エレキギターの総合情報サイト

メイドインジャパンのフェンダー・テレキャスター徹底分析!

MADE IN JAPAN HERITAGE シリーズ

MADE IN JAPAN HERITAGE テレキャスター

MADE IN JAPAN HERITAGE Telecaster:ボディバック

「メイドインジャパン・ヘリテイジ」は、かつての名機の姿を可能な限り再現することを目指すシリーズです。各部にヴィンテージ・スタイルをしっかり採用した上、USA製品から得たデータに基づいて設計されており、実在のヴィンテージギターと同一の形状を達成しています。またネックシェイプとピックアップに各年代ごとの特徴を反映させ、カラーリングについてはその色調に至るまで、しっかり再現しています。

MADE IN JAPAN HERITAGE Telecaster:ネック

MADE IN JAPAN HERITAGE Telecaster:ピックアップ

ネックについては共通して、ナット幅約41mmという細めの寸法です。ボディもネックもトップコートにラッカー塗料を使用しているため、時を経るに従ってゆっくり育っていく経年変化を楽しむことができます。
各年代それぞれに合わせて設計された専用ピックアップは、配線「フォームバー(Formaldehyde Varnish)」やエナメル線など、当時のものに限りなく近い材料を選定しています。

Made in Japan Heritage 50s Telecaster

Made in Japan Heritage 50s Telecaster

「ヘリテイジ」版の50Sテレキャスターは、アッシュボディ、1ピースメイプルネック、1952年の形状を再現したネックシェイプ、50年代式の専用ピックアップ、ブラス製3連サドル、という構成です。カラーリングはホワイトブロンドと、定番色のバタースコッチブロンドの2タイプあります。ツマミ類もこの年代に採用された仕様に従っているほか、サドルのイモネジにマイナスネジを採用するというマニアックなところまで再現されています。

Made in Japan Heritage 60s Telecaster Custom

Made in Japan Heritage 60s Telecaster Custom

「ヘリテイジ」版の60Sテレキャスターは、アルダーボディ、ローズ指板、60年代を象徴するCシェイプネック、60年代式の専用ピックアップ、鉄製3連サドル、という構成です。この年式のサドルは「Threaded(スレッデッド。ネジ山のある)」と呼ばれる通り、ネジのギザギザが刻まれているのが特徴です。カラーリングは3カラーサンバースト1択です。

Made in Japan Heritage 60s Telecaster Thinline

Made in Japan Heritage 60s Telecaster Thinline

「ヘリテイジ」版の60Sテレキャスター・シンラインは、アッシュボディ、貼りメイプル指板、60年代を象徴するCシェイプネック、60年代式の専用ピックアップ、鉄製3連サドル、という構成です。シンラインの誕生は、60年代でも終わりがけの1968年です。そのため3連サドルは「Slotted(スロッテッド。ミゾがある)」と呼ばれる、弦を受け止めるミゾが刻まれます。またこの年式のシンラインでは、フロントピックアップの両脇に高さ調節ネジが付きます。


《伝統と、終わりなき探求を》Made in Japan Heritage Series
カスタムショップなどUSA製品の設計で使われるものと同じデータをもとに設計されているとは、とても頼もしい話です。

Made in Japan Heritage Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

MADE IN JAPAN HYBRID シリーズ


Fender American Vintage 1958 Telecaster Demo | Fender
ハイブリッド・シリーズに搭載されているピックアップはこのギターのものです。鋭さの中に一本筋の通ったサウンドですね。

「ハイブリッド」シリーズは、ヴィンテージ・スタイルの本体にモダン要素を取り入れた全く新しいシリーズです。21フレット仕様やブラス製3連サドルといったクラシカルなスタイルを残しながら、やや厚みのあるUシェイプネック、は裏側の塗装が滑りの良いサテン仕上げ、標準的なナット幅42mm、平滑な250mm指板R、押弦やチョーキングに有利なミディアムジャンボフレットといった現代的な弾き心地を備え、さらにはロック式ペグまで装備しています。また4Wayセレクタスイッチを取り入れることで2基のピックアップを直列/並列で鳴らすことができるなど、サウンドバリエーションが増強されています。シングルコイルには共通して1958年式アメリカン・ヴィンテージ・テレキャスターのピックアップが採用されていますから、弾き比べると木材やボディ構造の違いによる音の違いをチェックできます。

Made in Japan Hybrid 50s Telecaster

Made in Japan Hybrid 50s Telecaster

50年代モデルは、アッシュボディとメイプル指板の組み合わせで、カラーはナチュラルやホワイトなど落ち着いた色調となっています。ブリッジのブラスサドルは共通仕様ですが、イモネジがマイナスネジとなっており、マニアックなところでレトロな雰囲気を醸し出しています。

