速い》フジゲン大町工場訪問インタビュー

FGN EXPERT ELAN EEL-DE-7

expert_elan_eel-de-7

「EEL-DE-7」は、フジゲン唯一の7弦ギターで、6弦仕様の「Expert EEL-DE」を出発点として素直に7弦化させています。お家芸である「サークルフレッティングシステム」は健在で、開放弦から最終フレットまで、正確な音程を得ることができます。「エラン」は、6弦仕様も7弦仕様もヘヴィ志向ということで、太い弦を張って「全弦1音下げチューニング」でセットアップされています。

自社開発となるブラス製のテールピースは通常の使用法に加えてボディ裏から弦を通すこともできる「2Way」仕様になっています。「裏通し」は弦交換の面倒くささと引き換えに弦の張力が上がり、また弦振動が直接ボディに伝わり、音の「張り」が増強されます。弦の張り方は弦ごとに決められるので、「6弦と7弦だけ裏通し」などのように自分の目的に合わせたちょっとしたカスタマイズを模索することができます。

EXPERT ELAN EEL-DE-7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Ibanez

アイバニーズはスティーヴ・ヴァイ氏と共に7弦ギターの歴史を永らく支えてきており、この分野では一日の長があります。7弦のムーブメントを牽引してきたヴァイ氏とKORNのシグネイチャーモデルを筆頭に、看板モデル「RG」をはじめ「RGA」「RGD」「S」またその他のアーティストモデルなど、多くの7弦ギターをラインナップさせています。
ハード/ヘヴィ・ロックの王道「Ibanez RG」徹底分析!

Ibanez RGMS7

Ibanez RGMS7

アイバニーズは有名ブランドとして初めて「ファンフレット(マルチスケール)」を採用して話題になりました。

ファンフレットの採用

「ファンフレット」は7弦を代表とする多弦ギターの泣き所である、

  • 通常の弦長では低音弦のテンションが不足しがちになり、弦を太くするか弦長を伸ばすかしたくなる
  • 弦長を伸ばすと高音弦でのチョーキングなどが弾きにくくなるから、弦長を伸ばしたくない

この葛藤を解決する妙案で、1弦から低音弦に移るに従って徐々に弦長を伸ばしていく特殊なフレットです。7弦では27.6インチにまで広がり、その名の通りフレットが扇(ファン)状に広がっていくように見えます。
ファンフレットの打ち方には明確な規格はなく、たとえばこのRGMS7では12フレットがちょうどまっすぐ(ニュートラルポイント)で、ここを基準としてナット方向/ブリッジ方向の両方に向けて広がっていきます(ニュートラルポイントをどこに設定するかに規定はなく、ナット地点、7フレット地点など、ブランドごとに違いがあります)。

いまのところアイバニーズにはファンフレットに対応しているトレモロシステムが存在しておらず、このモデルでは弦ごとに理想的なマウント位置を決めることのできる「モノレール・ブリッジ」が採用されています。

「RGMS7」は中域が主張するマホガニーボディ、メイプル&ウォルナットの5層構造のネックは薄くて弾きやすい「WizardIII」シェイプとなっています。「Array-7MS」パッシブピックアップは明瞭で現代的なサウンドの得られるセラミック磁石を使い、フロント/リアともに弦長の変化に合わせてそれぞれ適正な角度が付けられています。5点セレクタ―スイッチの操作で、2ハムバッカー標準の組み合わせだけでなく、「フロント単体(並列)」と「両タップのミックス」が得られます。

Ibanez RGMS7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Jackson

80年代のHM/HR全盛期を支えたジャクソンからは、スルーネック仕様の「ソロイスト」、小振りで抱えやすいサイズのストラトタイプの代名詞ともなった「Dinky(ディンキー)」、また変形ギターなど多様な7弦ギターがリリースされています。

ジャクソンのギターは

  • コニカル・フィンガーボード:コンパウンド・ラジアス指板、円錐指板。自然な弦振動を保ったまま、低弦高のセッティングが可能。モデルによっては非採用
  • グラファイト・レインフォースメント:ネックにグラファイト製のロッドを仕込むことでネック強度を大幅に向上させる

