エレキギターの総合情報サイト

指板(フィンガーボード)の材質・形状について

指板について

指板(フィンガーボード)はフレットを安定させるという役目があるため頑丈な木材が選ばれます。弦振動を直接受け止めるパーツになるのでサウンドに影響しますが、色調にも違いがあり、ギタリストのこだわるポイントになっています。

このページでは指板の種類や特徴、R(アール)について、そして指板のお手入れについて紹介していきたいと思います。

指板の材質の種類と特徴

ローズウッド

ローズウッド指板

ギブソンフェンダーをはじめ数多くのエレキギターに採用されている、赤茶色・焦げ茶色をした最もスタンダードな指板材です。
アタックがややマイルドになるサウンド特性があり、また木材自体に粘りがあるためフレットの交換がしやすいというメリットがあります。

一般的に使われているのがインディアン・ローズウッドですが、希少価値の高いマダカスカル・ローズウッドやホンジュラス・ローズウッドなどはハイエンド・ギターの指板に採用されることがあります。
ローズウッドの中でも最高級クラスと言われるのが「ハカランダ(=ブラジリアン・ローズウッド)」ですが、1992年に定められたワシントン条約によって(マダカスカル、ホンジュラス共に)輸出規制がかけられ、今やかなりの高級機でもなかなか見られない材となりました。

メイプル

メイプル指板

メイプルは硬度の高い白色の材木で、立ち上がるアタック感と透き通った響きに特徴があります。クリーントーンで弾いてみるとその美しい響きがよくわかるでしょう。
フェンダーがギターのネックに採用したことから定着した指板材で、ネックと指板が1枚の材で作られた「1ピースネック」/別の木材で作られた「貼りメイプル」があります。
白っぽい木肌は手垢などの経年変化によって徐々に飴色に変色し、独特の風合いが現れるようになります。

硬質な分だけ若干の脆さもあり、フレット交換には慎重な作業が必要で、工賃が高くなります。

エボニー

エボニー指板

ヴァイオリン属の指板材で使用される真っ黒の銘木です。真っ黒のエボニー材はエボニーの木の芯からしか採れない貴重な材木です(芯以外の部分は普通の木と同じ色合いです)。水に浮かない事もあるなど重さがあり、極めて硬質で、アタックが立ちメリハリのある、また独特の「コンプ感」のある特性を持っています。

ギブソン・ギターの指板に多く採用されてきたエボニー材ですが、資源保護の観点から近年では真っ黒のエボニー材の採取が難しくなり、色ムラがあるものや、中には黒く染めて流通しているものもあります。

脆さがあるため、フレット交換においてはメイプル以上の工賃になります。

指板の形状・R(アール)について

エレキギターの指板の表面は平坦ではなく、よくみると緩やかなカーブを描いています。このカーブは「半径何ミリ(インチ)の円を切り取ったものか」という意味で184R、305Rというように数字で表します。R(アール)は「radius:半径」の頭文字で、R(アール)の数字が小さいほどカーブはきつく、逆に数字が大きければカーブは緩やかになります。

184R

184Rの指板

184R は古くからフェンダーのに採用されている規格で、握り込みやすくコード弾きを特にサポートしてくれます。しかしあまり弦高を下げてセッティングすると、チョーキングの音が詰まってしまうことがあります。

305R

305Rの指板

305R はギブソンのギターに多く採用されています。Rの数値が高い指板はチョーキングが特に良好で、弦高を目一杯まで下げることができ、その他テクニカル系の楽器などで多く採用されています。

よりカーブが緩やかで平坦な 400R などは速弾きなどテクニカルな演奏向きのギターに採用されています。

コンパウンド・ラディアスとは?

伝統的な指板は「円筒指板」と言い、ナット側からブリッジ側までRが一定です。この設計には成形がしやすく精度が上げられるというメリットがある反面、1弦や6弦がフレットに当たりやすいのがデメリットで、したがってある程度の弦高を維持する必要がありました。
この不具合に注目し、ナット側の241Rからブリッジ側の355Rに向けて徐々にRが変化していくように成形しているのが「円錐指板(コンパウンド・ラディアス)」で、弦高の低さにこだわるギタリストを強力にサポートします。

ジャクソンではかねてからコンパウンド・ラディアスを採用しており、現在ではそれ以外にもフェンダー、ギブソン、フジゲンなどで採用されています。

R(アール)によって、弾きやすさはどう変わる?

指板のRによって、弦を押さえる感触がちがいます。またRの違いが弦高にも影響します。指板のRと弾きやすさには、どんな関係があるのでしょうか。

左手の力が軽減できることから、現代では低い弦高が好まれるようです。テクニカル指向のギターで見られる400R以上の平坦な指板やギブソンに見られる305Rの場合、かなり力を抜いても押さえられるほどに弦高を下げることができ、コンパウンド・ラジアス指板は、そこからもう一歩下げることができます。

古典的な184RなどRのきつい指板ではチョーキングで音が詰まってしまうので、あまり弦高を下げることができません。「弦高を下げられる」という意味では、Rのゆるい指板の方が弾きやすいと言えるでしょう。フェンダーでも「アメリカン・スタンダード」シリーズのような現代版のギターでは、184Rと305Rの中間に近い「241(9.5″)R」を採用しています。


Steve Vai - Juice
「縦横無尽」という言葉がこれほど似合うギタリストもなかなかいませんね。スティーヴ・ヴァイ氏の愛用するJEMの指板は430Rです。

しかし、だからといって、弦高は下げれば下げるほどいいのか、184Rなんて必要ないじゃないか、ということにはなりません。スライドバーを使用した「スライド奏法」、またキレのいいカッティングを行なう場合、弦高が充分あった方が弾きやすくなります。またこの方が音に張りが出て抜けの良いサウンドになりますから、あえて弦高を上げるというプレイヤーは何人もいます。王者イングヴェイ・マルムスティーン氏やスティーヴィー・レイ・ヴォーン氏はソロをバリバリ演奏する名手ですが、ギターの弦高が高いことでも知られています。

またRがきつい指板は、6弦側から親指を出してネックを握るプレイに特にフィットします。カッティングなどで「2,3,4弦を押さえ、残りはミュート」といった押さえ方をするのにも大変有利です。こうしたことから、コードプレイにおいてはRのきつい指板が弾きやすいと言えるでしょう。


culture / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
アベフトシ氏(1966-2009)はロック系カッティングの名手として知られ、多くのフォロアーを擁しました。動画で氏が弾いているテレキャスター・カスタムは、指板のRがかなりきついのが分かりますね。


Joe Satriani - Summer Song
輝かしい実績に加え、上記ヴァイ氏及びカーク・ハメット氏の師匠として知られるジョー・サトリアーニ氏のギター「JS」は250Rとなっており、平坦な指板の多いアイバニーズのラインナップにおいて異彩を放っています。これだと「チョーキングが感じやすい」そうです。

トラスロッドとは?

トラスロッドはギターのネック内に埋め込まれた鉄の棒のことで、ネックが反った時にトラスロッドを調節することで「反り」を直すことができます。ネックの反りに関しては次のページを確認してみてください。

ネックの反りを確認・調節する