エレキギターの総合情報サイト

ギターアンプ用スピーカーユニットについて

スピーカーユニット

コンボアンプやキャビネットに搭載されるスピーカーも、アンプのサウンドを決定付ける重要な要素となっています。ここではスピーカーを構成する要素について・スピーカーの種類などを紹介していきたいと思います。

スピーカーについて

スピーカーユニットの積載数について

スピーカーユニットの積載数 左から:1発搭載の Mesa Boogie Dual Rectifier Recto-Verb Twenty-Five、2発搭載の Roland JC-120、4発搭載の Mesa Boogie 4×10 Bass Cabine

スピーカーユニットの積載数はモデルによって異なりますが、一般的には「1基」、「2基」、「4基」が主流です。アンプキャビネットの場合、それぞれ「発」という単位で呼ばれ、2基のユニットを積載しているモデルを「2発」、4基なら「4発」と呼びます。

積載数によって異なるのは「音圧」です。例えば、ギターアンプをフルボリュームに設定した場合、1発よりも4発の方が「大音量に感じる」ようになっています。これはスピーカーの数が多くなるにつれて「振動面積」が増加し、音量だけでなく音圧のあるサウンドになるためです。

その反面、4発キャビネットの性能を引き出すためには「相応の音量」が必要になります。小音量で鳴らすのであれば1発で十分ですし、ステージである程度の音量を出すなら2発を選ぶと良いでしょう。

スピーカーの積載数が多いほど良いサウンドになると言われていますが、使い方によっては性能をフルに発揮することができないので、自分の用途に合わせてキャビネットを選ぶようにしてください。

口径による違い

スピーカーには「インチ」で示される「口径」があり、ギターアンプに用いられるのは「8インチ」、「10インチ」、「12インチ」が多いです。一般的に口径が大きくなるほど「迫力のある音」になり、8インチ以下の小口径のスピーカーは「繊細な音」になります。

8インチの小口径スピーカーは出力が小さいものが多く、「高音が出やすい音」になる傾向があります。繊細なクリーンサウンドを鳴らせる反面、歪ませるとファズのような「金属的なサウンド」になるので、スムーズで迫力あるドライブサウンドを得るのは難しいでしょう。

10〜12インチは最も多くのギターアンプに採用されている標準的な口径です。低音から高音までバランスよく出力するので、クリーンからディストーションまで、幅広い音色を鳴らすことができます。

許容入力とは?

スピーカーには「許容入力」という値があり、「W(ワット)」で表します。ギターアンプには「定格出力」が定められていましたが、許容入力は「定格出力○○Wまで入力可能」ということを示しています。

例えば、定格出力が「30W」のギターアンプ使用する場合、「許容入力30W以上」のスピーカーを選択する必要があります。「定格出力≦許容入力」の関係が常に保たれていないと「故障の原因」となるため、入力と出力のルールを必ず守るようにしましょう。

気をつけなければならないのが、真空管アンプは「定格出力以上のパワーを持っている」ことです。定格出力が30Wの真空管アンプを、許容入力が30Wのスピーカーで使用すると、「定格出力≦許容入力」のルールを守っていても壊れてしまう恐れがあります。なので、真空管アンプに使用するスピーカーには、許容入力に余裕のあるモデルを選ぶようにしましょう。

インピーダンスとは?

アンプとスピーカーにはそれぞれ「インピーダンス(交流抵抗)」の値が定められています。単位は「オーム(Ω)」で、一般的には「4Ω」、「8Ω」、「16Ω」が使われています。

双方のインピーダンスを合わせて使用することが前提であり、スピーカーのインピーダンスが「8Ω」だった場合、アンプ本体裏にある「8Ω」と書かれたジャックとスピーカーを接続します。インピーダンスをスイッチで切り替えられるアンプやキャビネットもあります。

ちなみに、アンプを「2台以上のキャビネット(スピーカー)に接続する」場合、「キャビネットのインピーダンス÷接続数=アンプ側のインピーダンス」という計算式を利用することで、アンプ側のインピーダンスがわかります。

例えば、アンプを「16Ωのキャビネット2台」に接続するとなった場合、計算式に当てはめると「16(キャビネット)÷2(接続数)=8(アンプ)」となるので、アンプ側のインピーダンスは「8Ω」となります。

注意しなければならないのが、接続するスピーカーの「インピーダンスを揃える」という点です。上述のように「16Ω+16Ω」なら問題ありませんが、「16Ω+8Ω」というように、異なるインピーダンスのキャビネットを接続するのは避けましょう。故障の原因になります。

スピーカーの種類

JENSEN

ヴィンテージサウンドを追求するギタリストにオススメなのが「JENSEN」のスピーカーユニットです。1950年代のアメリカンアンプの殆どに積載され、幅広いジャンルのギタリストに愛されてきました。フェンダーアンプに多く採用されており、ツイード系のヴィンテージサウンドが欲しいなら「Pシリーズ」、ブラックフェイス系なら「Cシリーズ」を選ぶと良いでしょう。

JENSENのスピーカーは上記の2種類を含む「計8種類」がリリースされており、それぞれ異なる特徴を持っています。モダンなサウンドの「Chicagoシリーズ」、ブリティシュサウンドの「Falcon」、ヘヴィサウンドを得意とする「Electric Lightning」など、充実したラインナップを揃えています。
A JENSEN のスピーカーを amazon で探す

CELESTION

Vintage 30

現行モデルのキャビネットに最も採用されているのが「CELESTION」のスピーカーユニットです。イギリスを発祥とし、マーシャルやVOXなど数々のブリティシュアンプに積載されています。数あるモデルの中でも「Vintage 30シリーズ」がモダンなサウンドとして非常に人気が高いです。

有名なモデルが多すぎるので全てを紹介することはできませんが、VOXのAC30に採用されている「CELESTION BLUE」や、それの高出力モデルにあたる「CELESTION GOLD」、60年代のヴィンテージサウンドを意識した「G12シリーズ」などがリリースされています。

生産中止となったヴィンテージモデルは中々入手することができませんが、マニアの間では高値で取引されています。スピーカーの交換を考えている方は、CELESTIONから手を出してみることをオススメします。
A CELESTION のスピーカーを amazon で探す

EMINENCE

EMINENCE パトリオット

EMINENCEはフェンダーを中心に、様々なアンプメーカーに採用されているメーカーです。アメリカンサウンドを「パトリオットシリーズ(青)」、ブリティシュサウンドを「レッドコート(赤)」という具合に「色で分類」しているのが特徴です。サウンドキャラクターが一目瞭然のため、欲しいサウンドを見つけやすいのも嬉しいところです。

12インチのパトリオットシリーズでいえば、上品なフェンダートーンを鳴らす「SWAMP THANG」が人気です。音そのものが太くキラキラとしているため、ツインリバーブやブルースジュニアに積むギタリストが多いようです。レッドコートシリーズは「THE TONKER」の人気が高く、マーシャルアンプやVOX、メサブギーなど、様々なアンプと相性の良い万能モデルとなっています。
A EMINENCE のスピーカーを amazon で探す

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別: 男性女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