という仕様が特徴的で、ヘヴィ路線専門のブランドイメージも手伝い、厚い支持を誇っています。

DK7シリーズ

jackson-dk7-m Jackson DK7-M

リヴァースヘッドは低音弦の張力が上がり、反対に高音弦の張力が抑えられますから、ズムズムと低音を刻み、ピロピロとテクニカルなソロを弾くのに適しています。オイルフィニッシュのネック裏は肌触りがよく、ストレスを感じさせません。アルダーボディにメイプル指板の「DK7-M」、AAAグレードのキルテッドメイプルをトップにあしらったローズ指板仕様の「DK7-Q」など、バリエーションもあります。

ダイレクトマウントされたセイモア・ダンカンのハムバッカーピックアップは、センターポジションで自動的にタップされるようになっており、野太いハムバッカーサウンドと繊細なハーフトーンを瞬時に切り替えることが出来ます。

「DK7」シリーズを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Killer

LOUDNESS所属、高崎晃氏のギターを作ることから始まった「キラー・ギターズ」は、刺さりそうな独特のヘッド形状に代表される尖ったデザインと、多くの独自設計による高い演奏性により、特に国内のロック系テクニカルギタリストに厚く支持されています。

Killer KG-Spellbind Seven/Killer KG-Fascist Vice Seven

上:KG-Spellbind Seven
下:KG-Fascist Vice Seven

満を持してキラーからリリースされた7弦ギターは、リバースヘッド&非対称ボディの「スペルバインド」、ディンキースタイルの「ファシスト・ヴァイス」を出発点にしています。

  • Spellbind:マホガニーボディ、セイモア・ダンカン社製ピックアップ(ヴィンテージ系)
  • Fascist Vice:アルダーボディ、セイモア・ダンカン社製ピックアップ(モダン系)

両機とも黒ずくめの本体をゴールドパーツが彩り、リッチかつワルっぽさが演出されています。

Killer KG Sevenを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Ormsby Guitars

オーストラリア発「オームスビー・ギターズ」は、「全モデルマルチスケール採用」という尖ったアイデンティティを持った新鋭ブランドです。伝統的なスタイルを継承しつつも大胆なアレンジを採り入れたギター本体は、ステンレスフレット、オリジナルピックアップ、ヒップショット社と共同開発した金属パーツで武装しています。

ORMSBY GTR TX 7 String Guitar

Ormsby Guitars TX GTR7 Ormsby Guitars TX GTR7 CAR PGMS GM GUNMETAL

テレキャスターのスタイルを大胆にアレンジしたモデルで、シングルカッタウェイながら高音弦側は29フレットもあり、ハイポジションへのアクセスがやたら良好です。ビビッドなカラーリングも強烈で、ステージでの存在感は最強クラスだと言えるでしょう。


ORMSBY GTR TX 7 String Guitar – The GEAR GODS Review
ここまでアレンジすると、もはやテレキャスタータイプだという表現に疑問符が浮かんできますね。存在感と意外性のあるモデルです。

ORMSBY GTR7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

PRS(Paul Reed Smith)

今やフェンダー、ギブソンに並ぶギターブランドに成長したPRSからは、SEシリーズの象徴とも言えるSEカスタム24をベースとした、ジャンルを選ばない7弦ギターがリリースされています。
PRS SEシリーズ

SE SVN

PRS SE SVN

外周を斜めにカットしたメイプルトップ(ベベルドトップ)、美しいバードインレイなど、SEカスタム24の基本ペックを踏襲つつ、ヘヴィ路線を意識した弦長「26.5インチ」が採用されています。ピックアップは現行のカスタム24(コアモデル)に搭載されている「85/15」を7弦用にアレンジしたものです。ヘヴィ系志向のイメージがさほどないギターなので使用するジャンルを選ばず、コイルタップもあり幅広い使い道ができるギターとなっていますが、敢えてトレモロレスモデルのみにラインナップを絞ることで、生産ラインまでシンプルにして低価格化を実現させています。


The PRS SE “SVN” | Demo by Gray Trainer of the Berklee Gear Club | PRS Guitars
弦長はヘヴィ志向ですがピックアップはオーソドックス路線のものが採用されているため、クリーンからハイゲインまであらゆるサウンドメイキングにフィットします。

