エレキギターの総合情報サイト

ギター弦の巻き方/交換方法

ギターを弾いていると弦が切れてしまった・何日も弾いているうちに弦が錆びてしまった…そういった時は新しい弦に張り替える必要があります。「今まで弦の交換をやったことがない」っていう初心者さんも安心、ギター博士と一緒に弦の張替えにチャレンジしてみましょう!

MENU

ギター弦の交換に必要なもの ・・ストラトキャスターの弦交換 ・・レスポールの弦交換 ・・フロイドローズの弦交換弦交換の目安

ギター弦の交換に必要なもの

弦の交換に必要なもの

ギター弦の交換では基本的に

  • ニッパー:弦を外す時、ヘッドのペグ穴からはみ出た弦をカットする時に使う
  • 新しいギター弦

この2つだけで大丈夫です。
フロイドローズ・タイプの人はこれにプラスして六角レンチを用意しましょう。
弦を素早く巻き上げるストリングスワインダー、通称「アルトベンリ」は、通常の3倍程度の速さでペグを回して弦を巻き上げることができるので、あると便利です。

ストラトキャスターの弦の交換方法

①全ての弦を外す

全ての弦を外す弦を緩めて外していく

ペグを回して1〜6弦までの全ての弦をはずします。

②クロスでギターを拭いておこう

クロスでギターを拭いておこうついでにキレイに拭いておこう

いつもは弦が張ってあるヘッド・ネック・ボディ部分、この時についでに拭いてキレイにしておきましょう!

③新しい弦を用意

新しい弦

新しいギター弦の登場です。これから弦を貼っていくよ♪

④ブリッジ裏から表へ弦を通す

ブリッジ裏から表へ弦を通す

まずは6弦から(どの弦から張っていっても大丈夫!)。
ボディ裏のブリッジの弦を通すことろに弦を刺して表まで通します。そのままヘッドまで弦をのばしていきましょう。

⑤ペグの間隔2.5個分くらいで弦を切ります

弦を切る

博士の今回のストラトキャスター(Squier Classic Vibe Stratocaster ’60s)はペグ穴の頭が開放した形のものなのでこの作業が入ります。ペグ穴の頭が閉じたタイプのストラトを使っている人は、レスポールの手順を参考にするといいですよ。

「2.5個分」っていうのは、少し余裕を持って弦を巻き付けていくため。プレーン弦(1,2,3弦)は巻弦(4,5,6弦)より少し多めに余らせておくといいですよ。

⑥ペグ穴に弦の先端を刺し、90度に折り曲げます

ペグ穴に弦の先端を刺し、90度に折り曲げます

博士が使用しているスクワイヤーのストラトは、フェンダー系エレキギターに見られるペグ先端が「すり割タイプ」になっているタイプ。
ペグ穴に弦の先端を刺し、90度に折り曲げます。折り曲げた弦の先端はそのままペグ穴に入れておきましょう。

⑦弦が外れないように指で押さえながら回していきます

弦が外れないように指で押さえながら巻き付けていきますペグ穴から弦が外れないように巻きつける

巻き始めのうちは指で押さえていないと弦が外れてしまいます。巻き付ける弦の根元部分を指でしっかり押さえながら回していきましょう。
2周3周と巻いていく時、最初に巻き付けた部分よりも下へ下へ巻き付けていくとキレイに巻き付けることができますよ♪

⑧他の弦も巻き付けていこう

ギター博士が巻いた6弦

今回ギター博士が巻いた6弦。そんなにキレイに巻けてはいないかもしれないけど大丈夫!ちゃんと音は出るよ。
同じ手順で他の弦も巻き付けていこう。

巻き付ける方向を全部の弦同じにしようね。逆に巻き付けるのはよくないんだ。

全部巻きつけたら…完成!!

ストラトキャスター:巻き付け完成図巻き付け完成図

⑨チューニングしやすいように弦を伸ばしておく

弦を伸ばしておく引っ張って伸ばしておく

このあと1弦ずつ正確な音程にチューニングをするわけだけど、新しい弦は伸びがなくチューニングが狂いやすい。そこであらかじめ弦を軽くひっぱったりチョーキングしたり、シャカシャカ弾いたりして、伸ばしておこう(ギター博士はいつも12フレットあたりでやってるよ)。
だけど力を入れすぎたり引っぱりすぎると弦が切れてしまうので注意!ほどよい力で引っ張ってね。

これで弦の交換作業の完了だ!!

レスポールの弦の交換方法

「テールピース」と「ブリッジベース」「テールピース」と「ブリッジベース」

手順①②③はストラトキャスターの時と同じ。全ての弦を外してボディを拭いておこうね。

レスポールはストラトキャスターと違って、全ての弦を外すと「テールピース」と「ブリッジベース」が外れるようになっているんだ。ブリッジベースは弦の高さを調節する部分でもあるから、セッティングが変わらないようになるべく外さないまま弦交換しよう。

④新しい弦をテールピースから通します

新しい弦をテールピースから通すサドルの溝にはまっているのを確認しながら

レスポールの場合は、弦はテールピースの穴から弦を通します。そのままヘッドまで弦を引っ張っていきましょう。
この時、弦が「サドル」の溝にしっかりはまっているかもチェックしてね。


⑤ペグ穴に弦を通す、少し緩ませて”手で”巻き付ける

ペグ穴に弦を通す

レスポールはこの部分の作業がミソ!ペグ穴に通してから少し緩ませた弦を”手で”一回巻き付けておくことで、ちょうどよい弦の張り具合になるんだ。

これも、余裕を持って弦を巻き付けていくための工夫なんだ。プレーン弦(1,2,3弦)は巻弦(4,5,6弦)より少し多めに余らせておいてね。


⑥弦が外れないように指で押さえながら回していく

指で押さえながらペグを回す

あとはストラトキャスターの時と同じ。弦が外れないように指で弦を押さえながらグルグル回していこう!
巻き付ける付け根の部分を指で押さえておくと、下へ下へと巻き付いてくれてキレイに巻けるよ♪

このまま全ての弦を巻いていこう!1〜3弦と4〜6弦は巻き方が逆になるから注意してね。


⑦あまった弦はニッパーで切っておこう

あまった弦はニッパーでカット

全ての弦を張り終わったら、ヘッド部分からはみだした弦は先っぽがとんがっていて危ないから、ニッパーで根元部分からカットしておこう。そしてストラト⑨の手順のように、弦を伸ばしておこう。

レスポールの弦交換も完了!!