Made in Japan Hybrid 50s Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Hybrid 60s Telecaster

Made in Japan Hybrid 60s Telecaster

60年代モデルは、アルダーボディとローズ指板の組み合わせで、定番色をカバーしながら、キャンディアップルレッドやサーフグリーンなどポップな色調も用意されています。ブリッジにはアメリカン・ヴィンテージ・シリーズのものが採用されています。

Made in Japan Hybrid 60s Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Hybrid Telecaster Deluxe

Made in Japan Hybrid Telecaster Deluxe

ハイブリッド版のテレキャスター・デラックスは、名機の再現というより「現代版はこうです」と言わんばかりのギターです。バックコンターのあるアルダーボディ、普通サイズのヘッド、ショウバッカーピックアップ2基という基本仕様はアメリカン・パフォーマー版のテレキャスター・デラックスと同様で、これを「ハイブリッド」版の基本設計で仕上げています。
ワイドレンジハムバッカーの雰囲気をしっかり再現しているショウバッカーは、ハムバッカーの太さと力強さを持ちながら、なおもフェンダーらしいサウンドの明るさや鋭さを持っています。

Made in Japan Hybrid Telecaster Deluxeを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

MADE IN JAPAN TRADITIONAL シリーズ

 「トラディショナル」シリーズは、ヴィンテージ・スタイルを基本とした設計に、ちょっとだけモダン要素を加えるというバランスで組んだギターです。金属パーツや電気系などに目立った追加機能を採用せず、シンプルにまとめた言わば基本モデルです。やはりピックアップは共通なので、弾き比べてみるとギター本体の仕様による音の違いを確認することができます。
約42mmのナット幅と9.5インチRの指板という現代の標準仕様、やや厚みのあるUシェイプというネックは、寸法の上ではハイブリッド・シリーズと同じです。トラディショナル・シリーズではここに小さめのヴィンテージタイプ・フレットが打ち込まれ、ネック裏はピッカピカのグロスに仕上げられます。グロス仕上げのネックはヴィンテージ・スタイル本来の姿で、適度なホールド感があります。
トラディショナル・シリーズのラインナップはハイブリッド・シリーズと合わせることで、テレキャスターの基本モデルから派生モデル、さらにはモダン系までを全て網羅しています。

Made in Japan Traditional 50s Telecaster(左用あり)

Made in Japan Traditional 50s Telecaster

50年代式は、バスウッド製ボディに1ピースネックという本体で、バタースコッチブロンドとホワイトブロンドの2色で展開しています。また5点留めピックガード、頂上を丸くした「ドームノブ」、円柱状のセレクターつまみ「ラウンドノブ」、3連ブラスサドルといった50年代仕様をしっかり再現しています。

Made in Japan Traditional 60s Telecaster

Made in Japan Traditional 60s Telecaster Custom

60年代式は、バスウッド製ボディにローズ指板という本体に、レイクプラシッド・ブルーとヴィンテージ・ホワイトの2色で展開しています。また8点留め3層のピックガード、頂上がやや平たい「バレルノブ」、特徴的な形状のセレクターつまみ「トップハットノブ」、ネジのギザギザが刻まれた鉄製3連サドルといった60年代仕様をちゃんと再現しています。

Made in Japan Traditional 70s Telecaster Thinline

Made in Japan Traditional 69 Telecaster Thinline

70年代はフェンダーの設計に大きな変革が起きました。トラスロッドはヘッド側に開口され、調節部分には調整用の「バレルノブ」がチラリと顔を出します。フェンダーの「F」が刻まれたペグは、「Fキー」と呼ばれます。ネックは3点留めで、仕込み角を調整する「マイクロティルト」を備えます。
70年代式シンラインは、空洞とFホールを持つアッシュ製ボディにメイプル1ピースネックという本体で、カラーはナチュラルのみです。ワイドレンジハムバッカー特有の高い出力と鋭い立ち上がりを、ボディに由来するエアー感が優しく包むサウンドを持っています。

Made in Japan Traditional 70s Telecaster Custom

Made in Japan Traditional 70s Telecaster Custom

70年代式カスタムは、アッシュ製ボディにメイプル1ピースネックという本体で、ブラック1本で展開しています。フロントピックアップがワイドレンジハムバッカーになっていることが最大の特徴ですが、シングルコイルとハムバッカーが同居するピックアップ構成は、おそらく人類史上初めての仕様です。

