エレキギターの総合情報サイト

Gretsch Streamliner Collectionのギターについて

Gretsch Streamliner Collection

2016年に発表されたグレッチの「ストリームライナー・コレクション」は、レトロなルックスと新開発のピックアップ、そして手に入れやすい価格を特徴とする新しいシリーズです。もともと「Streamliner」の名は1954年から1959年まで生産されてきたフルアコのモデル名で、代表機種G6120ナッシュビルの先祖に相当する由緒ある名前です。新しいシリーズ名に歴史あるこの名前を持ってくるあたり、グレッチの気合いが伝わってくるようですね。今回は、このストリームライナー・コレクションに注目していきましょう。


New Gretsch Streamliner Collectuin
3つのボディ形状に、トレモロの有無でそれぞれ2タイプ。これまでのグレッチのサウンドとは一味違う、太くて丸いサウンドが特徴です。

ストリームライナー・コレクションの特徴

ではさっそく、ストリームライナー・コレクションの特徴を見ていきましょう。

1) 新しいピックアップ「Broad’Tron」

G2622T Streamliner Torino Green G2622T Streamliner Torino Green

「ブロードトロン」ピックアップは、グレッチの代表的ハムバッカー「フィルタートロン」とギブソンのハムバッカー「P.A.F」との中間の「フィルタートロン寄り」を狙って設計されました。

「フィルタートロン」と「P.A.F」

フィルタートロンはクリアで、中高域が美しく響きます。クリーン/クランチ/オーバードライブあたりのサウンドで真価を発揮しますが、控え目な出力はディストーション以上のハイゲインには不向きと考えられています。
P.A.Fは現代におけるハムバッカーの先祖ともいえる名機で、ドライブサウンドと相性の良い高い出力と太いサウンドが特徴です。

ブロードトロンはフィルタートロンゆずりの中高域を継承しながら、しっかり歪ませられる高い出力、音の太さを持っています。工場出荷時はしっかりオンマイクにセットアップされており、太くてしっかり歪むサウンドが得られます。これを弦から離したオフマイクのセッティングに変えると、グレッチらしい澄んだサウンドが得られます。グレッチらしい済んだサウンドからグレッチらしくないファットなトーンまでカバーする、「広い(Broad)」という名にふさわしい守備範囲のあるピックアップだと言えるでしょう。
ギターのピックアップで音は変わる?

またフィルタートロンと違い、普通のハムバッカーと同じサイズになっています。万が一このピックアップが気に入らなければ、他のに交換してしまうこともできるわけです。


Gretsch Streamliner Center Block Double Cutaway Guitars
ギブソン系とは違う軽やかさのあるサウンドですが、グレッチのサウンドを聞きなれている人が聞くと、「これが本当にグレッチなのか?」と疑ってしまうほどの、太さと甘さのある音ですね。この動画のプレイヤーのように、ルーパーでしっかり「ノれる」伴奏を作るには、日々のたゆまぬリズムトレーニングが必要です。

2) 全機種「トーンポット回路」を採用

ストリームライナー・コレクションの電気系は、「トーンポット回路」に統一されています。この回路は「マスタートーン・ポット」を備え、ツマミの操作で無段階にトーンを調節できます。「そんなの普通じゃないか」と突っ込まれそうですが、グレッチでは3種類のトーンをスイッチで切り替えるもう一つの電気系「トーンスイッチ回路」と区別して、このように呼ばれます。トーンポット回路はこのほか、6弦側に3Wayのピックアップセレクター、1弦側にマスターボリュームを備え、ボディエンド側に各ピックアップのボリュームを備えています。

3) グレッチらしい存在感

G2655 Streamliner Flagstaff Sunset G2655 Streamliner Flagstaff Sunset

「ルックスあってこそグレッチ」という人も多いグレッチ。ストリームライナー・コレクションでもそこはしっかり押さえています。濃くてシックな色調こそ多いですが、

  • ヘッドの先からボディの末端までビシっと縁取るバインディング
  • ポジションを埋めてしまうほどにでかいブロックインレイ
  • 個性的なテールピース

といったような存在感のある意匠は、まさにグレッチならではです。ひときわ目を引くでっかいブロックインレイは、50年代のグレッチによく見られた意匠です。現在こうしたインレイを採用しているギターはなかなか珍しく、ストリームライナー・コレクションのアイデンティティを主張するポイントになっています。

