エレキギターの総合情報サイト

Fender Japan Exclusiveテレキャスター徹底分析!

1950年代式

JEテレキャスターの50年代スタイルは、極めて人気の高い1952年モデルをイメージした3タイプがリリースされています。この時代のテレキャスターは、

  • アッシュボディ、メイプル1Pネック
  • ナチュラルを基調としたカラーリング

によってシンプルな、また質実剛健なイメージを持っています。

Classic 50s Tele(左用あり)

Classic 50s Tele

1952年モデルをイメージした、JEにおける50年代テレキャスターのベースとなっているモデルです。アッシュボディにメイプル1Pネック、黒いピックガードは誰もがイメージする「あの」テレキャスターそのものです。ストリングガイドにはこの時代の特徴であるボタン型のものが、ペグにはヴィンテージ・スタイルのものが採用されており、雰囲気充分です。

52年式と言いながらもサドルはブラスのものではなく、クロームメッキ処理が施されたものが使用されています。再現性に異論のある人はいるかもしれませんがメッキにより錆びにくくなりますから、長期的に安心して使用することができます。

Classic 50s Teleを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 50s Tele Texas Special

Classic 50s Tele Texas Special

上記「50s Tele」を出発点とし、ピックアップをフェンダー・カスタムショップ製の「Texas Special」に載せ換えたモデルです。こちらはブラスサドルを採用し、リアピックアップの取り付けネジを1953年以前の仕様である「マイナスネジ」にすることで、上記「50s Tele」よりも再現度を高めています。


Fender Custom Shop Texas Special Telecaster® Pickups — DIRTY | Fender
ギター本体はUSAのアメリカン・スタンダードですが、「テキサス・スペシャル」に載せ換えておりこのピックアップのサウンドを聴くことができます。テレキャスターの力強さを前面に押し出したギャリン!という音が心地よいですね。

Classic 50s Tele Texas Specialを…
R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 50s Tele Special

Classic 50s Tele Special

こちらは「50s Tele」をベースにしながら

  • フロントにハムバッカーピックアップ
  • ブリッジには6連ブロックサドル

というアレンジを施した現代的なテレキャスターになっています。フロントのハムバッカーでパワーのある甘いトーンが得られることから、太いリードプレイやジャズの音色までカバーできます。6連サドルはオクターブ調整がシビアに合わせられるので、キーボーディストを擁するなどチューニングにこだわりたいアンサンブルにぴったりです。

Classic 50s Tele Specialを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

1960年代式

1950年代終盤から、テレキャスターには様々な仕様変更が行われました。

  • アッシュボディ、メイプル1Pネックから、アルダーボディ、ローズウッド指板へ
  • ストリングガイドがボタン型からカモメ型へ
  • 3連ブラスサドルからスパイラル(ネジ状)サドルへ
  • ボディ表裏にバインディングを施す
  • ピックガードは5点留めから8点留めへ
  • サンバーストカラーなどのカラーバリエーション追加

これらのアレンジを経て完成したテレキャスターは当時レギュラーラインとしてリリースされましたが、それ以前のモデルから大きく姿を変えていることから「テレキャスター・カスタム」と呼ばれました。

Classic 60s Tele Custom(左用あり)

Classic 60s Tele Custom

ギター博士も使っているテレキャスターがこれ(博士が使っているのはCandy Apple Redのカラー。動画はこちら)。この時代までに行われたアレンジ内容を全て再現し、雰囲気をしっかり演出しているテレキャスターです。「1)スクワイアとの比較」でも紹介した通りの仕様ですが、50年代と違って60年代のテレキャスターはちょっとリッチな雰囲気が漂いますね。

Classic 60s Tele Customを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 60s Tele US Pickups

Classic 60s Tele US Pickups

先述の「60s Tele Custom」をベースに、アメリカン・ヴィンテージ’62テレキャスター用のピックアップを備えたモデルで、倍音とミッドレンジが豊かに響くサウンドが持ち味です。基本的な仕様は「60s Tele Custom」と同じですが、ボディのバインディングを排したためか、価格が抑えられています。

Classic 60s Tele US Pickupsを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 69 Tele

Classic 69 Tele

この時代には「ソリッドボディの音響に、塗装は関係ない」という考えがあり、「それなら壁紙張ってやろう」という大胆な発想で誕生したと言われているのが、「ピンク・ペイズリー」と「ブルー・フラワー」です。ボディにコンター加工をしないギターだからこそ挑戦できた仕様ですが、製品としては短命に終わったことから現在のヴィンテージ市場ではかなりの高額なのだとか。

