エレキギターの総合情報サイト

PRSを代表するモデル「Custom 24」について

PRS Custom 24

ポール・リード・スミス(以下、PRS)の「Custom(=カスタム) 24」は、1985年の鮮烈なデビュー以来PRSの数あるラインナップの中で最も人気が高く、多くのギタリストにとって憧れの楽器になっています。美しいたたずまいとプレイアビリティ、そして幅広いサウンドキャラクターによって、このCustom 24で仕事をバリバリこなすプロミュージシャンも大変多くいます。高級(PRSとしては普通)グレードである「Core Model(=コアモデル)」だけでなく、廉価版となるS2やSEでもCustom 24はリリースされており、PRSを代表するモデルとなっています。ここではそのCustom 24にスポットを当て、その魅力を紹介していきましょう。

Custom 24の特徴をチェック

Custom 24

PRS Custom 24:ヘッド

まずは、Custom 24のギターがだいたいどういうものなのか、ざっくり見ていきましょう。

徹底的に美しいルックス

PRS Custom24:ボディCustom24(Core Model)のボディ

PRSギターのデザインはモダンかつエレガントで、また一見してPRSだと判る洗練されたものです。トップのメイプルやインレイなどの装飾、またカラーリングの美しさは見事というほかなく、プレイアビリティとサウンドでPRSのユーザーになるプレイヤーも、多くはまず第一にルックスの格好良さに魅かれるといいます。「木目の美しさを一層引き出す」と言われるボディトップの曲面は、PRSが誇る高い技術の証明でもあります。

10top

PRS:10top10topのCustom24

PRSの「美の象徴」とも言えるメイプルトップですが、そのなかでも10本中1本のレベルで最も美しい模様が出ているものは「10top(テントップ)」と呼ばれ、ヘッド裏に製造番号とは別に「10」が記入されます。これによってただでさえプレミアム感のあるPRSに更にプレミアム的な価値が付加されますが、そうでないギターが美しくないというわけでは全くなく、ユーザーとメーカーの美意識の違いもあり、「10topに劣らないレギュラー品」も多く存在します。美しいトップ材には更に上のランクがあり、10topの上が「アーティスト・パッケージ」、更にその上が「プライベート・ストック」に使用されます。


バードインレイ

PRS:バードインレイPRSギターのルックス重要なポイント

鳥をモチーフにした指板インレイ、「バードインレイ」もPRSの大きな特徴です。開発当初はオプションの仕様でしたが、現在ではほぼ標準化しています。2008年まではインレイ全体で鳥のシルエットを作っていましたが、それ以降はアウトラインをインレイにするデザインに変更されており、インレイの素材を何にするか、内側に何を打ち込むのかで多くのバリエーションがあります(最高級機種ではギター全体を覆うドラゴンのインレイを持つモデルなど存在します)。
創業者ポール氏の母親はバードウォッチが趣味で、自宅にあったガイドブックの鳥がデザインのモチーフになっているとのことです。

バードインレイは、それぞれどんな鳥?

PRS:バードインレイ

フレット数 英語名 日本語名
3 Peregrine falcon ハヤブサ
5 Marsh hawk ハイイロチュウヒ
7 Ruby throated hummingbird ノドアカハチドリ
9 Common tern アジサシ
12 Coopers hawk クーパーハイタカ
15 Kite トビ
17 Sparrow landing 着地したスズメ
19 Storm petrel ヒメウミツバメ
21 Hawk landing 着地したタカ
24 Screech owl on a branch 枝に留まるヒガシアメリカオオコノハズク

表:バードインレイそれぞれの名称

楽器としての性能

ダブルカッタウェイやアーチトップ、マホガニーセットネック、2基のハムバッカーなど、PRSギターは多くのモデルが共通したルックスやスペックを持っていますが、ネックグリップや仕込み角度、搭載するピックアップや電装系、ボディ形状や厚みなど、細かな仕様がそれぞれのコンセプトに合わせて方向付けられ、各モデルの個性を形成します。モデルごとにいろいろな違いを楽しむことができますが、どのモデルも共通して弾きやすく、またどんなジャンルにも対応できる「使える音」を持っている優秀な楽器です。PRSの「楽器としての性能」を見ていきましょう。

独特の弦長と中毒性のあるネックグリップ

PRSは独特の25インチというネックスケールを採用しており、ギブソン(24.75インチ)よりも若干弦に張りが出る、しかしフェンダー(25.5インチ)ほどではないというバランスになっています。ギブソンとフェンダーのおおむね真ん中で切りのいい所であり、「ギブソンからもフェンダーからも、持ち替えに違和感がない」という設計でもあります。

