パワーコードの練習

ギターの練習方法、今回は「パワーコード」です。パワーコードは、ロック、パンク、ハードロック、へヴィ・メタルなどのあらゆるロック音楽に用いられる、ロック・ギターを代表する演奏方法です。

パワーコードもなかなか奥が深い、、、こともありません。ミュートも比較的簡単にできる上にメジャー/マイナーなどのコードを考える必要もなし、文字通り「パワー」感を演出する奏法ですので、元気よくやるのが一番カッコイイ奏法ですね。

ただ、実際に迫力あるパワーコードのフレーズを弾くとなると指・手首のパワーが必要になってきます。生っちょろいパワーコードを聞かされた日には女の子はどこかへ行ってしまいます。
手を鍛えまくって最高にザクザクとしたパワーコードを会得しましょう!

パワーコードの決まり事

パワーコードはコードの構成音から「ルート」の音と「5度」の音だけを弾くギター奏法のことで、4-5弦のパワーコード、5-6弦のパワーコードの2種類が存在します。またコード構成音の「3rd」の音が入っていないためサウンドに勢いとパワー感が生まれ、メジャー/マイナーどちらのコードでも使用することができます。

さらに「ブリッジミュート」と併用してヘヴィなサウンドを表現することもできます。

パワーコード表

コード毎に4,5ポジションのパワーコード一覧を紹介しています。ポジション確認にどうぞ。


  • E
  • F
  • F#
  • G
  • G#
  • A
  • A#
  • B
  • C
  • C#
  • D
  • D#
パワーコードE
パワーコードF
パワーコードF#
パワーコードG
パワーコードG#
パワーコードA
パワーコードA#
パワーコードB
パワーコードC
パワーコードC#
パワーコードD
パワーコードD#

はじめてのパワーコード練習

それでははじめてのパワーコードの練習をギター博士と一緒にやってみましょう!!


パワーコードの練習、いかがだったでしょうか。「もっとパワーコード練習したい!」という人は「ギター博士の30日間チャレンジ」にもパワーコードを取り扱った動画(#5 ヘヴィメタル・リフ1、#13 ハードロック・リフ3)が登場しますので、チェックしてみてくださいね!
ギター博士の30日間チャレンジ

Aその他のチューナーをamazonで探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • [最終更新日]2015/08/06