本機は本体こそバスウッドボディを採用した普通のJEテレキャスターですが、ブリッジにはアメリカン・ヴィンテージのものが採用されています。


Mr.Children「NOT FOUND」Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour
Mr.Children所属の桜井和寿氏は、ご自身愛用のブルーフラワー(メイプル指板仕様)を熊本復興支援のためオークションに放出したことが大きな話題となりました。動画で使用しているものとは別の個体のようですが、桜井氏のギターマニアっぷりも相当なものですね。

Classic 69 Teleを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

1970年代式

「CBS期」と言われる1970年代は、新しいアイディアが盛り込まれるテレキャスターが誕生し、反対に旧来の仕様も復活してラインナップが多様化します。

  • 「CBSロゴ」と呼ばれるヘッドロゴデザイン
  • 3点留めネックジョイントとマイクロティルト
  • ヘッド側からトラスロッドを調節できる
  • アッシュボディ、メイプル指板の復活

こうした点が、70年代の特徴です。

Classic 70s Tele Custom

Classic 70s Tele Custom

「ワイドレンジ・ハムバッカー」をフロントに配し、2ボリューム2トーン、トグルスイッチを採用したテレキャスターです。エンセナダ工場製(MEX)のラインナップにも極めて近いモデルがありますが、JEは再現度を抑えていることもあって、比較的求め易い価格帯になっています。本機はメイプル1Pネック(MEXはローズウッド指板)で、ペグにはゴトーのロトマチック・タイプが採用されています。

Classic 70s Tele Customを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 70s Tele Ash Rosewood
Classic 70s Tele Ash Maple (左用あり)

Classic 70s Tele Ash

アッシュボディのシンプルなテレキャスターは

  • 3毎重ねの8点留めピックガード
  • CBSロゴ

といったところは70年代を意識していますが、この時代モデルでありながら4点留めネックジョイントを採用しており、ブリッジが共通していることもあって「Classic 50s Tele」にかなり近いギターになっています。ペグがロトマチックになっているほが、このモデルにはメイプル指板/ローズウッド指板ともに「USホワイト」と名付けられた、特徴的なシースルーのホワイトカラーがラインナップされています。

Classic 70s Tele Ashを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Classic 70s Tele Thinline (左用あり)

Classic 70s Tele Thinline

「いわゆる「フェンダー・メキシコ(MEX)」との比較」で紹介したギターです。「重いボディ材を軽量化させるために考案された」という中空構造ですが、生鳴りのニュアンスが付加される独特のサウンドには愛好者が多く存在します。2ハムバッカーですが、フェンダーの「ワイドレンジ・ハムバッカー」は出力の高さだけでなく高音域まで再生するレンジの広さを特徴としており、テレキャスターとしてのくっきりとした音像をしっかり持っています。

Classic 70s Tele Thinlineを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アーティストモデル

Richie Kotzen Tele

Ritchie Kotzen Tele

JEテレキャスターのアーティストモデルは、今のところ希代の名手リッチー・コッツエン氏のもののみとなっています。氏はJEからストラトキャスターもリリースしていますが、お互いにかなりのポイントで違うギターになっており、ストラト/テレの使い分けについて氏がいかに深いこだわりを持っているかがわかります。

本機にはコッツエン氏の意向が反映されていることもあり、他のJEテレキャスターとは一線を画す特別なギターに仕上がっています。

ボディ アッシュバック、フレイムメイプルトップ
バックコンターあり
ネック メイプル1P
非常に太いと言われる「ラージ”C”」ネックグリップ
12インチ(305mm)指板R,22フレット
スーパージャンボフレット採用
ピックアップ ディマジオ「Chopper」、「Twang King」
操作系 基本はテレキャスターのままだが、トーンポットに偽装したロータリースイッチを搭載しており、リアピックアップのシリアル(直列)/パラレル(並列)を切り替えられる
ペグ GOTOH製ロトマチック

表:Ritchie Kotzen Tele の仕様

指板Rとフレットがテクニカル系御用達スペックなのに、ネックグリップは存在感充分、という点は非常に個性的で、他ではなかなか見ることができません。


You Can’t Save Me (Richie Kotzen Live 2015)
卓越した演奏技術、情熱的なボーカル、センスにあふれたソングライティング。「天は二物を与えず」と言いますが、リッチー・コッツエン氏は二物も三物も与えられてしまった世界的に稀有なアーティストと言えるでしょう。

Richie Kotzen Teleを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す


以上、フェンダーの「ジャパン・エクスクルーシブ」レキャスターに注目していきました。JEは「メイドインジャパン」でありながらコストパフォーマンスが非常に高く、若い人が頑張って買うテレキャスターの候補として最もお勧めできます。「Classic」シリーズはネックグリップや指板が全部共通なので、ルックスやサウンドだけにポイントを絞って選ぶことができます。