エレキギターの総合情報サイト

ジョン・メイヤー(John Mayer)

ジョン・メイヤー(John Mayer)

ジョン・メイヤー(John Mayer)は、米Rolling Stone誌の2007年2月号でジョン・フルシアンテデレク・トラックスと共に「現代3代ギタリスト」に選定されたシンガーソングライター/ギタリスト。ギタリストとしての評価は非常に高く、デビュー当初からエリック・クラプトンバディ・ガイB.B.キングなどの大御所ブルース・ギタリストとの競演を果たしています。

ギターの技術・作曲のセンス・詩の世界観・高い歌の表現力・甘いルックスに加えライブでのMCの上手さ…
どれをとっても超一流と呼べるクオリティで、その才能は発売されているライブDVD「Where the Light Is(ホエア・ザ・ライト・イズ)」でのアコースティックセット、トリオセット、バンドセットの3部構成のライブ映像で遺憾なく発揮されていることが見てわかります。
Twitter上でも頻繁につぶやくことでも知られており、ファンとの交流を図っています。


John Mayer – Bigger Than My Body
デビュー2枚目のアルバム「Heavier Things」から。ソングライティングのセンスが垣間見える

Biography

1977年10月16日 生 米コネチカット州
13歳でギターを始め、スティーヴィー・レイ・ヴォーンに影響を受け19歳でバークリー音楽大学に入学するが、数か月で中退。99年にアトランタで自主制作盤『インサイド・ウォンツ・アウト』を発表。2000年にはライヴの評判が高まり、数々のレコード・レーベルが手を挙げる中、COLUMBIAと契約。

2001年に、コロムビアレコードから「Room For Squares(ルーム・フォー・スクエア)」を発表し、メジャー・デビュー。このデビュー作品は全世界で400万枚を超えるセールスを記録。03年2月の第45回グラミー賞で”最優秀男性ポップ・ヴォーカル”を受賞する。

03年9月に2枚目のスタジオ・アルバム「Heavier Things(ヘヴィアー・シングス)」をリリース。ハイクオリティなソングライティング・センスを披露し、キュートなルックスで女の子からの人気も急上昇、グラミーでも更に2つの賞を受賞しています。


John Mayer – Heartbreak Warfare
2009年のアルバム「Battle Studies」のリードソング。歌手としてはソフトな歌声が特徴的

トリオの結成

ここまでの活動で、優れたソングライティングのセンスを遺憾なく世の中に発揮してきた彼ですが、2005年、ザ・フーのサポートメンバーとしても知られるピノ・パラディーノ(Pino Palladino,ベース)、エリック・クラプトンなど数多くのミュージシャンのバックでドラマーを務めるスティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan, ドラムス)を従えて3ピースのブルース・ロックバンド「John Mayer Trio(ジョン・メイヤー・トリオ)」を結成。
ここでジョンのストラトキャスターのポテンシャルを最大限に引き出したプレイは、ジミ・ヘンドリックスやスティーヴィー・レイ・ヴォーンを現代風に解釈したとでもいうような、素晴らしい演奏へ昇華されています。


John Mayer Trio – Who Did You Think I Was
3ピースになったことでブルース色が色濃く、ギタリストとしての側面が浮き彫りになった

2010年、ジョン・メイヤーとして3枚目のアルバム「Battle Studies(バトル・スタディーズ)」をリリース。ここではトリオでのギター・プレイとは一味違い、シンプルなソングライティングの素晴らしさを感じることができます。2013年08月21日、4枚目のアルバム『パラダイス・バレー』リリース。

ギタープレイの特徴

ジミ・ヘンドリックス、スティーヴィー・レイ・ヴォーンという、歴史的に名だたるギタリストのプレイにさらに洗練さを加えたような演奏が特徴。
両者ともに歌いながら自在にギターを操る名手でしたが、ギターとボーカル、トータルでさらに進化させたようなスタイルです。

使用機材

使用ギター

Fender Stevie Ray Vaughan Stratocaster Fender Stevie Ray Vaughan Stratocaster

高校を卒業後、ガソリンスタンド店員として働いたお金で購入した1996年製スティーヴィーレイヴォーン・シングネイチャーのストラトキャスターを使用。この他メインのギターは常にフェンダー・ストラトキャスターですが、楽曲によってGibson ES-335TD、Gibson L5などのセミアコ・フルアコが登場します。

アコギは主にマーチン社のモデルを使用。マーチンからはシグネイチャー・モデルの『OM-28JM』が発表されています。

Fender Stevie Ray Vaughan Stratocasterを…
R楽天で探す

シグネイチャーモデル:Fender USA John Mayer Stratocaster

john-mayer-stratocaster Fender USA John Mayer Stratocaster

2005年フェンダーUSAからシグネイチャーモデルがリリースされている他、Fenderカスタムショップからも「Masterbuilt John Mayer BLACK1 Tribute」がリリースされています。

Fender USA John Mayer Stratocasterを…
R楽天で探す

使用エフェクター

  • Pete Cornish(ピート・コーニッシュ)のオーバードライブ「SS-3」
  • ディストーション「G-2」
  • マーシャルの「ブルース・ブレイカー」
  • アイバニーズのヴィンテージペダルであるチューブスクリーマー「TS-10」
  • KLONのオーバードライブ「ケンタウルス」
  • Keeley Katana Boost
  • WAY HUGE AQUA-PUSS
  • Strymon FLINT
  • Strymon LEX

など、ツアー毎にエフェクターは入れ替わり、数多くのエフェクターを使っていることがわかります。歪みはピッキングのニュアンスを忠実に再現してくれるモデルが多く、ワウも外せないアイテムとなっています。

ケンタウロス・クローン系オーバードライブ特集

使用ギター・アンプ

  • 伝説的ギターアンプ「DUMBLE」のSTEEL-STRING SINGER
  • TWO-ROCKシグネイチャー・モデル
  • フェンダーのBand Master

ダンブル系オーバードライブ・エフェクター特集

Discography

Room For Squares(ルーム・フォー・スクエア)

「Room For Squares(ルーム・フォー・スクエア)」

23歳の時のジョン・メイヤーのデビュー・アルバム。スティングを思わすスモーキーなヴォーカル、ベン・フォールズ的なキャッチーなソングライティング・センスが光る一枚。

2002年リリース作品

Heavier Things(ヘビアー・シングス)

Heavier Things(ヘビアー・シングス)

マルチ・プラチナに輝く大ヒットとなった一枚目から1年のブランクを経て制作された2枚目のアルバム。
なめらかなポップ・フックと、みずからの妄想を盛り込んだ歌詞など、一枚目よりも少し落ち着いた、ロックな作品。

2003年リリース作品

Where the Light Is(ホエア・ザ・ライト・イズ)

Where the Light Is(ホエア・ザ・ライト・イズ)

ライブは3部構成となっており、【アコースティックパート】、【ジョン・メイヤー・トリオパート】、【フルバンドパート】とジョン・メイヤーのキャリア全てを披露できる形で構成。それらすべては、2007年の11月8日、ロサンジェルスのノキア・シアターにて収録。全てのパートでそれぞれ秀逸な演奏を残してくれています。

2006年リリース作品

Battle Studies(バトル・スタディーズ)

Battle Studies(バトル・スタディーズ)

世界中で素晴らしい評価を得たトリオの後の3枚目のアルバムは、ロック色を押さえた、それでいて過去のオリジナル・アルバムでみせたソングライティング方法論とは一味違う、シンプルで過不足ない演奏。

2010年リリース作品


John Mayer – Daughters (Live at the GRAMMYs)