エレキギターの総合情報サイト

アッパー・ストラクチュア・トライアド:その2「分数コードについて」

アッパー・ストラクチャー・トライアドの続編です。
今回はUSTと関連のある「分数コードについて」です。

分数コードとUST

いまやさけては通れないものとなった分数コードですが、押さえ方を覚えるのに苦労をしている人も多いと思います。

通常のコードは最下音でコードのルート音を鳴らすようになっていますが、ルートでない音を最下音(またはベース音)で鳴らす場合のベース音指定が分数コードの意味です。中には4声和音の上にUSTを表記したり、ということもありますがそれは特殊なケースですので、ほとんどの分数コードはベース音指定と考えて良いでしょう。

みかけの分数コードと真の分数コード

分数コードのほとんどは下側はベース音、上に和音、となっています。
分数コードには「みかけの分数コード」と「真の分数コード」とがあります。

みかけの分数コード「下の音が上のコードに含まれるもの」です。

C/G、Dm/C

真の分数コードは次の例のように「下にかかれている音と上のコードには関係がない」ものです。

F/G、G/C

これらの中には「下の音を上の和音に加えると4声和音になるもの」もあります。

またはルート音の上にUSTだけを載せた何らかのコードの省略形フォームである事もあります。

みかけの分数コードのフォーム

使われる頻度としては、ポップスやロックなどではこちらのほうが多いかもしれません。

次のようなコード進行で使われます。

コード進行

上の譜例中に出てくる分数コードのほとんどはみかけの分数コードで、ルートでない他のコードトーンがベースになっている形です。この中でF/GだけはベースになっているG音とFメジャー・コードは無関係で、これが真の分数コードになります(文章中の分数コードの表記は◯/△という形にしてありますが、これは◯が上側、△が下側のなります)。

みかけの分数コードはある程度パターン化されているので「◯◯というコードの◯度がベースになった形」として覚えていってください。中でもメジャー、マイナー各トライアドの3度音または5度音がベース音になっている形はよく使われます。

メジャー・トライアドの3度音がベース音になっているフォーム

メジャー・トライアド3度音6弦ベース-1 メジャー・トライアド3度音6弦ベース-2 メジャー・トライアド3度音5弦ベース-1メジャー・トライアド3度音5弦ベース-2

メジャー・トライアドの5度音がベース音になっているフォーム

メジャー・トライアド5度音6弦ベース-1 メジャー・トライアド5度音6弦ベース-2 メジャー・トライアド5度音5弦ベース-1

メジャー・トライアドの5度音5弦ベースフォームは2弦で押さえた指で同じフレットの1弦を加えてもルート音になるのでかまいません。

マイナー・トライアドの3度音がベースになっているフォーム

マイナー・トライアド3度音6弦ベース-1 マイナー・トライアド3度音6弦ベース-2 マイナー・トライアド3度音5弦ベース-1マイナー・トライアド3度音5弦ベース-2

マイナー・トライアドの5度音ベース・フォーム

マイナー・トライアド5度音6弦ベース-1 マイナー・トライアド5度音5弦ベース-1 マイナー・トライアド5度音5弦ベース-2

マイナー・トライアドの5度音5弦ベースフォーム ①は3弦と2弦で押さえた指で同じフレットの1弦を加えてもルート音になるのでかまいません。

真の分数コードのフォーム

一つの音の上に12のメジャー、マイナー・トライアドを乗せるととても多くのコードが出来ます。

これらの中で良く使うものを上げてみましょう。
ベース音を上側のコードに加えると4声和音になるもの、はこちらに載せてあります。

D/C型

全音上のメジャー・トライアドが上に乗っている形です。
この形は上のコードから見るとベース音になっているのは短7度の音になるのでセブンス・コードの7度音ベースと考えてもかまいません。
また上のトライアドはベース音をルートとするコードのUSTになることもあります。

D/C型分数コード6弦ベース:コード譜 D/C型分数コード5弦ベース:コード譜

Dm/C型

こちらは全音上のマイナー・トライアドが乗っている形。
これも上にあげたフォームと同様、上側のコードの中にベース音を入れるとマイナー・セブンス・コードになります。
Dm/C型分数コード6弦ベース:コード譜 Dm/C型分数コード5弦ベース:コード譜

F/G型

全音下のメジャー・トライアドが上に乗っている形です。

F/G型分数コード6弦ベース:コード譜 F/G型分数コード5弦ベース:コード譜

G/C型

完全5度上のメジャー・トライアドが上に乗っている形。

G/C型分数コード6弦ベース:コード譜G/C型分数コード5弦ベース:コード譜
※この型のコードの5弦ベース・フォームは2弦から5弦までをセーハして押さえてもかまいません。
また、そのセーハをした指で1弦まで押さえても同じコードになります。

Gm/C型

完全5度上のマイナー・トライアドが上に乗っている形。
Gm/C型分数コード6弦ベース:コード譜 Gm/C型分数コード5弦ベース:コード譜

この型のコードの5弦ベース・フォームは2弦から5弦までをセーハして押さえてもかまいません。
また、そのセーハをした指で1弦まで押さえても同じコードになります。


分数コードについてはこのあたりで。
次回はいよいよコードごとのUSTです。

ギター博士の30日間ギターチャレンジ リハーサルスタジオ