そのネックグリップは平たい印象ですが、ギブソン系より若干薄く、アイバニーズほど薄くはないバランスになっており、特に手のサイズに自身のないプレイヤーに訴えるサイズ感です。その範囲内で、現在のPRSでは4タイプのネックグリップが用意されています。「ルックスでPRSに惚れたプレイヤーが、次に虜になるのがこのネックグリップだ」と言われる中毒性の高い握り心地です。加えて本体は軽量であり、重量バランスも良好で、長時間演奏しても疲れにいくいのも大きな特徴です。

名称 ナット幅 ボディ側の幅 ナット側ネック厚 採用機種
Pattern 1 22/32″ 2 1/4″ 27/32″ Custom 22、McCarty、Paul’s Guitar、408、Hollowbody II Piezoなど。22フレット機は全てこれ。
Pattern Thin 1 22/32″ 2 1/4″ 25/32″ Custom 24、Custom 24 Floyd Rose
Pattern Regular 1 21/32″ 2 1/4″ 27/32″ Custom 24、509
Pattern Vintage 1 22/32″ 2 1/4″ 28.5/32″ McCarty594シリーズ

表:4つのネックグリップ

「コイルタップ」によるサウンドバリエーション

PRS:コイルタップノブを引き上げるとトーンが変わる「コイルタップ」

PRSでは、ほぼ全てのモデルでコイルタップが利用できます。2ハムバッカー本来の力強く太い音に加え、シングルコイルの繊細な音色も使用することができるわけです。シングルコイルの呼び出し方にはいくつか種類があり、それによってサウンドバリエーションにも違いが出てきます。

コイルタップの操作 コイルタップで使用できる音 搭載モデル
5Way セレクタースイッチ 両タップのミックス、フロントタップとリアハムバッカーのミックス Custom 24、Custom 22
ミニスイッチ2個、あるいはトーンポット2基 両ハムバッカーを個別にタップできる。 Custom 24-08、McCarty 594、408、509、Paul’s Guitar
トーンポット1基 ハムバッカー2基の両方がコイルタップされる。 S2 とSEのほとんどのモデル

表:PRSのコイルタップ類型

カスタム24とカスタム22は「シングルコイル単体」が使用できませんが、「コイルタップとピックアップ切り替えの操作を5Wayセレクタースイッチひとつでできる」のが大きなメリットです。トーンポットの操作でコイルタップする機種の多くは回路にもう一工夫されており、切られる方のシングルコイルを若干生かし、タップ時に音が細くなりすぎないようになっています。

豊富なオリジナルパーツ

PRSはほとんどのパーツを独自開発していますが、どれもベースとなったパーツを上回る機能と品質を持ち、楽器としての性能に一役買っています。

フェーズIIIロッキングチューナーCustom24(Core Model)に採用される、フェーズIIIロッキングチューナー

i) ロッキングチューナー
PRSは1985年のデビュー当時からストリングポストで弦を固定する「ロッキングチューナー」を採用し、その時点での世界最高品質のペグだと称されました。以来モデルチェンジを重ねており、2015年時点では「フェーズIIIロッキングチューナー」が標準仕様になっています。ストリングポスト先端に弦をロックするツマミがあることはそれ以前の「フェーズII」と代わりありませんが、台座部分のカバーを外してギアを露出させ、軽量化させています。


PRSギターのブリッジCustom24(SE)のブリッジ

ii) ブリッジ構造
フェンダーに代表されるシンクロナイズド・トレモロシステムを踏襲したPRSトレモロが基本ですが、堅牢な作りで安定性とサスティンに優れ、また本家より音程の可変域が多くなるように設計されています。
またトレモロレスモデルに搭載されるストップテイルピースは、60年代にギブソンの社長だったテッド・マッカーティー氏発案によるバーブリッジを踏襲していますが、オクターブピッチにあわせて立体的な加工がされています。弦ごとの微調整はできなくなっていますがパーツ点数が少ない分だけパーツ剛性が高く、音質とサスティンに優れています。
ホロウモデルに搭載されるピエゾ内蔵ブリッジはこの分野の第一人者であるL.R.Baggs社との共同開発で、バダスタイプでオクターブ調整ができるようになっています。


PRSギターのピックアップハムバッカー2基が基本スタイル

iii) ピックアップと電装系
PRSではフロントピックアップをベースピックアップ、リアをトレブルピックアップ、センターはミドルピックアップというように、サウンドの特徴で各ピックアップを称しています。

  • HFS:熱く(=Hot)、太く(=Fat)、叫ぶ(=Scream)という意味のリア用
  • Vintage Bass:HFSとマッチングさせたフロント用
  • 59/09:コイルの素材や製造機械などを1950年代と同一にした
  • narrow408:新開発のミニハムバッカー
  • 85/15:85年製ヴィンテージPRSのピックアップを2015年に再現

