エレキギターの総合情報サイト

フェンダー・ジャパンエクスクルーシブ・ストラトキャスター徹底分析!

フェンダー・ジャパン・エクスクルーシブ・ストラトキャスター

多くのギタリストに愛用されたフェンダー・ジャパンは、惜しまれながらも2015年に終了しました。しかし日本製のフェンダー・ギターは、「ジャパン・エクスクルーシブ(以下、JE)」というフェンダーの新しいシリーズとして存続しています。神田商会が国内メーカーに発注する「ライセンス生産(公式コピーモデル)」だった日本製が、フェンダーが国内メーカーに発注する「正規品」となったわけです。

今回は、「低価格、高品質」と評判の日本製ストラトキャスターに迫っていきましょう。

MENU

1: 「ジャパン・エクスクルーシブ」の特徴 1.1: メイド・イン・ジャパンのクオリティは、日本人が一人占め 1.2: 全モデルに共通する仕様 2: 相対するストラトキャスターとの比較 2.1: 同価格帯の比較 – JE vs Squier – 2.2: ほぼ同仕様の比較 – JE vs Fender(MEX) – 3: ジャパン・エクスクルーシブ・ストラトキャスターのラインナップ 3.1: MADE IN JAPAN TRADITIONAL Series 3.2: Classic Series 3.3: Aerodyne Series 3.4: Ken Stratocaster Galaxy Red 4: 「ジャパン・エクスクルーシブ」以外の国産ストラトキャスター


Deep Purple – Smoke On The Water (Live)
「ストラトキャスターの名手」の一人として呼び声の高いリッチー・ブラックモア氏は、ステージでの「破壊用」として日本製のストラトキャスターを利用していたと言われています。USAと比べて日本製がそれだけ安かったということなのですが、ぶっ壊しても平気な価格帯でありながらプロの使用に耐える品質があった、ということでもあります。

「ジャパン・エクスクルーシブ」の特徴

メイド・イン・ジャパンのクオリティは、日本人が一人占め

「ジャパン・エクスクルーシブ」最大の特徴は、「日本の職人が日本国内で生産している」ことへの安心感に他なりません。個体差の極めて少ない、ハンダ付けやフレット打ちに見られるていねいな作りは、これだけでとても大きな価値だと言えるでしょう。「こんなに良いギターがあるのに、なぜ日本人はUSAにこだわるのか」と不思議がる外国人も多いと言います。

「エクスクルーシブ(exclusive)」には「厳選、上流」という意味のほかに「限定、他で手に入れることができない」という意味が含まれます。かつてのフェンダー・ジャパンは、製品の流通を日本国内に限る、「日本限定製品」として生産することが契約によって決められていました。JEに引き継がれた現在でもそれは同様で、フェンダーのUSAサイトにJEは紹介されていません。

海外の人が日本製フェンダーを手に入れようと思ったら日本に来なければならず、ツアーで来日したアーティストが大喜びで買っていくことも珍しくなかったと言われています。

全モデルに共通する仕様

JEのストラトはヴィンテージスタイルのラインナップがメインですが、

  • 弦長25.5インチ(フェンダースケール)のメイプルネック
  • 日本人に合わせた「スリムC」シェイプのネックグリップ
  • 伝統的な丸みを帯びた指板(7.25R)
  • 世界的に信頼されるゴトー製のロトマチックペグ
  • 6点支持の伝統的なシンクロナイズド・トレモロユニット

といった仕様がほとんどのモデルで共通しています。本来ストラトのネックは年代ごとにVシェイプやUシェイプなどさまざまに変遷しており、それぞれに感触が違います。しかしJEではネック関連が全て同じなので、どの年代のストラトを選んでもほぼ同じ弾き心地になります。ヴィンテージモデルの年代ごとの特徴を味わいたいという人にはちょっと物足りないかもしれませんが、そのかわり塗装やピックアップの違いなどでそれぞれに違った個性を楽しむことができます。


