エレキギターの総合情報サイト

ベアナックルのピックアップってどんなの?

Bare Knuckle Pickups

Bare Knuckle Pickups(ベア・ナックル・ピックアップ)は、イングランドのギタリスト、Tim Mills氏によるプライベートな製作より始まりました。同氏は自身が長いキャリアを誇るベテランのスタジオミュージシャンでもあり、その経験に基づいて、より幅広いレンジを持ち、多様なジャンルをカバーできるピックアップの必要性を感じ、開発をスタートさせます。

そのような経緯で作られたピックアップは、非常に高い評価を得るにいたり、故ゲイリー・ムーア氏など、有名なギタリストにも使用者が見られ始めます。現在ではヴィンテージ系サウンドを持つオールドスタイルなものから、ジェントと呼ばれるプログレッシブメタル系アーティストのシグネイチャーモデルまで、まさに多種多様というに相応しい、充実したラインナップを誇ります。

2000年代中盤ごろから、日本国内に流通が始まり、2010年代に入ってくると大手楽器店での取り扱いも見られるようになりました。現在でもイギリス国内の本社で、数少ない職人が一つ一つをハンドワイアードで作るというブティックスタイルを変えることなく、世界最高峰のピックアップを作り続けています。

ベアナックル・ピックアップの特徴

The Mule

パワーの大小などは製品によって異なりますが、どのモデルにも共通してみられる点があります。その中でも最大の特徴は、創業者のTim Mills氏が最初の命題として置いた「レンジの広さ」であり、それに伴う抜群のヌケの良さや明瞭さです。それに加えて、ピッキングのダイナミクスやギターのボリュームに対しての追従性の高さ、そして歪ませた時にも音がつぶれずにしっかりとした芯を残す点など、優れたピックアップに要求されるポイントを高いレベルで持ち合わせています。

また、カラーバリエーションが豊富な上、ハムバッキングカバーなどを自由に変更することもできます。特にハムバッキングピックアップ用のカバーは種類が豊富で、通常のクローム、金メッキの他、メタル系に合わせた攻撃的でダークなデザインのもの、ブルース系に合わせてエイジド加工された風合いを持つものなど実に多彩。外観について自分なりのこだわりを追求できるところもまた、一つ一つがハンドメイドである故の利点でしょう。イギリスの公式サイトには、世界で唯一とも言える、ピックアップのカスタムをウェブ上で行えるフォームが存在します。

搭載されているギター、ギターブランド

標準搭載されている量産ギターはあまり出回っていませんが、わずかながら存在します。メタル系のギターに多く、特にアーティストシグネイチャーではない一般的なシリーズに標準搭載したIbanezについては特筆に値します。また以下には紹介していませんが、MAYONES(メイワンズ)のギターにも搭載されている他、国内ハンドメイド・ギターブランドの中にもベアナックル・ピックアップを採用するメーカーが一部存在します。

Ibanez

Ibanez S5221BWE S5221BWE Prestige

メタル系からジャズ系まで幅広いラインナップを持つIbanezには、量販品ギターとして唯一通常ラインの製品にベアナックル搭載モデルがあります。メタル系に適した装備やフォルムで固められたRGA Axion Labelシリーズには「Aftermath」、Sシリーズの最高峰S5221BWE Prestige、RGシリーズのリバースヘッドモデルRGR5220などに「Brute Force」がそれぞれ標準で搭載されています。いずれもダウンチューニング、ヘヴィなリフに対応できるよう、深く歪ませた際の質感や低音域のタイトさに重点を置いているギターです。ちなみにBrute Forceは現在単体では生産されていないようです。

S5221BWEを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Jackson

Jackson HT6FM HT6FM

メタル系御用達の代表的ブランドJacksonにもベアナックルピックアップ搭載モデルが存在します。プログレッシブメタル系バンドの雄、Periphery(ペリフェリー)のギタリストMisha Mansoor(ミーシャ・マンソー)氏のシグネイチャーモデルに標準搭載されており、HT6FM、HT7FMにはこちらもシグネイチャー・ピックアップの「Juggernaut」が、HT6、HT7には「Ragnarok」がそれぞれ装備されています。

HT6FMを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Fender USA Johnny Marr Jaguar

