エレキギター各部の名称

エレキギターのサウンドの特徴や弾きやすさを大きく左右する各部のパーツ。ギター初心者・入門者は「ネック」、「指板(フィンガーボード)」、「ボディ材」などエレキギターのパーツの名前を覚えておきましょう。各パーツのことについて気になったら詳しく調べてみて下さい。

エレキギター周辺の名称エレキギター周辺の名称

ヘッド

ネックより上の部分のこと。ペグが取り付けられている他、ブランド名が入ることが多い場所です。

ペグ

弦を巻き付けるための金具。品質によってチューニング状態を左右する重要なパーツです。

ナット

各弦が外れないように支える支柱の役割を果たす部分。牛骨・象牙・金属などの素材が使用され、ギターのサスティーン(音の伸び)の量や開放弦の響きに影響を与えるパーツです。

フレット

フィンガーボード(指板)の上に打ち付けられている金属の棒のこと。音程を決めるために取り付けられていて、1フレットごとに半音階ずつ上昇します。
材質や太さによって「音の立ち上がり」が変化します。

フレットを抜いた「フレットレスギター」というものも存在します。

ギターフレットについて

フレットのポジション

clear

フレットのポジションを覚えよう!

これから「○弦○フレットを押さえて」という言葉が出てくるようになります。ここで各弦の呼び方、フレットの呼び方について覚えておきましょう。

六弦かなで細いほうが1弦、太いほうが6弦、って考えると覚えやすいよ!!」

ピックガード

ボディにキズがつかないようにする目的で取り付けられたカバー。プラスチック/ベッコウ/金属などの素材があります。ルックスを気にしてか、レスポールタイプのピックガードはわざと外してしまう人もいますね。

ピックアップ

ピックアップ

ギターの音を決定づける重要なパーツ、それがピックアップです。

初心者の人は、まずは各ピックアップ毎にどんな音の違いがあるか、次のページで見ておきましょう。
ギター ピックアップについて

ネック

ローズウッド指板
ローズウッド指板

ネックは、ギターそれぞれの種類によって太さや長さなどが異なります。 手の小さい人は、なるべくネックが太くないもので、ミディアムスケールかショートスケールのギターだと弾きやすいでしょう。 ミディアムスケールはレスポールなどのギブソン系ギターに多く使われており、ショートスケールはフェンダーのムスタングジャガーなどに使われています。

しっかり寝かせ、木の狂いを出し切って完成させたネックは経年変化による狂いも少なく、贅肉のとれた美しい鳴りが特徴です。

ネックの反りを確認・調節する

指板(フィンガーボード)

指板(フィンガーボード)に使われている木材のうち、代表的なのは以下の3種類です。材質によって手触りが変わるため、演奏性に影響するとともに、サウンドの特徴も微妙に異なります。

メイプル

メイプル

明るい色が特徴のネック。メイプルのサウンドは硬く、音の立ち上がりが速い。クリアでアタック感が強いのが特徴。

ローズウッド

ローズウッド

サウンド的には、メイプル指板のものより柔らかく甘くてソフトな音が特徴。アタック感は弱い分温かみがある。

エボニー

エボニー

深く濃い色が特徴のネック。ギブソン社のエレキギターなど主に高級ギターに使われる材。非常に重く硬い材で、ローズウッドよりも引き締まったサウンドが特徴。

ボディ

エレキギターのボディ。木材の部分です。材質によって音が変わったりする重要な部分。
ボディ材について

ブリッジ

弦振動を伝える台座の部分。エレキギターによってブリッジの種類は様々で、トレモロアームが使えるギターではここにトレモロブリッジが搭載されています。また弦高の調整もブリッジで行います。

ギターブリッジについて

ジャック

ギターケーブル(シールド)を挿入する部分。ギターアンプやエフェクターに接続し音を出力します。

コントロール

トーン(音のヌケ具合)やボリュームを調節するノブやピックアップセレクターなどが配置される場所。エレキギターの種類によって配置されるコントロールが違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • [最終更新日]2014/12/16