エレキギターの総合情報サイト

はじめてのギター演奏、何しよう?!

コード譜コード譜

「はじめてギターを手にしたけど何をすればいいかわからない」という人は、まずはドレミファソラシドから弾いてみましょう。その次はコードについて、紹介していきます。

このページでは、ギターの指板をわかりやすい図にした「コード譜」がたくさん登場します。ギター博士の動画を見ながら、コード譜を確認して一緒に弾いてみて下さいね!

ドレミファソラシドを弾いてみよう

ドレミファソラシドのコード譜

動画にも登場する、ドレミファソラシドのコード譜が左の図となります。
音と押さえる場所は順番に以下の通り。

ド = 5弦3フレット
レ = 5弦5フレット
ミ = 4弦2フレット
ファ = 4弦3フレット
ソ = 4弦5フレット
ラ = 3弦2フレット
シ = 3弦4フレット
ド(オクターブ上) = 3弦5フレット


オープンコード「E」「A」を弾いてみよう

次は初めてのコード弾き。まずは「E」と「A」2つのコードを紹介していきます。

コード譜「E」

まずは「E」。
左手(弦を押さえるほうの手)は、他の弦に指が触れないように人差し指・中指・薬指をしっかり立てて鳴らします。
弦を押さえるポジションは以下の通りです。

1弦:開放弦
2弦:開放弦
3弦:1フレット
4弦:2フレット
5弦:2フレット
6弦:開放弦


コード譜「A」

続いて「A」。
6弦をミュートして鳴らさないのがポイントです。ギター博士は親指でミュートしていますが、他の指でやってもオッケーですよ。
弦を押さえるポジションは以下の通りです。

1弦:開放弦
2弦:2フレット
3弦:2フレット
4弦:2フレット
5弦:開放弦
6弦:ミュート


セーハコード「F」「B」を弾いてみよう

一本の指で同じフレットの複数の弦を押さえる方法を【セーハ】と呼びます。セーハする時のポイントは指の腹だけを使うのではなく、腹と側面の間ぐらいを使って押さえると、キレイに音が鳴りやすいですよ。
難しいのははじめのうちだけ。繰り返し練習してみて下さい!

コード譜「F」

まずは「F」。
人差し指を使って1フレット全ての弦をセーハします。

1弦:1フレット
2弦:1フレット
3弦:2フレット
4弦:3フレット
5弦:3フレット
6弦:1フレット

Fコードが難しいと感じる人は次のページも参考にしてみて下さいQ&A.88 Fコードの押さえ方・コツ


コード譜「B」

続いて「B」。
人差し指を使って2フレットの1〜5弦をセーハ。
続いて4フレットの2〜4弦もセーハ。2〜4弦について博士は小指を使っていますが薬指でもオッケーです。

1弦:2フレット
2弦:4フレット
3弦:4フレット
4弦:4フレット
5弦:2フレット
6弦:ミュート


clear

爪を短く切っておこう

ギターの弦を押さえる手の指先、爪。この爪が長いと弦をしっかり押さえられない原因になるので、爪はしっかり切っていつも短くしておこう。ネガティブなイメージのある深爪だけど、ことギターに関しては深爪するくらいがちょうどいい長さだったりします。
小さいサイズの爪切りが切りやすいよ♪

コードを押さえるのが難しいと感じた人は…?

上に出てくるようなコードを押さえるのが難しい、でも曲を弾いてみたい!
と思っている人は、まずはパワーコードを覚えることをおすすめします。パワーコードはメジャー/マイナー関係なく弦を押さえることができ、押さえる弦も2,3弦で済むため比較的簡単なテクニックです。当サイトのQ&Aコーナーでは「文化祭で弾き語りをしてみたいけど、間に合うか心配」という質問に対して、ギター博士からは「パワーコードで弾いてみたらどうか?」とアドバイスをしています。
Q&A.91 文化祭までに弾き語りができるようになりたい

コードチェンジが上手くできない/コードが弾きにくい、と悩んでいる人は以下のページもチェックしてみて下さい。
Q&A.68 コードチェンジのコツ・練習方法
指が太く、短いのでコードがひきにくい《指の広げ方》