Johnny Marr Jaguar

上記の二つのブランドとはまた毛色が違うのがこちら。80年代にthe Smithsのギタリストとしてシーンに影響を与えたJohnny Marr氏のシグネイチャーモデルで、65年製フェンダー・ジャガーをモチーフとしてスイッチ部分にモディファイが加えられたものです。ピックアップはベアナックル製Johnny Marr PUというオリジナルのものが搭載されていますが、このピックアップはベアナックルの標準ラインには載っておらず、このギターのためのオリジナルモデルです。

Johnny Marr Jaguerを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

ベアナックル・ピックアップのラインナップ

ハムバッカー

The Mule

Bare Knuckle The Mule

往年のギブソン・レスポールに搭載されたヴィンテージPAFをモチーフとしたピックアップ。広い再生レンジを持っており、ハムバッカーでありながらも高域は煌びやかさを保ち、低域はモコモコとせず、タイトでパンチのある音色を実現しています。PAFの良い部分を高いレベルで持ち合わせ、ハムバッカーのお手本とも言えるサウンドです。

The Muleを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す


Stormy Monday

ポール・コゾフ氏のサウンドを再現したピックアップ。上記のThe Muleと同じく、基本の路線はヴィンテージPAFですが、こちらはより出力を落とし、ギターの鳴りそのものに焦点を当てたような設計になっています。その結果、ハムバッカーでありながら、シングルコイル的なジャキッとしたブライトな雰囲気が若干ながら混ざっているのが特徴。セミアコ、フルアコなどに特に適しています。

Stormy Mondayを…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す


Aftermath

昨今のメタル系ギタリストから圧倒的支持を得るハムバッキングピックアップ。低音域のレスポンスが非常に良く、切り裂くような高速リフにしっかりと音が付いてくることに加え、歪みの細かさと芯の太さという、相反する要素のバランスが良いことなどがその理由でしょう。またクリーントーンを鳴らした時の、濁りのない音色は特筆すべきもので、ジャズなどに使われることがあるのも、そのクリアーな質感があってこそです。

Aftermathを…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す


Rebel Yell

スティーブ・スティーブンス氏のシグネイチャーピックアップ。ヴァン・ヘイレンのブラウンサウンドを基調とする80年代以来の良質なハイゲインサウンドをモチーフとしており、十分なゲイン量、豊かなハーモニクスなどを十分なレベルで確保し、オーソドックスながらも高品質で使いやすいピックアップになっています。

Juggernaut

ペリフェリーのMisha Mansoor氏シグネイチャー・モデル。滑らかなリードソロと切り裂くような低音リフ、そして美しいクリーントーンを高次元で実現したスペシャルなモデルで、その思想は上記のAftermathの延長上にあるものです。また、Misha Mansoorは締まったタイトな音色と良質なアタック感にもこだわっており、その部分をクリアしているところもこのピックアップの特徴と言って良いでしょう。

Juggernautを…
R楽天で探す


シングルコイル

Irish Tour

ヴィンテージ系のジャキジャキとしたシングルコイルのサウンドをそのままに、出力を上げたモデル。出力を上げると共に中低域がややファットになっているので、歪ませたときの気持ちの良いサウンドには素晴らしいものがあります。出力レンジの広さは損なっていないため、全体的に明るい質感を持っています。

Trilogy Suite

名前から想像できる通り、”イングヴェイ・スタイル”を目指したピックアップ。ヴィンテージ系からはかけ離れた設計になっており、シングルコイル特有の明るさやレンジの広さと、P-90を想起させる太さを併せ持った音色になっています。ディープな中低域に豊富な倍音が最大の特徴ですが、シングルコイルらしいクリアーな響きも失っていないため、クリーントーンから歪ませた音まで、非常に守備範囲の広い音が得られるピックアップです。

Trilogy Suiteを…
R楽天で探す


Slow Hand

こちらもその名前の通り、往年のエリック・クラプトン氏の音色をモチーフとしたピックアップ。ヴィンテージトーンをベースとしながらも、よりファットな中域に重きを置いており、粘っこく歪んだ70年代のクラプトン的ストラトトーンが得られます。ストラトでブルースロック的なソロを弾く際には、特に線の細さを解消でき、粘り気のあるトーンを得ることができる他、リア側にセットすることで常時音の細さを改善できます。

Slow Handを…
R楽天で探す



ベアナックルピックアップは、昨今氾濫する膨大なピックアップの中でも、孤高の地位を築いているブランドです。値段もそれなりに高価なので軽く試すというわけにはいきませんが、世界的評価の高さはそのクオリティの高さをそのまま示しているとも言えます。ピックアップを決めかねて悩んでいるというギタリストにとっては、一度試す価値は十分にあるでしょう。