エレキギターの総合情報サイト

Squier by fender:スクワイヤのギターについて

スクワイヤーのギター

「スクワイア」はフェンダー社が保有しているギター/ベースのブランドで、主にフェンダーに比べて求めやすい価格帯の製品に使用されています。フェンダーの廉価版だけでなく独自の仕様や色調のモデルも多く展開しており、ブランド自身の魅力を持っていますから、初心者の最初の一本としてうってつけであるだけでなく、調整やカスタマイズ次第で中級者以上の使用にも耐えることができます。ここでは、スクワイアとはどういうブランドなのか、ちょっとチェックしてみましょう。
※日本語表記は、スクワイアやスクワイヤーなどがあり「スクワイア/スクワイヤー」と併記するサイトもあります。

MENU

Squier by fender:沿革スクワイア・ギターの特徴 ・・コピーではない、寸分たがわないフェンダーのギター ・・ポイントを絞ったネック/指板 ・・全モデル、ヘッド側からトラスロッドを調整できるSquier by Fenderのラインナップ ・・Squierのストラトキャスター ・・伝統的なスタイルのテレキャスター ・・・Classic Vibe(クラシック・ヴァイブ)シリーズ ・・・Vintage Modified (ヴィンテージ・モディファイド)シリーズ ・・現代的なスタイルのテレキャスター ・・・Affinity Series Telecaster ・・・Standard Tele ・・ストラト/テレキャス以外のラインナップ ・・・Vintage Modified Jaguar / Jazzmaster / Mustang ・・・Vintage Modified Baritone Jazzmaster ・・・Vintage Modified Squier '51


Avril Lavigne – He Wasn’t
全世界で4000万枚以上のセールスを記録するロックスター、アヴリル・ラヴィーン氏のシグネイチャーモデルは、彼女を象徴する星印のインレイとチェッカーパターンのピックガードが目を引く、1ボリューム/1ハムバッカーのシンプルなテレキャスターです。1ハムながらセレクタスイッチの操作でシングルコイルとしても使用できる機能があり、ロックに必要なトーンバリエーションはしっかり手に入ります。

Squier by fender:沿革

スクワイアの起源はバイオリンメーカーから弦メーカーに転身した「V.C. Squier Company」です。1965年にフェンダーの傘下となりフェンダー製品と作るメーカーとなっていましたが、その名残で1982年に新設された「フェンダージャパン」とともに「スクワイア」が新設され、日本のメーカーによる低価格モデルを生産していきました。やがて製造国は日本以外にもアメリカ、韓国、インドネシア、中国、メキシコ、インドなど拡大していき、国産の「フェンダージャパン(現、ジャパンエクスクルーシブ)」、アジア諸国で作る「スクワイア」というように分化していきます。

スクワイア・ギターの特徴

コピーではない、寸分たがわないフェンダーのギター

フェンダーに限らず、日本人の感覚からすると欧米の企業は権利問題に対して非常にシビアな姿勢をとっており、フェンダーのギターは数多くの特許と意匠登録によって、法律で保護されています。80年代に日本メーカーのコピーモデルに手を焼いた話は有名ですが、コピーモデルがフェンダーの権利を侵害しているとして提訴されるのは過去の話ではありません。

現在でもこうした問題は散見しますが、フェンダーのスタイルはエレキギターの「王道」になっており、「エレキギターとはこういうものだ」という「周知の事実」にまでなってしまっているので、権利の主張はできないというのが現状です。しかし「ヘッド形状」のデザイン権は認められており、フェンダーのヘッド形状を完全にコピーしているギターを他のブランドが作ることはできません(所有者が訴えられることはありませんので安心してくださいね)。

こうした中、スクワイアはフェンダー傘下のブランドなので、公式コピーですらない、まさにフェンダーそのもののギターを生産できます。「フェンダー」ブランドのイメージのため価格を抑えたモデルを別のブランド名でリリースしているだけで、現在のフェンダー公式サイトではスクワイアも(因みにジャパンエクスクルーシブも)同じサイト内で紹介されています。


Slipknot – The Devil In I [OFFICIAL VIDEO]
「猟奇趣味的激烈音楽集団」との呼び声高い、あらゆるスタイルを融合させたヘヴィメタルバンド「スリップノット」のジェイムズ・ルート氏は、フェンダー/スクワイア両面でシグネイチャーモデルをリリースしています。スクワイアのラインナップでは例外的に、12″(305mm)Rの平滑な指板になっています。