Richie Kotzen Live 2015 Entire Show
リッチー・コッツェン氏は、スタンリー・クラーク氏をはじめとする数々のビッグネームとのビッグプロジェクトを成功させてきたスーパープレイヤーで、そんじょそこらのギタリストでは到底追いつけない高い演奏技術、そして定評あるボーカルを兼ね備えています。シグネイチャーモデルをフェンダー・ジャパンでリリースしていた氏ですが、JEに移行してからも日本製シグネイチャーモデルを愛用しています。

相対するストラトキャスターとの比較

フェンダーのラインナップでは、同じようなイメージのギターにしっかり価格差を設けることで、グレードの違いが明確になっています。ところがこのJEだけは異質な存在で、ほかのモデルに近い仕様でも価格が近いもの、近い仕様でも価格に差があるものなどがあります。ここではJEのストラトを2本ピックアップして、JEがフェンダーラインナップの中でどんな立ち位置にあるのかを探ってみましょう。

同価格帯の比較 – JE vs Squier –

japan-ex_vs_squier-strat 左:ジャパン・エクスクルーシブ CLASSIC 60S、右:スクワイヤ CLASSIC VIBE ’60S

まずは、

JE:CLASSIC 60S STRAT(¥68,000~74,000)
Squire:CLASSIC VIBE STRATOCASTER® ’60S(¥70,000)

この2本を比較してみます。JEのクラシック’60ストラトはラインナップ中で最も求めやすい価格、Squire by Fenderのクラシックヴァイブ・ストラトはブランド内でトップグレードのストラトです。


スクワイヤーのストラトキャスターをギター博士が弾いてみた!!

1)ギター本体

CLASSIC 60S STRAT CLASSIC VIBE STRATOCASTER® ’60S
生産 日本 アジア
ボディ材 Basswood Alder
ボディ塗装 Polyester Gloss Polyester
ネック塗装 Polyester Gloss Polyester

JEのボディ材にはバスウッドが選択されています。バスウッドは軽さとクセのない音響特性からハイエンドギターのバック材に採用されることも多くありますが、安価で手に入れられるため、価格を抑えたギターに多く使用されます。いっぽうスクワイアでは、フェンダーギターのボディ材としてアッシュに並ぶ定番のアルダーが使用されています。
ギターのボディ材について

ボディ、ネックの塗装がポリエステルであることは共通していますが、スクワイアでは「グロス(つやあり)」になっています。

2)ネック

CLASSIC 60S STRAT CLASSIC VIBE STRATOCASTER® ’60S
グリップ Slim “C” Modern “C”
指板R 7.25″ (184.1 mm) 9.5″ (241 mm)
フレット数 21 21
フレットサイズ Vintage-Style Medium Jumbo
ナット幅 42mm 42mm
ナット材 人工骨 人工骨
指板インレイ White Dot Pearloid Dot

ネックでは、特にグリップと指板Rに違いが出ました。グリップはいずれも「C」ですが、JEの方が若干スリムな印象です。またJEでは丸みを帯びた指板に細いフレットを打ち込んでおり、古典的なフェンダーギターの仕様を再現しています。スクワイアの指板は現代的な仕様を選択しており、JEに比べて若干平たく、ミディアムジャンボフレットが打ち込まれていることで押弦にちょっと有利になります。またスクワイアでは指板インレイにパール素材が採用されており、JEよりも若干リッチな印象です。
指板(フィンガーボード)の材質・形状について

3)パーツ類

CLASSIC 60S STRAT CLASSIC VIBE STRATOCASTER® ’60S
ピックアップ Vintage-Style Single-Coil Strat Custom Vintage-Style Single-Coil Strat
操作系 センターピックアップのトーンが、リアにも効く。 リアピックアップはトーン無し。
ブリッジ 6点支持シンクロナイズド・トレモロユニット 6点支持シンクロナイズド・トレモロユニット
ペグ Gotoh® ロトマチック クルーソンタイプ

スクワイアのピックアップには「カスタム」の名が付いており、JEのものよりも若干グレードが上がるようです。古典的なネックが選択されていたJEですが、リアピックアップにトーンが効くという現代的な配線になっています。

ヴィンテージスタイルのストラトキャスターのペグは、軽量なクルーソンタイプが基本です。しかしJEでは頑丈なロトマチックタイプが選択されており、現代的な仕様になっています。