など、サウンドの心臓部分であるピックアップも自社開発しており、各モデルごとに搭載されるピックアップが定められています。本来のサウンドだけでなくタップしたサウンドもオマケなどではなく、ちゃんと使える音になるように設計されています。

美しく、そして使えるサウンド

  • ギブソンとフェンダーの中間となるネックスケール
  • フェンダーを踏襲したシンクロナタイプのトレモロ
  • ギブソン的なマホガニーセットネック

という楽器本体の仕様から、PRSはギブソン・レスポールフェンダー・ストラトキャスターの中間と表現されることが多くありますが、粘りや荒々しさ、またギラギラした凶暴さを抑えた耳に心地の良いサウンドでありながら中音域がしっかり主張する、抜けとキレのある実用的なサウンドは他の何者でもないPRSのサウンドだと認知されています。また音色は素直で変なクセもなく、エフェクターを駆使したサウンドメイキングが良好です。

名前の由来

”Custom”の意味

PRSのギターはモデル名が仕様を暗示しているものが多くありますが、Custom 24もその一つです。現在では廃盤となっており中古市場でしか見られませんが、オールマホガニーボディの「Standard(=スタンダード) 24」をベースとし、ボディトップに美しいメイプルをラミネイトするという抜本的な改造(=カスタム)を行なったのが「Custom 24」というわけです。「Standard 24」は木目を塗りつぶす塗装が基本でしたが、Custom 24では美しいメイプルの模様をアピールするためシースルー塗装が基本となっています。

”24”の意味と意義

また、「24」という数字は24フレット仕様であるという意味です。PRSは24フレットのギターと22フレットのギターを生産しており、Custom 24に対してCustom 22というモデルがありました。このCustom 22もCustom 24の人気に押されて一時期廃盤になっていましたが、現在ではCustom 24と異なるキャラクターのギターとして復活しています。

Custom22 と Custom24 の違い

Custom22 と Custom24 の違い 上半分:2013 Custom 22、下半分:2014 Custom 24

22フレット仕様なのか24フレット仕様なのかの違いは一音分の音域だけではありません。PRSは指板に隣接するようにフロントピックアップを配置しますから、22フレットと24フレットでフロントピックアップの位置が大きく異なり、サウンドに大きな違いが出ます。

22フレット仕様のフロントPUはふくよかで甘いトーンになる傾向があり、メイプル&マホガニーボディ、マホガニーネック、2基のハムバッカーという仕様と相まってレスポールに近いトーンキャラクターになり、レスポールに慣れているプレイヤーにとって使いやすいサウンドが得られます。
一方24フレット仕様のフロントPUは2センチほどセンターに寄って配置されますから、やや引き締まったブライトなキャラクターになります。これはモダンなサウンドを必要とするプレイヤーにとっては「リアピックアップのトーンとの違いがはっきりとわかるが、違いすぎていないから使いやすい」と感じられることが多くあります。

こうした違いから、「Custom 22」では伝統的なサウンド傾向に見合ったピックアップが、「Custom 24」では現代的なトーンを狙ったピックアップがセレクトされます。2011年以来「Custom 24」に搭載されている59/09ピックアップはヴィンテージトーンを追求した設計ですが、これも現代の志向にのっとったセレクトです。また、PRSの鬼のような設計はここにとどまらず、ボディ形状にも若干の変化をつけています。「Custom 24」が「Custom 22」の指板を延長しただけのデザインに見えないのは、両者のボディ形状が等しく美しく見えるように、それぞれ別に設計されているからに他なりません。

Custom 24のサウンド

「バーサタイル(=何でもできる)」を目指しているPRSのギターは、レスポールのようにどっしりと太く粘っこいとか、テレキャスターのように鋭く立ち上がるとか、そのような際立った個性を持つ指向から敢えて距離を置き、

  • 分離とまとまりのバランスがよく、クリアに美しく響くこと
  • トレブルやローの暴発を抑えて中域が豊かに主張する、抜けのよい聴きやすいトーンを出すこと

といった「音を出す道具として便利なサウンド」を狙って設計されています。ローの響きが整理されていることから「音が軽い」と言われることもありますが、これはバンドアンサンブルにおいても埋もれてしまうことがない「抜け」を生み出すバランスを狙った結果です。Custom 24もこのPRSサウンドにのっとっており、メイプル&マホガニーボディの特徴である温かく明瞭な弦振動、24フレット仕様により引き締まったフロントピックアップのトーン、またトレモロ搭載によりストラトキャスターの様な軽やかな立ち上がりのあるキャラクターを持っています。

Custom 24のラインナップ

Custom 24

PRS Custom 24

PRSを象徴するモデルであり、また以下に続く各モデルの原型でもあります。美しさと機能美、そして多才なサウンドを両立させている設計は、確かにフェンダーやギブソンの影響が大きいとは言え、エレキギターのもう一つの完成形を示しており、他のブランドの手本にもなっています。フィギュアド若しくはフレイムメイプルが貼られたボディトップは滑らかで立体的なカーブを描くよう成形されており、木目の美しさを一層際立たせます。オプションとして、模様の非常に美しい「10top」を選択することもできます。

