エレキギターの総合情報サイト

ジェフ・ベック(Jeff Beck)

ジェフ・ベック(Jeff Beck)

ジェフ・ベックはエリック・クラプトンジミー・ペイジと共にUKロック3大ギタリストと呼ばれるギタリストです。

「ロックギタリストには2種類しかいない、ジェフベックとジェフベック以外だ。」 – ポール・ロジャース

という言葉が象徴するように、既存の枠にとらわれない、常に新しいギターサウンドを追求する姿勢が高く評価されている自由で個性的なギタリストです。
還暦を過ぎた現在でも過去の自己コピーに陥ることなく、音楽的な挑戦を止めようとしません。周囲に惑わされることなく、あくまで自分のやりたい音楽を追求する姿勢、他に類を見ない独特の存在感から「孤高のギタリスト」としばしば形容されています。

Biography

1944年6月24日 生 英ウォリントン
ジェフ・ベックは18歳の頃からバンドを結成し、ジーン・ヴィンセントやエディ・コクランなどの曲をカバーしていました。
63年にはオール・スターズというバンドに参加し、ニッキー・ホプキンス(key)らに混じって初レコーディングを体験します。その直後トライデンツというバンドを結成し、ジミー・ペイジやロン・ウッドのバンドの前座を務めたこともあります。この頃はフィードバック奏法やレス・ポールから影響を受けたと思われるトリッキーなプレイで、かなり評判になっていました。

ヤードバーズ時代

そんなある日、一大転機が訪れます。
ジミー・ペイジの紹介でヤードバーズのギタリストへ誘われることになります。そして65年にエリック・クラプトンの後釜としてヤードバーズへ正式加入しました。 しかしこの頃のベックは病気がちで、たびたび代役にジミー・ペイジが入るようになり、一時はツイン・リード・ギター体制になりますが、まもなくベックは脱退。66年にはプロデューサーのミッキー・モストとソロ契約を交わしています。
この頃になると、ベックはすでにジミ・ヘンドリックスが「クラプトンとベックに会わせてあげるから…」という誘いにのって渡英したというぐらいの有名人でした。ジミが派手にプレイして有名になったフィード・バック奏法や大胆なアーム奏法、弦の上をピックでギィーっと滑らせる奏法も、すべてベックの奏法を取り入れたものだったのです。

ソロ・デビュー


Jeff Beck, Rod Stewart – People Get Ready

67年には、ソロとしてベック自ら歌も唄っているシングル「ハイ・ホー・シルヴァー・ランニング」を発表。
これが全英14位の大ヒットとなり、続けて「タリー・マン」「恋は水色」のシングルもスマッシュ・ヒットさせました。
68年になると、ソロ時代のバック・メンバーを中心に、ジェフ・ベック・グループを結成。そのメンバーの中には、ロッド・スチュワート(vo)、ロン・ウッド(b)、エインズレー・ダンバー(ds)、ニッキー・ホプキンス(key)らが在籍。このバンドはベックのわがままでメンバーをコロコロ代えつつ2枚のアルバムを残し、69年のウッドストック・フェスティバル出演間際に突然解散します。
70年、数々のセッションに参加するうちに、若き敏腕ドラマーのコージー・パウエルと出逢う。翌年にはそのコージーや、以降ベックの音楽にはコンポーザーとして欠かせない存在になるマックス・ミドルトン(key)らジャズやR&Bのミュージシャンを集め、第2期ジェフ・ベック・グループを結成。フュージョン要素などを取り入れ、すばらしく進化を遂げたサウンドで周囲を驚かせました。このバンドでも2枚のアルバムをリリースし、セカンドの方は全米15位と、まずまずのセールスを記録しています。

フュージョン・サウンドの先駆者


Jeff Beck – Big Block (Live in Tokyo)

75年、ベックはついにソロとなり、全面インストゥルメンタルのアルバム「ギター殺人者の凱旋(Blow By Blow)」をリリースしました。
今ではロック・ギタリストのインスト・アルバムなど珍しくもありませんが、当時はまだ前例があまり無くかなり衝撃的なもので、内容的にもジャズ寄りのミュージシャンを従え、ロックとジャズの融合を図った斬新なものでした。
それまでのジャズ・ロックは電子楽器を使ったジャズという感じで、ほとんどが長いインプロヴィゼイション(即興演奏)が主体のものでしたが、ベックの生み出したロックとジャズのクロスオーヴァー・サウンドとは、ロック・ビートやファンキー・ビートにのせたジャズ的アプローチで、当時マイルス・デイヴィス一派が推し進めていたクロス・オーヴァー・サウンドに近いものだったのです。曲もコンパクトでポップ、ギター・プレイに関しても、ジミー・ペイジ曰く、「ギタリストのための教科書だ」という通り、あらゆるテクニックを駆使したギター・アルバムとなっています。