PRS SE SVNを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Schecter「Diamond Series」

シェクターの「ダイアモンドシリーズ」は、ヘヴィ指向のギターを多くラインナップさせています。一見すると同じようなギターが多くあるように思えますが、

  • ネック材:メイプル、マホガニー
  • ネックジョイント:ボルトオン、セットネック、スルーネック
  • ボディ材:マホガニー&メイプル、アッシュ&メイプル、アルダー&メイプル、マホガニー、バスウッドなど
  • ピックアップ:EMG、シェクター、セイモア・ダンカン
  • ブリッジ:フロイドローズ、ハードテイル、チューン・O・マチック
  • 弦数:6、7、8、9
  • 弦長:24.75”、25.5”、26.5”、28”

というように近いルックスの中に非常に多くの仕様が組み合わさっており、その中から好きな仕様のモデルを選び出すことができるようになっています。ここでは特に人気の高い、HELLRAISERシリーズからピックアップして紹介します。

HELLRAISER C-7 FR

HELLRAISER C-7 FR

ダイアモンドシリーズのモデル名は、ざっくりとした仕様を表しており、
「HELLRAISER(ヘルレイザー)」はメイプル&マホガニーボディで装飾の美しい上位モデル、
「C」はボディ形状、
「7」は弦の数、
「FR」はフロイドローズ搭載モデル
であることを表します。ヘルレイザーという名称は単語の本来の意味「うるさい奴」もさることながら、同名の人気ホラー映画シリーズの世界観をイメージしていると見られます。

この「HELLRAISER C-7 FR」は20万円を下回る定価ながら、立体的な曲面を描くキルテッドメイプルトップ/マホガニーバックのボディに3ピースのマホガニーセットネック、ボディ/ネック/ヘッドに美しいバインディング、各個でタップできるEMGピックアップを2基搭載、というかなり思い切った高級仕様になっています(ネックが3ピースなのは、強度を確保するためです)。弦長はフェンダーと同様の25.5インチで、普通のエレキギターからの持ち替えもスムーズです。

バリエーションとして、

  • HELLRAISER SUSTAINIAC C-7 FR:フロイドローズとサスティナーを搭載した最早なんでもあり仕様
  • HELLRAISER C-7:リフ弾きに有利なチューン・O・マチックブリッジ搭載
  • HELLRAISER C-8/HELLRAISER C-8 FR:8弦のハーフドテイルとフロイドローズ仕様
  • HELLRAISER C-9:ハードテイルの9弦仕様

など、選択の幅が非常に広くとられています。

HELLRAISER C-7 FRを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Sterling by MUSIC MAN

「スターリング」はアーニーボール・ミュージックマンの正式なライセンスのもと、アジアで生産するなどの企業努力により求めやすい価格を実現するブランドです。ラインナップはすべて「フェンダースケールなのに意味不明な弾きやすさ」だと言われるミュージックマンの設計を引き継いでおり、比較的求めやすい価格帯でミュージックマンのプレイアビリティを体験することができます。

JP-70

Musicman JP70

JP-70は達人ジョン・ペトルーシ氏のシグネイチャーモデルを正式に継承したギターで、外見だけでなく薄いネックシェイプ、右腕のストレスを感じさせないスクープカット・デザインのエルボーカット、ボディに沈み込むようにマウントされたネックとブリッジなど、特徴的な仕様をしっかり再現しています。また本家同様マグネットにセラミックを採用したピックアップを搭載しており、現代的なトーンを持っています。
現代の7弦ギターとしては珍しくシンクロナイズド・トレモロユニットが搭載されているのも特徴で、アーミングができる利便性と、つるんとした可愛らしいルックスが両立しています。

MUSIC MAN JP-70を…
Aアマゾンで探す R楽天で探すYYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

【高級機】独自設計で魅せる高機能モデル

ESP

「どんなものでも作る」と言われる高度な製造技術で内外アーティストから絶大な支持を受ける老舗「ESP」からは、レギュラーモデル、アーティストモデル両面で7弦ギターがリリースされています。デザイン性の高い本体には、