ポイントを絞ったネック/指板

一部のアーティストモデルなどを除き、スクワイアのギターは

  • 現在の標準である9.5”(241mm)Rの指板、ナット幅42mm、ミディアムジャンボフレットを採用
  • ネックグリップは「C」と「モダンC」の二択(モダンCのほうがやや丸い)
  • 4点留めボルトオンジョイント
  • フレット数は21か22
  • 弦長は25.5″(フェンダースケール)、24″(ショートスケール)の二種類

というように、ネック/指板のバリエーションをぎゅっと絞っています。

フェンダーでは指板Rやジョイント数など各年代の特徴を仔細に再現しているモデルが多くありますが、スクワイアではこれをファッション的にとらえてネック関係の仕様を絞っており、どのモデルを選択しても弾き心地にあまり大きな差が出ないようにしています。

歴史上、フェンダーのギターは指板が丸いものや比較的平滑なもの、ナローネック(41mm)などナット幅のバリエーション、ネックグリップが丸い物やスリムなもの、V字の断面を持つもの、4点留めや3点留めのネックジョイントというように「ネック」ひとつをとってもさまざまなバリエーションがあります。スクワイアではこうしたネックのバリエーションを追跡することはせず、現代的なモデルも過去の年代を意識したモデルも「現在の標準」だと考えられるネックを採用し、どのギターもお互いに弾き心地が近くなるようになっています。

どれもたいがい同じネックなので、演奏性が合うか合わないかという問題から解放され、そのギターのグレードや帯びている雰囲気で選ぶことができます。


Rob Zombie – Superbeast (Live)
マリリンマンソンを辞してロブ・ゾンビ氏のバンドで活躍を続けるジョン5氏はフェンダー/スクワイア両面でシグネイチャーモデルのテレキャスターをリリースしています。2ハムバッカー仕様ですが、リアのみセラミックマグネットを使用したヘヴィサウンド志向になっています。

全モデル、ヘッド側からトラスロッドを調整できる

トラスロッド調節スクワイヤ・ストラトのトラスロッド部分

フェンダーの特徴的な設計のひとつに「ジョイント部分からトラスロッドの調整をする」というものがあります。ネック本体の剛性をアップさせる妙案でしたが、ネックの反りを調整するためにいちいちネックを外さなければならないのは初心者にはあまりにもハードルが高く、また本家フェンダーでは70年代以降の仕様はヘッド側からロッド調整ができるようになっています。

スクワイアでは、50年代や60年代仕様も含め、全モデルヘッド側から調節できる仕様に統一しています。これによりいちいちリペアマンのところに持っていかなくても、自力でロッド調節に挑むことができます。
ネックの反りを確認・調節する

Squier by Fenderのラインナップ

スクワイアのラインナップのうち、ストラトキャスターについてはこちらの記事で紹介していますので、ここではストラト以外のラインナップをチェックしていきます。
スクワイヤーのストラトキャスター:徹底比較!

まずはテレキャスターに注目してみましょう。シリーズごとに様々なモデルがリリースされていますが、現代的なスタイルのものと伝統的なスタイルのものとに分けてチェックしていきます。(LH)とあるものは、左用があります。

伝統的なスタイルのテレキャスター

伝統的なスタイルを持つスクワイアのテレキャスターは、

  • 3連サドルが基本
  • ヴィンテージスタイル(クルーソンタイプ)ペグ

という共通点がまあまあありますが、古風なスタイルをベースに現代風のアレンジを施したモデルなど、比較的自由なラインナップを展開しています。

テレキャスターの3連サドルはオクターブ調整が難しく、なかなかに厄介な代物です。しかし「本来のテレキャスターサウンドは3連サドル」という哲学を持っている人は多く、サイケデリズムなどヴィンテージスタイルを基調としたハイエンドギターでも採用されている例が多々あります。

ただし、この3連サドルを擁するブリッジプレートには1弦側と6弦側に「壁」ができており、ブリッジミュートなどリアピックアップ付近でピッキングするときにはちょっとしたコツが必要になります。

6連サドルのものも中にはありますが、サドル自体が鉄板をプレスして整形した昔ながらのものが使われており、現代的なブロック状のサドルとは区別されています。プレス成型のサドルは軽量で倍音の響きが豊かになる半面サスティンに弱く、逆にブロック状のサドルは重さがありサスティンに優れる代わりに倍音の響き方がシンプルになります。