両者は同じ年代のストラトキャスターをイメージしたほぼ同じ価格のギターですが、ボディ材やピックアップなどの違いによって、スクワイアの方がスペック的には上位に位置するギターになっています。JEはスペックでこそ下回りましたが、ゴトー製ペグと「日本製」の信頼性でそれを補っています。

ほぼ同仕様の比較 – JE vs Fender(MEX) –

japan-ex_vs_mex-strat左:ジャパン・エクスクルーシブ CLASSIC SPECIAL 60S、右:CLASSIC SERIES ’60S STRATOCASTER® LACQUER

では、こんどは近い仕様同士のギターを比べてみましょう。

JE:CLASSIC SPECIAL 60S STRAT(¥115,000~124,000)
Fender(MEX):CLASSIC SERIES ’60S STRATOCASTER® LACQUER(160,000))

JE、メキシコ製モデルともにトップグレードのギターで、アルダーボディ、ラッカー塗装の本格的な仕様となっていますが、大きな価格差が出ています。
メキシコで作られるフェンダー・ストラトキャスター徹底分析!

CLASSIC 60S STRAT CLASSIC SERIES ’60S STRATOCASTER® LACQUER
生産 日本 メキシコ(フェンダーのエンセナダ工場)
価格 ¥115,000~124,000 ¥160,000
ボディ材 Alder Alder
ボディ塗装 ラッカー グロス・ニトロセルロースラッカー
ネック塗装 ラッカー グロス・ニトロセルロースラッカー
ピックアップ Custom ’60s Single-Coil Strat Vintage-Style Single-Coil Strat
ケース ソフトケース ツイードハードケース

公式サイトにおける表記は違いますが、塗装は共にラッカーになっており、大きな差はありません。
JEのピックアップは60年代を意識したもので、先述のJE60ストラトよりグレードが上がっています。メキシコ製に搭載される「Vintage-Style Single-Coil Strat」ピックアップは先述したJEと同じ名前ですが、これはピックアップのモデル名と言うよりおおまかなタイプを表現しているもののようです。素直なサウンドを持つと言われるJEに対してメキシコ製ではアルニコIIIを使用した、低出力のヴィンテージスタイルになっています。
ピックアップの磁石の種類、交換方法について

では、細かな仕様も比較してみましょう。

CLASSIC 60S STRAT CLASSIC SERIES ’60S STRATOCASTER® LACQUER
グリップ Slim “C” “C” Shape
指板R 7.25″ (184.1 mm) 7.25″ (184.1 mm)
フレット数 21 21
フレットサイズ Vintage-Style Vintage-Style
ナット幅 42mm 42mm
ナット材 人工骨 人工骨
指板インレイ White Dot Pearloid Dot
操作系 センターピックアップのトーンが、リアにも効く。 リアピックアップはトーン無し。
ブリッジ 6点支持シンクロナイズド・トレモロユニット 6点支持シンクロナイズド・トレモロユニット
ペグ Gotoh® ロトマチック クルーソンタイプ

JEが若干スリムなグリップでゴトーペグが採用されている以外は、楽器本体に大きな違いがないことが分かります。センターのトーンがリアにも反映されるという点で、JEは現代風の仕様になっています。

楽器本体のグレードには、それほど大きな差が出ていないようです。しかし楽器本体の価格には、ケースの価格も含まれます。ハードケースは意外と高額ですから、フェンダー直営工場で生産しているというブランド価値や太平洋を横断する運送費用を含め、この価格差は妥当ではないでしょうか。
このグレードでは、JEはほぼ同スペックでありながらお値打ちにできていると言えるでしょう。「日本製の高いクオリティでありながら低価格」というフェンダー・ジャパン時代の伝統は、まだしっかり残されていますね。

ジャパン・エクスクルーシブ・ストラトキャスターのラインナップ

JEストラトキャスターのラインナップには、伝統的なストラトのスタイルを踏まえた「クラシックシリーズ」、カーブドトップを採用した軽量な「エアロダイン・シリーズ」の二つがあります。では、それぞれについてチェックしていきましょう。