  • ネック安定度をより確かにするカーボン製ロッド
  • 滑らかなフレットの処理
  • 信頼性のある各種パーツの採用

など、演奏性や安定性へのこだわりがいっぱい詰まっています。
ESPブランドのギターについて

M-SEVEN

ESP M-SEVEN

定番機種「M-II DX」を7弦にアレンジしたモデルですが、単に弦を一本追加しただけではなく、通常648mmの弦長を666mmに延長させています。「666mm」はレギュラーチューニングでも演奏できる、ダウンチューニングでも張力を維持できる、という可能性のある弦長として近年注目されています。また5Way セレクタスイッチによる特殊配線で、リア、フロントそれぞれのハムバッカーを並列(パラレル)で使用できます。

M-SEVENを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Ernie Ball Music Man

「ミュージック・マン」はフェンダー社を辞したレオ・フェンダー氏が立ち上げたブランドで、現在ではアーニーボール社が運営しています。弦長はフェンダースケールなのに、「ショートスケールのように弾きやすい」と言われる謎のプレイアビリティが特徴で、アルバート・リー氏、キース・リチャーズ氏(ローリング・ストーンズ所属)、スティーヴ・ルカサー氏(TOTO所属)、ジョン・ペトルーシ氏(ドリームシアター所属)ら、名だたる名手のシグネイチャーモデルが人気を博しています。

Majesty Series

Music Man Majesty 7

ミュージックマンから何種類もシグネイチャーモデルをリリースしているジョン・ペトルーシ氏の最新モデルが「マジェスティ」です。24フレットでようやくボディに接する長いネックは何ともぜいたくなホンジュラスマホガニー製で、ボディ材は「バスウッド+メイプル」、「アフリカンマホガニー+メイプル」の2タイプあります。ネックの幅が広くなる7弦でありながら本体重量は約3.24kgと大変な軽量で、アコギの音が出せるピエゾピックアップとワンプッシュでゲインブーストできるプリアンプを備えており、本記事でピックアップする7弦ギターの中では最も高機能なモデルです。

Music Man Majesty 7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Mayones

2019年に「日本との国交樹立100周年」を迎える親日国ポーランドの「Mayones Guitars(メイワンズ)」は、日本で言えばフジゲンのような、OEM生産を受注する巨大ギター工場がプロデュースするブランドです。工場の生産力を活かしたさまざまなラインナップはすべて受注生産のカスタムモデルで、選択できる仕様の幅広さ、品質の確かさ、そしてクールなルックスが注目されています。

Regius Series

Mayones Regius 7 Regius 7 Custom 5A Quilted Top

「レジアス」は「オフセットウェスト(左右のくびれ位置が違う)ボディ」「スルーネック」という仕様の本体で、シルエットがトガりすぎていないことでどんなジャンルにもフィットできることから厚く支持される人気機種です。11層にもなる多層ネックは強固で、表側はエボニー指板と銘木のボディトップが美しく、裏側は滑らかな曲面を描きます。全機種がカスタムモデルなので、木材やピックアップ、ブリッジなどの仕様をしっかりチェックして検討しましょう。

Mayones Regius 7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Strictly 7 Guitars(S7G)

strictly-7-guitars 左から:COBRA、VIPER SC、MAMBA、MEDUSA

「厳密(strictly)」を名乗り「7弦専門」としてデビューした「Strictly 7 Guitars(S7G)」の7弦ギターは、極端なダウンチューニングにも余裕で対応できる弦長27.5インチのネックを基本とし、

  • COBRA(コブラ)シリーズ:ディンキータイプ
  • VIPER T(ヴァイパーT)シリーズ:テレキャスター、Vシェイプ、レスポールタイプ
  • MAMBA(マンバ):エクスプローラータイプ
  • MEDUSA(メデューサ):シングルカッタウェイ&ヘッドレス
  • Raven(レイヴン)シリーズ:非対称シングルカッタウェイ

3タイプのギター本体に、「スタンダード:ボルトオンジョイント」「スタンダード・プラス:スルーネック+マルチスケール」という仕様の組み合わせでラインナップを展開しています。