グレッチといえば「デザインが刻まれた金属製のコントロールノブ」も重要な意匠です。これに対してストリームライナー・コレクションでは、ギブソンに見られる「スピードノブ」に近いプラスチック製のノブが使われます。やや大きめに作ってあり、存在感は充分です。

ボディに空けられた「Fホール」がちょっと小さめなのも、ルックス上のポイントです。しかし見た目だけでなく、小さめのFホールには生鳴りを抑え、ハウリングを防止する効果があります。

4) 3つのボディタイプ

Gretsch Streamlinerのボディタイプ 左から:G2420T Walnut Stain、G2622T Aged Blooklyn Burst、G2655T Golddust

ストリームライナー・コレクションは、ネックやピックアップなど基本仕様は共通で、ボディ構造に

  • G2420 Hollow Body:完全ホロウボディ(フルアコ)、シングルカッタウェイ
  • G2622 Center Block:ボディの中心にセンターブロックを持つホロウ構造(セミアコ)、ダブルカッタウェイ
  • G2655 Center Block Jr.:小さめのセミアコ、ダブルカッタウェイ

という大中小3つのバリエーションを持っています。ボディサイズが大きくなるにつれてサウンドは太く丸くなり、小さくなるにつれて引き締まっていきます。

ボディサイズが最大の「ホロウボディ」はグレッチといえばコレ、と言いたくなる定番のサイズで、ジャズでも通用する太くて甘い音を持ちます。そこからサイズダウンするに従って、サウンドが引き締まっていきます。

セミアコ本家だるギブソン「ES-335」のセンターブロックには硬質で重いメイプル材が使われますが、ストリームライナー・コレクションでは柔らかく軽量なスプルース材が使用されています。この材質の違いによって、「センターブロック」と「センターブロックJr.」は芯のある硬さがありながら、やはり柔らかい成分を多く含んだ独特のサウンドを手に入れました。


Gretsch Streamliner G2420 Single Cutaway Hollow Body Guitars
ジャズ系のメロウなトーンがありながら「いかにもジャズ専用」というルックスではない、ということは、ギタリストによってはひとつのメリットになります。歪ませても味わい深いですね。

5) オクターブ調整がビシっと設定できる

ストリームライナー・コレクションは、全機種で「アジャストマチック・ブリッジ」が採用されています。これはギブソンのTOM(チューンOマチック)ブリッジと同様の設計で、弦ごとにオクターブチューニングの調整が可能です。

また、それぞれブリッジがボディに固定されるので、パワフルな演奏でブリッジの位置が変わってしまってチューニングが崩壊する、ということが起きません。

6) 受け入れやすいネックと木材構成

ストリームライナー・コレクションは、

ネック仕様

  • 弦長75インチ(628mm)
  • ナット幅6875インチ (43mm)
  • 指板R12インチ(305mm)
  • フレット数22
  • 薄めのUシェイプグリップ

木材構成

  • ネック:ナトー(マホガニーの代替材)
  • 指板:ローズウッド
  • ボディ:メイプル合板

というオーソドックスな寸法と木材で統一されています。このオーソドックスさは他の楽器から違和感なく持ち替えるのに有利で、また特定のジャンルに限定されない柔軟性があることも意味します。

7) さらに手に入れやすい価格を実現

グレッチは高級ブランドであり、新品で購入するには普通なかなかの努力を必要としますが、「Gretsch Electromatic」シリーズはここに挑戦し、大幅な価格圧縮を実現しました。ストリームライナー・コレクションはここにさらに挑戦し、思い切った低価格化を実現しています。

エレクトロマチック ストリームライナー
ホロウボディ ¥158,000 ¥110,000
センターブロック ¥185,000 ¥110,000
センターブロックJr. モデルなし ¥110,000

表:エレクトロマチックとストリームライナーの価格比較(2018/8時点)

上の表は、「クローム(シルバー)パーツ」、「ビグスビー搭載」というモデルをピックアップして、その定価を並べています。高級感を残しつつも、ストリームライナーはかなり頑張っていることがわかりますね。


