2024年6月に登場した注目のギター系機材

[記事公開日]2024/7/10 [最終更新日]2024/7/10
[ライター]林慶一郎 [編集者]神崎聡

この記事では2024年6月に国内で発売(または取り扱い)が開始された新製品をまとめて紹介していきます。


  1. エレキギター
  2. アコースティックギター
  3. アンプ
  4. コンパクトエフェクター
  5. DTM
  6. アクセサリー

エレキギター

Fender / 2024 Collection MADE IN JAPAN HYBRID II

MADE IN JAPAN HYBRID II 2024

今年3月に先行ラインナップが発表された「2024 Collection MADE IN JAPAN HYBRID II」ですが、6/21に全ラインナップが公開、発売されました。フレイムメイプルトップやHSS、SH配列のストラトキャスターやテレキャスター、PJ仕様のジャズベースなど特徴的で幅広く使用できるモデルが多くラインナップされています。各モデルのスペック等は下記の表を参考にしてください。
※一部の製品はFenderオフィシャルショップでの限定販売となっています。

2024 COLLECTION MADE IN JAPAN HYBRID II ラインナップ

画像 製品 ボディ ネック 指板 ピックアップ カラー/td>
Stratocaster FMT Made in Japan Hybrid II Stratocaster FMT トップ:フレイムメイプル
ボディ:アルダー
メイプル ローズウッド or メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Stratocaster(x3) セレスタ・ブルー、サンセット・オレンジ・トランスペアレント、トワイライト
Telecaster FMT Made in Japan Hybrid II Telecaster FMT トップ:フレイムメイプル
ボディ:アルダー
メイプル ローズウッド or メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Telecaster(x2) セレスタ・ブルー、サンセット・オレンジ・トランスペアレント、トワイライト
Telecaster SH Made in Japan Hybrid II Telecaster SH アルダー メイプル ローズウッド or メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Telecaster
Hybrid II Custom Voiced Humbucking
3カラー・サンバースト、ブラック、ヴィンテージ・ナチュラル、フォレスト・ブルー、オリンピック・パール、モデナ・レッド
Jazzmaster FMT Made in Japan Hybrid II Jazzmaster FMT トップ:フレイムメイプル
ボディ:アルダー
メイプル メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Jazzmaster(x2) セレスタ・ブルー、サンセット・オレンジ・トランスペアレント
Jazzbass FMT Made in Japan Hybrid II Jazzbass FMT トップ:フレイムメイプル
ボディ:アルダー
メイプル メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Jazzbass(x2) セレスタ・ブルー、サンセット・オレンジ・トランスペアレント
Jazzbass PJ Made in Japan Hybrid II Jazzbass PJ アルダー メイプル ローズウッド or メイプル Hybrid II Custom Voiced Single Coil Jazzbass
Hybrid II Custom Voiced Single Coil p bass
3カラー・サンバースト、ブラック、ヴィンテージ・ナチュラル、オリンピック・パール、モデナ・レッド、フォレスト・ブルー


2024 COLLECTION MADE IN JAPAN HYBRID II SERIES

※既に発表済みのラインナップ情報はこちらをご参考ください。

2024年4月に登場した注目のギター系機材

Fender / Susan Tedeschi Telecaster

Susan Tedeschi Telecaster

「Fender」は複数回のグラミー賞受賞経験を持つ「スーザン・テデスキ」の愛用している「American Standard Telecaster 1993」をベースに開発された「Susan Tedeschi Telecaster」を発表しました。カリビアン・ミストフィニッシュが印象的なアルダーボディにモダンCシェイプのメイプルネック、ミディアムジャンボフレットを採用したスラブ・ローズウッド指板に”Custom Susan Tedeschi Single-Coil Tele”ピックアップを2基搭載し、ソウルフルな温かさとブルージーな力強さを持っており、TBXトーンサーキットによってアンサンブルの中でも自分のトーンを際立たせることができます。


Exploring the Susan Tedeschi Telecaster | Artist Signature Series | Fender

PRS / SE NF3

PRS SE NF3

「PRS」のコストパフォーマンスに優れた「SE」シリーズに新しく「NF3」が追加されました。フラットトップで作られたソリッド・ポプラボディ、25″のワイド・シンメイプルネック、10″ラジアスのローズウッド or メイプル指板に最大の特徴となる”Narrowfield DD S”ピックアップを搭載、強く歪ませた際に生じるハム・ノイズを低減し、従来のシングル・コイル・サウンドでの演奏が可能になっています。さらに5ウェイスイッチとの組み合わせによってロック、ブルース、ゴスペル、カントリー、ジャズなど幅広いジャンルで活躍できるエレキギターです。ガン・メタル・グレイ、アイス・ブルー・メタリック、メタリック・オレンジ、パール・ホワイトの4カラーがラインナップされています。


【※日本語字幕付き】The SE NF3 | Demo | PRS Guitars Japan

Sterling by MUSICMAN / AX3FMに新色が追加

MUSICMAN AX3FM ピンク
※ステイン・ピンク

MUSICMAN AX3FM トランスブラック
※トランス・ブラック

「Sterling by MUSICMAN / AX3FM」に新カラーとなる”ステイン・ピンク”と”トランス・ブラック”が追加されました。「AX3FM」はジャボンボディ(既存カラーのネプチューン・ブルーはポプラボディ)にフレイム・メイプルトップ、25.5″のハード・メイプルネックに12″ラジアス、22フレットのハード・メイプル指板に”2 Alnico Humbuckers”を搭載した2ハム、5ウェイスイッチ仕様となっており、汎用性も高く、特にロック系サウンドに適したエレキギターです。レスポールやストラト、テレキャスター以外のボディで個性を出したい方にもおすすめなモデルとなっています。