Classic Vibe(クラシック・ヴァイブ)シリーズ

「クラシック・ヴァイブ」シリーズは、過去にあった象徴的なギターの雰囲気を帯びた、スクワイアのフラッグシップモデルです。ギター博士が動画で使用しているストラトキャスターも、このシリーズです。スクワイアはフェンダーの下位ブランドという位置づけですが、このクラシック・ヴァイブに限ってはフェンダー「ジャパン・エクスクルーシブ」の「クラシック50sストラト」などと比較してピックアップのグレードが等しく、またボディ材的には上位のスペックを持っています。

Classic Vibe Telecaster ’50s(LH)

Classic Vibe Telecaster 50s

Classic Vibe Telecaster Thinline

Classic Vibe Telecaster Thinline

Classic Vibe Telecaster Custom

Classic Vibe Telecaster Custom

ボディ:パイン(’50s)、マホガニー(Thinline)、アルダー(Custom)
グリップ:モダンC
フレット数:21
ペグ:クルーソンタイプ
ブリッジ:3連サドル
ピックアップ:Custom Vintage-Style Single-Coil Tele

このシリーズのテレキャスターはネックシェイプやピックアップなど相互に多くの共通点を持ちながら、さすがにフラッグシップだけあり3モデルそれぞれに渋いこだわりを伺うことができます。

’50s / Thinline / Custom の違い
3モデルとも同じ寸法のネックが使われていますが、

  • ’50s:メイプル指板&ヴィンテージ感を演出する焼けたカラーリング
  • カスタム:ローズ指板&ヴィンテージ感を演出する焼けたカラーリング
  • シンライン:メイプル指板でカラーリングなし

という指板材とカラーリングに違いがあります。ならびに

  • ’50s(パイン)、カスタム(アルダー):ソリッドボディ
  • シンライン(マホガニー):セミホロウ

というボディ材と構造の違いはとてもわかりやすいところです。

「パイン」材はなかなかなじみが薄い人も多いことでしょう。比較的入手しやすく、木目が美しい上に音にクセがないということで、品種によりアルダーやマホガニーの代替材として近年使われ始めています。

それぞれカラーバリエーションはほとんどありませんが、’50sはバタースコッチブロンドと呼ばれる落ち着いたイエローに黒いピックガード、カスタムはバインディングを持つ3トーンサンバーストのボディに白い3枚重ねのピックガード、シンラインはマホガニー本来のナチュラルカラーにパール柄の専用ピックガード、というようにそれぞれの顔つきにはしっかりキャラクターが付けられています。

渋いこだわりが光るポイントは「サドル」です。3モデルとも伝統的な3連サドルですが、サドル本体にそれぞれ違いがあります。

  • ’50s:ブラス製サドル
  • カスタム:鉄製スクリューサドル
  • シンライン:鉄製クロームメッキ、バレルサドル

これは、それぞれのモデルがイメージしている年代で採用されていた仕様を模しています。サドルは弦の振動を直接受けとめるパーツなので、この素材の違いは弦振動のニュアンスに大きく反映されます。ボディ材/ボディ構造の違いと、このサドルの違いとが合わさって、それぞれのトーンができているのです。

Classic Vibe Telecasterを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Vintage Modified (ヴィンテージ・モディファイド)シリーズ

「ヴィンテージ・モディファイド」シリーズは、トラッドなテイストを持つモデルのシリーズです。かつてフェンダーから生産されていたギターを復刻したものや、古いテイストを持ちながら新しいアイディアで作られたものがある、大変面白いラインナップを展開しています。

Vintage Modified Cabronita Telecaster (with Bigzby)

Vintage Modified Cabronita Telecaster

ボディ:バスウッド
グリップ:モダンC
フレット数:22
ペグ:クルーソンタイプ
ブリッジ:ハードテイルまたはビグズビー
ピックアップ:Fideli’Tron Humbucking、Standard Single-Coil Tele

「カブロニータ」テレキャスターは、かつてフェンダー・カスタムショップやフェンダー・メキシコなどで生産されて話題となったテレキャスターで、セレクタスイッチとボリュームポットのみというシンプルな操作系から、ブルース/カントリー/ロックンロールに特にフィットします。