どのモデルもヴォリュームポットが弦から大きく離され、ハードなプレイ中にも邪魔になりにくくなっています。またアーティストモデルなど特別なもの以外はトレモロを持たない固定式(フィクスト)ブリッジが基本仕様となっており、パンチの利いたストレートなトーンに方向付けられています。


abstracts – Hologram (Official Music Video)
Djentも貪欲に取り入れるプログレッシブ・メタルコアバンド「ABSTRACTS」のlin氏シグネイチャーモデル「Cobra Custom7 HT/T F AB」は、定番のコブラをベースに、ファンフレット仕様にして低音の張りとプレイアビリティを両立させています。ボディトップがマッカーサーエボニーになっているところが、外観上の大きなポイントです。

Strictly 7 Guitarsを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Strandberg

スウェーデンのギターブランド「Strandberg(ストランドバーグ)」は、人間工学に基づいた突き抜ける独自性によって、他ブランドの追随を許さないギターをリリースしています。ラインナップは全てヘッドレスですが、ヘッド重量が増加しがちな多弦ギターにおいて、良好なボディバランスを維持するためには効果的な設計です。定番機「ボーデン7」シリーズは個性と軽さ、そして何よりも「音」で、近年の「7弦ギタースタンダード」になりえる支持を集めています。

Boden 7 Series

Strandberg Boden OS 7 Boden OS 7

ストランドバーグの定番機種「ボーデン」は、

  • Boden Classis:メイプル1Pネック、アルダーボディ、ピックガード仕様のシンプル設計&比較的低価格なモデル
  • Boden Original:多層ネック、アッシュ製ホロウボディ、フィギュアドメイプルトップ
  • Boden J Standard:ルックス的な特徴を残しながら、ボディ材をソリッドのバスウッドにするなどの仕様変更によって価格を抑えた日本製。
  • Boden J Custom:トップに銘木をあしらった、日本製最高級モデル。

という4グレードでラインナップを展開しています。

Strandberg Boden 7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Suhr

「現代のあこがれのギター」と言われる「Suhr Guitars(サー)」は、シンプルなスタイルの中に演奏性とサウンドへの尋常でないこだわりを注いだ高品質なギター作りで、世界的に支持されています。ヴィンテージギターを研究したノウハウと先端科学がフュージョンした木工は「神話を終わらせる」とまで言われます。

MS7

Suhr MS7

MS7:ボディ

Pro Seriesから登場した「Modern Satin」シリーズの7弦で、「常人の月収では買えない」と言われるSuhr製品の中では比較的リーズナブルなモデルです。アフリカン・マホガニー・ボディ/ネック、エボニー指板、24ステンレスフレット(ジャンボサイズ)、5way/1vol/1tone、HIPSHOT Fixed Bridge、ピックアップは 7 HOT Humbuckers 2基搭載、ボルトオンジョイント仕様です。ボディからハードウェア類まで全て黒で統一された漆黒のカラーリングが特徴的で、Djentなど近年のメタルシーンに対応した仕様となっています。

MS7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Crews Maniac Sound

「クルーズ・マニアックサウンド」は、ミュージシャンが足しげく通う楽器店「フーチーズ」を運営する株式会社クルーズのブランドです。社長の吉岡喜久夫(よしおか・きくお)氏は「クラフトマンより詳しい」と言われ、それだけにサウンドとクオリティには定評があり、目や耳の肥えた多くのプレイヤーに支持されています。

Solution R7/ASH

クルーズの看板モデル「Ab’s(アブス)」のアレンジモデル「ソリューション」の7弦モデルは、攻撃的なルックスを持つリヴァースヘッドが印象的なギターです。アッシュボディには不明瞭になりやすい第7弦までくっきりと立ち上がらせる性能が期待でき、この音響特性を活かすべく、専用ピックアップが自社開発されています。専用ピックアップは高域のロスが少なく「スピード感」があり、それでいて現代のサウンドに求められる「ダーティーさ」も併せ持っています。

Crews Maniac Sound Solution R7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Caparison

「全モデルがプロフェッショナル志向」を標榜するブランド「キャパリソン」からは、一癖も二癖もある特徴を持った7弦ギターがリリースされています。「ピックアップを自社開発」しているのがキャパリソンの大きな特徴の一つで、7弦用の高出力ハムバッカーPH7-bおよび PH7-nを軸に、楽器本体の構造や配線にさまざまな個性が光ります。

