エレキギターの総合情報サイト

ギターのボディ材について

ギターのボディ材

ルックスに直接関係するギターのボディ、その材料もギターの音色に大きく関わっています。このページではエレキギターのボディ材として使われる木材の紹介や代表的な機種、ボディに施される塗装の種類などについて紹介しています。

ボディの材質

ボディは材質によってサウンドに大きく影響します。
複数の材を一台のギターに使用することもしばしばで、それぞれの材の弱点を補いあってバランスをとるために2つの違った材を組み合わせる“ラミネイト”という手法を使われることがあります。代表的な例が「レスポール」で、メイプルをトップ(表)材に用いてマホガニーをバック(裏)材に用いる手法で、メイプルのタイトな特性とマホガニーの暖かみのある特性が上手くバランスされています。

アルダー材

アルダー材

「アルダー」は、北アメリカやロシア、ヨーロッパ、西アジアなどで幅広く生育している広葉樹で、アッシュと異なりくっきりとした木目は持たず、細かく真っすぐな木目を持っています。水との比重は平均0.43と、ギターのボディ材としては軽量な部類に入ります。
「枯れた、抜けの良いトーン」と良く言われますが、特定の際立ったクセは特になく、高域から低域までバランスよく響くサウンド特性を持っています。「アッシュとマホガニーの中間」とも考えられており、廉価版レスポールのバック材として、マホガニーの代わりに使用される事もあります。

Fender USA / American Standard Stratocaster 3-Color Sunburst

フェンダー・ストラトキャスター、テレキャスターなどフェンダー系ギターのボディ材として多く使われています。

アッシュ材

アッシュ材

「アッシュ」は詳しくは「ホワイト・アッシュ」という品種で、カナダ、北アメリカ、ヨーロッパといった寒い地域でじっくりと育った大型樹木です。ハッキリと並んだ木目の美しさが目を引く木材ですが、家具や建築の資材としては安価で求めやすい木材です。

アタックとレスポンスが特に優れ、メリハリの効いた輪郭のはっきりしたサウンド特性を持っています。
繊維が詰まっておりずっしりと重たいのも特徴で、重量があればあるほど低音域が豊かに響くと言われています。このサウンドから、現在でもボディ材にアッシュをセレクトするファンが多くいます。しかしながら水との比重が平均0.69と、他のスタンダードなボディ材と比較すると非常に重く、比較的軽量なアルダーに置き換えられたという経緯があります。

Fender Japan Exclusive Classic 70s Stratocaster「Ash Natural」
アッシュ材は木目の出方がはっきりとしている

現在では平均の比重が0.42とアルダー以上に軽量な「ライトアッシュ(=スワンプ・アッシュ)」と呼ばれるアッシュ材も使用されますが、これはホワイト・アッシュが比較的温暖な湿地帯(=英:swamp)でぐんぐん育ったもので、成長が早いために導管が太くなり、密度が低くなっています。軽量な分低音域が薄くなる傾向にありますが、抜けがよく人気です。

エレキギターの歴史だけを見ると、このライトアッシュは比較的新しい木材のように考えられます。しかし実際は、当時新参企業だったフェンダーが材木屋に注文しても、軽量のアッシュは古参の家具メーカーなどにとられてしまっていた、ということだったようです。

バスウッド材

バスウッド材

「バスウッド」はカナダ、北アメリカ、ヨーロッパに生育しています。比重は0.41と軽量で、柔らかく加工がしやすく、また安価に仕入れる事ができる事から、廉価版のギターに採用される事が多いマテリアルです。ストラトでは、フェンダー・ジャパンの求めやすい価格帯のモデルに多く採用されています。

Fender Japan Exclusive Classic 60s Stratocaster
フェンダー・ジャパン系ギターに採用されることが多い

「安い材」マイナスイメージを持ちやすい木材ですが、サウンド特性は素直でクセがなく、ピックアップの特性や本体の設計をしっかり反映してくれるマテリアルだとして、Music ManのAXISを始めとするハイエンドギターのバック材にも採用されています。

