エレキギターの総合情報サイト

メイドインジャパンのフェンダー・ストラトキャスター徹底分析!

MADE IN JAPAN TRADITIONAL シリーズ

2017年9月から流通が始まった「メイド・イン・ジャパン・トラディショナル(JT)」シリーズは、主要部分は共通仕様としながらいろいろな年代の特徴を再現した、カラフルなラインナップになっています。

Traditionalシリーズ:6モデルの違い

58 vs 70s 58 vs 70s:70sモデルのみジョイント・プレートの形状が異なる

70sのみラージヘッド仕様、ジョイントプレートが小ぶりなものになっています。
アルダーボディは58 Stratocaster、60s Stratocaster WITH GOLD HARDWAREの2機。
その他6つのラインナップで異なる点は以下テーブル表記の通りとなっています。

50s 58 60s
60s GOLD
68 70s 70s Ash
ボディ材 バスウッド アルダー バスウッド
アルダー
バスウッド バスウッド アッシュ
指板 メイプル メイプル ローズウッド 貼りメイプル メイプル/ローズウッド メイプル
ナット幅 1.650″ (42 mm) 1.650″ (42 mm) 1.650″ (42 mm) 1.578″ (40 mm) 1.650″ (42 mm) 1.615″ (41.02 mm)
特記事項 右用/左用あり 右用のみ 右用のみ。限定生産モデルあり 左用のみ 右用/左用あり。金属パーツがごつい 右用のみ。再現度が高い
販売価格
2017/10時点
¥ 81,000 ¥ 90,000 ¥ 85,500
¥ 90,000
¥ 105,000 ¥ 99,000

表:MADE IN JAPAN TRADITIONALストラト6機種の比較

「木にこだわりたい」という考えのある人は、やはりボディ材にアルダーやアッシュを選びたくなることでしょう。
年代ごとのスタイルに違いこそあれ、楽器的な寸法やサウンドはほぼ同じとみてよいラインナップになっています。深いこだわりがなければ、純粋にルックスで選んでしまうのが正しい選び方でしょう。

Made in Japan Traditional 50s Stratocaster

Made in Japan Traditional 50s Stratocaster

「50s」は、8点留めの1プライ・ピックガードと1ピース・メイプルネックを特徴としています。ネック構造の影響で、ヘッド表側にトラスロッドの穴を埋めた跡があります。丸型の印象が根強いストリングガイドは、他のモデルと共通の「カモメ型」が採用されています。カラーバリエーションに違いがありますが、こちらは右用/左用両面がリリースされています。

Made in Japan Traditional 50s Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Traditional 58 Stratocaster

Made in Japan Traditional 58 Stratocaster

「58s」は「50s」を出発点として、ボディ材をアルダーに変更しているため、若干価格が上がっています。こちらは左用がありません。

Made in Japan Traditional 58 Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Traditional 60s Stratocaster
Made in Japan Traditional 60s Stratocaster with GOLD HARDWARE

Made in Japan Traditional 60s Stratocaster 標準のカラーラインナップ

ブルー・フラワー&ピンク・ペイズリー ピンク・ペイズリー、ブルー・フラワー

60s Stratocaster WITH GOLD HARDWARE Gold Hardware:3モデル

高い人気の60年式は、11点留め3プライのピックガードとローズ指板が特徴です。こちらはヘッドにトラスロッドの穴が出ていません。標準機の「60s」はカラーバリエーションが多く、キャンディ・タンジェリンやキャンディ・ブルーといったビビッドな色調、ピンク・ペイズリー、ブルー・フラワーといった攻めたものまであります。
高級機の「60s Gold Hardware」は、金属パーツが全てゴールドパーツになっており、ボディ材がアルダーに変更されています。

Made in Japan Traditional 60s Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Traditional 60s Stratocaster Limited Run Alder Body
Made in Japan Traditional ’60s Stratocaster Limited Run Fiesta Red Stripe

60s Stratocaster Limited Run Alder Body 60s Stratocaster Limited Run Alder Body:ボディ・バック 60s Stratocaster Limited Run Alder Body
60s Stratocaster Limited Run Fiesta Red Stripe ’60s Stratocaster Limited Run Fiesta Red Stripe

「60s」からは、限定生産の特別仕様もリリースされています。サンバーストカラー1色のみのリリースとなったアルダーボディの「60s」は、バックプレートを装備しないというちょっとしたこだわりが。あらわになったトレモロキャビティ内の仕上げも行きとどいているのが「日本製」です。

Made in Japan Traditional 68s Stratocaster Left Hand

Traditional 68s Stratocaster Left Hand

珍しいことに「68s」は左用のみのリリースで、右用は出ていません(右用は「JH」でリリース)。こちらは「JT」シリーズ内で唯一の「貼りメイプル指板」モデルで、ネック裏に「スカンクストライプ」を持たないスッキリとしたデザインになっています。ナット幅が「40mm」といういわゆる「ナローネック」で、またラージヘッドには「Fender」ロゴしか記載されず、他モデルと一味違う雰囲気を放っています。

Made in Japan Traditionalストラトのレフティを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Traditional 70s Stratocaster
Made in Japan Traditional 70s Stratocaster Left Hand

