エレキギターの総合情報サイト

Elixir(エリクサー)のギター弦について

elixir strings

「Elixir」は1995年にアメリカで創業した弦メーカーで、エレキギターをはじめ、アコースティックギターやエレキベース、マンドリンやバンジョーなど、様々な種類の弦楽器の弦を販売しています。

大手弦メーカーのD’AddarioやErnieballと比べるとまだまだ歴史は浅いですが、Elixir独自の「コーティング弦」が世界中のギタリストから高評価を得たことで、瞬く間に世界的メーカーとなりました。Elixirの弦を採用している楽器メーカーやプロギタリストは多く、その品質の高さは折り紙付きです。

Elixir弦の特徴

Elixirのエレキギター用弦セットには「NANOWEB」と「POLYWEB」といった2種類のタイプがあります。どちらの巻き弦もコーティングされており、他社従来品よりも「3倍~5倍の寿命」を誇るのが最大の特徴です。一般的な弦の寿命が「2週から1ヶ月」と言われている中、Elixirの弦は「最長3ヶ月」も品質が保たれる計算となります。

NANOWEBとPOLYWEBの違い

NANOWEBとPOLYWEBの違いは「音質」と「フィンガリング」です。前者は「ブライトで迫力あるサウンド」となり、後者は「バランスの良い落ち着いたサウンド」となります。弾き心地の良さはPOLYWEBに軍配が上がると公式で発表されていますが、実際はそこまで大きな差はなく、好みの問題と言われています。

Anti-Rustプレーン弦

また、Elixir製品は「Anti-Rustプレーン弦」を採用しているのも特徴です。Anti-Rustには「錆び防止」という意味があり、独自の耐腐食加工を施したプレーン弦を採用することで、コーティングされた巻き弦と同等の寿命を得ることに成功しました。あくまで加工処理を施しているだけで、弦そのものはコーティングされておらず、音質や弾き心地は通常のプレーン弦と殆ど変わりません。

ランニングコストが抑えられる

価格設定は大手メーカーと比べると比較的高めです。ですが、寿命が従来品の3倍~5倍となっているので、ランニングコストを抑えることができると言えます。自宅練習などの通常使用なら、結果的に他社製品よりも安上がりになることが多いです。

定番のギター弦セット

Nanoweb Light Anti-Rust#12052

Nanoweb Light Anti-Rust#12052

Elixirの定番セットが「#12052」です。太さは1弦から「010、013、017、026、036、046」となっており、いわゆる「レギュラーライトゲージ」に相当します。音質と弾き心地のバランスが取れた人気商品です。

本セットはNANOWEBシリーズであり、コーティング弦ながらブライトなサウンドを実現しています。コーティング弦は他社から様々な製品が販売されていますが、同社製品は「弦そのものをすっぽりとコーティング」しているのが特徴です。これにより、長寿命と高音質を両立させることに成功しています。とにかく弦自体が錆びにくいので、手がウェットになりやすいギタリストにもオススメです。
SNanoweb Light Anti-Rust#12052 をサウンドハウスで探す

NANOWEBシリーズ

Nanoweb Super Light Anti-Rust#12002

Nanoweb Super Light Anti-Rust#12002

NANOWEBシリーズの「スーパーライトゲージ」が「#12002」です。上記の#12052よりも一回り細い弦であり、その太さは「009、011、016、024、032、042」となっています。

スーパーライトゲージなのでチョーキングがしやすく、リードプレイを多用するギタリストから好評です。同時に錆びにくいため、強く持ち上げても弦に負担がかからず、切れにくくなっています。Elixir独自のAnti-Rustプレーン弦の性能をフルに発揮できるゲージと言えます。
SNanoweb Super Light Anti-Rust#12002 をサウンドハウスで探す

Nanoweb Custom Light Anti-Rust #12027

Nanoweb Custom Light Anti-Rust #12027

上記の#12052と#12002を組み合わせた「カスタムライトゲージ」が「#12027」です。その太さは「009、011、016、026、036、046」であり、1弦から3弦が#12002、4弦から6弦(巻き弦)が#12052となっていることがわかります。ゲージのバランスが取れたセットで、このセットを長年愛用しているギタリストも多いです。
SNanoweb Custom Light Anti-Rust #12027 をサウンドハウスで探す

Nanoweb Light Heavy Anti-Rust #12077

Nanoweb Light Heavy Anti-Rust #12077

「010、013、017、032、042、052」という太さを持つNANOWEBシリーズの「ライトヘヴィゲージ」が「#12077」です。1弦から3弦のプレーン弦が#12052、4弦から6弦の巻き弦が#12152になっています。

一見するとゲージのバランスが崩れているように思えますが、ヘヴィゲージ特有のパワフルなバッキングプレイ、ライトゲージ特有の弾きやすく繊細なリードプレイを同時に可能とます。ヘヴィゲージを使いたいが、プレーン弦だけは細い弦を使いたいという欲張りなギタリストに人気です。
SNanoweb Light Heavy Anti-Rust #12077 をサウンドハウスで探す

Nanoweb Medium Anti-Rust #12102

Nanoweb Medium Anti-Rust #12102

NANOWEBシリーズの「ミディアムゲージ」が「#12102」です。そのゲージは「011、014、018、028、038、049」となっており、定番セットである#12052を一回り太くした物となります。レギュラーチューニングはもちろん、ドロップチューニングで使用するのも良いでしょう。
SNanoweb Medium Anti-Rust #12102 をサウンドハウスで探す

Nanoweb Heavy Anti-Rust #12152

Nanoweb Heavy Anti-Rust #12152

いわゆる「ヘヴィゲージ」に相当するのが「#12152」です。このセットを愛用しているギタリストの多くがドロップチューニングで使っており、非常にパワフルなサウンドを鳴らすことができます。

太さは「012、016、024、032、042、052」となっていますが、「3弦が巻き弦」なので注意しましょう。3弦だけバラ売りで購入し、張り替えているギタリストも多いので、個々で調整するようにしてください。
SNanoweb Heavy Anti-Rust #12152 をサウンドハウスで探す

POLYWEBシリーズ

Polyweb Super Light Anti-Rust #12000

Polyweb Super Light Anti-Rust #12000

NANOWEBシリーズと対を成す、POLYWEBシリーズの「スーパーライトゲージ」が「#12000」です。コーティング弦とは思えない滑らかな弾き心地と、低音から高音までバランスの良い音色が評判です。

同時に、「フィンガーノイズ」を限りなく抑えているのもPOLYWEBシリーズの特徴です。一般的なコーティング弦はフィンガーノイズが目立ちやすく、気をつけながら演奏をする必要がありますが、このセットならノイズを気にせず演奏だけに集中することができます。
SPolyweb Super Light Anti-Rust #12000 をサウンドハウスで探す

Polyweb Light Anti-Rust #12050

Polyweb Light Anti-Rust #12050

POLYWEBシリーズの「レギュラーライトゲージ」が「#12050」です。弦の太さは「010、013、017、026、036、046」であり、最もポピュラーなゲージです。このシリーズを試す場合、まずはこの#12050から手を出すことをオススメします。
SPolyweb Light Anti-Rust #12050 をサウンドハウスで探す

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別:  男性 女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