メイプル材

メイプル材

クリアーでアタックの強い輪郭のハッキリしたサウンドが特徴、かなりの重量があるのでボディ全部がメイプルというものは少なく、ボディ・トップ(表)のみに使用される事が多い木材です。フレイムメイプルなど、木目の美しいものは高額で取り引きされます。

Gibson Custom 2016 Standard Historic Series 1959 Les Paul Reissue
2枚のフレイムメイプルが貼り合わせられたボディトップ

マホガニー材

マホガニー材

マホガニーはレスポールのバック材、SG、ファイヤーバードのボディ材などに多く使用されているとても軽い材です。アコースティックギターのサイドやバックにも使用され、ファットで中低域に特徴があります。アタックはあまり歯切れがよくないので、シングルコイルよりはハムバッキング・ピックアップとの相性が良好です。

Gibson SG Standard Heritage Cherry
ボディ材とネック材にマホガニーが使われている

ウォルナット材

ウォルナット材

アタック感が強く、高域がストレートに出るサウンドが特徴。 かなりの硬さがあるのでネックに使用されることも多い。

この材も非常に重いが、木目と茶色の美しさは魅力的である。

ローズウッド材

ローズウッド材

ローズウッドはギターの指板に使用されることが多い木材です。マホガニーを少し硬くしてウェットなサウンドが特徴、重量があるのでエレキギターのボディにはあまり使用されませんが(例外としてオールローズ・テレキャスターが存在)、アコギのサイド&バック材としては有名です。

ハカランダ材

ハカランダ材

甘く切ない音にプラスしてボリューム感豊かで暖かいサウンドが特徴。

 

ボディの塗装

ボディの塗装

どんなエレキギターでも表面を塗装しています。塗装の種類は大きく分けてラッカー(ニトロセルロース・ラッカー)塗装、ポリ(ポリウレタン)塗装の2つに分類されます(オイルフィニッシュという種類も存在します)。

ラッカー塗装

ボディのひび割れ ひび割れたテレキャスターのボディ

1950〜60年代にフェンダーで作られたギターやギブソンの古いギター、また古いギターを再現したビンテージ系高級ギター(フェンダーカスタムショップ製ギターなど)に用いられることの多い、薄くぬりつけるスプレー式の塗装です。

湿度や温度などの環境変化に影響を受けやすく管理に気をつかう必要があります。
またギターを作ってからもボディ材が乾燥するまでに時間がかかるのでコストがかかるというデメリットがありますが、「木の鳴りが良い」といった意見や経年変化によって生じるクラック(ひび割れ)を「アジ」と感じる人も多く、オールドギターに憧れを持つ層に人気の高い塗装方法です。

フェンダー社では Road Worn シリーズや アメリカンビンテージ・シリーズ、ビンテージ・アーティストモデルなどのラインで、ラッカー塗装が採用されています。

ポリ塗装

ラッカーよりも厚く塗り付けるプラスティック・タイプの塗装です。ラッカー塗装よりも丈夫で汎用性が高くコストが安く仕上がるので、多くの汎用型ギターに採用されている手法です。少々ぶつけてもキズが入ることがないので安心して演奏することができます。

ボディのお手入れ

ボディ部分は割れたりヒビが入らない限り特にメンテナンスが必要なパーツではありません。少し汚れが目立つと思った時に、ポリッシュを少しクロスに染み込ませて拭いて上げると良いですが、日頃から練習後にギタークロスで拭いて上げるだけで大丈夫です。

エンジニアの中には、表面をキレイに磨き上げるだけでサウンドに変化が生じる(もちろんいい方向に)という持論を持つ方もいらっしゃいます。
ポリッシュを使ったギターのお手入れ

お勧めエレキギター・クリーナー