Made in Japan Traditional 70s Stratocaster

「70s」は指板にメイプル/ローズの二面あり、それぞれに右用/左用をリリースしており、実は最も気合が入っているのではないかと考えさせられるモデルです。ラージヘッドとトラスロッドの「ブレットナット」、そしてストリングガイドが二つ使われるのが外観上の特徴ですが、このモデルのみ採用されているロトマチック・ペグの重量感も相まって、他のモデルと比べてゴツい印象を帯びています。また、このモデルのみサドルが板状のものではなくダイキャスト製ブロックサドルとなっており、音の伸びが増強されています。
ネックは「70s」のみ採用の3点留めで、「マイクロティルト」によりネックの仕込み角度を調整することができます。

Made in Japan Traditional 70s Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Made in Japan Traditional 70s Stratocaster Ash

Made in Japan Traditional 70s Stratocaster Ash

こちらは「70s」のアッシュボディ版ですが、単にボディ材を変更しただけではありません。開発者のえこひいきとも言えそうな気合の入り方が随所に見られます。このモデルのみ、ペグが「Fキー」と呼ばれる「F」の刻印の入ったクルーソンタイプのものが採用されており、またナット幅約41mmと若干スリムなネックを取り入れており、再現度が高くなっています。

Fキー:ペグ ペグ部分

Made in Japan Traditional 70s Stratocaster Ashを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

MADE IN JAPAN HYBRID シリーズ

2017年11月に登場した日本製フェンダーMADE IN JAPAN第二弾「MADE IN JAPAN HYBRID」は、ヴィンテージのルックスにモダンなプレイアビリティをまとい、伝統と進化が融合したハイブリッドなシリーズ。50s、60s、68sの3つのラインナップが登場していますが、共通してアルダーボディ/USA製ヴィンテージ・ピックアップ搭載/サテンフィニッシュ・ネック/ミディアムジャンボ・フレットを採用、フィンガリングの引っ掛かりがなくスムーズな弾き心地を実現しています。

ブリッジの仕様も共通しており、操作性に優れる現代的な2点留めブリッジプレート、鉄板を曲げて作る伝統的なベントサドル、というスタイルはまさに新旧のハイブリッドです。

Made in Japan Hybrid 50s Stratocaster

Made in Japan Hybrid 50s Stratocaster Made in Japan Hybrid 50s Stratocaster

Made in Japan Hybrid 60s Stratocaster

Made in Japan Hybrid 60s Stratocaster Made in Japan Hybrid 60s Stratocaster

Made in Japan Hybrid 68 Stratocaster

Made in Japan Hybrid 68 Stratocaster Made in Japan Hybrid 68 Stratocaster

Made in Japan Hybrid Stratocaster Indigo

Made in Japan Hybrid Stratocaster Indigo

日本の伝統的な色彩である藍色に着想を得たインディゴカラーのボディに、エレガントなホワイトパールピッグガードを装備した「MIJ HYBRID」シリーズの最上位モデル。

Made in Japan Hybrid Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Hybridシリーズ:4モデルの違い

こちらは今のところ右用のみのリリースとなっています。共通点が大変多い、乱暴に見たら全部一緒のギターのようにも言えなくはありません。しかし渋いところに違いがあり、やはりこの4機種でリリースする意味のあるラインナップとなっています。

JH 50s JH 60s JH 68 JH INDIGO
指板仕様 1Pメイプル ローズウッド 貼りメイプル メイプル
ナット幅 42mm 42mm 40.5mm 42.5mm
ペグ ロッキングチューナー ロッキングチューナー Fキー ロッキングチューナー
カラー 5色 11色 5色 1色
価格 ¥ 99,000 ¥ 103,500 ¥ 108,000 ¥ 108,000

表:Made in Japan Hybrid4機種の違い(価格は2018年9月時点)

ギタリストが強くこだわる「指板の仕様」が全て異なる、というラインナップだったわけです。現代の便利なギターを目指しているラインナップでありながら、「68」のみロッキングチューナー非採用、という選択はかなりのこだわりを感じさせますね。

Made in Japan Limited Collection

2018年3月より販売開始した新シリーズ「Made in Japan Limited Collection」は日本製フェンダーのフラッグシップモデルで、完全数量限定ですが定期的にスペックやカラーにアップグレードを加えられ、継続して展開されるシリーズとなります。ニトロセルラッカーのボディフィニッシュ/USA製ピックアップ/木目の良い木材を厳選した2Pボディが採用され、通常の3倍の時間をかけて1本1本丁寧に作られるなど、MADE IN JAPANシリーズ最高峰にふさわしい仕上がりになっています。

2018 Limited Collection 60s Stratocaster

2018 Limited Collection 60s Stratocaster

2018 Limited Collection 60s Stratocaster:ボディ

2018 Limited Collection 60s Stratocaster:ヘッド

ボディ:アルダー2P
塗装:ニトロセルロースラッカー
ネック:Cシェイプ
指板:ローズウッド
フレット:ヴィンテージ・スタイル/21
ブリッジ:6-Saddle Vintage-Style Tremolo
ナット:幅42mm、Bone
ピックアップ:Am Vintage ’65 Stratocaster
ケース:Hardshell Case

2018 Limited Collection 60s Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す


以上、Made In Japanシリーズを紹介してきました。次のページではMade In Japan以外の日本製ストラトのラインナップ、かつての国産ストラトについて紹介していきます。