搭載されているピックアップ「フィデリトロン」はグレッチの代表的ピックアップ「フィルタートロン」をイメージしてフェンダーが開発したピックアップで、二つのシングルコイルが並列(パラレル)につながれており、ハムバッカーピックアップの利点である「ノイズ除去」を果たしながら、太くなりすぎない軽やかな、まさにグレッチのイメージ通りのトーンを持っています。

ビグズビー搭載モデルではリアピックアップにテレキャスター本来のピックアップが採用されており、トレモロユニットの有無だけではない、サウンド面でのキャラクター付けも施されています。

Vintage Modified telecaster Custom/Deluxe/Special

Vintage Modified telecaster Custom、Deluxe、Special

ボディ:バスウッド
グリップ:C
フレット数:21
ペグ:クルーソン
ブリッジ:ヴィンテージスタイル
ピックアップ:Wide Range Humbucking、Duncan Designed

「カスタム」と「デラックス」は70年代にフェンダーで生産されていたテレキャスターの復刻盤で、6弦側に配置したトグルスイッチとピックアップごとに配置したトーン/ボリュームポットにより、ギブソン系のイメージを持っています。
備考:いわゆる「テレギブ」はセイモア・ダンカン氏が2ハムに改造してジェフ・ベック氏に進呈したテレキャスターのことで、ここで紹介しているカスタム/デラックスとは異なるギターです。

カスタムではフロントに1基、デラックスでは2基搭載されている「ワイドレンジ・ハムバッカー」は、ギブソン系のハムバッカーとは磁石の扱いが異なっており、トーンキャラクターに違いがあります。ギブソンのハムバッカーは中音域の押し出しに特徴がある半面高音域が若干薄くなりますが、ワイドレンジ・ハムバッカーは煌びやかな高音域を持っており、テレキャスターのアップグレードにはうってつけのピックアップです。
フェンダー・テレキャスター・シンライン

「スペシャル」はフロントにジャズマスターのピックアップを配し、さらにネックもジャズマスターのものにすげ替えた、新しいコンセプトのテレキャスターです。ヘッドには「Jazz Master」としか記されておらず、いかにもテレキャスターに改造を施したような姿をしていますから、まさに「ヴィンテージ・モディファイド」を体現しているギターだと言えるでしょう。

リアピックアップはそのままでフロントにP-90を配置したテレキャスタータイプは、Magneto Guitarsバッカスなど多くのブランドからリリースされており、近年流行のスタイルだと言えます。この「スペシャル」に搭載されているジャズマスターのピックアップは外観こそP-90に近いですが、立ち上がりの鋭い特有のトーンを持っていますから、「フロントにP-90」という流行に乗るかのように見せかけて実は違う、という味なアレンジになっています。

Vintage Modified ’72Tele

Vintage Modified 72 Tele

ボディ:アッシュ
グリップ:C
フレット数:21
ペグ:クルーソン
ブリッジ:ヴィンテージスタイル6連サドル
ピックアップ:Wide Range Humbucking

「ジャパン・エクスクルーシブ」でリリースされている1972年式のシンラインが、スクワイアからもリリースされています。ジャパン・エクスクルーシブはグリップやフレットなどになかなかの再現度を見せてくれますが、このスクワイア版はあくまでスクワイアのギターとして作られており、細部の再現にはそれほど熱を入れていません。ですがアッシュボディ&シンライン&ワイドレンジハムバッカーという仕様をまさかのコストパフォーマンスで実現した、貴重な一本になっています。

Vintage Modified Telecasterを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

現代的なスタイルのテレキャスター

スクワイアにおける現代的なスタイルのテレキャスターは、

  • 6連サドル:ブリッジのサドルが弦ごとに独立しており、オクターブ調整が整いやすい。またサスティンに優れるブロック状のサドルを採用
  • 肉厚なブリッジプレート:堅牢であり、1弦と6弦を弾くのに邪魔になりにくい
  • ロトマチック式ペグ:堅牢で重いためサスティンが伸びる

という共通点があり、伝統的なスタイルのギターが倍音豊かな響きを重視しているのに対して現代的なギターはサスティンを重視していることがわかります。

Affinity Series Telecaster (LH)

Affinity Series Telecaster

ボディ:アルダー
グリップ:C
フレット数:21
ペグ:ロトマチック
ブリッジ:6連サドル
ピックアップ:Vintage-Style Single-Coil Tele

「アフィニティ」テレキャスターはスクワイアのテレキャスターの中で最も低価格ながら、ボディにアルダーを採用した本格的なモデルです。「ヴィンテージスタイル」となっているピックアップは、リアのポールピースの高さが均一になっておりつるんとした印象です。カラーバリエーションが豊富でメイプル指板仕様も左用もあり、初心者の最初の一本として最適です。