Gretsch Streamliner Center Block Jr.
「小さめセミアコ」は、グレッチでは今の所ストリームライナーのみの新しいギターです。このサイズでも、「歪ませながらも和音プレイが美しく響く」というハコモノの恩恵がしっかり得られます。ただし多少の「ヘッド落ち」があるので、立って弾く場合には構え方やストラップの工夫が必要です。

グレッチ・ストリームライナー・コレクションのラインナップ

ではいよいよラインナップをチェックしていきましょう。ストリームライナー・コレクションのラインナップは、3タイプのボディ構造とビグスビーの有無による、6タイプです。

G2420 ホロウボディ

G2420 Streamliner Hollow Body with Chromatic II Tailpiece

Gretsch G2420 Streamliner

G2420T Streamliner Hollow Body with Bigsby

Gretsch G2420T Streamliner

G6120ナッシュビルと同等のボディサイズを持つ「G2420 ホロウボディ」は、クロマチックII・テールピース搭載機でブラックとサンバーストの2色、ビグスビー搭載機でウォルナットステイン、レッド、ゴールドの3色から選択できます。

「クロマチックII・テールピース」は、弦を斜めに並べることで弦張力を補正し、演奏性を高める効果があります。

このタイプのギターの場合、ブリッジは弦張力で押さえつけられているだけなのが普通です。しかしこのホロウボディの場合、ブリッジのスタッド(足)が木製のブリッジベースを貫通して、ボディトップに刺さっています。よって「ブリッジ移動」に怯えることなく、安心して演奏できます。

G2420を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

G2622 センターブロック

G2622 Streamliner Center Block with V-Stoptail(左用あり)

Gretsch G2622 Streamliner

G2622T Streamliner Center Block with Bigsby

Gretsch G2622T Streamliner

ES-335同様のボディサイズを持つ「G2622 センターブロック」は、Vストップテール搭載機でブラックとウォルナットステイン、限定色のグリーンという3色、ビグスビー搭載機でトリノグリーン、レッド、限定色のウォルナットステインという3色から選択できます。

V字に曲げられた「Vストップテール」は、グレッチ最上位モデル「ファルコン」と「ペンギン」で使用される「Gキャディラック・テールピース」のV字の意匠から着想を得た、グレッチ独特のデザインです。

センターブロックの存在によって、セミアコはボディトップにパーツを直接ネジ留めできます。このことから、アジャストマチック・ブリッジはボディに直接設置され、またビグスビーはテンションバーを使用する「B70」が採用されています。こうした設計はフルアコのものに比べ振動伝達の効率が良く、また弦張力が上がるので音に「張り」が加わります。

G2622を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

G2655 センターブロックJr.

G2655 Streamliner Center Block Jr. with V-Stoptail

Gretsch G2655 Streamliner

G2655T Streamliner Center Block Jr. with Bigsby

Gretsch G2655T Streamliner

上記「センターブロック」のボディサイズをキュッと縮めた小さめのセミアコ」は、今の所こちらのストリームライナー・コレクションにしかありません。「センターブロックJr.」は、Vストップテール搭載機でトリノグリーン、レッドの2色、ビグスビー搭載機でゴールド、ブラック、ウォルナットステインの3色から選択できます。また、こちらのモデルのみ、コントロールノブにブラックが採用されています。

ボディサイズは同社の「ダブルジェット」よりちょっと大きめ、というところにとどまっていますから、ふつうサイズのエレキギターに近い弾き心地で、セミアコのエアー感を味わうことができます。

ブリッジがボディトップに直接設置されるのは上記「G2622 センターブロック」と同様ですが、ビグスビーについてはトップマウント型の「B50」が選択されています。

G2655を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す


以上、50年代のルックスと新しいピックアップを組み合わせ、さらなる価格破壊を実現させたストリームライナー・コレクションをチェックしていきました。すでに楽器として完成してしまった感のあるホロウ/セミホロウという分野では、新しいものはなかなか作りにくいのがメーカーの悩みです。しかしグレッチはこれに挑み、見事に新機軸を打ち立てることに成功したと言っていいでしょう。

ストラトキャスターレスポールがいくら売れても、頑としてソリッドギターに行かなかったグレッチが見せた、新しいギター。ショップで見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。