このベック初のソロ・アルバムは全米4位の大ヒットを記録。この大ヒットでそれまで3大ギタリストの中では一番地味な存在であったベックも、一挙にクラプトンやジミー・ペイジと肩を並べるほどの存在となりました。

また、このアルバムの成功は、ロック界のみならずジャズ界へもかなりの影響を及ぼし、あっという間にクロスオーヴァー・サウンドは一大ムーブメントを巻き起こします。そして、ついには「フュージョン」という1ジャンルとして独立してゆくまでに発展するのです。

翌76年、ベックは同路線のアルバム「ワイアード」をリリース。このアルバムをベックの最高傑作に挙げる人も多く、全米16位とかなりの好評を得ました。この時期にオリジナリティが確立されたと言えるでしょう。またこの頃のベックはジャズ・プレイヤーとのセッションやライブ・ワークを積極的にこなし、このことは多くのジャズ・プレイヤー達にも脚光を浴びさせる結果となりました。

孤高の存在へ


Jeff Beck – Hammerhead (Live in Tokyo)

その後長い沈黙の季節へと突入しますが、89年突然インストゥルメンタルの意欲作「ギター・ショップ」をリリース。このアルバムでは、トニー・ハイマスとテリー・ボジオ(元フランク・ザッパ&マザーズ/ds)に曲やアレンジ、リズム関係は完全に任せ、プログラミングを多用しながらも、ベックは久しぶりにトリッキーなプレイをふんだんに盛り込み、やる気に満ちていましたが、その内容の素晴らしさとは裏腹にチャートでの反応厳しく全米49位。

90年代に入ると、セッション・ワークを主体に活動し、ジョン・ボンジョヴィ(ボンジョヴィ/g)、ケイト・ブッシュ(vo)、ポール・ロジャース(元フリー~バッド・カンパニー/vo)、ロジャー・ウォータース(元ピンク・フロイド/vo,b)等のアルバムへ参加したり、93年にはビッグ・ダウン・プレイボーイズとのコラボレーションでジーン・ヴィンセント&ザ・ブルー・キャップスのギタリストに捧げられた異色作「クレイジー・レッグス」を発表。
90年代末(’99)、オリジナル・アルバムとしては10年ぶりの「フー・エルス!」を突如発表。約1年足らずの2001年早々、ニュー・アルバム「ユー・ハッド・イット・カミング」が発表されました。
ベックはこのアルバムで、Fenderストラトキャスター・モデルのギターとMarshallのギター・アンプ以外一切使用していないということです。
さらに2年のインターバルを経て届けられた新作は、アンビエント・テクノやノイズ・ミュージックを意識したインダストリアル系サウンド。衰えをしらない創作意欲、ギターにかける情熱・・・ジェフ・ベックがいる限り、ロック・ギターの進化はまだまだ止まりそうもありません。

ギタープレイの特徴

今までに聞いたことのないようなギターのトーン。
チョーキングした時の最高音に到達した際、音の消え際、直線や鋭角になってしまう音の波形を排除し、大胆なアーミングやヴィブラート、ボリューム奏法によって音の角を丸め込み、より自然な揺れ(音) をエレキギターで表現します。


Jeff Beck – Pork Pie (From “Performing This Week Live at Ronnie Scotts”)

使用機材

アルバム「ブロウ・バイ・ブロウ」頃までは1954年製ギブソン・レスポールを使用することが多かったジェフ・ベックですが、アルバム「ワイアード」からはトレードマークであるホワイトカラーのストラトキャスターを使い始めます。

シグネイチャーモデルのストラトキャスター

ジェフ・ベック(Jeff Beck)の使用エレキギターFender Stratocaster signature – Jeff Beck

自身のシグネイチャーモデルであるフェンダー・ストラトキャスター・ジェフベック・モデルをメインで使用しています。
太目のネックシェイプ、ロッキングペグ、ウィルキンソン・ロー ラーナット、ピックアップには切れ味の鋭さとパワーを兼ね備えたHOTノイズレス・ピックアップを搭載。理想とするトーンを元に改良を加えた結果、シングルコイルのストラトキャスターながらハイパワーで、従来のストラトとは異なる特徴が魅力となっています。

