エレキギターの総合情報サイト

エレキギター > 新着記事 > 9ページ目

新着記事を順番に見る

  • 2015年8月29日

    ノイズゲートとは

    ノイズゲートとは「大きな音声信号だけを通し小さな信号はカットするエフェクター」のことです。エレキギター特有の「ジー」という誘導ノイズをはじめ、ギターを演奏する上で不必要と思われるノイズをカットするために使われます。

  • 2015年8月24日

    【寺田楽器訪問インタビュー】「提案するOEM」エレキギター編

    古くからギターのOEM生産を続けている寺田楽器。しっかりとした作りは永年の信頼があり、「寺田楽器製」がひとつのブランド視されることもあります。今回の訪問インタビューでは、この寺田楽器で営業/生産管理を担当している石塚亮さんにお話をお伺いしました。

  • 2015年8月13日

    Crews Maniac Soundについて

    クルーズのギターは、長野県の飛鳥工場(ディバイザー)と愛知県の寺田楽器で生産されます。いずれも技術力の高さで知られる国内メーカーですが、クルーズの場合社長の吉岡喜久夫氏自ら工場に出向き、クラフトマンに直接指導しています。

  • 2015年8月10日

    Sago New Material Guitars

    Sagoのギターに使用するマテリアルとして最も特筆すべきなのが「サーモウッド」、そのほか極薄のウレタンフィニッシュ/光るポジションマーク/Term Kingなど/独自性の高いエレキギターを製造しており、外的要因に影響を受けにくい安定感と高いプレイアビリティに定評があります。

  • 2015年8月9日

    Psychederhythmのギターについて

    サイケデリズムのラインナップはフェンダースタイルを中心に多岐に及んでおり、また小ロット生産のためマテリアルやパーツ、カラーリングなどを変更したさまざまなバリエーションのものがリリースされています。サイケデリズムを統括する石田紀之氏に、それぞれのモデルに対する思いをコメントして頂きました。

  • 2015年8月7日

    真空管アンプヘッドでレコーディング!宅録にオススメしたいダミーロード特集

    みなさんの中で、楽曲制作している時に「自前のアンプヘッドで宅録できればいいのに…」と思っている方は多いのではないでしょうか。そこでオススメしたいのが真空管アンプヘッドに「ダミーロード」と「キャビネットシミュレーター」を組み合わせた自宅レコーディングです。

  • 2015年7月25日

    ミュートの練習

    「フレーズに必要ない無駄な弦の音を出さない」「音色に強弱をつけるためのアクセントにもなる」という奥深く高度な技量を必要とするギターのミュート。様々なシチュエーションでのミュートのコツを解説!

  • 2015年7月24日

    エフェクターでのギターソロの音作り《ギター博士流》

    ギターソロの音作りの時、どんなエフェクターを使うといいか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。今回ギター博士が、歪んだ音/クリーントーンの両方のギターソロの音作りについて紹介しています。博士が普段やっているセッティングを参考にしてみてください!

  • 2015年7月19日

    《楽器は耳で作る》東京恵比寿「Psychederhythm」のこだわり

    キャラの立ったルックスと現代のポピュラーミュージックにマッチしたプレイアビリティ、豊かに響くサスティン、プレイヤー次第で千変万化する柔軟なサウンドを持ち味とするギターブランド「Psychederhythm」。東京恵比寿のショップにて店長である石田紀之さんにインタビューしました。

  • 2015年7月17日

    《初心者必見!》はじめてのエフェクター

    これからエフェクターを使ってみたい!けど、エフェクターも色々な種類があるみたいで、それぞれどんな音が出るのかわからない…というエフェクター初心者のために、当サイトに登場するギター博士がこれまで弾いてきたエフェクター動画を一挙紹介!

  • 2015年7月6日

    PRS Private Stock(プライベートストック)について

    PRSのプライベートストックは、売り物にしたくないくらいにグレードの高いマテリアルを使用した、という意味を持つPRSの最高級グレードです。大人の趣味の一つに、自分のギターを眺めながらお酒を飲むというのがありますが、プライベートストックが肴なら、かなりおいしく飲めそうです。

  • 2015年7月1日

    小型モデリング・アンプについて

    デジタル技術の進歩によって、今では1台のアンプで異なるタイプのアンプサウンドやエフェクトを搭載した「モデリングアンプ」が登場しています。このページでは自宅での練習や演奏に最適な小型のモデリングアンプをいくつか紹介していきます。

  • 2015年6月23日

    トレモロ・エフェクターについて

    トレモロ・エフェクターの種類、基本操作、どんな時使うペダルか、トレモロとビブラートの違い、エフェクターの接続順などについて解説。その他、定番・ハイエンド・格安・おすすめトレモロなどを紹介しています。

  • 2015年6月10日

    ギター博士の練習曲〜初心者編〜

    このページではギター初心者が1曲通して弾くのに最適な、ギター博士による練習曲を用意しました!それぞれ動画にTab譜も掲載してありますが、別でPDFファイルも用意しています。ダウンロードしたり、プリントアウトしたりして、練習してみて下さいねっ!!

  • 2015年6月3日

    Dean Guitars(ディーン・ギターズ)

    ディーンの変形ギターは、一目で「ディーンだ」と分かるほど特徴的で存在感のあるデザインでありながら高度に洗練された美しさがあり、またヘッド落ちに悩まされるなどの心配の無い重量バランスを実現しています。

  • 2015年5月29日

    Sugi Guitars

    Sugiのギターは木材に対する深いこだわりを反映させた、見た目の美しさとトーンを特徴としています。多くのジャンルをカバーできる、また状態が安定しており信頼ができる優秀な楽器を求めるプレイヤーに支持されています。

  • 2015年5月22日

    PRS SEシリーズについて

    サンタナ氏が、創業者ポール・リード・スミス氏に「学生でも手に入れられる低価格で、PRSの高品質が味わえるギターが作れないか」と提案したことから、開発が始まった「SE」。このページではSEの特徴やラインナップ、主な使用ギタリストについて紹介していきます。

  • 2015年5月21日

    PRS Core Models(コア・モデル)

    PRSの「コア・モデル」は、トップグレードの「プライベート・ストック」に次ぐ、PRSの標準的なグレードのラインナップです。標準的といっても高級ブランド内の標準ですので、他のブランドに比べると遥かに高額に感じるかもしれません。

  • 2015年5月18日

    PRS S2シリーズについて

    PRS S2は、「これまで手が届かなかったユーザーにUSA製のPRSを届ける」ことをコンセプトに開発された、PRSの価格を抑えたグレードです。人気のCustom 24など上位機種を踏襲したモデルが人気ですが、S2にしかないモデルもあり、このグレードの存在意義を発揮しています。

  • 2015年5月16日

    PRS Custom 24

    PRS Custom 24は、1985年の鮮烈なデビュー以来PRSの数あるラインナップの中で最も人気が高く、多くのギタリストにとって憧れの楽器になっています。美しいたたずまいとプレイアビリティ、そして幅広いサウンドキャラクターによって、このCustom 24で仕事をバリバリこなすプロミュージシャンも大変多くいます。

ギター博士と六弦かなで:LINEスタンプ