Affinity Telecasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Standard Tele

Standard Tele

ボディ:アガチス
グリップ:C
フレット数:22
ペグ:ロトマチック
ブリッジ:6連サドル
ピックアップ:Standard Single-Coil Tele / Alnico Magnet Single-Coil

「スタンダード」テレキャスターは、フェンダーUSAで言うところの「アメリカン・スタンダード」に相当する、「現代の標準仕様」のテレキャスターです。ボディ材の「アガチス」にはなじみが薄い人も多いようですが、外観の印象からマホガニーの代替材として、またクセのない音響特性からアルダーの代替材として、古くから使用されています。上述したアフィニティと異なり、リアピックアップのポールピースが指板のRに合わせて突出しており、弦ごとの音量バランスをとっています。

Standard Teleを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

ストラト/テレキャス以外のラインナップ

ストラト/テレキャス以外のモデルは「ヴィンテージ・モディファイド・モデル」としてリリースされています。


Dinosaur Jr. – The Wagon (Live on KEXP)
ノイジーなギターサウンドと気だるいヴォーカルを特徴とするオルタナティブ・ロックバンド「ダイナソーJr.」のギターヴォーカル、J.マスシス氏のシグネイチャー・ジャズマスターは、ヴィンテージホワイトとアノダイズドピックガードのカラーリングが特徴で、「リード/リズム」スイッチにより2系統のヴォリューム/トーンを切り替えられるようになっています。

Vintage Modified Jaguar / Jazzmaster / Mustang

squier-vintage-modified

ボディ:バスウッド
グリップ:C
フレット数:22(Jaguar / Mustang)、21(Jazzmaster)
ペグ:クルーソンタイプ
ブリッジ:フローティングトレモロ(Jaguar / Jazzmaster)、ダイナミックトレモロ(Mustang)
ピックアップ:Duncan Designed

ジャガー、ジャズマスター、ムスタングそれぞれ、弦長やボディシェイプ、トレモロ、ピックアップなどに各モデルごとの特徴をしっかり反映させ、またピックアップは全てセイモアダンカンの設計による高品位なものが採用されており、この価格帯から考えると充分なクオリティのある復刻盤になっています。
フェンダー・ジャガー
フェンダー・ジャズマスター
フェンダー・ムスタング

Vintage Modified Jaguarを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す
Vintage Modified Jazzmasterを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す
Vintage Modified Mustangを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Vintage Modified Baritone Jazzmaster


Squier Vintage Modified Baritone Jazzmaster

ボディ:バスウッド
グリップ:モダンC
フレット数: 21
ペグ:クルーソンタイプ
ブリッジ:固定式「トップローダー」ブリッジ
ピックアップ:Duncan Designed

フェンダーでかつて生産されたジャガースタイルの6弦ベース「ベースⅥ」を、ジャズマスターで再現したモデルです。弦長は30”(762mm)とかなり長く、バリトンならばチューニングを通常4度から5度下げるところを、本機ではベースⅥ同様に1オクターブ下まで下げることができます。

またベースⅥはフローティングトレモロまで装備していたのでチューニングの安定にかなり不安がありましたが、本機では固定式ブリッジに改められており、よりシンプルにより使いやすくなっています。

Vintage Modified Squier ’51


NEW Squier ’51 Demo

ボディ:バスウッド
グリップ:C
フレット数: 21
ペグ:ロトマチック
ブリッジ:ハードテイル(ブロック状サドル)
ピックアップ:Hot Humbucking / Standard Single-Coil Strat

「スクワイア’51」は、2004年にデビューしたスクワイアオリジナルモデルで、過去にはフェンダーでも生産されていた人気機種です。ボディはストラト、ピックガードとコントロールプレートは50年代のプレシジョンベース、ネックはテレキャスターのものを合わせ、リアにハムバッカーをマウントした新しいギターです。フロントピックアップにはストラトのものが使われていますが、テレキャスターのようにボディにマウントしています。

二つのコントロールノブは、ヴォリュームとピックアップを切り替えるロータリースイッチになっており、シンプルかつストレートなサウンドが得られます。この’51のみ、ヴィンテージ・モディファイドでありながらロトマチックペグとブロックタイプの6連サドルを備えた現代的な仕様になっています。