Jeff Beck Stratocasterを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す

Discography

Truth / Jeff Beck Gloup

Truth/Jeff Beck Gloup

ヴォーカルにロッド・ステュアート、ベースにロン・ウッド、ドラムにミック・ウォーラー、そしてゲストとしてピアノにニッキー・ホプキンスという豪華なメンバーを従え発表されたジェフ・ベック初のリーダー作です。前年にヤードバーズを脱退したジェフが、初めてやりたいことをぶちまけた作品で、既に全編で彼独特のエキセントリックなプレイを聴くことができます。

1968年リリース作品

Blow By Blow / Jeff Beck名盤

Blow By Blow/Jeff Beck

ベック・ボガート&アピスをアルバム一枚で終止符を打ったジェフ・ベックが、次に向かったのは自らのギター・プレイを最大限に生かしたインストゥルメンタル路線でした。当時流行だったクロス・オーバー・サウンド、いわゆるフュージョンに大々的にアプローチした最初のアルバムです。また現在に至るベックのアイデンティティを確立した最初の作品といえ、彼の諸作品中でも最重要作に位置づけられるでしょう。ベック自身もそれに応じてかハードなプレイを控えめにし、それまで以上にカラフルに、なおかつ艶やかな音色を響かせています。

1975年リリース作品

Wired / Jeff Beck名盤

Wired/Jeff Beck

前作『ブロウ・バイ・ブロウ』に続く、ジェフ・ベックのギター・インストゥルメンタル・アルバムの第2弾。オープニングの「レッド・ブーツ」は、印象的なメロディを持つリフ、変拍子のリズム、独特の“間”を感じさせる演奏が一体となった一曲です。「グッドパイ・ポーク・パイ・ハット」はシンプルで落ち着いたバックの演奏に、ベックが閃きたっぷり愛情たっぷりのフレーズを聴かせてくれます。サウンドは前作に比べ、よりフュージョンにアプローチしたものとなっています。

1976年リリース作品


Jeff Beck – Led Boots (Jeff Beck: Performing This Week…Live at Ronnie Scott’s)

Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live / Jeff Beck

Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live/Jeff Beck

絶対的名作『ブロウ・バイ・ブロウ』 『ワイアード』後、このアルバムは発売されました。紛れもなくジェフ壮年期の貴重な記録であり、短い収録時間ながらハイテンションで内容の濃いライヴアルバム。

1977年リリース作品

Jeff Beck’s Guitar Shop / Jeff Beck

Jeff Beck's Guitar Shop/Jeff Beck

 「Guitar Shop」とは言いえて妙で、ギターという楽器の限界に挑んだかのような、ジャケットのイメージ通り、誰もが期待する通りのギターインストアルバムに仕上がったアルバム。「With T・ボジオ&T・ハイマス」とのクレジット通り、3人だけの研究室での“宅録”のような雰囲気がある作品です。密閉された空間で、トリオ編成という研ぎ澄まされた緊張感の中、攻撃的なフレーズを突き刺しまくる様は爽快ですらあります。

1989年リリース作品

You Had It Coming / Jeff Beck

You Had It Coming/Jeff Beck

ハウス・インダストリアル路線の2作目。プロデュースはアンディ・ライト。因みに印象的なジャケットの写真は、クラッシック・カーの手入れをした後のジェフ・ベック自身の手を写したもの。前作でも使用されていたいわゆる、プログラミングやサンプリング、ループと言ったデジタル・ビートがより顕著なサウンドになっています。このあたりはまた好き嫌いの分かれるところだと思いますが、そういったサウンドに切り込んでくるベックのアグレッシヴなギター・プレイは、やはり痛快。

2000年リリース作品

Jeff / Jeff Beck

Jeff/Jeff Beck

基本的には『Who Else!/フー・エルス!』(99年)、『You Had It Coming/ユー・ハッド・イット・カミング』の延長線上にあるテクノ3部作の第3弾。デジタルビートにジェフ・ベックのギターが鋭く切れ込むサウンドですが、それが本作で完成をみたと言えるかもしれません。プロデュースは前作でも担当していたアンディ・ライトに加えて、アポロ・フォー・フォーティ、ディーン・ガルシア、デイヴィッド・トーンといった新鋭のアーティスト達を迎え、より強力で音圧の高いサウンドに仕上がっています。

2003年リリース作品