ボディバック、ネック共にマホガニーでローズウッド指板という仕様はギブソンゆずりですが、2015年モデルのCustom 24はヘッド一面にローズウッドの化粧板が貼られて指板との一体感が演出され、大変高級感のある外観になっています。化粧板が付けられるのは、Custom 24シリーズの中では本家のこのモデルだけです。
かつてPRSの大きな特徴であった「ロータリースイッチを使用したピックアップセレクタ」は廃止となり、そのかわりストラトキャスターを彷彿させる5点レバースイッチがマウントされています。この5点スイッチではそれぞれのハムバッカー単体、ハムバッカー同士のハーフトーンに加え、リアハム+フロントシングルのハーフ、リアシングル+フロントシングルのハーフを得ることができます。ピックアップには50年代のヴィンテージピックアップに可能な限り迫った「59/09」がマウントされています。

Custom 24 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Custom 24 Floyd Rose

PRS Custom 24 Floyd Rose

より激しいプレイ、またよりテクニカルなプレイをサポートするためにアレンジを加えたCustom 24で、オリジナル・フロイドローズをマウントしていることが最大の特徴になっています。しかしそれだけではありません。ネックにかかる弦のテンションが大きく動くことから、この変化に耐えるためにネック材はメイプルに変更、ピックアップは専用に開発されたメタル仕様ピックアップを搭載、指板は精悍なエボニーに変更するなど、本来の仕様を大幅に変更することで、ハードロック/ヘヴィーメタルのプレイヤーに特にアピールする仕様になっています。5点レバースイッチの仕様はCustom 24と同一で、トーンバリエーションに富んでいますからハードな音楽性に限らず幅広いジャンルで使用できます。

Floyd Custom 24 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

S2 Custom 24

PRS S2 Custom 24

廉価版であるSEと通常版(=Core Model)のちょうど間のグレードとして近年デビューしたS2シリーズの中にも、Custom 24はラインナップされています。S2版はメイプル&マホガニーボディ+マホガニーセットネック、ローズ指板、ロッキングチューナーという基本的仕様はそのまま受け継いでいますが、トップのフィギュアドメイプルは「ベベルド」と言ってエッジを斜めにカットしており、コアモデルとの外観上の大きな違いになっています。
コントロール系はオリジナルと異なっており、3点レバースイッチでピックアップを切り替え、トーンポットが両方のピックアップをタップするスイッチになっています。

S2 Custom 24 を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

SE Custom 24

PRS SE Custom 24

初心者でも手が届きやすい価格帯のエントリーモデル「PRS SEシリーズ」のCustom 24。S2版のモデルとなったベベルドトップで、またメイプルネックになっています。廉価版であるためペグにロック機能はありませんが、すべてのパーツがPRSによる設計のもとに製造されています。ピックアップはPRSのかつての代表的ピックアップであったHFSトレブル(リア)とヴィンテージベース(フロント)をSEシリーズ専用にアレンジしたものが採用されており、バンドサウンドの中でも埋もれないくっきりとした明瞭なサウンドキャラクターを持っています。タップしたサウンドも決してオマケではない、使えるサウンドになっており、これは以下に続く7弦仕様とフロイドローズモデルにも同様に搭載されています。


PRS SE Custom24をギター博士が弾いてみた!

SE Custom 24 を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

PRS SE SVN

PRS SE SVN

7弦仕様のSE Custom24。クリアかつパワフルなローエンドを実現、ハードテイル(=トレモロレス)になっており、トレモロシステムを搭載させるためのザグりが開けられていない分だけ弦振動のダイレクト感が強調されています。

SE Custom 24 を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

SE “Floyd” Custom 24

PRS SE Floyd Custom 24

上記SE Custom 24にフロイドローズ・トレモロユニットを搭載させたモデルですが、コアモデルと異なり基本仕様はあまり変更されておらず、ネック材がマホガニーになっていることのみにとどめられています。ですからハードロック/ヘヴィメタル方向に行かないプレイヤーも安心して使用することができます。

SE “Floyd” Custom 24 を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

SE Custom 24 Zebrawood

PRS SE Custom 24 Zebrawood

ボディトップ材のメイプルにゼブラウッドをはり合わせた2018年モデル。基本的なスペックは「SE Custom 24」と同様です。

SE Custom 24 Ziricote

PRS SE Custom 24 Ziricote

ボディトップ材のメイプルにジリコテをはり合わせた2019年モデル。こちらも基本スペックは「SE Custom 24」と同様となっています。