ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ギタースケールについて

スケールとは1オクターブの範囲内で音の高さの順にならべて表したもの,音階です。
スケールには、構成音の数や並びかたによっていろいろな種類のものがあります。みなさんが知っているであろうドレミファソラシドはCメジャースケールという名前のあるスケールなんです。

知っておくと「できること」が増える

ギタリストに関わらず音楽家が皆これらのスケールを完璧に覚えているかというと、そうではありません。ギターの練習をしてるうちに自然にできちゃう人もいます。ギターの神様であるジミ・ヘンドリックスは楽譜を読めなかったといいます(当時の著名なミュージシャンの中には読めない人は多かったといいます)が、彼のプレイは理論的に理にかなっています。
一方でクラシックの作曲家は音楽理論を用いて作曲を行います。理論を知らなければできないこともあります。

スケールを覚えておくだけで(感覚でもいいので)フレーズの幅やギターソロのプレイの幅がグンと広がるのは間違いないでしょう。コードの構成音について覚える時のように、多少覚えなければいけないことがありますが頑張って覚えてみましょう!!

ギター博士が色々なスケールでギターソロを弾いてみた!

スケールってどんなもの?それぞれどんな響きがするの?という人のために、ギター博士が同じドラムトラック上で異なるスケールを用いたギターソロ(キーはCで統一)を17本弾きました!それぞれのスケールでの指板上のポジション表を掲載していますので、参考にして、気になったスケールは個別のページでより詳しく調べてみてください!

  • Cメジャー
  • Cマイナー
  • Cメジャーペンタトニック
  • Cマイナーペンタトニック
  • Cドリアン
  • Cフリジアン
  • Cリディアン
  • Cミクソリディアン
  • Cハーモニックマイナー
  • Cメロディックマイナー
CメジャースケールCメジャースケール
CマイナースケールCマイナースケール
CメジャーペンタトニックスケールCメジャー・ペンタトニック・スケール
CマイナーペンタトニックスケールCマイナーペンタトニックスケール
CドリアンスケールCドリアンスケール
CフリジアンスケールCフリジアンスケール
CリディアンスケールCリディアンスケール
CミクソリディアンスケールCミクソリディアンスケール
CハーモニックマイナースケールCハーモニックマイナースケール
CメロディックマイナースケールCメロディックマイナースケール

スケールの種類

使用頻度の高いスケールから順に並べています。

clear

まずはペンタトニックから覚えてみよう!

「色んなスケールがあって、何をやったらいいか分からない」という人は、まずはメジャーペンタトニックスケール/マイナーペンタトニックスケールから覚えてみましょう。この2つのスケールはロック音楽のギタープレイに欠かせないスケールで、初心者の人でも比較的覚えるのが簡単で、ギターソロっぽいフレーズが弾けるようになると思います。

メジャー・スケール(長調)とマイナー・スケール(短調)

それでは基本となる明るい響きのメジャー・スケール(長調)と暗い響きのマイナー・スケール(短調)について説明します。

メジャー・スケール(長調)

メジャー・スケール(長調)に関してはこちらのコードの構成音・成り立ちを理解しようで説明しているので、そちらを参照してください。

マイナー・スケール(短調)

メジャー・スケール(長調)の明るい響きに対してマイナー・スケール(短調)は暗い響きをもった音階です。マイナー・スケールはその中でも3種類に分類されます。

  • ナチュラル・マイナースケール(マイナー・スケールのことです)
  • ハーモニック・マイナースケール
  • メロディック・マイナースケール

Aその他ギター理論書をamazonで探す