ボルトオンモデル:Delinger/Brocken

Dellinger7 FX-WM:トップにウォルナット、バックにマホガニーを採用した「WM構造」ボディによる豊かな鳴り、そして低音域までバランスの良いサウンド。自社開発したGotoh製ブリッジはジュラルミン製プレートとブラス製サドルの組み合わせで、豊かなサスティンが得られます。
Dellinger 7 FX-AM:アッシュトップ、メイプルバックのボディにより、ワイドレンジで強いアタック感を生み出すサウンドが得られます。ボディの音響特性に合わせるため、ブリッジには鉄製サドルを持つHip-Shot社製のものが採用されています。
Dellinger7 Prominence:ボディには、メイプルを両側からマホガニーで挟む「M3構造」を採用。音の立ち上がりが早く、バランスの良いサウンドと豊かなサスティーンが得られます。5Wayセレクタスイッチひとつでコイルタップを活用できる特殊配線とFRTにより、さまざまなジャンルに対応できます。
Brocken7 FX-WM:ダウンチューニング志向の「ブロッケン」は、弦長27インチ、27フレットという長いネックが最大の特徴です。トップにウォルナット、バックにマホガニーを採用した「WM構造」ボディによる豊かな鳴り、そして低音域までバランスの良いサウンドを持ち、自社開発したGotoh製ブリッジはジュラルミン製プレートとブラス製サドルの組み合わせで、豊かなサスティンが得られます。

スルーネック:TAT Special 7FM

メイプルトップ、マホガニーバックの王道とも言えるボディ材の組み合わせは、音の立ち上がり、伸び、太さのバランスに優れています。7弦の27フレット仕様で、通常のギターに比べて低音側にも高音側にも音域が拡大されています。ロータリスイッチを利用した特殊配線はサウンドバリエーションに有利ですが、セレクタスイッチは3Wayになっているので基本的な操作のシンプルさは維持されています。


NOCTURNAL BLOODLUST – Malice against (MV FULL)
ヴィジュアル系デスコア/メタルコアバンド「ノクターナル・ブラッドラスト(略称:ノクブラ)」は、10日間にわたるヨーロッパツアーを成功させる実力があり、今後のさらなる活動が期待されています。長らくDelingerを愛用しているギタリストCazqui(カズキ)氏のブログは、ギタリストらしくギターのことばかりが語られています。

Caparisonの7弦ギターを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Saito Guitars

埼玉県川口市「サイトー・ギターズ」は、自社製手巻きピックアップ、精緻に設計されたギター本体、いくつかの仕様を指定できるカスタマイズが支持され、人気を集めています。7弦ギターにも積極的で、

  • 22フレット仕様7弦モデル「S-722」
  • 24フレット仕様マルチスケール「S-724MS」
  • 7弦ヘッドレスギター「S-HL7」

という3タイプをリリースしています。
SAITO GUITARSのギターについて
男の意地と執念が生み出した革新的ギター:SAITO GUITARS訪問インタビュー

比較的リーズナブルな7弦入門機

GrassRoots G-HR-60FX7 Black Satin

GrassRoots G-HR-60FX7

7弦ギターの入門機に相応しいのが、ESP傘下のブランド「GrassRoots(グラスルーツ)」からリリースされる「G-HR-60FX7」です。ESPブランドの代表的機種であるHorizonシリーズのスタイルを継承した超ハイコストパフォーマンスモデルながら、648mmロングスケール/アルダーボディ/メイプルネック/ローズウッド指板24Fの王道スペックに、グラスルーツオリジナルハムバッカー2基はマスターボリュームのノブを引き上げることでコイルスプリットが可能となっています。

GrassRoots G-HR-60FX7を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

GIO Ibanes GRG7221

GIO Ibanes GRG7221

ヘヴィ系の大御所「アイバニーズ」の入門機シリーズ「GIO Ibanez」からは、潔さを感じさせるシンプルな7弦ギターがリリースされています。「ジャクソン」で有名になったポプラをボディ材に採用し、キメの細かいディストーションサウンドを生みやすいセラミック・マグネットを使用したオリジナルピックアップを搭載しています。
コイルタップを持たない電気系と固定式ブリッジというシンプルな構成なので、演奏に集中しやすくチューニングなどへの不具合が起きにくくなっています。
ギター/ベース兼用オートチューナー、ストラップ、シールド、クロス、ピックをオリジナルのポーチに収めた「アクセサリーキット」が同梱されており、あとは良く歪むアンプを買うだけでヘヴィミュージックに挑戦することができます。