レスポール:巻き付け完成図巻き付け完成図

フロイドローズ・タイプの弦の交換方法

フロイドローズとは、ギターのナットとブリッジ部分のパーツをネジ止めすることで弦を締め付けてロックし、トレモロアームを使用してもチューニングが狂わないようにしたシステムのことです。ギブソンフェンダーなどのタイプと違い、六角レンチを使用してブリッジ側のネジも調整しないといけないので弦の交換が少し複雑ですが、チューニングの安定性が高く、激しいアーミングでも音程が狂いにくい構造なので、ロック/ヘヴィな音楽を演奏するギタリスト向けのギターと言えます。
フロイドローズ搭載のエレキギターについて

①ギタークロスをブリッジの下に潜り込ませる

ブリッジをちょっとだけ浮かせるのがコツブリッジをちょっとだけ浮かせるのがコツ

フロイドローズ・タイプのエレキギター弦は1本ずつ交換するのが定石ですが、全ての弦を外して交換する場合は左図のようにギタークロスをブリッジの下に潜り込ませます。

これは全ての弦を外した時に弦の張力を失ったブリッジがボディ裏側に引っ張られて、六角レンチ穴を操作できなくなることを防ぐ為です。

②六角レンチでロックナットを取り外す

ロックナットを取り外す

普通のギターだったら「ナット」が付いている部分に、フロイドローズ・タイプは「ロックナット」が付いています。
六角レンチを使ってこれを取り外します。

③ヘッド側で弦を緩める→外す

ロックナットを外したら、ペグを回して全ての弦を外していきます。

④ブリッジ側で弦を外す(六角レンチ使用)

全ての弦を外すこれで全ての弦が外れた

ブリッジのサドル穴で固定されている弦を外します。
ここでも六角レンチを使って調節します。

これでギターから弦が完全に外れました。

⑤弦のボールエンドをカットする

新しい弦の準備新しく入れる弦の準備

ブリッジのサドル穴に入れて固定させるために、新しく用意した弦のボールエンド部分をカットします。

⑥弦が外れないように固定する(ブリッジ側)

サドル穴に弦を入れて固定するサドル穴に弦を入れて固定する

カットした弦の先端を、ブリッジ部分サドル穴(ロックインサート)に入れて弦が外れないように固定します。
六角レンチを使用して調節します。

⑦全ての弦を固定し、ヘッド側ペグに弦を通す

⑤⑥の手順で6弦全てブリッジに固定できたら、ヘッド側ペグに弦を巻き付けて生きます。

⑧ペグを回してチューニングする

ここで一旦チューニングをしておきます。このあとロックナットを取り付けるとヘッド側ではチューニングができなくなるので、しっかりとチューニングしておいて下さい。

⑨ロックナットをとりつける

チューニングが合ってきたら、一番はじめに外したロックナットを、六角レンチで締めて元通りに取り付けます。これでヘッド側ペグを回してもチューニングはできなくなりました。

⑩ファインチューナーで最終調節する

チューニングの微調整は、ブリッジ側にあるファインチューナー(ファインチューニング・スクリュー)で調節します。

これで完成!!

弦交換の目安

金属製のギターの弦は手汗や手垢によって「サビ」が発生します。サビが目立つようになってくると、フィンガリングやサウンドにも影響を与えるようになります。また、長く弾いているうちに弦が伸びてきて、弦のテンションが落ちることでピッチ(音程)が悪くなってきます(特にオクターブチューニングに顕著に現れます)。
弦がサビてきた、ピッチが悪くなってきたと感じるようになったら早めに弦を交換しましょう。

弦はどのくらいの頻度で交換すればいいの?

普段の練習量や手汗のかき方など、人によって交換のタイミングはバラバラになってきますが、通常の弦を使用している場合、夏場は月に1度、頻繁に練習する人は月に2度以上の交換が必要になってきます。なるべく弦を長持ちさせたければ、練習が終わったあとに弦を柔らかい布で一本一本ていねいに拭くのが良いです。これだけで寒い冬場なら1ヶ月以上はサビずに使うことができます。

エリクサーなどのコーティングされたギター弦は、サビに強く長持ちです。
通常の弦に比べて高価ですが、その分コストパフォーマンスが高く、練習の後にクロスで拭くことを怠らなければ一冬越すこともできます。頻繁に行うギター弦の張替え作業もなくなるので、コーティング弦を選ぶメリットは大きいと言えます。
Elixir(エリクサー)のギター弦について

clear

ギターの弦って何ゴミ??

交換した後のギターの弦、捨てるにはいったい何のゴミとして分別するべきでしょうか。これは住んでいる地域によってバラバラですが、クラシックギター弦で使われるナイロン製の弦は燃えるゴミ、アコースティックギターやエレキギターなどの金属弦は一般的には燃えないゴミ/不燃ゴミとして処分するケースが多いようですね。