Sterling by Music Man: Axis Demo (ft. Andrea Ferrero) – AX3QM

アコースティックギター

YAMAHA / FS9

YAMAHA FS9 R
※FS9 R

YAMAHA FS9 M
※FS9 M

「YAMAHA」から2023年に発売されたフラッグシップモデル「FG9」のボディをコンサートスタイルにした「FS9」が発売されました。トップには単板のアディロンダック・スプルース、サイドバックにはインディアン・ローズウッド(FS9 R)もしくはアフリカン・マホガニー(FS9 M)、新しい構造デザインであるボルトオン・ネックジョイントを採用したマホガニーネック、R400mmの指板にはエボニーを、ナットとブリッジは牛骨、ペグは”Gotoh SXN510″を装備しています。従来のFSシェイプよりも裏板の厚さを増したことによりボディ鳴りを強化しており、「FS9」の特徴の一つであるテーパーエッジ加工によって力強いサウンドと繊細なサウンドの両立を実現しました。


Yamaha | FS9 Acoustic Guitars

アンプ

Gibson / Falcon

Gibson Falconシリーズ

「Gibson」がヴィンテージ・トーンを再現したアンプ「Falcon 5」と「Falcon 20」の国内販売を発表しました。1950〜1960年代のGibsonアンプを彷彿とさせるデザインとサウンドとなっており、「Mesa Boogie」の創設者である「ランドール・スミス」との共同開発によって生み出され、「Falcon 5」は7Wと3Wの出力切り替えが可能であり、10インチの”Jensen Blackbird”40アルニコ・スピーカーと6V6パワーチューブ(x1)、12AX7プリアンプチューブ(x3)を搭載、「Falcon 20」は12インチの同スピーカーと6L6(x2)、12AX7(x4)を搭載、さらにDuo-Class配線によって12W、5W、1Wの切り替えが可能になっており、オールチューブ・トレモロとオールチューブ・リバーブも搭載しています。


ギブソンアンプのご紹介: Falcon 5 & Falcon 20 真空管アンプ

Mesa Boogie / Mark VII

Mesa Boogie Mark VII

「Mesa Boogie」の最新モデル「Mark VII」の国内販売が開始されました。旧モデル「Mark V」(「Mark VI」はプロトタイプが開発されていたが未発売)から更に様々なジャンルに適応できる最高のトーンに進化しており、歴代のブギーアンプを踏襲した仕様にプラスしてコンパクトなデザインやインターフェイス機能も充実、”CabClone IR DI Direct Interface”の内蔵が最大の特徴です。ヘッドアンプである「Mark VII Head」はMulti-Wattを採用し、25、45、90Wに出力を切り替え可能、4基のMesa 6L6(もしくはEL34)、5基のMesa 12AX7を搭載、MESA 1×12キャビネット、4×12キャビネットが推奨されています。コンボアンプ「Mark VII 1×12 Combo」も同様のスペックであり、12インチのスピーカーを1基搭載したモデルです。


MESA/Boogie Mark VII

コンパクトエフェクター

Xotic / AH-Booster

Xotic AH-Booster

アメリカのジャズ、フュージョンギタリスト「アレン・ハインズ」のシグネイチャー・ペダル「Xotic / AH-Booster」が発売されました。アレン氏が長年愛用してきた「Xotic / AC-Comp」をベースに開発され、3つのコンプレッション・モードを搭載し、ギターやアンプの特性によって切り替えることで最高のトーンとレスポンスを得ることができます。9VDCでも使用可能ですが、18VDCまで電圧を上げることのできる別売りのコンバーターを使用すればヘッドルームを広げ、コンプレッション感を少なくすることも可能です。世界限定1,000台となっているため気になる方は早めにチェックしておきましょう。


AH booster Allen Hinds

DTM

steinberg / UR22C BOCCHI EDITION

UR22C BOCCHI EDITION

「steinberg」とアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」コラボモデルとして「UR22C BOCCHI EDITION」が発表されました。主人公の後藤ひとりが愛用するオーディオインターフェイスとして作中にも登場した「UR22C」に後藤ひとりや通称ツチノコぼっちがデザインされた仕様となっています。「UR22C」は32-bit/192kHzに対応し、ハイクオリティな録音と再生だけでなく、iPadやiPhoneでも使用可能であり、様々なDAWにも対応、ループバック機能も搭載しているため、録音だけでなく、配信にも使用できる汎用性の高いオーディオインターフェイスです。受注生産品となっているため、特にアニメを見てDTMを始めてみたい方には非常におすすめなモデルとなっています。

アクセサリー

Fishman / MICK THOMSON SIGNATURE SERIES 6-STRING PICKUP SET

MICK THOMSON SIGNATURE PICKUP

「Slipknot」のギタリスト「ミック・トムソン」のシグネイチャーピックアップセット「Fishman / MICK THOMSON SIGNATURE SERIES 6-STRING PICKUP SET」が発売されました。ハードかつヘヴィなハイゲイン・サウンドを再現するために開発されており、ネックピックアップはスムーズで厚みのあるハムバッカーアクティブトーン、ローミッドが強調されたヴィンテージプラスサウンドのパッシブトーン、クラシカルなシングルコイルトーンが、ブリッジピックアップにタイトなハムバッカーアクティブトーン、パンチの効いたホットなパッシブハムバッカートーン、シングルコイルトーンのボイシングが詰め込まれています。配線することによって切り替えも可能となるため、非常にユニークなピックアップです。


Mick Thomson (Slipknot) Fishman Fluence Pickups Signature Series | Playthrough

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。