GIO Ibanes GRG7221を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Jackson JS Series JS22-7 Dinky

Jackson JS22-7

ヘヴィ系の老舗「ジャクソン」からは、ボディトップが緩やかなカーブを描く7弦のディンキーが出ています。メイプルネックは内部にグラファイト(特殊炭素)製の補強が仕込まれており、太いゲージの張力にもしっかり耐え抜きます。ダウンチューニングを想定し、弦長が26.5インチ(673 mm。ストラトの標準は25.5インチ)に延長されているのも大きなポイントです。

ジャクソンの新しいヘッド形状「AT」は、鋭利なイメージを残しつつ、サドルからペグまでをほぼ一直線で結ぶように設計されており、チューニングの安定度を向上させています。

Jackson JS22-7 Dinkyを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

PLAYTECH PTR7450FR

ピックアップや複雑な金属パーツを新たに開発しなければならない「FRTの7弦ギター」は、低価格で勝負するブランドでもなかなか参入できないジャンルでした。敢えてここに切り込んだPLAYTECHには、惜しみない称賛を贈るべきでしょう。新品で税別2万円を切るという価格は、他の追随を許していません。パワーのあるハムバッカーピックアップを持ち、ごついFRTタイプブリッジはアームアップも可能で、ヘヴィミュージックに挑戦するために必要な全てのものが備わっています。

本機を取り扱うサウンドハウスのサイトでは加工精度に難色を示すレビューが目立ちますが、「価格相応」の範囲内と思っておきましょう。自力でのリペアや調整に挑戦してもよく、「制限のある予算内で手が届く7弦ギター」としては非常に魅力的なモデルだと言えます。

PLAYTECH PTR7450FRを…
Sサウンドハウスで探す

多弦へのアンチテーゼ

低音弦を追加することで重低音が得られる多弦ギターですが、不用弦のミュートが必要になる関係上、特にコード弾きで6弦ギターでできたプレイができなくなることがあります。このことから、ヘヴィサウンドを持ち味としながらもかたくなに6弦を愛用するアーティストは数多くいます。こうしたプレイヤーは多弦に対抗する低音をダウンチューニングによって出すのですが、余りにチューニングを下げてしまうと弦のテンションが充分に得られずピッチ(音程)が安定しません。そのためダウンチューニングを前提としてネックを延長するというアイディアが生まれ、一般的な弦長よりもはるかに長いネックのギターがリリースされています。
ダウンチューニングならこの弦を使え!ドロップチューニング対応のギター弦特集

dragonfly B6シリーズ

ハイエンドなギターブランドとして支持の厚いドラゴンフライは、かねてからネックを延長したモデルに注目しており、通常の弦で極端なヘヴィサウンドが得られるギターをリリースしてきました。「B6」は6弦でありながら7弦ギターの第7弦「B」を出せるギターで、ストラトタイプの馴染みやすい本体に、クライオ処理を施して響きを良くしたステンレスフレットを打ち込み、高域も低域も操作できる特殊回路を備えています。
ギターブランド:dragonflyについて

Seed Kotetsu

「シード」は「初めてギターやベースと出会う人たちの“種(Seed)”となるべく、うまれたスチューデントモデル」を標榜する「Sago」のブランドで、アーティスト使用モデルを中心に魅力的なモデルを求めやすい価格でリリースしています。「Kotetsu」は「和楽器バンド」をはじめさまざまなプロジェクトで活躍している桜村眞(おうむら・しん)氏のシグネイチャーモデルで、839mm(約33インチ)というベース並の弦長を持つ、29フレット仕様です。カポタストを駆使することを想定しており、5フレットにはめるとミディアムスケール/24フレットのギターとして使うことができます。この方法だと半音下げなどのダウンチューニングが実質「2音半下げ」まで好きに使える上に、「弦張力は常に一定」という恐ろしいメリットが得られます。