Made in Japan Traditional 70s Telecaster Deluxe

70年代式のデラックスは、アッシュボディにメイプル1ピースネックという本体で、カラーは3カラーサンバーストのみです。ワイドレンジハムバッカーを2基備えており、鋭さと力強さを併せ持っています。「70S シンライン」とはボディ構造のみ異なり、ハイブリッド・シリーズの「テレキャスター・デラックス」とはピックアップの設計が異なっています。

Made in Japan Traditional Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

MADE IN JAPAN MODERN シリーズ

2019年7月に登場したモダン・シリーズ(MODERN Series)は、現代のプレーヤーに最高峰のプレイアビリティとトーンを提供するために開発された新シリーズ。シングルコイル/ハムバッカーの2モデルが用意され、いずれもアルダーボディ/厳選されたローズウッド指板/6連サドル/コンパウンドラジアス/ロッキングチューナーが採用されるなど、これまでのどのテレキャスターよりも現代的なスペックを纏った、超モダンスタイルとなっているのが特徴です。またメイドインジャパンシリーズでは、このモデルのみギグバッグが付属するのも嬉しいポイントです。

MADE IN JAPAN MODERN TELECASTER

Fender MADE IN JAPAN MODERN TELECASTER

本国USAで作られるAmerican Elite Telecasterにも搭載される第四世代のシングルコイル・ノイズレス・ピックアップを2基搭載したモデル。高品質の3Pアルダーボディに通常のテレキャスターよりもいくらか流線型の形をしたスタイリッシュなデザインが特徴で、指板のサイドポジションには暗闇で光る蓄光パーツを採用。コンパウンドラジアスによってハイフレットでも弾きやすく、6連タイプのブロックサドル/ロッキングチューナーでチューニングもビシッと決まります。

MADE IN JAPAN MODERN TELECASTER HH

Fender MADE IN JAPAN MODERN TELECASTER HH

MODERN TELECASTERのコンセプトをさらに推し進めたようなモデルがこちら。ハムバッカー2基搭載、ピックガードなしの精悍なルックスで、オルタナ/ラウド系のサウンドが得られるという「モダンなフェンダー・テレキャスターの極北」といった立ち位置を感じさせます。近年ヘヴィ系にアレンジされたテレキャスターが登場するようになっていますが、MADE IN JAPAN MODERN TELECASTER HHはそれらに対する本家フェンダーからの回答と言えるでしょう。

Made In Japan Modern Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

限定モデルやアーティストモデルなど

日本製テレキャスターは、ここまでに見てきたレギュラーモデルのほかに、限定生産モデルやコラボレーションモデルなどがあります。これらはレギュラーモデルの色違いにとどまらず、ネック仕様やピックアップなど楽器の基本仕様にも個性を持っています。

MADE IN JAPAN TROUBLEMAKER TELECASTER

トラブルメイカー・テレキャスターは、2018年にUSA版で生産された「トラブルメイカー・テレキャスター・デラックス」の日本版です。アフリカンマホガニー製ボディ&ネックという木材構成にハムバッカー2基、TOMブリッジという基本仕様は、ライバル企業への挑発でありまさにトラブルメイカーです。
ネック仕様がUSA版に準じており、やや平たい指板を持つ標準的な幅のモダンCシェイプネックに、背の高いフレットが打たれます。
搭載されるピックアップは、日本製「モダン」シリーズで見られた「Modern Modified Humbucking Pickup」の「タイプ2」で、力強い音量とまとまりの良さを兼ね備えています。

TROUBLEMAKER TELECASTERを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Haruna Telecaster

Haruna Telecaster

SCANDAL所属ボーカリストHaruna女史のシグネイチャーモデルは、ホワイトとゴールドでまとめた個性あるルックスに、ディマジオ製ピックアップを備えます。ネック仕様にポイントがあり、丸い指板に小さめフレットのヴィンテージ・スタイルとサテン仕上げのネック裏という組み合わせは、現在の日本製テレキャスターでは唯一の存在です。またピックアップのThe Chopper T(DP384)/Twang King(DP172G)という組み合わせは、特にアタックの立ち方を重視しています。


SCANDAL – 「マスターピース」 / Masterpiece – Music Video
白いギターを弾くHaruna女史の背後には、同じ色調のSHINOS製アンプが。

Haruna Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

2020 Evangelion Asuka Telecaster

「2020ヱヴァンゲリヲン・アスカ・テレキャスター」は、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を記念してリリースされる、2020年内の限定生産モデルです。ボディ表裏からヘッド、ナットに至るまでこだわりぬいた意匠は、ファンならば必ず分かる、惣流・アスカ・ラングレー女史へのたゆまぬ敬意に満ちています。
ピックアップに「アルミトーン」が採用されているのが大きな特徴で、ローノイズながらもクリアで抜けの良いサウンドが得られます。

Asuka Telecasterを…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す